ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「毎日新聞」の検索結果

「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌 832件中 1〜10件目

「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌

相方の西野亮廣を直撃。西野さんも芸人と絵本作家の二刀流に挑戦している。才能によって感動と炎上を巻き起こしてきた西野。梶原さんのユーチューバー転身に何を思うのか。3か月連続で異なる出版社から本の発売を企画。西野さんは不況といわれる出版業界を盛り上げるための同盟を結成した。印税分を全部広告費に充てたという。毎日新聞の一面やJRゆりかもめに自腹広告でアピールした。「新世界」では芸人秘話が綴られており、泣けると話題をよんでいる。西野さんは打倒ディズニーのために、地元兵庫県・川西市にえんとつ町のプペルをモチーフにしたテーマパークのような美術館の建設を始めている。去年の夏に貯金を全額使用し土地を購入したという。建設費用は15億円。西野さんは「相方が芸人を引退してもコンビは解散しない。応援はしている。」などと話した。(毎日新聞)

梶原さんは「2019年末までに登録者数が100万人に届かなかったら芸人を引退する。」と発言。カジサックの母はカジサックに「頑張れ。」とメッセージ。HIKAKINさんの登録者数は約680万人。ことしの推定広告収入は約8億円とも言われている。西野さんは絵本「えんとつ町のプペル」がメガヒット。美術館を作るためのクラウドファンディングで目標5000万円を突破した。その他オンラインサロンやゴミ拾い、リベンジ成人式開催があった。新たな挑戦、出版同盟として異なる出版社から次々と本を出版する。世間の目を少しでも長い時間本に向けさせる目的とのこと。宮根さんは「新世界を読んだ。新しいことをやっているが働き方や考え方が昭和。昭和のサラリーマンみたいな働き方。」などと話した。舘野さんは「クラウドファンディングなど熟知しているのですごい評判。彼は新しい事業など年に1つずつ人に譲っていって自分は真っ白でやり始めると掲げている。信用をためればお金は後からついてくるという考え方。」などと話した。宮根さんは「絵本もよくできてる。絵もいいけど文章もいい。」などと話した。Toshlさんもユーチューバーデビュー。

「ほんやのポンチョ」

Amazon.co.jp


「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌

相方の西野亮廣を直撃。西野さんも芸人と絵本作家の二刀流に挑戦している。才能によって感動と炎上を巻き起こしてきた西野。梶原さんのユーチューバー転身に何を思うのか。3か月連続で異なる出版社から本の発売を企画。西野さんは不況といわれる出版業界を盛り上げるための同盟を結成した。印税分を全部広告費に充てたという。毎日新聞の一面やJRゆりかもめに自腹広告でアピールした。「新世界」では芸人秘話が綴られており、泣けると話題をよんでいる。西野さんは打倒ディズニーのために、地元兵庫県・川西市にえんとつ町のプペルをモチーフにしたテーマパークのような美術館の建設を始めている。去年の夏に貯金を全額使用し土地を購入したという。建設費用は15億円。西野さんは「相方が芸人を引退してもコンビは解散しない。応援はしている。」などと話した。(毎日新聞)

梶原さんは「2019年末までに登録者数が100万人に届かなかったら芸人を引退する。」と発言。カジサックの母はカジサックに「頑張れ。」とメッセージ。HIKAKINさんの登録者数は約680万人。ことしの推定広告収入は約8億円とも言われている。西野さんは絵本「えんとつ町のプペル」がメガヒット。美術館を作るためのクラウドファンディングで目標5000万円を突破した。その他オンラインサロンやゴミ拾い、リベンジ成人式開催があった。新たな挑戦、出版同盟として異なる出版社から次々と本を出版する。世間の目を少しでも長い時間本に向けさせる目的とのこと。宮根さんは「新世界を読んだ。新しいことをやっているが働き方や考え方が昭和。昭和のサラリーマンみたいな働き方。」などと話した。舘野さんは「クラウドファンディングなど熟知しているのですごい評判。彼は新しい事業など年に1つずつ人に譲っていって自分は真っ白でやり始めると掲げている。信用をためればお金は後からついてくるという考え方。」などと話した。宮根さんは「絵本もよくできてる。絵もいいけど文章もいい。」などと話した。Toshlさんもユーチューバーデビュー。

