ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「橋田壽賀子」の検索結果

「橋田壽賀子」に関連する情報 607件中 1〜10件目

「橋田壽賀子」に関連する音楽・CD

め組のひと

今日選んだのは1983年の6月9日。「め組のひと」は鈴木雅之さんらのシャネルズがラッツ&スターに変わって最初のヒット曲。当時話題のTV番組は「おしん」。渡る世間は鬼ばかりの橋田壽賀子さんが原作脚本を手掛けたドラマ。最高視聴率は62.9%だった。吉川さんはうちの家族は連続ドラマを一度も見たことがないなどと話した。森永さんはおしんを見てうわーんなどと話した。68の国と地域で放送され、シンガポールの視聴率は80%まで登った。エジプトでは停電で番組が放送中止になって再放送を求める暴動が起こった。小島さんは世界の人に響くのってどこなんでしょうねなどとコメントした。

ラッツ&スターの「め組のひと」がBGMとして流れた。


バイアグラ

そして出川は江頭の「トルコで肛門にデンデン太鼓」、「陰毛燃やして番組初回でクビ」、「笑っていいとも!で橋田壽賀子さんにキスして出禁」、「バイアグラ5錠で緊急搬送」などの伝説エピソードを語った。中でも出川が感動したという「水中息止め対決」では清水圭の記録を破り記録を更新した。江頭に話を聞くと2分50秒あたりから失神してると話した。


学習院大学

徹子の部屋に16年ぶりに出演となった角野卓造さん。角野さんが2回目の徹子の部屋に出演した2年後に、ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」が始まった。その「渡る世間は鬼ばかり」に出演する泉ピン子さんと脚本家の橋田壽賀子さんが、徹子の部屋に出演した歳の映像が流れた。角野さん一家が東京から広島、広島から大阪、大阪から東京へ移り住む生い立ちが、当時の写真とともに紹介された。


学習院高等科

徹子の部屋に16年ぶりに出演となった角野卓造さん。角野さんが2回目の徹子の部屋に出演した2年後に、ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」が始まった。その「渡る世間は鬼ばかり」に出演する泉ピン子さんと脚本家の橋田壽賀子さんが、徹子の部屋に出演した歳の映像が流れた。角野さん一家が東京から広島、広島から大阪、大阪から東京へ移り住む生い立ちが、当時の写真とともに紹介された。


エルメス

昨日都内で行われた映画「あなたの旅立ち、綴ります」公開直前トークイベントに登場した泉ピン子さん。映画は老婦人が若手女性新聞記者に自分の訃報記事作成を依頼し、終活に奮闘する姿を描いたもの。今回このストーリーにちなんでピン子さんも自分史を作成したという。ピン子さんは人生をどう振り返ったのか?ノンストップ!は本人を直撃した。NHK朝の連続テレビ小説「おしん」や「渡る世間は鬼ばかり」などに出演。デビューから40年以上女優として活躍を続けるピン子さんだが、その人生は波乱に満ちていた。1947年、東京・銀座に生まれ、2歳で母親と死別。その後父の再婚相手の義母との折り合いが悪く、自宅を出て芸人の世界へ飛び込んだ。18歳で牧伸二さんに弟子入りしてギター漫談でデビュー。下積みの日々を送った。デビューから10年、28歳のときに情報番組「ウィークエンダー」のリポーターに抜擢され、同年女優デビューを果たした。一躍有名になると同時に生活も一変。努力でつかんだ豊かな生活。1番楽しかった時代について聞くと、ピン子さんは「売れてない時の方が楽しかったかもしれないね。楽しかったって哀愁なのね。本当に楽しいかっていうと楽しいわけじゃない。今思えば、工夫しなきゃいけなかったりすることが楽しかったのかな。」などと話した。そんなピン子さんはこの先の人生を考え、始めたことがあるという。女優としてドラマなどの演技を評価されたトロフィーを処分した理由は「終活」。脚本家・橋田壽賀子さんの影響で自らの終活を考えるようになったという。「悔いていることはない」と語ったピン子さん。しかし、ピン子さんは「悔いが1つあるとすれば、現金を残しておけばよかったね。今思うと、年とったら現金!」などと話した。


