ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「梅本正行」の検索結果

「梅本正行」に関連する情報 71件中 1〜10件目

日本防犯学校

続いてのテーマは、2020年の東京五輪に向け今注目が集まる「防犯」。中でも防犯カメラは最も活用されており、国内に設置されているその台数は300万台以上、販売市場は459億円にも達すると言われている。今では、不自然な動きを認識し急病人を発見するAI判別カメラや、炎や煙を感知するカメラも登場。日本防犯学校校長で防犯ジャーナリストの梅本正行によると、最近では24の都道府県が防犯意識を高めようと推進している「防犯優良マンション制度」も進められているという。


ファイク・ジャパン合同会社

続いてのテーマは、2020年の東京五輪に向け今注目が集まる「防犯」。中でも防犯カメラは最も活用されており、国内に設置されているその台数は300万台以上、販売市場は459億円にも達すると言われている。今では、不自然な動きを認識し急病人を発見するAI判別カメラや、炎や煙を感知するカメラも登場。日本防犯学校校長で防犯ジャーナリストの梅本正行によると、最近では24の都道府県が防犯意識を高めようと推進している「防犯優良マンション制度」も進められているという。


三菱地所

続いてのテーマは、2020年の東京五輪に向け今注目が集まる「防犯」。中でも防犯カメラは最も活用されており、国内に設置されているその台数は300万台以上、販売市場は459億円にも達すると言われている。今では、不自然な動きを認識し急病人を発見するAI判別カメラや、炎や煙を感知するカメラも登場。日本防犯学校校長で防犯ジャーナリストの梅本正行によると、最近では24の都道府県が防犯意識を高めようと推進している「防犯優良マンション制度」も進められているという。


ロイター

続いてのテーマは、2020年の東京五輪に向け今注目が集まる「防犯」。中でも防犯カメラは最も活用されており、国内に設置されているその台数は300万台以上、販売市場は459億円にも達すると言われている。今では、不自然な動きを認識し急病人を発見するAI判別カメラや、炎や煙を感知するカメラも登場。日本防犯学校校長で防犯ジャーナリストの梅本正行によると、最近では24の都道府県が防犯意識を高めようと推進している「防犯優良マンション制度」も進められているという。


富士経済

続いてのテーマは、2020年の東京五輪に向け今注目が集まる「防犯」。中でも防犯カメラは最も活用されており、国内に設置されているその台数は300万台以上、販売市場は459億円にも達すると言われている。今では、不自然な動きを認識し急病人を発見するAI判別カメラや、炎や煙を感知するカメラも登場。日本防犯学校校長で防犯ジャーナリストの梅本正行によると、最近では24の都道府県が防犯意識を高めようと推進している「防犯優良マンション制度」も進められているという。


防犯カメラ

続いてのテーマは、2020年の東京五輪に向け今注目が集まる「防犯」。中でも防犯カメラは最も活用されており、国内に設置されているその台数は300万台以上、販売市場は459億円にも達すると言われている。今では、不自然な動きを認識し急病人を発見するAI判別カメラや、炎や煙を感知するカメラも登場。日本防犯学校校長で防犯ジャーナリストの梅本正行によると、最近では24の都道府県が防犯意識を高めようと推進している「防犯優良マンション制度」も進められているという。


アフロ

続いてのテーマは、2020年の東京五輪に向け今注目が集まる「防犯」。中でも防犯カメラは最も活用されており、国内に設置されているその台数は300万台以上、販売市場は459億円にも達すると言われている。今では、不自然な動きを認識し急病人を発見するAI判別カメラや、炎や煙を感知するカメラも登場。日本防犯学校校長で防犯ジャーナリストの梅本正行によると、最近では24の都道府県が防犯意識を高めようと推進している「防犯優良マンション制度」も進められているという。

そんな防犯について、まずは経済の専門家・野口真人先生から「お店を黒字に買える防犯カメラがある」というスゴ話が。その防犯カメラとは「アースアイズ」。アースアイズには防犯機能に加え五感センサーとAIの機能が備わっており、自動的にマーケティングをし効率的な在庫管理が可能に。また1か月約2000円という安さのため、警備費用の削減にも繋がる。実際、あるホームセンターでは半年で約300万円もの効果が現れたという。


「梅本正行」に関連するイベント情報

東京五輪

続いてのテーマは、2020年の東京五輪に向け今注目が集まる「防犯」。中でも防犯カメラは最も活用されており、国内に設置されているその台数は300万台以上、販売市場は459億円にも達すると言われている。今では、不自然な動きを認識し急病人を発見するAI判別カメラや、炎や煙を感知するカメラも登場。日本防犯学校校長で防犯ジャーナリストの梅本正行によると、最近では24の都道府県が防犯意識を高めようと推進している「防犯優良マンション制度」も進められているという。


日本防犯学校

防犯ジャーナリスト梅本正行先生が登場。日本防犯学校学長を務め、8000件以上の犯行現場を検証している。


日本防犯学校

2人目の専門家は防犯ジャーナリストの梅本正行氏。2006年から日本防犯学校の学長を務めている。なお、カズレーザーは防犯意識は低いと語り、自宅のリビングに150万円を置いてあるという。