ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「毎日新聞」の検索結果

「毎日新聞」に関連する情報 25665件中 1〜10件目

毎日新聞

貴乃花親方の協会執行部との確執の過去についてスタジオで振り返る。2010年4月、貴乃花親方は一門ごとに立候補者を調整するという慣例を破り理事選へ立候補した。立候補に際して離脱を求められ、一門を離脱。結果理事に初当選した。2010年7月には、日本相撲協会が大関・琴光喜を野球賭博に関与していたとして解雇を決定したところ、「番付を降下させてやり直させるべき」と、解雇に反対した。しかし理事会で聞き入れられなかったため退職届を提出したが、受理されなかったという。(毎日新聞)杉山邦博氏は貴乃花親方について、「親方としてバランス感覚が足りない。組織はバランスが乱れたらうまくいかない」などと語った。


毎日新聞

混乱している背景としては貴乃花親方と日本相撲協会執行部との対立があるのではないかと報じられている。(毎日新聞)


毎日新聞

自民党は16日、安倍晋三首相が掲げる4項目の憲法改正案について、年内の取りまとめを見送る方針を固めた。党執行部は年明けにもまとめたい考えだが、来年の通常国会で改憲原案発議がずれ込む可能性もある。一方、自民憲法改正推進本部は16日の全体会合で、参院選の合区を解消する憲法改正案のたたき台を大筋了承した


毎日新聞

自民党は安倍晋三首相が掲げる自衛隊の明記など4項目の党憲法改正案について、年内の取りまとめを見送る方針を固めた(毎日新聞)。

自民党は安倍晋三首相が掲げる自衛隊の明記など4項目の党憲法改正案について、年内の取りまとめを見送る方針を固めた(毎日新聞)。齋藤泉氏は参院選の合区を解消することでは一致したが、自民党内では教育無償化、憲法への自衛隊明記など3項目で合意が得られていないと説述した。

安倍改憲に関して、自民集約、公明協議、野党対策の3つの関門。特に、安倍さんは「丁寧に」を繰り返しており、改憲はもっとも丁寧にならなくてはいけないと解説した。


「毎日新聞」に関連するグルメ情報

板前魂のタワーおせち 和洋中二十一段重

アマゾンジャパンが、年末年始の期間中も地域限定・最短1時間での宅配を継続すると発表した。おせち料理も対象となる。アマゾンのおせち料理は4年間で売上が6倍に伸びており、今年は約450種類を発売。21段・高さ117センチの「タワーおせち」20万円なども発表されている。(毎日新聞)


毎日新聞

アマゾンジャパンが、年末年始の期間中も地域限定・最短1時間での宅配を継続すると発表した。おせち料理も対象となる。アマゾンのおせち料理は4年間で売上が6倍に伸びており、今年は約450種類を発売。21段・高さ117センチの「タワーおせち」20万円なども発表されている。(毎日新聞)


「毎日新聞」に関連するグルメ情報

おせち

アマゾンジャパンが、年末年始の期間中も地域限定・最短1時間での宅配を継続すると発表した。おせち料理も対象となる。アマゾンのおせち料理は4年間で売上が6倍に伸びており、今年は約450種類を発売。21段・高さ117センチの「タワーおせち」20万円なども発表されている。(毎日新聞)


アマゾンジャパン

アマゾンジャパンが、年末年始の期間中も地域限定・最短1時間での宅配を継続すると発表した。おせち料理も対象となる。アマゾンのおせち料理は4年間で売上が6倍に伸びており、今年は約450種類を発売。21段・高さ117センチの「タワーおせち」20万円なども発表されている。(毎日新聞)


産経新聞

毎日新聞は中国共産党大会やアメリカのトランプ大統領のアジア歴訪が終わったタイミングを見計らったように習氏が動き出したと報じている。東京新聞によると朝鮮労働党の機関紙・労働新聞が昨日の論評でトランプ大統領の歴訪について「忍耐強く最後まで見守った」とコメントを出した。中国の外務省は昨日の定例記者会見であす北朝鮮へ派遣される特使について質問が集中したが、派遣は慣例であり党大会を説明するのが主要目的だと説明している。また「中朝の両党が共通の関心事について意見交換する」とも言及しておりこれが核・ミサイル開発についての意見交換を示唆しているとみられる。各国に特使が派遣される中、北朝鮮はロシアへの接近を強めていたものの、ロシアは安全弁にすぎず貿易額の9割以上や原油供給を依存する中国との関係維持なしには北朝鮮の体制安定はままならないと産経新聞は伝えている。中国国内では北朝鮮を直接的な脅威と捉え米韓との連携を深めるべきとの声も広がっている。


労働新聞

毎日新聞は中国共産党大会やアメリカのトランプ大統領のアジア歴訪が終わったタイミングを見計らったように習氏が動き出したと報じている。東京新聞によると朝鮮労働党の機関紙・労働新聞が昨日の論評でトランプ大統領の歴訪について「忍耐強く最後まで見守った」とコメントを出した。中国の外務省は昨日の定例記者会見であす北朝鮮へ派遣される特使について質問が集中したが、派遣は慣例であり党大会を説明するのが主要目的だと説明している。また「中朝の両党が共通の関心事について意見交換する」とも言及しておりこれが核・ミサイル開発についての意見交換を示唆しているとみられる。各国に特使が派遣される中、北朝鮮はロシアへの接近を強めていたものの、ロシアは安全弁にすぎず貿易額の9割以上や原油供給を依存する中国との関係維持なしには北朝鮮の体制安定はままならないと産経新聞は伝えている。中国国内では北朝鮮を直接的な脅威と捉え米韓との連携を深めるべきとの声も広がっている。