ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「松本人志」の検索結果

「松本人志」に関連する情報 4939件中 1〜10件目

白井・具志堅スポーツジム

ボクシングダブル世界戦 2人の王者に明暗。エマヌエーレ・ブランダムラ対村田諒太。村田選手が見事勝利。ミドル級世界王者で日本人初の防衛に成功した。白井・具志堅スポーツジムの具志堅用高会長は、謝罪した。比嘉大吾選手が、体重超過で王座剥奪となった。一体何が。本人は一生懸命努力したという。9回TKOで敗北となった。プロ初黒星だ。プロとしてはずかしいと語った。

八重樫東選手が、登場。やってはいけないことだという。これからの選手なので、経験を経て大きくなってほしい。なんで、900グラムもオーバーしたのか。番組で一緒に900グラムのステーキを食べたと松本さんがいう。前の試合との間が2か月だったという。八重樫さんは3か月以上ないと体重を落とせないという。覚悟する時間も必要だ。八重樫選手は、1か月で10キロ落とす。脂肪だけは落とす。比嘉選手の体が限界だったのではないかと思われるという。もっと長い時間をかけたらできたかもしれないという。ジムとして、試合を組んだ責任もあるだろう。比嘉選手のプロとしての責任もある。太らないで体重を維持する方法はないのかと前園さんがいう。処分はどうなるのか。ネリ選手は永久追放となった。海外では試合はできる。コミッションから近々、処分がくだる。具志堅用高さんと比嘉大吾さんは、絆が強くなるといいと八重樫さんが言った。村田諒太選手は、次は秋になる。その次は世界三団体統一王者のゲンナジー・ゴロフキンと対戦することになる。松本さんは比嘉選手の体重超過を予想していたとのこと。


RIZAP「佐藤仁美」篇

佐藤仁美さんは3か月で12キロのダイエットをした。菜々緒ちゃんに近づいたと佐藤さんは語った。役者としての自信が出てきたという。リバウンドしないようにがんばっているとのこと。松本さんはベンチプレス135キロを3回で3セット行うという。体重の倍を上げるのが目標だったとのこと。乳首の位置がおかしいという。80%が筋肉だとのこと。


RIZAP

佐藤仁美さんは3か月で12キロのダイエットをした。菜々緒ちゃんに近づいたと佐藤さんは語った。役者としての自信が出てきたという。リバウンドしないようにがんばっているとのこと。松本さんはベンチプレス135キロを3回で3セット行うという。体重の倍を上げるのが目標だったとのこと。乳首の位置がおかしいという。80%が筋肉だとのこと。


「松本人志」に関連する本・コミック・雑誌

長谷川さんは年齢とアイドルを考えたという。アイドルの活動期間は長くなっている。清塚さんは、関ジャニの皆さんはいつもと変わらないとのこと。アイドルだからできること、できないことがあるとのこと。いい会見だったと佐藤仁美さんが言った。転換期は男にはあると石原さんがいう。男が一緒に長くいるのは難しいとのこと。人ぞれぞれだと松本さんがいう。お互いがんばりましょうと言いたいとのこと。同じメンバーでやっていると居心地がいいので、出たのは勇気が必要だったろうと前園さんが言った。

「論語 (岩波文庫)」

Amazon.co.jp


ジャニーズ事務所

関ジャニ∞ 渋谷すばる。グループ脱退・ジャニーズ事務所退所。異例のメンバー同席会見が行われた。メンバーたちは、渋谷さんの脱退にネガティブな気持ちだという。12月で事務所を退所するとのこと。

長谷川さんは年齢とアイドルを考えたという。アイドルの活動期間は長くなっている。清塚さんは、関ジャニの皆さんはいつもと変わらないとのこと。アイドルだからできること、できないことがあるとのこと。いい会見だったと佐藤仁美さんが言った。転換期は男にはあると石原さんがいう。男が一緒に長くいるのは難しいとのこと。人ぞれぞれだと松本さんがいう。お互いがんばりましょうと言いたいとのこと。同じメンバーでやっていると居心地がいいので、出たのは勇気が必要だったろうと前園さんが言った。


