ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「毎日新聞」の検索結果

「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌 818件中 1〜10件目

「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌

火花

又吉直樹が9月3日から毎日新聞の夕刊で小説を連載することがわかった。デビュー作「火花」から3年。今作は漫画家の夢に破れた38歳の男が主人公の物語。又吉は「いま書き始めている中で徐々に物語が見えてきている段。綾部には伝えていない。日本人と会話すると英語の覚えが遅くなるので、書き終わった後に伝えようと思う」と話した。


「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌

劇場

「火花」で芥川賞を受賞した又吉直樹が来月3日から毎日新聞で初めて連載小説を執筆する。タイトルは「人間」、東京で漫画家の夢に破れた男が、かつて同世代の仲間たちと過ごした日々を振り返るところから物語がスタートする。(毎日新聞)


「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌

火花

「火花」で芥川賞を受賞した又吉直樹が来月3日から毎日新聞で初めて連載小説を執筆する。タイトルは「人間」、東京で漫画家の夢に破れた男が、かつて同世代の仲間たちと過ごした日々を振り返るところから物語がスタートする。(毎日新聞)


「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌

当時5歳の男児が図鑑の写真が違うことに気付いた。男児は物心ついた頃から動物園や釣りによく行き、色々な生き物図鑑を読み込んでいたという。今回は図書館で借りた図鑑のホオジロザメとされた写真を見て、歯の鋭さや目や尻尾の色が違うと思ったそうだ。それがメジロザメであると両親に指摘。半信半疑の父親がポプラ社に問い合わせると間違いであると発覚した。(毎日新聞)

「最強の生物 (ポプラディア大図鑑WONDAアドベンチャー)」

Amazon.co.jp


「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌

シャンシャン成長の記録

きのうはシャンシャンのカードが配られたり、写真集が売り出されたりしている。動いている姿を見たいと江藤は話した。(毎日新聞)


「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌

天皇の影法師

大正から次の年号へ変わる時、毎日新聞の前身である東京日日新聞で新しい年号は「光文」と決定と言ったスクープが記事になったが、実際は昭和となった。毎日新聞の社史によると、「天皇がスクープが出たから急遽変えた」という事になっているが、猪瀬によると「それは直すべきで、始めから昭和だった。明治の偉大な作家として夏目漱石や森鴎外がいるが、森鴎外は当時陸軍の一番偉い人になったが、作家でもあったので、宮内省から年号を考えるよう頼まれ、過去の年号を全て調査し、森鴎外が年号を考えるように頼まれており、光文というのは確実に間違い。天皇は日本の神主で、実務は総理大臣。戦前から同じで、天皇というのは形式的なトップ。年号も同じで、形式だから、森鴎外は正確にやらなければならないとした。」


「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌

女子トイレの行列問題についてスタジオトーク。男子トイレに乱入する女性について、ご年配の方なら許したくなってしまうなどと話した。日本トイレ研究所・岡山朋子氏によると、小便で比較すると女性がトイレにかかる時間は男性の3倍(毎日新聞、2017年5月29日)、たいていの商業施設のトイレは男女で床面積が同じ(西岡英雄「トイレットペーパーの文化誌」)などの問題点があるという。

「トイレットペーパーの文化誌」

Amazon.co.jp


「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌

孤道

ルポライターが旅先で難事件に挑む「浅見光彦シリーズ」で知られる作家・内田康夫さんが敗血症のため東京都内で亡くなった。83歳だった。15年7月、毎日新聞で浅見シリーズ114作目となる最新作「孤道」を連載中に脳梗塞で倒れ、執筆を中断。リハビリに励んだが17年3月に「書き続けることが難しくなった」として休筆宣言。同作は未完のまま刊行され、完結編を公募していた。(夕刊フジ)


「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌

浅見光彦シリーズ

ルポライターが旅先で難事件に挑む「浅見光彦シリーズ」で知られる作家・内田康夫さんが敗血症のため東京都内で亡くなった。83歳だった。15年7月、毎日新聞で浅見シリーズ114作目となる最新作「孤道」を連載中に脳梗塞で倒れ、執筆を中断。リハビリに励んだが17年3月に「書き続けることが難しくなった」として休筆宣言。同作は未完のまま刊行され、完結編を公募していた。(夕刊フジ)


「毎日新聞」に関連する本・コミック・雑誌

孤道

名探偵浅見光彦シリーズで知られる作家の内田康夫さんが先週火曜日、敗血症のため83歳で亡くなった。1982年から始まった浅見光彦シリーズは、累計9700万部のベストセラーになり多くがテレビドラマ化された。毎日新聞でシリーズ114作目「孤道」を連載中に脳梗塞で倒れ、療養に励んでいた。「孤道」は未完のまま出版され、その続きを一般公募している。最も優れた応募作品が完結編として出版される予定。葬儀は既に近親者で執り行い、今月23日から1か月間、長野県軽井沢町の浅見光彦記念館に献花台が設けられる。