ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「毎日新聞」の検索結果

「毎日新聞」に関連する情報 22957件中 1〜10件目

世論調査

毎日新聞が22日・23日に全国で実施した世論調査で、各国が北朝鮮にどう対応すべきかを聞いたところ、「外交努力を強める」という回答が64%で、「軍事的な圧力を強める」の21%を大きく上回った。男女別では、男性は「外交努力」が58%、「軍事的な圧力」が32%で全体より差が小さかったのに対し、女性は「外交努力」が68%、「軍事的な圧力」が13%だった。

共同通信社が22日・23日に実施した全国電話世論調査で、安倍政権の閣僚の失言や不倫問題など不祥事が相次いでいることを受け、政権に緩みが出ていると回答した人が73.2%を占めたことが分かった。(日刊スポーツ)

龍崎孝がこの世論調査の結果について、安倍政権は支持率が高いが、不適切な発言が不用意に出てくるのはまさに緩んでいると言ってもいいと思うと述べ、さらに、今の安倍政権の中で本当に閣僚や政務官にふさわしい人材が適所に置かれているのか、人材難というものもあるのではと指摘した。夏目三久が、政権の支持率は高いが、支持の理由で最も多いのは「ほかに適当な人がいない」という結果と伝え、竜崎が、野党にも当然、責任はあると言えるとコメント。


海上自衛隊

今朝の新聞1面トップを紹介。アメリカの空母「カール・ビンソン」と海上自衛隊が共同訓練開始の話題は、5紙で1面に。1面トップは朝日新聞、毎日新聞、産経新聞の3紙となった。毎日新聞の記事から、訓練の行われる西太平洋の位置などを紹介した。


産経新聞

今朝の新聞1面トップを紹介。アメリカの空母「カール・ビンソン」と海上自衛隊が共同訓練開始の話題は、5紙で1面に。1面トップは朝日新聞、毎日新聞、産経新聞の3紙となった。毎日新聞の記事から、訓練の行われる西太平洋の位置などを紹介した。


毎日新聞

今朝の新聞1面トップを紹介。アメリカの空母「カール・ビンソン」と海上自衛隊が共同訓練開始の話題は、5紙で1面に。1面トップは朝日新聞、毎日新聞、産経新聞の3紙となった。毎日新聞の記事から、訓練の行われる西太平洋の位置などを紹介した。


朝日新聞

今朝の新聞1面トップを紹介。アメリカの空母「カール・ビンソン」と海上自衛隊が共同訓練開始の話題は、5紙で1面に。1面トップは朝日新聞、毎日新聞、産経新聞の3紙となった。毎日新聞の記事から、訓練の行われる西太平洋の位置などを紹介した。


毎日新聞

朝鮮半島近海に向け北上している米海軍の原子力空母カール・ヴィンソンは23日、日本の海上自衛隊の護衛艦2隻と西太平洋上で共同訓練を始めた。防衛省関係者によると、期日は数日になる見通し。25日に朝鮮人民軍創建85周年を迎え、6回目の核実験に踏み切る兆候を見せる北朝鮮に対して日米が連携してけん制を強めている。 (毎日新聞)

毎日新聞が22日・23日に全国で実施した世論調査で、各国が北朝鮮にどう対応すべきかを聞いたところ、「外交努力を強める」という回答が64%で、「軍事的な圧力を強める」の21%を大きく上回った。男女別では、男性は「外交努力」が58%、「軍事的な圧力」が32%で全体より差が小さかったのに対し、女性は「外交努力」が68%、「軍事的な圧力」が13%だった。


海自

朝鮮半島近海に向け北上している米海軍の原子力空母カール・ヴィンソンは23日、日本の海上自衛隊の護衛艦2隻と西太平洋上で共同訓練を始めた。防衛省関係者によると、期日は数日になる見通し。25日に朝鮮人民軍創建85周年を迎え、6回目の核実験に踏み切る兆候を見せる北朝鮮に対して日米が連携してけん制を強めている。 (毎日新聞)

日米の共同訓練について。訓練の内容ではなく、日米の艦艇が一緒に航行する様子を北朝鮮に見せつけることに意味があると日本の政府関係者が明かしている。朝日新聞に掲載の図を用いて米・原子力空母カールビンソンの動きを説明した。8日にシンガポールを出向、その後、行き先を豪州から朝鮮半島に変更。その後、スンダ海峡、セレベス海を航行し、23日、西太平洋で海上自衛隊と共同訓練を行った。今後、日本近海に向けて航行の予定。

今回の共同訓練について龍崎孝が解説。米国と北朝鮮の間での緊張が高まる中、この海域の問題は決して米国だけでなく日本にとっても重要で、日米が緊密な連携をしているということを世界中に示すのが目的、殊に北朝鮮と中国を含む西太平洋全体をにらんだ動きと説明した。北朝鮮の後ろ盾とされる中国に対し、北朝鮮への働きかけを強めてほしいということと、同時に、中国の海洋進出が目立つこの海域での訓練で圧力をかけていると伝えた。また、仮に日本海に移っても具体的な訓練が進むとなれば、北朝鮮有事を想定したかなり実践的な訓練になり、いつごろまでどこで行われるのかに注目することが必要と話した。

朝日新聞の記事から。23日までに朝鮮半島に有事は差し迫っていない。米韓は北朝鮮との戦争に至る状況を5段階の「デフコン(防衛準備態勢)」で示しているが、北朝鮮と休戦状態にある韓国は現在、「平時」の「5」より1段階高い「4」を維持していて、有事がせまれば米韓両大統領の協議によって準戦時の「3」に格上げとなり、外出した兵士の基地帰還命令を出すが、今のところその動きはない。


海自

海自、米空母と共同訓練の背景について、中国に対応促す狙いがあると報じた。(毎日新聞)


毎日新聞

海自、米空母と共同訓練の背景について、中国に対応促す狙いがあると報じた。(毎日新聞)

富士山の入山料について、静岡県と山梨県は目標7割をかかげ支払いの協力を呼びかけているが、支払った登山者の割合は去年は6割にとどまっている。両県は入山料を集める時間を午後9時までに延長、団体客は予めツアー料金に含めて集めるなどで取りこぼし防止に乗り出す。(毎日新聞)


毎日新聞

毎日新聞は世論調査を実施し対北朝鮮には「外交努力を」64%、軍事的圧力を強めるが21%だったと報じた(毎日新聞)。