ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「毎日新聞」の検索結果

「毎日新聞」に関連する情報 28681件中 31〜40件目

日大

日大でまたパワハラ問題が発覚。パワハラがあったのは日本大学の競技チアリーディングを行う応援リーダー部。ディッパーズの愛称で親しまれ全国大会レベルでも好成績をおさめている。女子部員の訴えによると、きっかけは今年2月、女性監督に事実ではないことで叱責されたという。また、その後女子部員が出身高校のジャージを着ていたことに対し「学校の恥だよ、今すぐ脱げ!」などと発言。女子部員の家族は日大保健体育審議会に解決を求めたが、納得のいく対応が得られなかった。当時審議会の事務局長を務めていたのはアメフト部の前監督だった。昨日、一部報道で問題が報じられた日本大学は女性監督を解任したことを発表。理由として、学生の指導に支障をきたすことが懸念されるためとしている。

この問題で女子部員の家族が思いをまとめた文書を公開した。毎日新聞によると、女子部員の家族は運動部を統括する保健体育審議会に監督との仲介や場所の提供を求めたが、職員はそんな場所はないと断ったという。また、問題が解決しないまま半年が過ぎたことに触れ、「大学関係者のうち1人でも真摯に対処してくれていたら今のようにならなかった」と母親は訴えている。その上で今は娘が健康を取り戻し、どのような場所で何をしてでもいいので笑顔で人生を歩んでいけることだけを望んでいますとした。(毎日新聞)

「大学の恥」日大チア部でパワハラ疑惑。涙ながらに…山根会長の妻 初めて語る。


毎日新聞

この問題で女子部員の家族が思いをまとめた文書を公開した。毎日新聞によると、女子部員の家族は運動部を統括する保健体育審議会に監督との仲介や場所の提供を求めたが、職員はそんな場所はないと断ったという。また、問題が解決しないまま半年が過ぎたことに触れ、「大学関係者のうち1人でも真摯に対処してくれていたら今のようにならなかった」と母親は訴えている。その上で今は娘が健康を取り戻し、どのような場所で何をしてでもいいので笑顔で人生を歩んでいけることだけを望んでいますとした。(毎日新聞)


毎日新聞

IOCは対戦ゲーム「eスポーツ」や、ゲーム会社の関係者を招いた初の意見交換会を開いた。背景にあるのは、若年層の五輪離れの危機感で、eスポーツの競技人口は若者を中心に少なくとも1億人と巨大で、人気は拡大している。(毎日新聞)


「毎日新聞」に関連するイベント情報

五輪

IOCが先月eスポーツやゲーム会社を招いた初の意見交換会を行った。IOCはeスポーツをオリンピック種目とする可能性を探っている。背景にあるのは、若者層のオリンピック離れに対する危機感で、競技人口が1億人と言われているeスポーツは魅力的な存在。(毎日新聞)


読売新聞

朝日新聞・読売新聞・毎日新ともにスズキ・マツダヤマハの不正検査の見出しとなっている。3社とも出荷された新車は排ガスや燃費の数値が国の基準を満たしていると判断し、リコールは行わない方針。(朝日新聞/読売新聞/毎日新聞)


朝日新聞

朝日新聞・読売新聞・毎日新ともにスズキ・マツダヤマハの不正検査の見出しとなっている。3社とも出荷された新車は排ガスや燃費の数値が国の基準を満たしていると判断し、リコールは行わない方針。(朝日新聞/読売新聞/毎日新聞)


毎日新聞

朝日新聞・読売新聞・毎日新ともにスズキ・マツダヤマハの不正検査の見出しとなっている。3社とも出荷された新車は排ガスや燃費の数値が国の基準を満たしていると判断し、リコールは行わない方針。(朝日新聞/読売新聞/毎日新聞)

IOCが先月eスポーツやゲーム会社を招いた初の意見交換会を行った。IOCはeスポーツをオリンピック種目とする可能性を探っている。背景にあるのは、若者層のオリンピック離れに対する危機感で、競技人口が1億人と言われているeスポーツは魅力的な存在。(毎日新聞)


ヤマハ

国土交通省はきのうスズキ・マツダ・ヤマハの三社が、燃費排出ガスの抜き取り検査で、測定結果を不正に書き換えていたと発表した。不適切な検査が行われていた割合は、スズキは2012年6月から約50%、マツダは2014年11月から約4%、ヤマハは2016年から2%という。国交省はスバル・日産の不正検査を受け、他の自動車メーカーに調査を要請していた。

朝日新聞・読売新聞・毎日新ともにスズキ・マツダヤマハの不正検査の見出しとなっている。3社とも出荷された新車は排ガスや燃費の数値が国の基準を満たしていると判断し、リコールは行わない方針。(朝日新聞/読売新聞/毎日新聞)


マツダ

国土交通省はきのうスズキ・マツダ・ヤマハの三社が、燃費排出ガスの抜き取り検査で、測定結果を不正に書き換えていたと発表した。不適切な検査が行われていた割合は、スズキは2012年6月から約50%、マツダは2014年11月から約4%、ヤマハは2016年から2%という。国交省はスバル・日産の不正検査を受け、他の自動車メーカーに調査を要請していた。

朝日新聞・読売新聞・毎日新ともにスズキ・マツダヤマハの不正検査の見出しとなっている。3社とも出荷された新車は排ガスや燃費の数値が国の基準を満たしていると判断し、リコールは行わない方針。(朝日新聞/読売新聞/毎日新聞)


スズキ

国土交通省はきのうスズキ・マツダ・ヤマハの三社が、燃費排出ガスの抜き取り検査で、測定結果を不正に書き換えていたと発表した。不適切な検査が行われていた割合は、スズキは2012年6月から約50%、マツダは2014年11月から約4%、ヤマハは2016年から2%という。国交省はスバル・日産の不正検査を受け、他の自動車メーカーに調査を要請していた。

朝日新聞・読売新聞・毎日新ともにスズキ・マツダヤマハの不正検査の見出しとなっている。3社とも出荷された新車は排ガスや燃費の数値が国の基準を満たしていると判断し、リコールは行わない方針。(朝日新聞/読売新聞/毎日新聞)