ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「松尾由美子」の検索結果

「松尾由美子」に関連する情報 3705件中 1〜10件目

ウイルス性胃腸炎

活動再開後、初の新曲が話題となっている。元日から放送が開始された、ソフトバンクの新CMに、去年11月に活動を再開した、いきものがかりの新曲、「WE DO」が起用されている。CMには、メンバーも出演している。そのCM、「ソフトバンク 新テレビCM 「しばられるな(着地)」篇」の、CM映像とメイキング映像が紹介された。このCMは、全国で放送中。実は、この曲を製作している時は、かなり大変な状況だったという。いきものがかりの水野良樹(36)、吉岡聖恵(34)、山下穂尊(36)が、その状況を説明した。水野良樹が「たまたま、この曲の締め切りをいただいた時、ウイルス性胃腸炎になりまして、体調的にはすごく大変な中、生き残らなきゃみたいな」と話すと、吉岡聖恵が「新しくなりたかったんだ、身体がね」と話した。そして、水野良樹が「そのパワーがちゃんとね、曲に出てる」と話して、吉岡聖恵が「良かったね」と言うと、水野良樹も「良かった良かった。新しくならなきゃだよね」と答えた。そのVTRが終わった後に、スタジオの松尾由美子、新井恵理那、福田成美が、「ファン待望の新曲でしたけれども、大変な状況だったんですね」、「パワフルな曲なので、とても病気の時に作ったとは思えませんよね」、「だからこそ、生まれたんですね」などと、感想を話し合った。


「松尾由美子」に関連する音楽・CD

WE DO

活動再開後、初の新曲が話題となっている。元日から放送が開始された、ソフトバンクの新CMに、去年11月に活動を再開した、いきものがかりの新曲、「WE DO」が起用されている。CMには、メンバーも出演している。そのCM、「ソフトバンク 新テレビCM 「しばられるな(着地)」篇」の、CM映像とメイキング映像が紹介された。このCMは、全国で放送中。実は、この曲を製作している時は、かなり大変な状況だったという。いきものがかりの水野良樹(36)、吉岡聖恵(34)、山下穂尊(36)が、その状況を説明した。水野良樹が「たまたま、この曲の締め切りをいただいた時、ウイルス性胃腸炎になりまして、体調的にはすごく大変な中、生き残らなきゃみたいな」と話すと、吉岡聖恵が「新しくなりたかったんだ、身体がね」と話した。そして、水野良樹が「そのパワーがちゃんとね、曲に出てる」と話して、吉岡聖恵が「良かったね」と言うと、水野良樹も「良かった良かった。新しくならなきゃだよね」と答えた。そのVTRが終わった後に、スタジオの松尾由美子、新井恵理那、福田成美が、「ファン待望の新曲でしたけれども、大変な状況だったんですね」、「パワフルな曲なので、とても病気の時に作ったとは思えませんよね」、「だからこそ、生まれたんですね」などと、感想を話し合った。


ソフトバンク 新テレビCM 「しばられるな(着地)」篇

活動再開後、初の新曲が話題となっている。元日から放送が開始された、ソフトバンクの新CMに、去年11月に活動を再開した、いきものがかりの新曲、「WE DO」が起用されている。CMには、メンバーも出演している。そのCM、「ソフトバンク 新テレビCM 「しばられるな(着地)」篇」の、CM映像とメイキング映像が紹介された。このCMは、全国で放送中。実は、この曲を製作している時は、かなり大変な状況だったという。いきものがかりの水野良樹(36)、吉岡聖恵(34)、山下穂尊(36)が、その状況を説明した。水野良樹が「たまたま、この曲の締め切りをいただいた時、ウイルス性胃腸炎になりまして、体調的にはすごく大変な中、生き残らなきゃみたいな」と話すと、吉岡聖恵が「新しくなりたかったんだ、身体がね」と話した。そして、水野良樹が「そのパワーがちゃんとね、曲に出てる」と話して、吉岡聖恵が「良かったね」と言うと、水野良樹も「良かった良かった。新しくならなきゃだよね」と答えた。そのVTRが終わった後に、スタジオの松尾由美子、新井恵理那、福田成美が、「ファン待望の新曲でしたけれども、大変な状況だったんですね」、「パワフルな曲なので、とても病気の時に作ったとは思えませんよね」、「だからこそ、生まれたんですね」などと、感想を話し合った。