「新世界 (単行本)」

Amazon.co.jp


「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌

相方の西野亮廣を直撃。西野さんも芸人と絵本作家の二刀流に挑戦している。才能によって感動と炎上を巻き起こしてきた西野。梶原さんのユーチューバー転身に何を思うのか。3か月連続で異なる出版社から本の発売を企画。西野さんは不況といわれる出版業界を盛り上げるための同盟を結成した。印税分を全部広告費に充てたという。毎日新聞の一面やJRゆりかもめに自腹広告でアピールした。「新世界」では芸人秘話が綴られており、泣けると話題をよんでいる。西野さんは打倒ディズニーのために、地元兵庫県・川西市にえんとつ町のプペルをモチーフにしたテーマパークのような美術館の建設を始めている。去年の夏に貯金を全額使用し土地を購入したという。建設費用は15億円。西野さんは「相方が芸人を引退してもコンビは解散しない。応援はしている。」などと話した。(毎日新聞)

梶原さんは「2019年末までに登録者数が100万人に届かなかったら芸人を引退する。」と発言。カジサックの母はカジサックに「頑張れ。」とメッセージ。HIKAKINさんの登録者数は約680万人。ことしの推定広告収入は約8億円とも言われている。西野さんは絵本「えんとつ町のプペル」がメガヒット。美術館を作るためのクラウドファンディングで目標5000万円を突破した。その他オンラインサロンやゴミ拾い、リベンジ成人式開催があった。新たな挑戦、出版同盟として異なる出版社から次々と本を出版する。世間の目を少しでも長い時間本に向けさせる目的とのこと。宮根さんは「新世界を読んだ。新しいことをやっているが働き方や考え方が昭和。昭和のサラリーマンみたいな働き方。」などと話した。舘野さんは「クラウドファンディングなど熟知しているのですごい評判。彼は新しい事業など年に1つずつ人に譲っていって自分は真っ白でやり始めると掲げている。信用をためればお金は後からついてくるという考え方。」などと話した。宮根さんは「絵本もよくできてる。絵もいいけど文章もいい。」などと話した。Toshlさんもユーチューバーデビュー。

「バカとつき合うな」

Amazon.co.jp


「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌

BOOK RANKING(ブックファーストルミネ新宿店)。10位「針と糸」小川糸/毎日新聞出版。ドイツ・ベルリンで暮らし始めた小川糸さんが家族団らんを楽しむ日曜日の大切さ、生活の工夫などを綴った1冊。

「針と糸」

Amazon.co.jp


「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌

北方領土交渉を巡り、読み比べる。安倍総理大臣が日ソ共同宣言を基礎に平和条約交渉を加速させることで合意した」と述べている。北方四島はどうなるのか。

産経新聞には、「首相提案で交渉前進」という見出し。安倍総理の成果を強調する見出し。関連記事には妖刀公開とある。プーチン大統領が「妖刀・村正」を公開したという。金曜日から一般公開される。室町時代後期から日本で作られている希少な日本刀だ。ロシアに行っていたものが日本にかえってきた。焦点となるのは北方領土問題だ。

「首相2島先行軸に」という朝日新聞の見出し。「確実な2.島返還狙う」という読売新聞の見出し。「2島先行も選択肢」という日本経済新聞の見出し。「2島返還も難航必至」という東京新聞の見出し。共通しているのは2島という文字だ。4島ではなく2島の交渉になっている。

なぜ2島なのか。その背景。毎日新聞には、首相は領土の成果を急ぐとある。自民党総裁選で、平和条約締結をレガシーにしたい考えを持っている。今がぎりぎりのタイミングだろうと安倍総理は考えている。1956年の日ソ共同宣言を基礎に平和条約交渉をすすめる。その宣言には、歯舞群島および色丹島を引き渡すことに同意とある。

