ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「東海大学医学部付属東京病院」の検索結果

「東海大学医学部付属東京病院」に関連する情報 61件中 1〜10件目

EPA

東海大学医学部付属東京病院の「抗加齢ドック」は約9万円、エクオール検査は5400円で行える。このほか、骨の栄養状態を調べる検査、動脈硬化を防ぐDHA EPAの体内バランスを調べる脂肪酸チェックなどもオプションで行える。


DHA

東海大学医学部付属東京病院の「抗加齢ドック」は約9万円、エクオール検査は5400円で行える。このほか、骨の栄養状態を調べる検査、動脈硬化を防ぐDHA EPAの体内バランスを調べる脂肪酸チェックなどもオプションで行える。


動脈硬化

東海大学医学部付属東京病院の「抗加齢ドック」は約9万円、エクオール検査は5400円で行える。このほか、骨の栄養状態を調べる検査、動脈硬化を防ぐDHA EPAの体内バランスを調べる脂肪酸チェックなどもオプションで行える。


イソフラボン

東海大学医学部付属東京病院で受けられる「抗加齢ドック」。女性にオススメできるオープションがエクオール検査。我々が普段食べている大豆食品にはイソフラボンが含まれており、女性ホルモンと似たような働きをしている。イソフラボンは体内でエクオールという成分に変化すると、シワの進行を抑えたり更年期障害を改善してくれる。エクオールは自分で作れる人と作れない人がいるため、作れる体質かを調べることができる。

東海大学医学部付属東京病院の「抗加齢ドック」は約9万円、エクオール検査は5400円で行える。このほか、骨の栄養状態を調べる検査、動脈硬化を防ぐDHA EPAの体内バランスを調べる脂肪酸チェックなどもオプションで行える。


抗加齢ドック

東海大学医学部付属東京病院で受けられる「抗加齢ドック」。女性にオススメできるオープションがエクオール検査。我々が普段食べている大豆食品にはイソフラボンが含まれており、女性ホルモンと似たような働きをしている。イソフラボンは体内でエクオールという成分に変化すると、シワの進行を抑えたり更年期障害を改善してくれる。エクオールは自分で作れる人と作れない人がいるため、作れる体質かを調べることができる。

東海大学医学部付属東京病院の「抗加齢ドック」は約9万円、エクオール検査は5400円で行える。このほか、骨の栄養状態を調べる検査、動脈硬化を防ぐDHA EPAの体内バランスを調べる脂肪酸チェックなどもオプションで行える。


東海大学医学部付属東京病院

東海大学医学部付属東京病院で受けられる「抗加齢ドック」。女性にオススメできるオープションがエクオール検査。我々が普段食べている大豆食品にはイソフラボンが含まれており、女性ホルモンと似たような働きをしている。イソフラボンは体内でエクオールという成分に変化すると、シワの進行を抑えたり更年期障害を改善してくれる。エクオールは自分で作れる人と作れない人がいるため、作れる体質かを調べることができる。

東海大学医学部付属東京病院の「抗加齢ドック」は約9万円、エクオール検査は5400円で行える。このほか、骨の栄養状態を調べる検査、動脈硬化を防ぐDHA EPAの体内バランスを調べる脂肪酸チェックなどもオプションで行える。


抗加齢ドック

東海大学医学部付属東京病院ではリピーター率7割の人間ドックを受けることできる。シンシア・チェストンさんが体験、普通の人間ドックと違い加齢による体の変化や老化の徴候を早めに発見、改善・治療を行う。採血や脈波伝播速度検査(ABI)などで検査、血管の動脈硬化を調べることで老化の徴候をがわかるという。食事も「抗加齢御膳」が出され、血液の老化を防ぐ食材が使われている。


「東海大学医学部付属東京病院」に関連するグルメ情報

ココア

東海大学医学部付属東京病院ではリピーター率7割の人間ドックを受けることできる。シンシア・チェストンさんが体験、普通の人間ドックと違い加齢による体の変化や老化の徴候を早めに発見、改善・治療を行う。採血や脈波伝播速度検査(ABI)などで検査、血管の動脈硬化を調べることで老化の徴候をがわかるという。食事も「抗加齢御膳」が出され、血液の老化を防ぐ食材が使われている。


「東海大学医学部付属東京病院」に関連するグルメ情報

キヌア

東海大学医学部付属東京病院ではリピーター率7割の人間ドックを受けることできる。シンシア・チェストンさんが体験、普通の人間ドックと違い加齢による体の変化や老化の徴候を早めに発見、改善・治療を行う。採血や脈波伝播速度検査(ABI)などで検査、血管の動脈硬化を調べることで老化の徴候をがわかるという。食事も「抗加齢御膳」が出され、血液の老化を防ぐ食材が使われている。


「東海大学医学部付属東京病院」に関連するグルメ情報

ゴボウの香味和え

東海大学医学部付属東京病院ではリピーター率7割の人間ドックを受けることできる。シンシア・チェストンさんが体験、普通の人間ドックと違い加齢による体の変化や老化の徴候を早めに発見、改善・治療を行う。採血や脈波伝播速度検査(ABI)などで検査、血管の動脈硬化を調べることで老化の徴候をがわかるという。食事も「抗加齢御膳」が出され、血液の老化を防ぐ食材が使われている。