ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「毎日新聞」の検索結果

「毎日新聞」に関連する音楽・CD 109件中 1〜10件目

「毎日新聞」に関連する音楽・CD

六甲おろし

ノーベル生理学・医学賞を受賞した本庶佑氏とはどういう人物なのか。本庶氏は1942年生まれの76歳。毎日新聞によると幼少期の夢は天文学者だったという。産経新聞によると大学進学時は、弁護士か外交官か医師のどの職種に就くのか悩んだという。当時本庶氏は野口英世にあこがれていて、京都大学医学部に進学したという。そして多くの人を救いたいという想いから臨床医ではなく研究者への道を選んだという。1984年に京都大学の教授に就任し研究を始めるが、厳しい指導で知られたという。日本経済新聞によると口癖は「疑問にこだわれ!」で求められるレベルも非常に高く、逃げ出したいと思う教え子も多かったという。その反面、研究室を離れると面倒見がよく、教え子を食事や飲み会に誘うなどしていたという。本庶氏は阪神タイガースのファンでカラオケでは六甲おろしを熱唱するという。本庶氏は研究者の間でもノーベル賞受賞者の最有力候補として注目されていたという。2012年IPS細胞の発見でノーベル賞を受賞した山中伸弥教授に2年前受賞者の予想をしてもらったところ、本庶氏の名前を挙げていたという。また、山中伸弥氏は本庶氏についていまだに会うと最敬礼したくなると話したという。また、今回の受賞決定について飛び上がるほどの気持ちだと話したという。本庶氏は現在一番したいこととしてエージシュートとし、ゴルフで年齢より少ないスコアで回ることだという。目標達成のために筋トレやパット練習を行っているという。日本経済新聞によると最後はゴルフ場で死にたいという願望があるといい、理想は第2打がグリーンにのり、そこで倒れるのだという。ゴルフは芝の状態によりボールの転がりが異なるため、常に考えていないと大変なことになることが研究に通じるからだと話しているという。


「毎日新聞」に関連する音楽・CD

おどるポンポコリン

自身の少女時代をモデルにしたまる子の日常を描いた「ちびまる子ちゃん」の作者で漫画家のさくらももこさんが、今月15日に乳がんのため53歳で亡くなった事がわかった。さくらさんは舞台となった静岡県清水市に生まれ、1984年に漫画家デビューすると、2年後から「ちびまる子ちゃん」の連載が始まる。1990年の1月7日にアニメが放送されると、家族や友達とのコミカルな日常が人気となったが、テーマ曲でもB.B.クィーンズの「おどるポンポコリン」はさくらさんが作詞を行なうと、160万枚以上を売り上げてレコード大賞に輝いた。アニメにはビートたけしさんや今年5月に亡くなった西城秀樹さんなど大物芸能人が登場していて、秀樹さんが亡くなったときには追悼メッセージも送られていたが、さくらさん自身もファンへ感謝の思いを「とても幸せな月日を送らせていただいています」と綴っていて、TARAKOさんはさくらさんに対して追悼の言葉を送っていた。

また講談社漫画賞少女部門を89年に受賞すると「ちびまる子ちゃん」のアニメは90年に始まると、最高視聴率は39.9%にのぼり、テーマ曲「おどるポンポコリン」も164万枚を売り上げていて日本レコード大賞を獲得した。91年から3年連続で出版された「もものかんづめ」「さるのこしかけ」「たいのおかしら」はそれぞれが100万部を超える大ヒットとなっていた。(毎日新聞)(ビデオリサーチ・オリコン調べ)


「毎日新聞」に関連する音楽・CD

YOUNG MAN

川崎と清水とのJリーグの試合。開始前に観客と選手が西城秀樹さんに黙祷を捧げた。札幌ドームでは、ホームゲームの5回終了後に、YMCAのダンスが恒例になっている。多くのファンがYMCAを踊る姿があった。オリコンデジタルシングルランキングでは、西城さんの楽曲が、5曲もランクインした。ネットで話題となったのは18日付の毎日新聞。スポーツ欄で見出しに「YOUNG MAN」の歌詞を引用し西城さんの死を悼んだ。西城さんと縁が深かったのはJリーグの川崎フロンターレ。川崎市在住ということで2000年から毎年のようにハーフタイムショーに登場してきた西城さん。昨日の試合は西城さんの追悼試合となり、選手は腕に喪章を、ファンも西城さんのフラッグを掲げた。試合では中村憲剛選手が2ゴール目をあげるとYMCAポーズを披露。この日の勝利を西城さんへ捧げた。


「毎日新聞」に関連する音楽・CD

川崎と清水とのJリーグの試合。開始前に観客と選手が西城秀樹さんに黙祷を捧げた。札幌ドームでは、ホームゲームの5回終了後に、YMCAのダンスが恒例になっている。多くのファンがYMCAを踊る姿があった。オリコンデジタルシングルランキングでは、西城さんの楽曲が、5曲もランクインした。ネットで話題となったのは18日付の毎日新聞。スポーツ欄で見出しに「YOUNG MAN」の歌詞を引用し西城さんの死を悼んだ。西城さんと縁が深かったのはJリーグの川崎フロンターレ。川崎市在住ということで2000年から毎年のようにハーフタイムショーに登場してきた西城さん。昨日の試合は西城さんの追悼試合となり、選手は腕に喪章を、ファンも西城さんのフラッグを掲げた。試合では中村憲剛選手が2ゴール目をあげるとYMCAポーズを披露。この日の勝利を西城さんへ捧げた。