バーキン

昨日都内で行われた映画「あなたの旅立ち、綴ります」公開直前トークイベントに登場した泉ピン子さん。映画は老婦人が若手女性新聞記者に自分の訃報記事作成を依頼し、終活に奮闘する姿を描いたもの。今回このストーリーにちなんでピン子さんも自分史を作成したという。ピン子さんは人生をどう振り返ったのか?ノンストップ!は本人を直撃した。NHK朝の連続テレビ小説「おしん」や「渡る世間は鬼ばかり」などに出演。デビューから40年以上女優として活躍を続けるピン子さんだが、その人生は波乱に満ちていた。1947年、東京・銀座に生まれ、2歳で母親と死別。その後父の再婚相手の義母との折り合いが悪く、自宅を出て芸人の世界へ飛び込んだ。18歳で牧伸二さんに弟子入りしてギター漫談でデビュー。下積みの日々を送った。デビューから10年、28歳のときに情報番組「ウィークエンダー」のリポーターに抜擢され、同年女優デビューを果たした。一躍有名になると同時に生活も一変。努力でつかんだ豊かな生活。1番楽しかった時代について聞くと、ピン子さんは「売れてない時の方が楽しかったかもしれないね。楽しかったって哀愁なのね。本当に楽しいかっていうと楽しいわけじゃない。今思えば、工夫しなきゃいけなかったりすることが楽しかったのかな。」などと話した。そんなピン子さんはこの先の人生を考え、始めたことがあるという。女優としてドラマなどの演技を評価されたトロフィーを処分した理由は「終活」。脚本家・橋田壽賀子さんの影響で自らの終活を考えるようになったという。「悔いていることはない」と語ったピン子さん。しかし、ピン子さんは「悔いが1つあるとすれば、現金を残しておけばよかったね。今思うと、年とったら現金!」などと話した。


日本テレビ

昨日都内で行われた映画「あなたの旅立ち、綴ります」公開直前トークイベントに登場した泉ピン子さん。映画は老婦人が若手女性新聞記者に自分の訃報記事作成を依頼し、終活に奮闘する姿を描いたもの。今回このストーリーにちなんでピン子さんも自分史を作成したという。ピン子さんは人生をどう振り返ったのか?ノンストップ!は本人を直撃した。NHK朝の連続テレビ小説「おしん」や「渡る世間は鬼ばかり」などに出演。デビューから40年以上女優として活躍を続けるピン子さんだが、その人生は波乱に満ちていた。1947年、東京・銀座に生まれ、2歳で母親と死別。その後父の再婚相手の義母との折り合いが悪く、自宅を出て芸人の世界へ飛び込んだ。18歳で牧伸二さんに弟子入りしてギター漫談でデビュー。下積みの日々を送った。デビューから10年、28歳のときに情報番組「ウィークエンダー」のリポーターに抜擢され、同年女優デビューを果たした。一躍有名になると同時に生活も一変。努力でつかんだ豊かな生活。1番楽しかった時代について聞くと、ピン子さんは「売れてない時の方が楽しかったかもしれないね。楽しかったって哀愁なのね。本当に楽しいかっていうと楽しいわけじゃない。今思えば、工夫しなきゃいけなかったりすることが楽しかったのかな。」などと話した。そんなピン子さんはこの先の人生を考え、始めたことがあるという。女優としてドラマなどの演技を評価されたトロフィーを処分した理由は「終活」。脚本家・橋田壽賀子さんの影響で自らの終活を考えるようになったという。「悔いていることはない」と語ったピン子さん。しかし、ピン子さんは「悔いが1つあるとすれば、現金を残しておけばよかったね。今思うと、年とったら現金!」などと話した。


NHK

昨日都内で行われた映画「あなたの旅立ち、綴ります」公開直前トークイベントに登場した泉ピン子さん。映画は老婦人が若手女性新聞記者に自分の訃報記事作成を依頼し、終活に奮闘する姿を描いたもの。今回このストーリーにちなんでピン子さんも自分史を作成したという。ピン子さんは人生をどう振り返ったのか?ノンストップ!は本人を直撃した。NHK朝の連続テレビ小説「おしん」や「渡る世間は鬼ばかり」などに出演。デビューから40年以上女優として活躍を続けるピン子さんだが、その人生は波乱に満ちていた。1947年、東京・銀座に生まれ、2歳で母親と死別。その後父の再婚相手の義母との折り合いが悪く、自宅を出て芸人の世界へ飛び込んだ。18歳で牧伸二さんに弟子入りしてギター漫談でデビュー。下積みの日々を送った。デビューから10年、28歳のときに情報番組「ウィークエンダー」のリポーターに抜擢され、同年女優デビューを果たした。一躍有名になると同時に生活も一変。努力でつかんだ豊かな生活。1番楽しかった時代について聞くと、ピン子さんは「売れてない時の方が楽しかったかもしれないね。楽しかったって哀愁なのね。本当に楽しいかっていうと楽しいわけじゃない。今思えば、工夫しなきゃいけなかったりすることが楽しかったのかな。」などと話した。そんなピン子さんはこの先の人生を考え、始めたことがあるという。女優としてドラマなどの演技を評価されたトロフィーを処分した理由は「終活」。脚本家・橋田壽賀子さんの影響で自らの終活を考えるようになったという。「悔いていることはない」と語ったピン子さん。しかし、ピン子さんは「悔いが1つあるとすれば、現金を残しておけばよかったね。今思うと、年とったら現金!」などと話した。