ソフトバンク

活動再開後、初の新曲が話題となっている。元日から放送が開始された、ソフトバンクの新CMに、去年11月に活動を再開した、いきものがかりの新曲、「WE DO」が起用されている。CMには、メンバーも出演している。そのCM、「ソフトバンク 新テレビCM 「しばられるな(着地)」篇」の、CM映像とメイキング映像が紹介された。このCMは、全国で放送中。実は、この曲を製作している時は、かなり大変な状況だったという。いきものがかりの水野良樹(36)、吉岡聖恵(34)、山下穂尊(36)が、その状況を説明した。水野良樹が「たまたま、この曲の締め切りをいただいた時、ウイルス性胃腸炎になりまして、体調的にはすごく大変な中、生き残らなきゃみたいな」と話すと、吉岡聖恵が「新しくなりたかったんだ、身体がね」と話した。そして、水野良樹が「そのパワーがちゃんとね、曲に出てる」と話して、吉岡聖恵が「良かったね」と言うと、水野良樹も「良かった良かった。新しくならなきゃだよね」と答えた。そのVTRが終わった後に、スタジオの松尾由美子、新井恵理那、福田成美が、「ファン待望の新曲でしたけれども、大変な状況だったんですね」、「パワフルな曲なので、とても病気の時に作ったとは思えませんよね」、「だからこそ、生まれたんですね」などと、感想を話し合った。


「松尾由美子」に関連するイベント情報

グランプリファイナル

2018年ニュースの主役を豪華キャスターらが選出。25位の人物を応える地元インタビュー問題が出題された。正解はこの冬グランプリファイナルで優勝を果たしたフィギュアスケートの紀平梨花選手。天明麻衣子が正答。「グッド!モーニング」の松尾由美子アナ&坪井直樹アナがコメントを寄せた。


au

2つの人気シリーズが、まさかの合体。auのCM、「三太郎シリーズ」の最新作に、「意識高すぎ!高杉くん」シリーズで「高杉くん」を演じる、神木隆之介が出演する。神木隆之介は、「高杉くん」の先祖役で登場し、寺子屋の生徒会選挙で、金太郎と演説合戦を繰り広げる。そのCM、「「auゼロ学割」新CM「生徒会長」篇」の、CM映像とメイキング映像が紹介された。このCMは、明日から全国で放送される。三太郎たちとの初コラボに、神木隆之介は、桐谷健太、松田翔太、濱田岳の前で、「あの三太郎の皆さんですから。すごく嬉しかったですよ。わーって。本物だーって思って」などと話した。このニュースのVTRの後に、スタジオに居る番組レギュラー陣の松尾由美子、新井恵理那、福田成美が、このニュースについて話し合った。新井恵理那は、「神木隆之介は、自分が三太郎シリーズに、昔話のキャラクターで出るとしたら、さるかに合戦の蟹がやりたいと、話していた」という情報を紹介した。


「松尾由美子」に関連するイベント情報

全米オープン

テニスの全米オープンで、日本人初優勝を飾った大坂なおみが、資生堂のブランドアンバサダーに就任した。昨日、都内で開催された、資生堂の「ブランドアンバサダー グローバル契約発表会」に登場した大坂なおみは、ゴールドの華やかなドレス姿で、「金色はとても好きな色。きれいなドレスなので、着ることができて嬉しい」と話した。また、来年の抱負を聞かれると、「良い結果を出し、楽しい一年になりますように」と、にこやかに語った。スタジオの番組レギュラーの、松尾由美子、島本真衣、新井恵理那、福田成美が、このニュースのVTRを観ながら、「とってもドレス、似合ってますよね」「アクセサリーもステキですね」、「お化粧も一味違って」、「プレーと共に注目ですね」などと話し合った。