「ブルースカイブルー」

Amazon.co.jp


「毎日新聞」に関連する音楽・CD

傷だらけのローラ

川崎と清水とのJリーグの試合。開始前に観客と選手が西城秀樹さんに黙祷を捧げた。札幌ドームでは、ホームゲームの5回終了後に、YMCAのダンスが恒例になっている。多くのファンがYMCAを踊る姿があった。オリコンデジタルシングルランキングでは、西城さんの楽曲が、5曲もランクインした。ネットで話題となったのは18日付の毎日新聞。スポーツ欄で見出しに「YOUNG MAN」の歌詞を引用し西城さんの死を悼んだ。西城さんと縁が深かったのはJリーグの川崎フロンターレ。川崎市在住ということで2000年から毎年のようにハーフタイムショーに登場してきた西城さん。昨日の試合は西城さんの追悼試合となり、選手は腕に喪章を、ファンも西城さんのフラッグを掲げた。試合では中村憲剛選手が2ゴール目をあげるとYMCAポーズを披露。この日の勝利を西城さんへ捧げた。


「毎日新聞」に関連する音楽・CD

PPAP

スポーツ報知によると、平昌五輪カーリング代表「LS北見」のメンバーが使っていた「そだねー」という言葉が商標登録に出願されたことがわかった。出願したのは「マルセイバターサンド」で知られる「六花亭製菓」だが、北見市には店舗はないとのこと。アイデアを出したのは小田豊・前社長。佐藤哲也社長によると、「これまでも北海道弁を商品名に活用することは多く、『そだねー』も平昌五輪の前から出願予定があった。」とのこと。しかし同社にも苦情の電話や問い合わせが寄せられたとのこと。無関係な企業が商標登録を出願したことはこれまでにもあり、「PPAP」「阪神優勝」「イナバウアー」など。毎日新聞によると、佐藤社長は「北海道らしい暖かい言葉が悪徳業者に出願されて使えなくならないようにした。商標を独占する意図はない。」などと説明している。一方、「もぐもぐタイム」も出願されている。立川志らくさんは「会社も一番最初に言ったほうが良かった。」とコメント。


「毎日新聞」に関連する音楽・CD

未明に大音量「セカオワ」震度4の宇和島。19日未明に、愛媛県などで地震があり、震度4を記録。地震発生直後、緊急の防災放送で、人気バンドSEKAI NO OWARI の楽曲でNHKの平昌冬季五輪テーマソング「サザンカ」が数秒間、2回にわたって、大音量で流れたトラブルがあった。(毎日新聞電子版)

「サザンカ <完全生産限定盤>」

Amazon.co.jp


「毎日新聞」に関連する音楽・CD

黄色いさくらんぼ

今週のマル分かり!プレイバックは1959年の今週。この年にはスリー・キャッツの「黄色いさくらんぼ」の曲などもあったことから流れたが、テレビ欄を見るとラジオ番組の方が扱いが大きくこの時代にはラジオの方がメジャーな存在だったことがわかる。だがこの年にNHKが教育テレビを始め地方局も21局が開局したことから普及することになり、テレビ時代の始まりの年でもあった。そしておめでたいニュースが2つあり、1つは現在の両陛下である当時の皇太子さまと美智子さんが正式の婚約者ということで「納采の儀」が毎日新聞で報じられていた。そして当時は初の民間出身ということで「ミッチーブーム」になりこうした状況の映像もあるという。(毎日新聞)


「毎日新聞」に関連する音楽・CD

恋の奴隷

東京都二郎さんのお便り紹介。今、若い子の中で昭和歌謡好きが多くなっているという新聞記事を見て、泉谷さん・武田さんまた昭和の波が来ていますよとのこと。毎日新聞の記事によると、1970年代〜80年代の「昭和歌謡」が10代〜20代の若者の間で脚光を浴びているという。東京・浅草の「アミューズ カフェシアター」を紹介。最近は若いお客さんが増えているという。「昭和歌謡BAR ヤングマン」を紹介。姪は母親が聞いているCDをダウンロードしていると、長谷川まさ子。昭和というくくりが分からないがRCサクセションを車で聴いていたと、井上咲楽。昭和の歌は歌詞ややメロディーが巧妙に出来ており、昔は自嘲ソングが多かったが、1980年代後半から全くなくなり、応援歌になっていったと解説した、武田鉄矢。70年代は毒を吐いているが、高度成長期だったのに自嘲する歌を作ったのか?は、余裕があったから、その次代の人が出てきて歌ったら重いよぉと、泉谷しげる。移動中は太田裕美や花の中3トリオの曲を聴いている、昔の曲はキスにすごいこだわっていると、松ちゃん。恋の奴隷という曲がショックだったと、泉谷しげる。


「毎日新聞」に関連する音楽・CD

新宿の女

東京都二郎さんのお便り紹介。今、若い子の中で昭和歌謡好きが多くなっているという新聞記事を見て、泉谷さん・武田さんまた昭和の波が来ていますよとのこと。毎日新聞の記事によると、1970年代〜80年代の「昭和歌謡」が10代〜20代の若者の間で脚光を浴びているという。東京・浅草の「アミューズ カフェシアター」を紹介。最近は若いお客さんが増えているという。「昭和歌謡BAR ヤングマン」を紹介。姪は母親が聞いているCDをダウンロードしていると、長谷川まさ子。昭和というくくりが分からないがRCサクセションを車で聴いていたと、井上咲楽。昭和の歌は歌詞ややメロディーが巧妙に出来ており、昔は自嘲ソングが多かったが、1980年代後半から全くなくなり、応援歌になっていったと解説した、武田鉄矢。70年代は毒を吐いているが、高度成長期だったのに自嘲する歌を作ったのか?は、余裕があったから、その次代の人が出てきて歌ったら重いよぉと、泉谷しげる。移動中は太田裕美や花の中3トリオの曲を聴いている、昔の曲はキスにすごいこだわっていると、松ちゃん。恋の奴隷という曲がショックだったと、泉谷しげる。