ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「櫻井幸雄」の検索結果

「櫻井幸雄」に関連する情報 53件中 1〜10件目

Google

本当に住みやすい街ランキング2位から5位を一覧で紹介。審査委員長を務めた櫻井幸雄さんがポイントを解説した。5位は横浜の戸塚。4位は埼玉の三郷中央。穴場路線ともいえるつくばエクスプレス沿線で、駅周辺の新しい街づくりの面積は豊洲や武蔵小杉に匹敵する広さだという。


つくばエクスプレス

本当に住みやすい街ランキング2位から5位を一覧で紹介。審査委員長を務めた櫻井幸雄さんがポイントを解説した。5位は横浜の戸塚。4位は埼玉の三郷中央。穴場路線ともいえるつくばエクスプレス沿線で、駅周辺の新しい街づくりの面積は豊洲や武蔵小杉に匹敵する広さだという。


本当に住みやすい街

本当に住みやすい街ランキング2位から5位を一覧で紹介。審査委員長を務めた櫻井幸雄さんがポイントを解説した。5位は横浜の戸塚。4位は埼玉の三郷中央。穴場路線ともいえるつくばエクスプレス沿線で、駅周辺の新しい街づくりの面積は豊洲や武蔵小杉に匹敵する広さだという。

3位は北区赤羽。駅周辺の商業施設がにぎわっていて、「NEXT吉祥寺」という魅力があるという。また、6路線が利用でき、事故で遅延したときでも代替えの路線で通勤の手段が確保される。

2位は中央区勝どき。1位は杉並区の南阿佐ヶ谷。南阿佐ヶ谷で街の人たちにインタビューを行った。多くの人から聞かれたのは都心から程よい距離にあること。南阿佐ヶ谷駅から新宿までは丸ノ内線で約10分。さらに駅周辺には杉並区役所や郵便局、警察署など公共施設が集まっているので便利だという。また、杉並区は緑に覆われた土地の割合が23くないで3番目に高く春には桜が咲く地域もある。櫻井さんは「阿佐ヶ谷駅周辺は再開発で新しい店が増えてにぎわっている。便利さと環境の良さを併せ持って子育てもしやすいいことが大きな魅力」などと話した。


駒沢公園ハウジングギャラリー

先日結婚式をあげたばかりのぺこ&りゅうちぇる。今回は2人にオススメの最新住宅を大調査。都区内最大、38棟のモデルハウスが並ぶ駒沢公園ハウジングギャラリーでモデルハウス巡り。ぺこ&りゅうちぇるは現在普通のマンションで壁がパープルだという。オススメ住宅を案内してくれるのは櫻井幸雄さん。

1軒目は家族とのつながりを大切にする家。家族とのつながりを大切にするために一番大事なのは奥さんと立てることだと櫻井さんは話した。最近の家づくりはキッチンが主役。空間を共有できる間取りがトレンド。キッチンやダイニングより1段下げることで天井が高くなり家族でゆったり過ごせる空間になるという。家族が思い思いの場所でくつろげる。さらに階段下をキッズスペースとして活用することでメリットがある。階段スペースなどで子供が遊んでいるのをキッチンから見守ることができるそう。

最新住宅で人気だという家族で便利に使えるあるモノ。2チームに分かれて探し出してもらう。新婚のぺこ&りゅうちぇるは家族が集まるキッチンからチェック。椅子のしたの収納や家電収納を発見。家電収納は扉を閉めたままご飯を炊くことができる。2階の子供部屋。便利な最新照明をチェック。勉強するときは明るい白色、くつろぎの時にはオレンジ色にするといい。陣内さんと河北さんは浴室からチェック。家事動線を意識した間取りがトレンド。手洗い、洗濯機、アイロンがけがまとめてできるようになっていたりする。さらに収納には備蓄庫をつける家が急増している。防災用ならではで、ロック部分が光ったり地震で飛び出ないようになっている。


タワーマンション

政府与党がタワーマンションの固定資産税や相続税を高層階ほど高くなるように見直すという方針を固めた。いま横行しているタワーマンションを使った節税のからくりをお伝えする。

住宅ジャーナリストの櫻井幸雄が解説。政府与党は相続税・固定資産税の計算のもととなる評価額を見直そうとしている。タワーマンションの評価額は現状、実際の売却額よりも低くなっており、これを利用した相続税の節税が横行している。1億円を子ども2人に相続しようとした場合、現金だと770万円の相続税がかかるが、1億円の戸建てとして相続すると180万円に減額し、さらに1戸1億円のタワーマンションとして相続すると0円となる。マンションが安くなるのは戸数がたくさんあるため1戸あたりの土地面積が減ることなどが理由である。

