ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「梅本正行」の検索結果

「梅本正行」に関連する情報 72件中 1〜10件目

日本防犯学校

今回、防犯対策について教えてくれるのは日本防犯学校学長の梅本正行さん。そのお弟子さんの三原成寛さんの家が防犯住宅だということで尋ねてみた。インターホンを押すと、携帯にお知らせが届き、インターホンの映像を見たり通話をすることができる。泥棒は侵入する前にインターホンを押して在宅か留守かを確認することが多いため、留守中でも在宅しているような対応ができるので泥棒に狙われるのを防ぐことができる。また、窓の幅は人が通りにくい細めのサイズにし、一般のガラスより破壊されにくい防犯ガラスを使用している。窓の高さも地面から2mにし、エアコンの室外機が足場にならないよう窓から離れた場所に設置している。窓の内側には補助錠がついており、侵入に時間がかかるようにしている。

梅本さんは「この時期は年配の方はエアコンが嫌だと言って網戸にするので、そうするともうどうぞお入りくださいとなってしまう」とコメントした。


日本防犯学校

続いてのテーマは、2020年の東京五輪に向け今注目が集まる「防犯」。中でも防犯カメラは最も活用されており、国内に設置されているその台数は300万台以上、販売市場は459億円にも達すると言われている。今では、不自然な動きを認識し急病人を発見するAI判別カメラや、炎や煙を感知するカメラも登場。日本防犯学校校長で防犯ジャーナリストの梅本正行によると、最近では24の都道府県が防犯意識を高めようと推進している「防犯優良マンション制度」も進められているという。


ファイク・ジャパン合同会社

続いてのテーマは、2020年の東京五輪に向け今注目が集まる「防犯」。中でも防犯カメラは最も活用されており、国内に設置されているその台数は300万台以上、販売市場は459億円にも達すると言われている。今では、不自然な動きを認識し急病人を発見するAI判別カメラや、炎や煙を感知するカメラも登場。日本防犯学校校長で防犯ジャーナリストの梅本正行によると、最近では24の都道府県が防犯意識を高めようと推進している「防犯優良マンション制度」も進められているという。


三菱地所

続いてのテーマは、2020年の東京五輪に向け今注目が集まる「防犯」。中でも防犯カメラは最も活用されており、国内に設置されているその台数は300万台以上、販売市場は459億円にも達すると言われている。今では、不自然な動きを認識し急病人を発見するAI判別カメラや、炎や煙を感知するカメラも登場。日本防犯学校校長で防犯ジャーナリストの梅本正行によると、最近では24の都道府県が防犯意識を高めようと推進している「防犯優良マンション制度」も進められているという。


ロイター

続いてのテーマは、2020年の東京五輪に向け今注目が集まる「防犯」。中でも防犯カメラは最も活用されており、国内に設置されているその台数は300万台以上、販売市場は459億円にも達すると言われている。今では、不自然な動きを認識し急病人を発見するAI判別カメラや、炎や煙を感知するカメラも登場。日本防犯学校校長で防犯ジャーナリストの梅本正行によると、最近では24の都道府県が防犯意識を高めようと推進している「防犯優良マンション制度」も進められているという。


富士経済

続いてのテーマは、2020年の東京五輪に向け今注目が集まる「防犯」。中でも防犯カメラは最も活用されており、国内に設置されているその台数は300万台以上、販売市場は459億円にも達すると言われている。今では、不自然な動きを認識し急病人を発見するAI判別カメラや、炎や煙を感知するカメラも登場。日本防犯学校校長で防犯ジャーナリストの梅本正行によると、最近では24の都道府県が防犯意識を高めようと推進している「防犯優良マンション制度」も進められているという。


防犯カメラ

続いてのテーマは、2020年の東京五輪に向け今注目が集まる「防犯」。中でも防犯カメラは最も活用されており、国内に設置されているその台数は300万台以上、販売市場は459億円にも達すると言われている。今では、不自然な動きを認識し急病人を発見するAI判別カメラや、炎や煙を感知するカメラも登場。日本防犯学校校長で防犯ジャーナリストの梅本正行によると、最近では24の都道府県が防犯意識を高めようと推進している「防犯優良マンション制度」も進められているという。


アフロ

続いてのテーマは、2020年の東京五輪に向け今注目が集まる「防犯」。中でも防犯カメラは最も活用されており、国内に設置されているその台数は300万台以上、販売市場は459億円にも達すると言われている。今では、不自然な動きを認識し急病人を発見するAI判別カメラや、炎や煙を感知するカメラも登場。日本防犯学校校長で防犯ジャーナリストの梅本正行によると、最近では24の都道府県が防犯意識を高めようと推進している「防犯優良マンション制度」も進められているという。

そんな防犯について、まずは経済の専門家・野口真人先生から「お店を黒字に買える防犯カメラがある」というスゴ話が。その防犯カメラとは「アースアイズ」。アースアイズには防犯機能に加え五感センサーとAIの機能が備わっており、自動的にマーケティングをし効率的な在庫管理が可能に。また1か月約2000円という安さのため、警備費用の削減にも繋がる。実際、あるホームセンターでは半年で約300万円もの効果が現れたという。


「梅本正行」に関連するイベント情報

東京五輪

続いてのテーマは、2020年の東京五輪に向け今注目が集まる「防犯」。中でも防犯カメラは最も活用されており、国内に設置されているその台数は300万台以上、販売市場は459億円にも達すると言われている。今では、不自然な動きを認識し急病人を発見するAI判別カメラや、炎や煙を感知するカメラも登場。日本防犯学校校長で防犯ジャーナリストの梅本正行によると、最近では24の都道府県が防犯意識を高めようと推進している「防犯優良マンション制度」も進められているという。


日本防犯学校

防犯ジャーナリスト梅本正行先生が登場。日本防犯学校学長を務め、8000件以上の犯行現場を検証している。


検索結果の絞り込み