ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「段ボール」の検索結果

「段ボール」に関連する情報 2027件中 1〜10件目

「段ボール」に関連する音楽・CD

エンディングテーマ: C’mon C’mon「今から渋谷で遊ばない?」

エンディングテーマ: C’mon C’mon「今から渋谷で遊ばない?」

「今から渋谷で遊ばない?」

Amazon.co.jp


ソニー

遠藤諭さんのお宝は未開封の初代AIBO。本人評価額は50万円、鑑定額は120万円。未開封としてはこれ以上の価値はないという鑑定結果。AIBOは2015年に未来技術遺産に認定されている。


aibo ERS-110

遠藤諭さんのお宝は未開封の初代AIBO。本人評価額は50万円、鑑定額は120万円。未開封としてはこれ以上の価値はないという鑑定結果。AIBOは2015年に未来技術遺産に認定されている。


ネットもテレ東

公式見逃し配信サイト「ネットもテレ東」で無料配信中!


ソニー

遠藤諭さんのお宝は未開封の初代AIBO。買ってみたものの開けるのがもったいなくて未開封になってしまったという。AIBOは1999年にソニー株式会社が発売した世界初の家庭用犬型四足歩行のロボット。頭部にはタッチセンサーが埋め込まれており、なでるとしっぽをふってよろこぶ。育て方によって性格が変わるようにプログラミングされているのも特徴。発売時は25万円という価格ながらわずか20分足らずで完売した。その後も累計15万台売り上げるが、2006年に製造中止となった。依頼品の中に本当にAIBOが入っているか確認するため東京都立産業技術研究センターでX線撮影してもらうとちゃんと中身が入っていることがわかった。


東京都立産業技術研究センター

遠藤諭さんのお宝は未開封の初代AIBO。買ってみたものの開けるのがもったいなくて未開封になってしまったという。AIBOは1999年にソニー株式会社が発売した世界初の家庭用犬型四足歩行のロボット。頭部にはタッチセンサーが埋め込まれており、なでるとしっぽをふってよろこぶ。育て方によって性格が変わるようにプログラミングされているのも特徴。発売時は25万円という価格ながらわずか20分足らずで完売した。その後も累計15万台売り上げるが、2006年に製造中止となった。依頼品の中に本当にAIBOが入っているか確認するため東京都立産業技術研究センターでX線撮影してもらうとちゃんと中身が入っていることがわかった。


aibo ERS-7

遠藤諭さんのお宝は未開封の初代AIBO。買ってみたものの開けるのがもったいなくて未開封になってしまったという。AIBOは1999年にソニー株式会社が発売した世界初の家庭用犬型四足歩行のロボット。頭部にはタッチセンサーが埋め込まれており、なでるとしっぽをふってよろこぶ。育て方によって性格が変わるようにプログラミングされているのも特徴。発売時は25万円という価格ながらわずか20分足らずで完売した。その後も累計15万台売り上げるが、2006年に製造中止となった。依頼品の中に本当にAIBOが入っているか確認するため東京都立産業技術研究センターでX線撮影してもらうとちゃんと中身が入っていることがわかった。


aibo ERS-311

遠藤諭さんのお宝は未開封の初代AIBO。買ってみたものの開けるのがもったいなくて未開封になってしまったという。AIBOは1999年にソニー株式会社が発売した世界初の家庭用犬型四足歩行のロボット。頭部にはタッチセンサーが埋め込まれており、なでるとしっぽをふってよろこぶ。育て方によって性格が変わるようにプログラミングされているのも特徴。発売時は25万円という価格ながらわずか20分足らずで完売した。その後も累計15万台売り上げるが、2006年に製造中止となった。依頼品の中に本当にAIBOが入っているか確認するため東京都立産業技術研究センターでX線撮影してもらうとちゃんと中身が入っていることがわかった。


aibo ERS-210

遠藤諭さんのお宝は未開封の初代AIBO。買ってみたものの開けるのがもったいなくて未開封になってしまったという。AIBOは1999年にソニー株式会社が発売した世界初の家庭用犬型四足歩行のロボット。頭部にはタッチセンサーが埋め込まれており、なでるとしっぽをふってよろこぶ。育て方によって性格が変わるようにプログラミングされているのも特徴。発売時は25万円という価格ながらわずか20分足らずで完売した。その後も累計15万台売り上げるが、2006年に製造中止となった。依頼品の中に本当にAIBOが入っているか確認するため東京都立産業技術研究センターでX線撮影してもらうとちゃんと中身が入っていることがわかった。


aibo ERS-110

遠藤諭さんのお宝は未開封の初代AIBO。買ってみたものの開けるのがもったいなくて未開封になってしまったという。AIBOは1999年にソニー株式会社が発売した世界初の家庭用犬型四足歩行のロボット。頭部にはタッチセンサーが埋め込まれており、なでるとしっぽをふってよろこぶ。育て方によって性格が変わるようにプログラミングされているのも特徴。発売時は25万円という価格ながらわずか20分足らずで完売した。その後も累計15万台売り上げるが、2006年に製造中止となった。依頼品の中に本当にAIBOが入っているか確認するため東京都立産業技術研究センターでX線撮影してもらうとちゃんと中身が入っていることがわかった。