櫻井幸雄の解説。現状ではタワーマンションの各階層における販売価格に関わらず、評価額は一律となっている。そこで今回、マンション全体の評価額は変えずに高層階ほど評価額を高くするということが発表された。マンション全体から国に入る税金は変わらないように調整されるとのこと。評価額増額の対象となるのは20階以上の新築物件で、2018年から実施を目指している。一方、評価額が増えることにより比較的多くのお金を出費することになる高層階の住人が、マンション内の管理組合などでより多くの権利、票数を主張してくる(これについて既に国交省で議論されている)ことなども予想される。

”タワーマンション”に明確な定義は無いが、「60m以上、20階以上」というのが一般的に”タワーマンション”の条件だという。タワーマンションは’97年の建築基準法改正後、2001年から増加したとのこと。ここ10年間では279棟、増えているという。また、湾岸エリアでは人口が10年間で2倍になっているという。


舛添政治経済研究所

舛添氏の政治団体から、舛添氏の妻が代表勤めるファミリー企業に事務所家賃として政党交付金が支払われていた。舛添氏の自宅は事務所も含まれており、家賃が公費から一部支払われている。ほかの政治家も行っているが、周辺の相場より安く計上するもの、と岩井奉信教授はコメント。舛添氏は倍ほどの家賃を計上していた。

舛添氏の自宅の家賃は政党解散前はグローバルネットワーク研究会と政党支部から支払われていたが。解散後は、政党支部から家賃支給額と同額をハウスクリーニング代として請求していた。櫻井幸雄氏によると事務所のクリーニング代は相場5万円とのことでかなり高額だ、とコメント。岩井奉信教授は、非常に恣意的なやり方で政治資金を家族で還流させていると思われても仕方ないとコメント。番組ではハウスクリーニングの領収書は存在するのかと指摘した。村瀬哲史さんは「引っ越しした際にハウスクリーニング代は5万円だった。どう説明するのか?」とコメントした。


日立ハイテクノロジーズ

問題のマンションのパンフレットには三井不動産レジデンシャルの名前が載っていたが、旭化成建材の記載は見当たらない。旭化成建材は元請けの三井住友建設、1次下請けの日立ハイテクノロジーズの次に位置する孫請けにあたる。さらに杭打ち工時は旭化成建材が下請け業者に発注している。一級建築士は「管理体制を下請けに任せていることが問題」と指摘した。また旭化成建材の工事で現場代理人を務めた男性は下請けにはプレッシャーがあり、建設ラッシュによる人手不足、円安による資材の高騰などでコストの締め付けはきつくなっているという。櫻井幸雄は欠陥マンションを避けるのは難しく、何かあっても「逃げない」物件を選ぶしかないと語った。

マンション売買の流れをまとめた。三井不動産レジデンシャルと三井住友建設が契約をし、三井住友建設、日立ハイテクノロジーズ、旭化成建材と下請けされ施工される。これには欧米のように完成したものを売るのではなく、まず土地を売るという日本独特のシステムが浮き彫りになる。国交省は建設業法違反の疑いも視野に調査する方針。


三井不動産レジデンシャル

問題のマンションのパンフレットには三井不動産レジデンシャルの名前が載っていたが、旭化成建材の記載は見当たらない。旭化成建材は元請けの三井住友建設、1次下請けの日立ハイテクノロジーズの次に位置する孫請けにあたる。さらに杭打ち工時は旭化成建材が下請け業者に発注している。一級建築士は「管理体制を下請けに任せていることが問題」と指摘した。また旭化成建材の工事で現場代理人を務めた男性は下請けにはプレッシャーがあり、建設ラッシュによる人手不足、円安による資材の高騰などでコストの締め付けはきつくなっているという。櫻井幸雄は欠陥マンションを避けるのは難しく、何かあっても「逃げない」物件を選ぶしかないと語った。

マンション売買の流れをまとめた。三井不動産レジデンシャルと三井住友建設が契約をし、三井住友建設、日立ハイテクノロジーズ、旭化成建材と下請けされ施工される。これには欧米のように完成したものを売るのではなく、まず土地を売るという日本独特のシステムが浮き彫りになる。国交省は建設業法違反の疑いも視野に調査する方針。

