ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「東京証券取引所」の検索結果

「東京証券取引所」に関連する情報 8621件中 1〜10件目

東証アローズ

今週のニュース1位は佐川急便SGホールディングスが1部上場。SGホールディングスは水曜に東証アローズに上場していて、時価総額6000億円超えということで今年最大の上場だという。そして町田公志社長だが佐川急便出身以外の初の社長になるといい、会見で町田社長はこの上場で「より優秀な人材を引きつけるような企業になりたい」と述べていた。宅配業界だが人手不足や人件費高騰の影響を受けていてこの影響で値上げをする状況となっている。


メルカリ

東京証券取引所で、12月はイオレやHANATOUR JAPANなど上場ラッシュ。今月だけで21社にのぼる。2017年の新規上場は89社となる見通し。野村證券の倉本敬治公開取引部長は来年は今年並か今年以上の上場があると予想。注目はメルカリなどネット企業、さらに人手不足で各社が悩みを抱えているため人材関連ビジネス。上場した78社のうち初値が公開株価を超えたのは9割にのぼり、投資家の積極的投資が支えている。


野村證券

東京証券取引所で、12月はイオレやHANATOUR JAPANなど上場ラッシュ。今月だけで21社にのぼる。2017年の新規上場は89社となる見通し。野村證券の倉本敬治公開取引部長は来年は今年並か今年以上の上場があると予想。注目はメルカリなどネット企業、さらに人手不足で各社が悩みを抱えているため人材関連ビジネス。上場した78社のうち初値が公開株価を超えたのは9割にのぼり、投資家の積極的投資が支えている。


HANATOUR JAPAN

東京証券取引所で、12月はイオレやHANATOUR JAPANなど上場ラッシュ。今月だけで21社にのぼる。2017年の新規上場は89社となる見通し。野村證券の倉本敬治公開取引部長は来年は今年並か今年以上の上場があると予想。注目はメルカリなどネット企業、さらに人手不足で各社が悩みを抱えているため人材関連ビジネス。上場した78社のうち初値が公開株価を超えたのは9割にのぼり、投資家の積極的投資が支えている。


イオレ

東京証券取引所で、12月はイオレやHANATOUR JAPANなど上場ラッシュ。今月だけで21社にのぼる。2017年の新規上場は89社となる見通し。野村證券の倉本敬治公開取引部長は来年は今年並か今年以上の上場があると予想。注目はメルカリなどネット企業、さらに人手不足で各社が悩みを抱えているため人材関連ビジネス。上場した78社のうち初値が公開株価を超えたのは9割にのぼり、投資家の積極的投資が支えている。


東京証券取引所

東京証券取引所で、12月はイオレやHANATOUR JAPANなど上場ラッシュ。今月だけで21社にのぼる。2017年の新規上場は89社となる見通し。野村證券の倉本敬治公開取引部長は来年は今年並か今年以上の上場があると予想。注目はメルカリなどネット企業、さらに人手不足で各社が悩みを抱えているため人材関連ビジネス。上場した78社のうち初値が公開株価を超えたのは9割にのぼり、投資家の積極的投資が支えている。


東京証券取引所

東京証券取引所の中継映像を背景に、為替と株の値動きについて伝えた。


東京証券取引所

住宅ローンを専門に取り扱う仲介大手の「アルヒ」が東証1部に上場した。同社は全国に128店舗を展開し、住宅金融支援機構の「フラット35」や、ネット銀行の金利変動型ローンが主力商品となっている。ローンを借りた客を対象に、家具や家電販売、引っ越しなどの優待が受けられる独自のサービスも手がけている。上場初日、アルヒの株価は公開価格を小幅に上回って取引を終えた。住宅ローンを巡っては、金利の引き下げ競争が激化。いわゆる「利ざや」の縮小で、銀行は利益率低下に苦しんでいる。しかし、アルヒは金利の影響を受けない手数料が主な収入源で、ITを使った業務の効率化で人件費などのコストも抑え、今期の純利益は1年前に比べ、43%増える見通し。浜田社長は「銀行とはビジネスモデルがまったく違う。(金利が)上がってよし、下がってよし。どちらに動こうとも特に大きな影響はない」と話す。


東京証券取引所

東京証券取引所の中継映像を背景に株と為替の値動きについて伝えた。


東京証券取引所

佐川急便を傘下にもつSGホールディングスが東京証券取引所の市場一部に株式を上場した。売り出し価格1620円に対し、初音は1900円を着け、終値は1906円だった。時価総額は6102億円と今年最大の株式公開案件となった。SGホールディングスは、今回の上場を優秀な人材獲得につなげたいとしている。