各紙の社説を見る。朝日新聞は、拙速な転換は禍根残すとある。産経新聞は、公正に禍根を残すとある。四島返還の原則を揺るがすなともいう。東京新聞は、最後の好機を逃すなとある。二島返還+アルファがおとしどころになってくるという。安倍総理の支持層は、四島一括返還をのぞんでいる。

なぜ安倍総理は、2島の動きをしているのか。プーチン大統領が、年内に締結しようと呼びかけた。これを蹴散らすわけにはいかないと安倍総理は考えているのではないか。ゼロにするよりは、2島をベースにした交渉に入ったほうがいいと決断したのだろう。

「芸人式新聞の読み方 (幻冬舎単行本)」

Amazon.co.jp


「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌

Yahoo!ニュースと本屋大賞が連携して新設された「ノンフィクション本大賞」。第1回の受賞作品は角幡唯介さんの「極夜行」に決定。「極夜行」は太陽が登らない極夜の北極を4ヶ月間角幡さん1人で旅した探検記。角幡さんは神奈川・鎌倉市在住の42歳。大学時代は探検部に所属。毎日新聞社を退社後は探検を続けながら作品を執筆している。今回の受賞に角幡さんは「ヤフーと本屋大賞は時代と抗う気だなと。ノンフィクションってはっきり言って斜陽産業ですから」など述べていた。賞金100万円は犬ぞりにつもりだという。

「極夜行」

Amazon.co.jp


「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌

ゴルゴ13

はごろもフーズは、11月に連載50週年を迎える人気漫画「ゴルゴ13」とコラボしたオイルサーディンの缶詰の販売を始めた。その名も「ゴルゴサーディン(320円 税抜)」。来月、3月末まで販売される。ギフトセット(3缶入り)も来月発売される。(毎日新聞)


「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌

トランプ大統領の暴露本「Fear」がウォーターゲート事件を暴いたボブ・ウッドワード氏によって発売された。この本ではトランプ大統領が17年の2月にダンフォード議長に北朝鮮への先制攻撃計画を提案し、2018年1月にも国家安全保障会議の場でマティス国防長官に朝鮮半島に軍隊を維持することへの疑問を呈していて、第3次世界大戦を防ぐためにやっていると説明したが、トランプ氏が納得することはなかった。また、2017年の4月にシリアのアサド大統領が化学兵器を使ったと伝えられると、トランプ氏は攻撃命令を出し、マティス国防長官は指示を受け入れたが部下には「やるつもりはない」と伝えていて、その後もマティス国防長官らが同盟国の重要さや外交の価値が分かっていないなどと批判していて、匿名でも有害などの批判が相次いでいた。(毎日新聞・産経新聞・朝日新聞)

「Fear: Trump in the White House」

Amazon.co.jp


「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌

プチ鹿島が、北海道胆振東部地震の新聞記事を読み比べ。各紙一面で報じていたのが、北海道全域で起きた大停電について。停電の仕組みの解説が分かりやすかったのは、電力需要と発電所をみこしとかつぎ手に喩えた毎日新聞だった。東京新聞は苫東厚真火力発電所の一極集中を指摘。読売新聞は停止中の泊原発にも言及している。東京新聞は原発に安易に頼るべきでないと主張。長野智子は「すぐに原発再稼働というのはどうかと思う」とコメント。後藤謙次は「政策判断の誤りが今回出てきている」とコメント。日経新聞は連続する災害への対応は難しく、費用も膨らんでいると述べている。後藤謙次は「異常気象が常態化し、備えについて常設の組織をつくるべきではないかという意見もある」と話した。

「芸人式新聞の読み方 (幻冬舎単行本)」

Amazon.co.jp


「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌

また講談社漫画賞少女部門を89年に受賞すると「ちびまる子ちゃん」のアニメは90年に始まると、最高視聴率は39.9%にのぼり、テーマ曲「おどるポンポコリン」も164万枚を売り上げていて日本レコード大賞を獲得した。91年から3年連続で出版された「もものかんづめ」「さるのこしかけ」「たいのおかしら」はそれぞれが100万部を超える大ヒットとなっていた。(毎日新聞)(ビデオリサーチ・オリコン調べ)

「たいのおかしら (集英社文庫)」

Amazon.co.jp