傾斜マンションをめぐる今後の主な予定を紹介した。三井不動産レジデンシャル、旭化成、三井住友建設らによる補償案の提示、再調査結果の説明などが予定されている。しかし住民の間では意見が分かれており対立を呼ぶ恐れがあると危惧されている。


旭化成建材

検査データを改ざんした旭化成建材の現場代理人が杭打ち作業に関与したのは全国で41件にのぼることがわかった。旭化成側はこの41件を優先的に調査するとのこと。建設業界の関係者によると、データ改ざんは他の会社ではさらに多いだろうと語った。横浜市都筑区の問題のマンションでは、傾きが判明した棟で杭の一部が固い地盤に十分に届かず、さらに杭を固定するセメント量のデータが改ざんされていたことが判明した。住民が撮影した映像には壁の一部に亀裂が入っているなどの不備が映されていた

旭化成社長、副社長、商品開発部長らは問題発覚後6日が経った会見で涙ながらに全面謝罪をし、施工不良の原因についての説明を行った。現場代理人の1人が杭をどこまで打ち込んだかを記録した紙を紛失するなどし、正しいデータを得られずに他の杭のデータを転用したという。これに着いて当該の代理人はデータ改ざんの事実を否定している。旭化成建材は過去に行った他の工事についても調査を始め、おととい物件の種類などを国に報告した(映像 国土交通省)。

旭化成建材の杭打ち工事は過去11年間に沖縄県と和歌山県を除く全国45都道府県で3040件。内訳は集合住宅が最も多い696件、学校や医療・福祉施設も合わせて500件を超える。旭化成建材 第一営業本部長によると、このうち当該の代理人が担当した物件は東京、神奈川、千葉、茨城、静岡など9都県で41件。最も多かったのは愛知で岐阜、三重がこれに続く。旭化成建材は今後3040件の物件について不具合の有無を調査するとした。しかしこの時点で旭化成側はいたずらに不安を煽るなどの理由で、物件名など詳細の発表を拒否。愛知県庁など自治体では困惑が広がった。そこで国土交通省は情報提供をするよう指示しデータ改ざんの有無について来月13日までに報告するよう求めた。旭化成側は方針を一転、元請けの施工会社へ情報を提供などをするとしている。

問題のマンションのパンフレットには三井不動産レジデンシャルの名前が載っていたが、旭化成建材の記載は見当たらない。旭化成建材は元請けの三井住友建設、1次下請けの日立ハイテクノロジーズの次に位置する孫請けにあたる。さらに杭打ち工時は旭化成建材が下請け業者に発注している。一級建築士は「管理体制を下請けに任せていることが問題」と指摘した。また旭化成建材の工事で現場代理人を務めた男性は下請けにはプレッシャーがあり、建設ラッシュによる人手不足、円安による資材の高騰などでコストの締め付けはきつくなっているという。櫻井幸雄は欠陥マンションを避けるのは難しく、何かあっても「逃げない」物件を選ぶしかないと語った。

今回の問題となっている杭打ち工事は旭化成建材の現場代理人と7人の下請け業者によって実施された。この代理人は今回の70件のデータ偽装全てに関与していたが、「データ転用はしていない」と言い続けている。しかし旭化成側は工事のミスを故意に隠ぺいした可能性があるとみて調査している。

マンション売買の流れをまとめた。三井不動産レジデンシャルと三井住友建設が契約をし、三井住友建設、日立ハイテクノロジーズ、旭化成建材と下請けされ施工される。これには欧米のように完成したものを売るのではなく、まず土地を売るという日本独特のシステムが浮き彫りになる。国交省は建設業法違反の疑いも視野に調査する方針。

問題となっている旭化成建材の代理人が担当した物件は東京、神奈川、千葉、茨城、静岡など9都県で41件。最も多かったのは愛知で岐阜、三重がこれに続く。櫻井幸雄は一部の個人の仕業ではないかとした。しかし問題のマンションが着工されたのは、元1級建築士による構造計算書偽造問題が世間を騒がせた月の翌月であった。田崎史郎は氷山の一角ではないかと見解を述べた。


JR常磐線

先程、国土交通省から基準地価が発表された。最高基準地価は9年連続で東京・銀座2丁目だった。三大都市圏は商業地の上昇幅が拡大しただけでなく、住宅地の平均も上がった。東京の住宅街で基準地価の上昇率が最も高かったのは中央区月島。住宅ジャーナリストの櫻井幸雄さんは、地価の上昇が予想されるエリアとして千葉県の松戸をあげた。JR常磐線が松戸から東京や品川までつながるからだという。また、松戸には商業施設や大学が多いことも要因。