ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「松本人志」の検索結果

「松本人志」に関連する情報 4778件中 1〜10件目

「松本人志」に関連するイベント情報

ピョンチャン五輪

指原は「羽生選手の演技に感動した。すごい演技だった。」と話した。ピーコは「19歳とか20歳とかの子が競技に出てレジェントと戦っていると胸が熱くなる。」と話した。前園は「スピードスケートの小平選手に金メダルをとってほしい。」と話した。


「松本人志」に関連するイベント情報

超くっきーランド

野性爆弾くっきーをゲストに呼んだ。指原は「インスタもオシャレ。最初はじめてお仕事をしたときは自分たちのイラストを描いてくれた。そのときは怖かった。」と話した。芸歴24年でずっと変わっていない。超くっきーランドは女子高生に大人気なのだという。きっかけを聞くと「インスタはでかい。めちゃいけさん。子どもがわーわー言い出した。」と話した。超くっきーランドは今後台湾にいくのだと言う。描いてきた指原の似顔絵を披露した。


「松本人志」に関連するイベント情報

超くっきーランド×超渋谷展

野性爆弾くっきーが芸術家として海外から注目されている。超くっきーランドは東京原宿3日間で1万人を動員した。総来場者数は5万人を超えた。3月には台湾で開催する。全米1位アルバム参加アーティストBIGYUKIからMVのオファーをうけるなど多彩ぶりに注目が集まっている。


サイバーアットカフェ 新宿歌舞伎町店

日本有数の歓楽街にあるネットカフェ「サイバーアットカフェ 新宿歌舞伎町店」を取材した。店内にはお菓子や生活用品、電子レンジにドリンクバー、シャワーや洗濯機と、書籍・雑誌以外にも様々な設備が揃っている。店内はほとんど個室になっていて、利用者のうち8割が1ヶ月以上の長期滞在になっている。客の多くは30代から40代で、長い人で5年以上滞在している。部屋の広さは一畳半でPCとテレビを完備、料金は24時間コースで2472円、30日以上の長期滞在で1日1977円になる。番組の取材に応じてくれたある男性は「家が決まっていないので1ヶ月くらいここにいる。寝づらい環境だけど慣れた。住めば都ですね」と話す。男性はことし1月に北海道から上京し、ネットカフェを転々としてもうすぐ1ヶ月になる。お金は路上ライブで稼いでいる。男性は今の生活を楽しいと話す反面、路上ライブに頼り切った現状を憂いていて、将来的には仕事につきたいと考えているという。


産経新聞

産経新聞は先月30日付けの記事で、都内には推計約4000人のネットカフェ難民がいるとする東京都の調査結果を報じた。


「松本人志」に関連する本・コミック・雑誌

魔法先生ネギま!

日本漫画家協会が異例の声明。漫画家の赤松健先生をゲストに呼んだ。海賊版サイトは今までもあった。今回は感化できないことになった。人気漫画を無許可で公開する海賊版サイトが今年1付きにアクセス推定約30万人以上にのぼったという。古市さんは「読者からすると公式と海賊版の区別がつかない。」と話した。ある出版社では去年秋に漫画本の売れ行きが突然鈍り人気漫画を集めた海賊版サイトに読者が流出、被害額は推定月4億円〜5億円に上った。指原は「話題になっているのは知っているけれど罪の意識は学生にはなさそう。」と言った。古市は「街の本屋が消えている。小学生が本を買う場所がない。唯一の田舎とかの子どもにとっての接点がもしかしたら違法サイトかもしれない。」と話した。違法ダウンロードというダウンロードは録音や録画であり音楽や映画が想定され画像ファイルのダウンロードは録画または録音に該当しないのだと説明した。海外のサイトだと日本の法律がきかないなどと話した。


「松本人志」に関連する本・コミック・雑誌

ラブひな

日本漫画家協会が異例の声明。漫画家の赤松健先生をゲストに呼んだ。海賊版サイトは今までもあった。今回は感化できないことになった。人気漫画を無許可で公開する海賊版サイトが今年1付きにアクセス推定約30万人以上にのぼったという。古市さんは「読者からすると公式と海賊版の区別がつかない。」と話した。ある出版社では去年秋に漫画本の売れ行きが突然鈍り人気漫画を集めた海賊版サイトに読者が流出、被害額は推定月4億円〜5億円に上った。指原は「話題になっているのは知っているけれど罪の意識は学生にはなさそう。」と言った。古市は「街の本屋が消えている。小学生が本を買う場所がない。唯一の田舎とかの子どもにとっての接点がもしかしたら違法サイトかもしれない。」と話した。違法ダウンロードというダウンロードは録音や録画であり音楽や映画が想定され画像ファイルのダウンロードは録画または録音に該当しないのだと説明した。海外のサイトだと日本の法律がきかないなどと話した。


吉本興業

指原は「吉本の人は取り分はどうと言うが、松本さんや東野さんにもそういう時期はあったんですか?」と聞くと東野は「売れきってスターになったらめちゃめちゃもらえる。」と話した。ギャラ交渉は様々にやっているのだと言う。前園に聞くと「業務提携。自分の会社もあって依頼がくる。ワイドのギャラはわからない。」と話した。ものを売るときに仕入れ値はオープンにしないのでどれだけの利益があるかは強制ではないと犬塚先生が話した。


太田プロ

古市さんは「相撲もそうですが法律が及ばない範囲がある。芸能界にも法律をつくろうとなっていると思う。僕は契約していない。ギャラの設定の交渉はしない。」と話した。ピーコは「珍しくわたしは個人事務所。マネージャーがいて仕事の連絡がくる。」と話した。指原は「事務所を変わりたいと思ったことは本当にない。嫌な思いをしたことは一度もない。」と話した。松本は「変わらなければいけない時期なのは間違いない。第三者委員会が入らないと若い人ですごい安い給料で大変でこわいという人はたくさんいると思う。」と話した。古市は「一般的に作家の印税は10%。それはよく考えたらおかしな話。」と話した。


朝日新聞

公正取引委員会は両者の力関係に基づく移籍制限は問題になる場合があると指摘。報告書では一方事務所が育成のための投資を回収する必要があることにも一定の理解を示している。