資生堂

テニスの全米オープンで、日本人初優勝を飾った大坂なおみが、資生堂のブランドアンバサダーに就任した。昨日、都内で開催された、資生堂の「ブランドアンバサダー グローバル契約発表会」に登場した大坂なおみは、ゴールドの華やかなドレス姿で、「金色はとても好きな色。きれいなドレスなので、着ることができて嬉しい」と話した。また、来年の抱負を聞かれると、「良い結果を出し、楽しい一年になりますように」と、にこやかに語った。スタジオの番組レギュラーの、松尾由美子、島本真衣、新井恵理那、福田成美が、このニュースのVTRを観ながら、「とってもドレス、似合ってますよね」「アクセサリーもステキですね」、「お化粧も一味違って」、「プレーと共に注目ですね」などと話し合った。


「松尾由美子」に関連するイベント情報

ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2018

昨日、都内で「いい歯は毎日を元気にプロジェクト ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2018 授賞式」が開催されて、今年、最も笑顔が輝いた著名人に贈られる、「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー」を、浜辺美波(18)と桐谷健太(38)が受賞した。授賞式で、桐谷健太は「20代の頃は、笑顔がステキとか、爽やかとか、そういう言葉とはほど遠かったので、賞をいただけたことは、すごく嬉しいです」と話し、浜辺美波は「笑顔で周りを明るくできるような人になれたらいいなと、ずっと思っていたので、日頃のこの笑顔が、ちょっとでも出来たのかなと、嬉しいです」と話した。そして毎年恒例の、受賞者が見つめ合って、お互いの笑顔の感想を話す場面では、浜辺美波は「エネルギーに溢れる笑顔をされてるなと思いまして、元気を本当に貰えるような」と話し、桐谷健太は「センチメンタル&ノスタルジックにさせてくれるような、すごく懐かしい感じにさせてくれるような、ステキな笑顔ですね」と話した。このニュースのVTRが終わった後に、スタジオの番組レギュラーの松尾由美子、新井恵理那、福田成美が、「本当に魅力的な笑顔は、人を幸せにしますよね」と、感想を話し合った。また、「浜辺美波は、今年一番、笑顔が出た瞬間を訊かれて、久し振りに実家に行って、お母さんの手料理を食べた時と答えた」という情報を紹介した。


「松尾由美子」に関連するイベント情報

日本シリーズ

日本シリーズ、ソフトバンクの日本一連覇の裏側には、ベテランの「あるプレー」があった。土曜日に行われた第6戦。ソフトバンクのキャッチャーの甲斐拓也が、日本シリーズ新記録となる、6連続で盗塁を阻止。広島の機動力を完全に封じ込め、育成出身選手初の、日本シリーズMVPとなった。しかし、そんなヒーローの影で、工藤監督が何度も頭を下げて、感謝していた選手がいた。4回表、ノーアウト一塁・二塁の場面。打席には、今年5月に2000本安打を達成した、内川聖一(36)。今季は71試合の出場に留まり、これはソフトバンクへの移籍後、最も少ない試合数だった。ここで工藤監督が出したサインは、送りバントだった。試合後の記者会見で工藤監督が、「内川くんに関しては、バントをなかなかした事が無い選手に対して、バントをして貰って、頭の下がる思いでいました」と話した。ソフトバンクに移籍後、レギュラーシーズンでは一度もバントをしたことが無い内川が、バントを成功させた。ベンチに戻ってきた内川に、工藤監督は帽子を取って、何度も頭を下げた。続く7番、西田哲朗が、意表を突くスクイズを成功させた。これが決勝点となり、2年連続、9度目の日本シリーズ制覇を達成した。球団初の2位からの下剋上で、頂点に上り詰めた。ビールかけで内川は、喜びを爆発させて、インタビュアーに、「バント結構、上手かったでしょ。むしろ、バントしか無かったね」などと話した。

スタジオで、番組レギュラーの坪井直樹、松尾由美子、新井恵理那、福田正博、草薙和輝が、今のVTRの感想を話し合った。新井恵理那はスタジオのディスプレイを使い、内川聖一の、「バントは年に1度、あるか無いかだけど、その為に毎日、準備はしている」というコメントを紹介した。草薙和輝は、明日は里崎智也の解説で、日本シリーズMVPである、ソフトバンクの甲斐拓也の凄さを特集すると紹介した。