ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「松村博史」の検索結果

「松村博史」に関連する情報 13件中 1〜10件目

徳真会グループ

収録を終え、村上龍は松村さんが率いる「徳真会」のビジネスモデルには医療全体のヒントが含まれていると語った。

松村博史は、医療というのは人が関わらなければいけない仕事。人を育てるためには、安定した高水準の医療の技術とサービスを提供する組織を継続してつくらなければいけないと語った。


徳真会グループ

徳真会グループの一日に密着。まつむら歯科 新津診療所では張り詰めた朝礼が行われ、松村歯科 新潟診療所に向かった松村博史は恒例の理事長チェックを行った。

サービス向上にグループ一丸となって取り組んでいて、外部のマナー講師を招いて患者とのあいさつや会話を練習している。

現場にはサービス面の監督されるマネジメントリーダーと呼ばれるスタッフがいて、マネジメントリーダーの田中友絵さんを通してどのようなサービス面について気を遣っているかを紹介。


松村歯科 新潟診療所

徳真会グループの一日に密着。まつむら歯科 新津診療所では張り詰めた朝礼が行われ、松村歯科 新潟診療所に向かった松村博史は恒例の理事長チェックを行った。

サービス向上にグループ一丸となって取り組んでいて、外部のマナー講師を招いて患者とのあいさつや会話を練習している。

現場にはサービス面の監督されるマネジメントリーダーと呼ばれるスタッフがいて、マネジメントリーダーの田中友絵さんを通してどのようなサービス面について気を遣っているかを紹介。


まつむら歯科 新津診療所

徳真会グループの一日に密着。まつむら歯科 新津診療所では張り詰めた朝礼が行われ、松村歯科 新潟診療所に向かった松村博史は恒例の理事長チェックを行った。

サービス向上にグループ一丸となって取り組んでいて、外部のマナー講師を招いて患者とのあいさつや会話を練習している。

現場にはサービス面の監督されるマネジメントリーダーと呼ばれるスタッフがいて、マネジメントリーダーの田中友絵さんを通してどのようなサービス面について気を遣っているかを紹介。


常総貿易

現在、日本の歯科医院の1500軒が廃院や休院となっていて、取材した常総貿易の倉庫には潰れてしまった歯科医院から回収した診療台などが置かれていた。現在は、3日に1回のペースで回収に向かっているという。

医療崩壊の現場について松村博史は、需要と供給の数でいうなら供給過剰になっていると説明。顧客である患者から選ばれるような医療をやらないと難しいのでは解説。

歯科医師の削減計画もあると話す村上龍に対して、松村博史は歯科医療はやり方によってはいろいろな分野があり、付加価値を患者に啓蒙していくことがまだ足りてないと解説。


アスティーニデンタルインスティテュート

最先端医療では患者の選択肢が増えており、グループのアスティーニデンタルインスティテュートでは虫歯になっていた場合セレックという治療を提案する。セレックは光学式のスキャナーを使い嗚咽感無く歯形を取ると隣のラボで機械を使い設計。治療時間は3時間でその日のうちに虫歯は消える。

音も振動もない治療法も選ばれる。使うのはレーザー治療で、音も振動もなく患部だけを削ることが出来る。さらに、レーザー掃射された歯は今後虫歯になりにくくなるという。

脳神経外科で用いられる手術用の顕微鏡を使った根管治療「マイクロ・エンド」は、歯の根も直に見ることが出来るで歯を残して治すという。


徳真会グループ

大規模施設の必要性という小池栄子の質問について松村博史は、快適さの中で無駄と非効率を盛り込まないと快適にはならないなどと語った。

歯科医師会から呼び出された理由について松村博史は、新潟で分院を作ったが当時はそれが業界の和を乱すことになったが、方向性が違うためぶつかり退会届を出したと話した。

徳真会グループの内訳をフリップで紹介し、経営がダメな病院は医療もダメなのではという村上龍の疑問について松村博史は、「医療機関が経営を行うのはおかしい」という発想はおかしいと話し、利益の還元をしていくことが正しい経営だと語った。

歯科医院とラーメン店の経営は似ているのではという村上龍の疑問について松村博史は、ファンや馴染みの客もいていいが、近代的な医療をするには限界も出てくると話した。


徳真会グループ

松村博史はグループ全体の治療の質を高めるため歯科技工部門のワールドラボを設立。多くの街の開業医は外部の歯科技工士に発注するが、徳真会グループはグループ会社なため技工士が現場とつながっている。歯はセラミックで手作りしており、前歯は4日ほどで完成する。


ワールドラボ

松村博史はグループ全体の治療の質を高めるため歯科技工部門のワールドラボを設立。多くの街の開業医は外部の歯科技工士に発注するが、徳真会グループはグループ会社なため技工士が現場とつながっている。歯はセラミックで手作りしており、前歯は4日ほどで完成する。


ゼネラルスタッフ

東京・稲城市にわかば台デンタルクリニックが開業。ここにはリラクゼーションスペースや子どもたちの遊び場などが設けられ、客は口々にイメージが違うと言う。営業は年中無休で9時まで開いているが、地元の人がほとんどで8割は保険診療の患者だという。取材した女性の治療には電子カルテなどを使って診察とクリーニングをしていた。

現在歯科医院は全国に6万8000軒あり8割が個人開業。徳真会グループは全国25カ所の診療所を設けており、始まりのまつむら歯科 新津診療所は患者が丁寧と感じる治療を施している。

松村博史は1981年に歯科医院を開業すると、医療の他に経営もあって小さい組織の限界を感じ始めたという。そこで松村博史は、アメリカの歯科医院を参考に、医療と経営を分業化して経営専門の別会社ゼネラルスタッフを1985年に設立。100人の社員は全国の現場を回って要望を聞き、医師が治療に専念できる環境を作った。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (13)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (13)