週刊文春

新潟県知事が出会い系サイトで知り合った複数の女性と関係を持ったという。知事は、県議会に辞職届を提出した。恋愛感情はあったというが、金銭が絡んでいたという。援助交際が目的だったと女子大生は言っていた。買春は違法であるが、罰則はない。出会い系アプリは流行っている。それを使って出会う人は多い。昔は、性的関係も十分に考えられた。肉体関係の対価だったので、買春となった。アプリでのやりとりなら罰則はない。県知事が悪いと松本さんがいう。どうかと思うという。相手が複数なのであれば恋愛ではない。1人でバク転ができていない時点でダメだと松本さんがいう。


テレ朝

セクハラ発言について、石原は全体を見ればセクハラに該当しないと主張していることから、発言者がそう思っていなければセクハラではないと思っているかも知れないという。被害を受けたテレビ朝日の女性記者は、1年半前から数回取材目的で福田氏と1対1で会食、そのたびにセクハラ発言があったため会話の録音を開始したという。佐藤は公開するまでの1年半はどうしていたのかと疑問視。また、記者は今月4日の会食でもセクハラ発言があったことから、上司にセクハラの事実を報じるべきではと相談、上司は放送すると本人が特定され二次被害が心配されるとして報道を回避していた。猪塚は、男女雇用機会均等法からセクハラの申し出があったのに抗議する対応をしなかったのは大きな問題だとして、テレビ朝日は社員からセクハラの情報があったが適切な行動ができなかったとして会見で謝罪した。松本は、エロの塊のような人に女性記者1人を1年半に渡って取材させた側のパワハラではないか、そうでなければ記者が自ら取材をしたためハニトラではないかと指摘。


週刊新潮

女性記者へのセクハラ疑惑をめぐり、財務事務次官は18日、辞任を申し出た。職責を果たしていくことが困難な状況になっていると自身で考えたことが理由であると述べたが、週刊誌に掲載された記事については事実と異なるものがあるとセクハラ疑惑を否定、裁判の中で争っていくとした。テレビ朝日の緊急会見では、セクハラを受けたとされる記者の中にテレビ朝日の女性社員がいることが判明したと発表、セクハラ行為があったことは事実だと考え追及する姿勢を示した。官僚のトップ2人が辞任することになった財務省に波紋が広がる。


テレビ朝日

女性記者へのセクハラ疑惑をめぐり、財務事務次官は18日、辞任を申し出た。職責を果たしていくことが困難な状況になっていると自身で考えたことが理由であると述べたが、週刊誌に掲載された記事については事実と異なるものがあるとセクハラ疑惑を否定、裁判の中で争っていくとした。テレビ朝日の緊急会見では、セクハラを受けたとされる記者の中にテレビ朝日の女性社員がいることが判明したと発表、セクハラ行為があったことは事実だと考え追及する姿勢を示した。官僚のトップ2人が辞任することになった財務省に波紋が広がる。

野田聖子男女共同参画担当相は、メディアで働く女性にセクハラ被害の実態について気配を設ける意向を示した。犬塚は、財務省の顧問弁護士に通告したことが間違いで、第三者に告知するべきだったという。松本は、誰か1人が悪いとは決められない案件だと疑問視。清塚は、今の情報が本当だとしたらという前提でワイドショーなどが報じているが、本当だとする未来のことは意味がなく、世間は冷静で良いと指摘。松本も、公開された会話が断片的で分からないという。テレビ朝日の対応について、東野は取材に対してのルールやセクハラ被害にスムーズに解決しなければならないと指摘するが、石原は取材の可視化ですべてを記録などしようとすると取材ができない事になりうると危機感。松本は、これまで取材した女性記者の思いが分からないとコメント。


「松本人志」に関連する本・コミック・雑誌

ポプテピピック

続いてのテーマは、「第2節 常識破りの4コマ漫画」。飯田耕一郎が、「ぼのぼの」という4コマ漫画を紹介した。この漫画は、オチが無い4コマ漫画だという。するとレギュラー陣が、ダウンタウンの松本人志も、この漫画を誉めていたと話した。次に、「ポプテピピック」という4コマ漫画が紹介された。この漫画は、「3コマ目と4コマ目は、2コマをコピペしただけ」、「4コマ目は、2コマ目の左右を反転させただけ」など、4コマ漫画のタブーが頻繁に登場するという。