ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「毎日新聞」の検索結果

「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌 825件中 1〜10件目

「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌

トランプ大統領の暴露本「Fear」がウォーターゲート事件を暴いたボブ・ウッドワード氏によって発売された。この本ではトランプ大統領が17年の2月にダンフォード議長に北朝鮮への先制攻撃計画を提案し、2018年1月にも国家安全保障会議の場でマティス国防長官に朝鮮半島に軍隊を維持することへの疑問を呈していて、第3次世界大戦を防ぐためにやっていると説明したが、トランプ氏が納得することはなかった。また、2017年の4月にシリアのアサド大統領が化学兵器を使ったと伝えられると、トランプ氏は攻撃命令を出し、マティス国防長官は指示を受け入れたが部下には「やるつもりはない」と伝えていて、その後もマティス国防長官らが同盟国の重要さや外交の価値が分かっていないなどと批判していて、匿名でも有害などの批判が相次いでいた。(毎日新聞・産経新聞・朝日新聞)

「Fear: Trump in the White House」

Amazon.co.jp


「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌

プチ鹿島が、北海道胆振東部地震の新聞記事を読み比べ。各紙一面で報じていたのが、北海道全域で起きた大停電について。停電の仕組みの解説が分かりやすかったのは、電力需要と発電所をみこしとかつぎ手に喩えた毎日新聞だった。東京新聞は苫東厚真火力発電所の一極集中を指摘。読売新聞は停止中の泊原発にも言及している。東京新聞は原発に安易に頼るべきでないと主張。長野智子は「すぐに原発再稼働というのはどうかと思う」とコメント。後藤謙次は「政策判断の誤りが今回出てきている」とコメント。日経新聞は連続する災害への対応は難しく、費用も膨らんでいると述べている。後藤謙次は「異常気象が常態化し、備えについて常設の組織をつくるべきではないかという意見もある」と話した。

「芸人式新聞の読み方 (幻冬舎単行本)」

Amazon.co.jp


「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌

また講談社漫画賞少女部門を89年に受賞すると「ちびまる子ちゃん」のアニメは90年に始まると、最高視聴率は39.9%にのぼり、テーマ曲「おどるポンポコリン」も164万枚を売り上げていて日本レコード大賞を獲得した。91年から3年連続で出版された「もものかんづめ」「さるのこしかけ」「たいのおかしら」はそれぞれが100万部を超える大ヒットとなっていた。(毎日新聞)(ビデオリサーチ・オリコン調べ)

「たいのおかしら (集英社文庫)」

Amazon.co.jp


「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌

また講談社漫画賞少女部門を89年に受賞すると「ちびまる子ちゃん」のアニメは90年に始まると、最高視聴率は39.9%にのぼり、テーマ曲「おどるポンポコリン」も164万枚を売り上げていて日本レコード大賞を獲得した。91年から3年連続で出版された「もものかんづめ」「さるのこしかけ」「たいのおかしら」はそれぞれが100万部を超える大ヒットとなっていた。(毎日新聞)(ビデオリサーチ・オリコン調べ)

「さるのこしかけ (集英社文庫)」

Amazon.co.jp


「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌

また講談社漫画賞少女部門を89年に受賞すると「ちびまる子ちゃん」のアニメは90年に始まると、最高視聴率は39.9%にのぼり、テーマ曲「おどるポンポコリン」も164万枚を売り上げていて日本レコード大賞を獲得した。91年から3年連続で出版された「もものかんづめ」「さるのこしかけ」「たいのおかしら」はそれぞれが100万部を超える大ヒットとなっていた。(毎日新聞)(ビデオリサーチ・オリコン調べ)

「もものかんづめ (集英社文庫)」

Amazon.co.jp


「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌

ちびまる子ちゃん

自身の少女時代をモデルにしたまる子の日常を描いた「ちびまる子ちゃん」の作者で漫画家のさくらももこさんが、今月15日に乳がんのため53歳で亡くなった事がわかった。さくらさんは舞台となった静岡県清水市に生まれ、1984年に漫画家デビューすると、2年後から「ちびまる子ちゃん」の連載が始まる。1990年の1月7日にアニメが放送されると、家族や友達とのコミカルな日常が人気となったが、テーマ曲でもB.B.クィーンズの「おどるポンポコリン」はさくらさんが作詞を行なうと、160万枚以上を売り上げてレコード大賞に輝いた。アニメにはビートたけしさんや今年5月に亡くなった西城秀樹さんなど大物芸能人が登場していて、秀樹さんが亡くなったときには追悼メッセージも送られていたが、さくらさん自身もファンへ感謝の思いを「とても幸せな月日を送らせていただいています」と綴っていて、TARAKOさんはさくらさんに対して追悼の言葉を送っていた。

さくらさんの「ちびまる子ちゃん」は日常の会話劇にも面白さがあり、さくらさんは落語好きで2か月間のOL時代には花見で一席演じる一面も見せた。作品が認められず落語家を志したこともあり「さくらももこ」は亭号から思いついたという。さくらさんは楽しみながら机むかっていて、インド哲学にも精通し、アイデアは日常生活も生まれていて、そのことから日常の面白さを追求した作品となった。(スポーツニッポン)

また講談社漫画賞少女部門を89年に受賞すると「ちびまる子ちゃん」のアニメは90年に始まると、最高視聴率は39.9%にのぼり、テーマ曲「おどるポンポコリン」も164万枚を売り上げていて日本レコード大賞を獲得した。91年から3年連続で出版された「もものかんづめ」「さるのこしかけ」「たいのおかしら」はそれぞれが100万部を超える大ヒットとなっていた。(毎日新聞)(ビデオリサーチ・オリコン調べ)

志らくさんはさくらももこさんの作品について、「コジコジ」や登場人物の永沢君をフューチャーした「永沢君」も好きで、「永沢君」の続編も読めなくなってしまったのは残念と話していた。また、さくらさん春風亭小朝の弟子になろうと考えていたこともあったのだという。福本さんは子どもからみた大人の理不尽に共感していたと話していた。


「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌

THE FOOL 愚者の魂

1位 THE FOOL 愚者の魂 EXILE AKIRA /毎日新聞出版。AKIRAの初の自伝だ。ダンスへの目覚めや借金について書かれている。


「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌

火花

又吉直樹が9月3日から毎日新聞の夕刊で小説を連載することがわかった。デビュー作「火花」から3年。今作は漫画家の夢に破れた38歳の男が主人公の物語。又吉は「いま書き始めている中で徐々に物語が見えてきている段。綾部には伝えていない。日本人と会話すると英語の覚えが遅くなるので、書き終わった後に伝えようと思う」と話した。


「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌

劇場

「火花」で芥川賞を受賞した又吉直樹が来月3日から毎日新聞で初めて連載小説を執筆する。タイトルは「人間」、東京で漫画家の夢に破れた男が、かつて同世代の仲間たちと過ごした日々を振り返るところから物語がスタートする。(毎日新聞)


「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌

火花

「火花」で芥川賞を受賞した又吉直樹が来月3日から毎日新聞で初めて連載小説を執筆する。タイトルは「人間」、東京で漫画家の夢に破れた男が、かつて同世代の仲間たちと過ごした日々を振り返るところから物語がスタートする。(毎日新聞)