ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「東芝」の検索結果

「東芝」に関連する情報 19985件中 1〜10件目

dynabook.com

東芝はダイナブック用の電源アダプターについて発火の恐れがあるとして約345万個の回収を決定した。対象になるのは2009年12月から2011年7月に製造された344万6878個。一部のものに材料の劣化による発熱、発煙の恐れがあるとのこと。対象商品はウェブサイトなどで確認可能。


ダイナブック

東芝はダイナブック用の電源アダプターについて発火の恐れがあるとして約345万個の回収を決定した。対象になるのは2009年12月から2011年7月に製造された344万6878個。一部のものに材料の劣化による発熱、発煙の恐れがあるとのこと。対象商品はウェブサイトなどで確認可能。


東芝

東芝はダイナブック用の電源アダプターについて発火の恐れがあるとして約345万個の回収を決定した。対象になるのは2009年12月から2011年7月に製造された344万6878個。一部のものに材料の劣化による発熱、発煙の恐れがあるとのこと。対象商品はウェブサイトなどで確認可能。


東芝HP

東芝ノートパソコンPC「ダイナブック」付属の電源アダプターが発火の恐れがあるとし、2009年12月〜2011年7月に製造された344万6878個が回収の対象となった。ホームページには一部製品の材料劣化による発煙・発火の恐れがあるとしている。対象商品はウェブサイトで確認可能。


ダイナブック

東芝ノートパソコンPC「ダイナブック」付属の電源アダプターが発火の恐れがあるとし、2009年12月〜2011年7月に製造された344万6878個が回収の対象となった。ホームページには一部製品の材料劣化による発煙・発火の恐れがあるとしている。対象商品はウェブサイトで確認可能。


東芝

東芝ノートパソコンPC「ダイナブック」付属の電源アダプターが発火の恐れがあるとし、2009年12月〜2011年7月に製造された344万6878個が回収の対象となった。ホームページには一部製品の材料劣化による発煙・発火の恐れがあるとしている。対象商品はウェブサイトで確認可能。


ダイナブック

東芝はノートパソコン「ダイナブック」などに使用されたACアダプターの一部で発火の恐れがあるとして自主回収すると発表した。対象は2009年12月から2011年7月にかけ生産された約344万個。ACアダプター内部の耐水性が不十分で、材料の劣化により発火する可能性があるとのこと。これまでに発煙・発火事故は11件報告されており、東芝は速やかに使用を中止するよう呼び掛けている。


東芝

東芝はノートパソコン「ダイナブック」などに使用されたACアダプターの一部で発火の恐れがあるとして自主回収すると発表した。対象は2009年12月から2011年7月にかけ生産された約344万個。ACアダプター内部の耐水性が不十分で、材料の劣化により発火する可能性があるとのこと。これまでに発煙・発火事故は11件報告されており、東芝は速やかに使用を中止するよう呼び掛けている。


東芝デジタルソリューションズ

6月のミュージックフィルム発表に向けての矢先、呼吸に関わる筋肉が衰えてきた武藤将胤さん。「気管切開、人工呼吸器を使うんだったら3月か4月のタイミングが一番」と青木正志医師は説明した。武藤将胤さんは「人工呼吸器をつけてALSを治せる病気になるまで続けていく」と語っていたが、この手術を行うことで声を失う恐れもあり「意思伝達がスムーズにできなくなって行動できない自分を想像するのが一番怖い」と胸中を語った。音声合成アプリのコエステーションで声を作り始めていたが、「今を生ききりたい」と自分の声で思いを伝えるまで手術は受けない強い意思が武藤将胤さんにはあった。「こうやっていま立っていられるのは妻や仲間のおかげだし、ここで終わりじゃいんだって感じます。絶対に乗り越えていきたい」と武藤将胤さんは語った。


パナソニック

アイリスオーヤマは「なるほど」で客の心を掴んだ。アイリスオーヤマは2010年に番組に登場、8年で年商が2000億円から4200億円に増加した。大躍進を支えるのはなるほど家電。宮城県角田市で、アイリスオーヤマの大山健太郎社長を取材、大山社長は掃除機にモップを搭載した新商品を紹介した。大山社長は「なるほど」がないとジャッジしないとした。大阪市の大阪R&Dセンターを取材、ここがなるほど家電開発の中枢だという。開発に関わるのは東芝やシャープ、パナソニックなど大手出身のベテランエンジニアだった。

今回のゲストはアイリスオーヤマの大山健太郎社長、大山社長はアイリスオーヤマの「銘柄量り炊きIHジャー炊飯器」「両面ホットプレート」を紹介した。アイリスオーヤマの生活家電チームの河阪雅之は自宅に各社の掃除機を並べて徹底的に使い倒して不満を見つける。開発部員総出で家電を使い倒して、なるほど家電を連発している。大山社長は開発者の自己満足を削ぎ落とし最後に「奥さん買うか?」と聞くとし、新機能について客のニーズよりも競合メーカーと差別化を優先しているとした。大山社長はお客さんは原価知らないが高いか安いかを知っている、毎年1000点以上の新商品があるためデータベースがあるので支持がわかるとした。大山社長はヒット率は6割だとし、リスクなしでリターンなしだとした。