ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「橋田壽賀子」の検索結果

「橋田壽賀子」に関連する情報 753件中 1〜10件目

清流

明治25年創業の能登屋旅館。この旅館は三代に渡る女将さんが未だ現役の珍しい旅館。昭和58年からNHKで放送され最高視聴率62.9%を記録した「おしん」でおしんの母が出稼ぎに出た旅館としてこの旅館が登場する。さらにドラマの中でおしんが食べていた大根飯を食べやすく味付けして朝食に味わうことができる。朝日奈央は「おいしい!シンプルな味付けですけど大根の葉が良いアクセント。これを食べてたんだぁ」とコメント。清流のお部屋は脚本家の橋田壽賀子さんが泊まり込んでおしんの脚本を書いていたそうです。館内には大女将と乙羽信子さんのツーショット写真も。


「橋田壽賀子」に関連するホテル・温泉旅館「橋田壽賀子」に関連する観光・地域情報

能登屋旅館

明治25年創業の能登屋旅館。この旅館は三代に渡る女将さんが未だ現役の珍しい旅館。昭和58年からNHKで放送され最高視聴率62.9%を記録した「おしん」でおしんの母が出稼ぎに出た旅館としてこの旅館が登場する。さらにドラマの中でおしんが食べていた大根飯を食べやすく味付けして朝食に味わうことができる。朝日奈央は「おいしい!シンプルな味付けですけど大根の葉が良いアクセント。これを食べてたんだぁ」とコメント。清流のお部屋は脚本家の橋田壽賀子さんが泊まり込んでおしんの脚本を書いていたそうです。館内には大女将と乙羽信子さんのツーショット写真も。


銀山温泉

古山閣自慢の尾花沢牛の温泉蒸しがスタジオに届いた。ミネラルや塩分を含んだ銀山温泉の温泉水でじっくり蒸すことで肉のうま味を凝縮。余分な脂を落とすことができるのでさっぱりといただける。自家製のポン酢につけてどうぞ。食べやすい、細かくサシが入っててホロホロっとほどけると話した。尾花沢牛は寒さを乗り越えるために自然と脂をつけて「雪降り和牛」と呼ばれる。下に入った野菜に肉の脂が落ちて旨味を吸っている。野菜うまい、この野菜3倍欲しいと絶賛した。古山閣は1泊2食付きで1万3000円〜宿泊可能。

銀山荘の自慢は銀山温泉一広いお風呂。露天風呂にはちょっと変わった楽しみ方があるという。朝日奈央が雪景色を見ながらの露天風呂を堪能。きりきず、やけど、疲労回復などに効果がある銀山温泉。銀山荘の自慢が露天寝湯。寝ながら目の前に広がる銀世界をゆったり堪能できる。夜には星空やライトアップされた雪景色も楽しめる。

明治25年創業の能登屋旅館。この旅館は三代に渡る女将さんが未だ現役の珍しい旅館。昭和58年からNHKで放送され最高視聴率62.9%を記録した「おしん」でおしんの母が出稼ぎに出た旅館としてこの旅館が登場する。さらにドラマの中でおしんが食べていた大根飯を食べやすく味付けして朝食に味わうことができる。朝日奈央は「おいしい!シンプルな味付けですけど大根の葉が良いアクセント。これを食べてたんだぁ」とコメント。清流のお部屋は脚本家の橋田壽賀子さんが泊まり込んでおしんの脚本を書いていたそうです。館内には大女将と乙羽信子さんのツーショット写真も。

おしんに出てくるこけしを実際に作っていたのが伊豆こけし工房。おしんこけしが販売されている。伊豆徹さんは現在たった1人の銀山こけし職人。すべて手作業で製作していて80種類も。生まれた赤ちゃんと同じ身長・体重に合わせて作られる誕生こけしがスタジオに届いた。さらにここでしか買えない珍しいこけしを発見。


「橋田壽賀子」に関連する音楽・CD

岸壁の母

泉ピン子さんが続いて訪れたのはオーロラが見えるという公園へ。グリーンランドはオーロラが発生しやすい「オーロラベルト」の真下に位置している。極寒の中待つこと1時間経過するとオーロラが発生。泉ピン子さんは「岸壁の母」を歌った。そして、次の日の朝にもオーロラが発生していた。この事を橋田壽賀子に電話で報告すると「ふしぎ発見!」で綺麗なのが出てたと話した。


週刊女性

11月に亡くなった赤木春恵さんについて公私ともに付き合いのあった「渡る世間は鬼ばかり」の脚本家橋田壽賀子さんと「3年B組金八先生」の脚本家小山内美江子さんはプライベートで旅行に出かけることもあったという。二人は赤木さんが亡くなった今でも顔を出すように思えるという。明るい声で笑いすごく救われる、愚痴さえも明るい文句さえも明るい屈託がない人だったと二人は赤木さんを語った。赤木さんのそういった性格があったから姑の役が生まれ、赤木さんがやると憎めないことに救われたという。


ソリク パーソナル コンディショニングセンター

橋田壽賀子のプライベートに密着。橋田はパーソナルジムに週3日、30年以上も通い続けているという。腿上げ運動やバランスボール、12キロのバーベルを使った運動などを行った。趣味の船旅の為の体力作りでトレーニングをしているという。


「橋田壽賀子」に関連する本・コミック・雑誌

橋田壽賀子は著者「恨みっこなしの老後」で「あの世に期待しない」と綴っている。橋田は「生まれ変わりなんて考えたこともない。もういっぺん人間の世界なんてとんでもない。嫌ですもうたくさん」と本音を明かした。

「恨みっこなしの老後」

Amazon.co.jp


自然死

静岡・熱海市にある「ステーキハウスはまだ」で、橋田壽賀子の安楽死宣言の真相に迫った。2016年12月に文藝春秋で安楽死発言をした橋田には批判の声が上がった。橋田は「生まれるのは自由じゃないけど死ぬ時ぐらいは自分で選ばしてほしい。今は安楽死は犯罪だが在宅医と仲良くなって自然に食べないようにして自然死させて頂きたいと願っている」と明かした。


文藝春秋

静岡・熱海市にある「ステーキハウスはまだ」で、橋田壽賀子の安楽死宣言の真相に迫った。2016年12月に文藝春秋で安楽死発言をした橋田には批判の声が上がった。橋田は「生まれるのは自由じゃないけど死ぬ時ぐらいは自分で選ばしてほしい。今は安楽死は犯罪だが在宅医と仲良くなって自然に食べないようにして自然死させて頂きたいと願っている」と明かした。


「橋田壽賀子」に関連するグルメ情報

特選和牛ヒレステーキ

静岡・熱海市にある「ステーキハウスはまだ」で、橋田壽賀子の安楽死宣言の真相に迫った。2016年12月に文藝春秋で安楽死発言をした橋田には批判の声が上がった。橋田は「生まれるのは自由じゃないけど死ぬ時ぐらいは自分で選ばしてほしい。今は安楽死は犯罪だが在宅医と仲良くなって自然に食べないようにして自然死させて頂きたいと願っている」と明かした。