ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「毎日新聞」の検索結果

「毎日新聞」に関連する情報 23377件中 1〜10件目

毎日新聞

コカ・コーラボトラーズジャパンは昨日、浅草・浅草寺に近い商店街に新設した新型自販機を公開。外国人が自販機に貼られたコードを読み取ると周辺の観光地の情報を5つの言語で閲覧できる。また、ダイドードリンコは、英語・中国語・韓国語を話せる新型自販機の設置を進めている。


毎日新聞

田原氏は「毎日新聞」の記事で政府の有識者会議でヒアリングの際に「天皇は祈りだけで良い」と主張された事にショックを受けたと天皇陛下は述べているなど伝えた。有識者会議は一代限りという結論有りきで話が進んでいたなど小林氏らは述べた。毎日新聞の記事について百田氏と八木氏らは事実確認が出来ないことなどから新聞の一面に載るような記事ではないなど話す。

三浦氏は天皇陛下の言葉は政府と調整した所があるだろうけど語り方などから思いを読み取れたと思うなど話す。吉木氏は天皇の言葉では天皇と象徴天皇を分けて発言していたや天皇としての仕事が増えてしまったなど話す。スタジオでは新聞などに天皇陛下の言葉が載ることじたい異例であるなど話す。

井上氏は平成天皇は日本国憲法のもとで即位した最初の天皇で憲法に基づいて考えていて、そのための活動をしているなど話す。保守派の意見はどう聞いても天皇は何もしなくても良いとしか聞こえないなど話す。ケイン氏は象徴という言葉自体は法律用語ではなく具体的な範囲など決まっていなくてわかりづらいが国民と接するのは素晴らしい姿勢だが、それを利用されているような気がするなど話す。


毎日新聞

昭和のご意見番として活躍したのが細川隆一郎、毎日新聞の記者出身でリチャード・ニクソンやジョージ・W・ブッシュと対等に接するなど敏腕政治評論家だった。そんな彼が溺愛していたのが愛娘・細川珠生、お嬢様として育てられた。


毎日新聞社

今週のテーマは「真っ白なカラス アルビノとは?」。先週、京都で飛べなくなっているアルビノの白いカラスが見つかりネットで話題となっている。この”アルビノ”は他の動物でもみられる。


毎日新聞社

鳥羽水族館の高村課長によると三重県尾鷲では今までに7匹くらいのメガマウスが見つかっており三重県が多いという。深海にいる魚が上の方に上がってくる現象については、メガマウスは割りと定置網に入ることが多くずっと深い所にいるわけでもなく捕まる時には捕まるという。特徴は大きな口で名前の由来もそのことが起因しているという。歯がとても小さく小魚などを食べているという。受け入れ先についてはまだ水槽に入れたことのない生き物であり難しい状況だという。今の様子は捕獲されたときからずっと静かでビニールをかけて飼育しているという。


毎日新聞

なぜこれほどまでに遅れてしまったのか、もとはこの運営費に関する決め方として都・国・組織委員会の三者会談で費用に関しては、かねてから話合いがされていた。去年までは遠藤利明五輪相、森喜朗会長、舛添要一都知事(当時)の三人で息があっていた。オリンピック組織委員会の森会長が都に費用負担の増額をお願いした所これについて都は了承していた。それが去年都知事は小池氏になり、小池は「舛添都知事の時代に約束があったと思うが再チェックさせてほしい」し話し費用負担の話は元に戻り、都・国・組織委員会の話し合いを一時中断した。そして、今リミットが迫っているのが、開催費用の負担の割り合い。総額は1兆3900億円で、組織委員会が6000億円、都の負担が6000億円、そして国が1500億円。そしてその残りの400億円をと以外の自治体(7道県14会場)が負担することになりそうだ。この400億円の中身は警備費250億円、輸送費50億円、オペレーションなど50億円、賃借料50億円。そして、番組ではある会場の警備費、輸送費、オペレーションの例をあげて、難しい線引になることを紹介。


毎日新聞

時事通信社 特別解説委員・田崎史郎と、ジャーナリスト・大谷昭宏を紹介。日本経済新聞以外は、前事務方トップ前川喜平前事務次官の緊急会見を一面で取り上げている。前川氏は、きのうの午後4時から約1時間20分、100人を超える報道陣の前で会見を行った。大谷氏は「この国は暗黒時代に入った きのう生放送をやっていたが、どこで会見をしているかも一切明かされず、会見が終わって前川氏の安全が確保されるまで報道しちゃいけなかった こんなことはメディアに関わっていて初めて」とコメント。田崎氏は「内容面で新しい面はなかった」とコメント。文部科学省の幹部は“真意が分からないし事務方のトップにいた人間の行動とは思えない 古巣を揺さぶって楽しいのか”、職員は“部下思いで尊敬できる上司だった 後輩を困らせるようなことをするような人ではないので驚いているが 何か信念があってやっているのだろう”と困惑している様子。田崎氏は「記憶を辿ってもこういった例はなかった」とコメント。福本容子は「辞めた自分でしかないというか ここで言わないと“怪文書”として永遠に葬られるだろうと出てきた」とコメント。八代英輝は「文書はあったんだろうな 政権にとっては都合のよくないものであることは確か 加計学園だけを目指したものなのか国家戦略特区全体を目指したものなのか主旨が文書から分からない そこで止まるのかと思ったが その部分については突破口になるものがあったわけではなかったので 逆になぜ話したのか」とコメント。


朝日新聞

前川前文科省事務次官が会見を開き、文書の存在は確かだと公言した。前川氏は文科省の天下りあっせん問題で今年1月に引責辞任した。一方、文科省は文書の存在を確認できなかったとする調査結果を出し見解が食い違っている。一方出会い系バー疑惑については事実と認め、女性の貧困を知り実地の視察調査を行ったと話している。これにより文科省には困惑が広がっている。(日刊スポーツ/毎日新聞/朝日新聞)


毎日新聞

前川前文科省事務次官が会見を開き、文書の存在は確かだと公言した。前川氏は文科省の天下りあっせん問題で今年1月に引責辞任した。一方、文科省は文書の存在を確認できなかったとする調査結果を出し見解が食い違っている。一方出会い系バー疑惑については事実と認め、女性の貧困を知り実地の視察調査を行ったと話している。これにより文科省には困惑が広がっている。(日刊スポーツ/毎日新聞/朝日新聞)


日刊スポーツ

前川前文科省事務次官が会見を開き、文書の存在は確かだと公言した。前川氏は文科省の天下りあっせん問題で今年1月に引責辞任した。一方、文科省は文書の存在を確認できなかったとする調査結果を出し見解が食い違っている。一方出会い系バー疑惑については事実と認め、女性の貧困を知り実地の視察調査を行ったと話している。これにより文科省には困惑が広がっている。(日刊スポーツ/毎日新聞/朝日新聞)