ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「東海大学医学部付属東京病院」の検索結果

「東海大学医学部付属東京病院」に関連する情報 41件中 1〜10件目

骨粗しょう症

元気チャレンジャー3人とともに東海大学医学部付属東京病院を訪れて骨の健康状態を検査した。検査の結果木田さんは骨密度が70%であと1%下回ると骨粗しょう症になる。骨粗しょう症んも発生率は70代の女性は40%になる。木田さんの骨密度が低い理由は年齢だけでなく肉嫌いが影響している。また、コーヒーの飲み過ぎも良くないとされる。コーヒーには利尿作用があり、尿でカルシウムが放出される。骨粗しょう症の骨はどれほどもろいのかを比較した。健康な骨は727kgの力を加えたらヒビが入った。骨粗しょう症の骨は235kgの力を加えたら折れた。くしゃみは背骨に体重の3倍の負荷がかかる。骨粗しょう症が進むといつの間にか骨折をしている可能性がある。

骨粗しょう症になると背骨が体重の耐えられなくなり気づかないうちに潰れてしまうことをいつの間にか骨折といい、痛みがなく自覚症状がない人もいる。川尻さんは若い頃より身長が3.4cm縮んでいることが分かった。


「東海大学医学部付属東京病院」に関連するグルメ情報

コーヒー

元気チャレンジャー3人とともに東海大学医学部付属東京病院を訪れて骨の健康状態を検査した。検査の結果木田さんは骨密度が70%であと1%下回ると骨粗しょう症になる。骨粗しょう症んも発生率は70代の女性は40%になる。木田さんの骨密度が低い理由は年齢だけでなく肉嫌いが影響している。また、コーヒーの飲み過ぎも良くないとされる。コーヒーには利尿作用があり、尿でカルシウムが放出される。骨粗しょう症の骨はどれほどもろいのかを比較した。健康な骨は727kgの力を加えたらヒビが入った。骨粗しょう症の骨は235kgの力を加えたら折れた。くしゃみは背骨に体重の3倍の負荷がかかる。骨粗しょう症が進むといつの間にか骨折をしている可能性がある。


東海大学医学部付属東京病院

元気チャレンジャー3人とともに東海大学医学部付属東京病院を訪れて骨の健康状態を検査した。検査の結果木田さんは骨密度が70%であと1%下回ると骨粗しょう症になる。骨粗しょう症んも発生率は70代の女性は40%になる。木田さんの骨密度が低い理由は年齢だけでなく肉嫌いが影響している。また、コーヒーの飲み過ぎも良くないとされる。コーヒーには利尿作用があり、尿でカルシウムが放出される。骨粗しょう症の骨はどれほどもろいのかを比較した。健康な骨は727kgの力を加えたらヒビが入った。骨粗しょう症の骨は235kgの力を加えたら折れた。くしゃみは背骨に体重の3倍の負荷がかかる。骨粗しょう症が進むといつの間にか骨折をしている可能性がある。


東海大学医学部付属東京病院

秦野市で東海大学医学部付属東京病院所属のドクターヘリが着陸に失敗したとのこと。ドクターヘリには医師や看護師計5人が乗っていたがけが人はいないとのこと。警察によると約5メートルの高さで急に制御ができなくなり地面にたたきつけられたとのこと。患者の20代男性は救急車で東海大病院へ搬送されたとのこと。


コレステロール

東海大学医学部付属東京病院 岸本憲明医学博士によると、動物性脂肪はコレステロール、中性脂肪を増加させ、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞の原因になりやすいと言われている。但し魚に含まれる脂肪は動脈硬化や血液をサラサラにするIPAやDHAが多く含まれており肉と魚は週に半々に摂ることが望ましい。また油と野菜を一緒に摂取すると体内で油脂の吸収を抑制できるので推奨されたい。

揚げ物の油の使い回しは厳禁である。油が酸化し発がん性が増してしまうまたコレステロールも酸化しやすく動脈硬化の原因となる。街の調査でも使い回しをしている人がほとんどの人が使い回していた。また唐揚げを作る場合は1cmほど浸かる程度の量で揚げ焼きにするとよい。


動脈硬化

東海大学医学部付属東京病院 岸本憲明医学博士によると、動物性脂肪はコレステロール、中性脂肪を増加させ、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞の原因になりやすいと言われている。但し魚に含まれる脂肪は動脈硬化や血液をサラサラにするIPAやDHAが多く含まれており肉と魚は週に半々に摂ることが望ましい。また油と野菜を一緒に摂取すると体内で油脂の吸収を抑制できるので推奨されたい。

揚げ物の油の使い回しは厳禁である。油が酸化し発がん性が増してしまうまたコレステロールも酸化しやすく動脈硬化の原因となる。街の調査でも使い回しをしている人がほとんどの人が使い回していた。また唐揚げを作る場合は1cmほど浸かる程度の量で揚げ焼きにするとよい。


東海大学医学部付属東京病院

東海大学医学部付属東京病院 岸本憲明医学博士によると、動物性脂肪はコレステロール、中性脂肪を増加させ、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞の原因になりやすいと言われている。但し魚に含まれる脂肪は動脈硬化や血液をサラサラにするIPAやDHAが多く含まれており肉と魚は週に半々に摂ることが望ましい。また油と野菜を一緒に摂取すると体内で油脂の吸収を抑制できるので推奨されたい。


油脂

東海大学医学部付属東京病院 岸本憲明医学博士によると、動物性脂肪はコレステロール、中性脂肪を増加させ、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞の原因になりやすいと言われている。但し魚に含まれる脂肪は動脈硬化や血液をサラサラにするIPAやDHAが多く含まれており肉と魚は週に半々に摂ることが望ましい。また油と野菜を一緒に摂取すると体内で油脂の吸収を抑制できるので推奨されたい。


DHA

東海大学医学部付属東京病院 岸本憲明医学博士によると、動物性脂肪はコレステロール、中性脂肪を増加させ、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞の原因になりやすいと言われている。但し魚に含まれる脂肪は動脈硬化や血液をサラサラにするIPAやDHAが多く含まれており肉と魚は週に半々に摂ることが望ましい。また油と野菜を一緒に摂取すると体内で油脂の吸収を抑制できるので推奨されたい。


IPA

東海大学医学部付属東京病院 岸本憲明医学博士によると、動物性脂肪はコレステロール、中性脂肪を増加させ、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞の原因になりやすいと言われている。但し魚に含まれる脂肪は動脈硬化や血液をサラサラにするIPAやDHAが多く含まれており肉と魚は週に半々に摂ることが望ましい。また油と野菜を一緒に摂取すると体内で油脂の吸収を抑制できるので推奨されたい。


検索結果の絞り込み