読売新聞

昨日都内で行われた映画「あなたの旅立ち、綴ります」公開直前トークイベントに登場した泉ピン子さん。映画は老婦人が若手女性新聞記者に自分の訃報記事作成を依頼し、終活に奮闘する姿を描いたもの。今回このストーリーにちなんでピン子さんも自分史を作成したという。ピン子さんは人生をどう振り返ったのか?ノンストップ!は本人を直撃した。NHK朝の連続テレビ小説「おしん」や「渡る世間は鬼ばかり」などに出演。デビューから40年以上女優として活躍を続けるピン子さんだが、その人生は波乱に満ちていた。1947年、東京・銀座に生まれ、2歳で母親と死別。その後父の再婚相手の義母との折り合いが悪く、自宅を出て芸人の世界へ飛び込んだ。18歳で牧伸二さんに弟子入りしてギター漫談でデビュー。下積みの日々を送った。デビューから10年、28歳のときに情報番組「ウィークエンダー」のリポーターに抜擢され、同年女優デビューを果たした。一躍有名になると同時に生活も一変。努力でつかんだ豊かな生活。1番楽しかった時代について聞くと、ピン子さんは「売れてない時の方が楽しかったかもしれないね。楽しかったって哀愁なのね。本当に楽しいかっていうと楽しいわけじゃない。今思えば、工夫しなきゃいけなかったりすることが楽しかったのかな。」などと話した。そんなピン子さんはこの先の人生を考え、始めたことがあるという。女優としてドラマなどの演技を評価されたトロフィーを処分した理由は「終活」。脚本家・橋田壽賀子さんの影響で自らの終活を考えるようになったという。「悔いていることはない」と語ったピン子さん。しかし、ピン子さんは「悔いが1つあるとすれば、現金を残しておけばよかったね。今思うと、年とったら現金!」などと話した。


「橋田壽賀子」に関連する本・コミック・雑誌

ピン子、自分と向き合ってみました

昨日都内で行われた映画「あなたの旅立ち、綴ります」公開直前トークイベントに登場した泉ピン子さん。映画は老婦人が若手女性新聞記者に自分の訃報記事作成を依頼し、終活に奮闘する姿を描いたもの。今回このストーリーにちなんでピン子さんも自分史を作成したという。ピン子さんは人生をどう振り返ったのか?ノンストップ!は本人を直撃した。NHK朝の連続テレビ小説「おしん」や「渡る世間は鬼ばかり」などに出演。デビューから40年以上女優として活躍を続けるピン子さんだが、その人生は波乱に満ちていた。1947年、東京・銀座に生まれ、2歳で母親と死別。その後父の再婚相手の義母との折り合いが悪く、自宅を出て芸人の世界へ飛び込んだ。18歳で牧伸二さんに弟子入りしてギター漫談でデビュー。下積みの日々を送った。デビューから10年、28歳のときに情報番組「ウィークエンダー」のリポーターに抜擢され、同年女優デビューを果たした。一躍有名になると同時に生活も一変。努力でつかんだ豊かな生活。1番楽しかった時代について聞くと、ピン子さんは「売れてない時の方が楽しかったかもしれないね。楽しかったって哀愁なのね。本当に楽しいかっていうと楽しいわけじゃない。今思えば、工夫しなきゃいけなかったりすることが楽しかったのかな。」などと話した。そんなピン子さんはこの先の人生を考え、始めたことがあるという。女優としてドラマなどの演技を評価されたトロフィーを処分した理由は「終活」。脚本家・橋田壽賀子さんの影響で自らの終活を考えるようになったという。「悔いていることはない」と語ったピン子さん。しかし、ピン子さんは「悔いが1つあるとすれば、現金を残しておけばよかったね。今思うと、年とったら現金!」などと話した。