ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「毎日新聞」の検索結果

「毎日新聞」に関連する情報 30051件中 41〜50件目

毎日新聞

ローソンは、人気商品の「からあげクン」をいつでも出来たてで提供することができるロボット「できたてからあげクン」を設置、今日から実証実験を実施する。スタジオ、小野寺「私もからあげクン大好きでよく食べるんですけども、なんか揚げたてだともっとふっくらしてるようにも見えますね」とコメントした。


毎日新聞

革新機構民間役員総退陣。革新機構の社長は辞任する意向を表明した。(毎日新聞)

革新機構 民間役員 総退陣、社長が国を批判。中村尚登は国とのズレが一番の原因などとコメントした。(毎日新聞)

革新機構 空中分解に 民間役員 総退陣。中村尚登は行政と民間の違いを埋めていくことに難しさがあったなどとコメントした。(毎日新聞)


革新機構

革新機構民間役員総退陣。革新機構の社長は辞任する意向を表明した。(毎日新聞)

革新機構 民間役員 総退陣、社長が国を批判。中村尚登は国とのズレが一番の原因などとコメントした。(毎日新聞)

革新機構 空中分解に 民間役員 総退陣。中村尚登は行政と民間の違いを埋めていくことに難しさがあったなどとコメントした。(毎日新聞)


毎日新聞社

ノーベル賞授賞式に本庶佑京都大学特別教授は自前の和装で臨む。これは1968年、ノーベル文学賞を受賞した川端康成さん以来半世紀ぶりの事。そして、明日午前3時に行われるのが、豪華絢爛な晩餐会。番組では本番前の会場を緊急取材。晩餐会の会場はストックホルム市庁舎のブルーホール。しかしブルーと言っても、特徴的なのが赤いレンガの壁。実は当初はその名の通り青に塗る予定だったが、レンガの赤があまりにも美しいという理由で赤のまま残したのだという。そして会場に入ってわかったのがその狭さ。晩餐会に出席するのは1350人、そこに190人のウェイターが入ることを考えれば決して広くはない。実際に行われた去年の晩餐会の写真を見てもテーブルはかなり窮屈な様子。実は取材で1人当たりの席の幅が55センチだということが判明した。普段どおりにナイフとフォークを使えば、肘同士がぶつかるため、腕を閉じて扱うことになる。出席する授賞者や王族ですら60センチ。本庶さんはクリスティーナ王女のとなりの席。舞踏会が行われるのは金箔で彩られた黄金の間。本庶さんと妻の滋子さんのダンスのお披露目はあるのか。そして、気になる料理については取材の放送NGが出たが料理長から「前菜はスウェーデン風、メインディッシュはもっと冬って感じ、森って感じ」とヒントをもらった。メインディッシュは野菜で全体的には黄土色だという。


毎日新聞

PGF生命が実施した「心に刻みたい平成の名言」調査では北島康介さんの「チョー気持ちいい」や1位となり、2位に小泉純一郎さんの「痛みに耐えてよく頑張った!感動した!」がランクインしていた。この調査は20代から70代まで各世代で平均的にアンケートをとったものだという。


スギ

第7回エコワングランプリの最終審査・表彰式が8日に行われ、北海道美幌高等学校が普及・啓発部門の内閣総理大臣賞を受賞した。ザリガニを駆除し、その殻を肥料にした活動が評価された。研究・専門部門では宮城県農業高等学校が選ばれた。産業廃棄物として処理される杉の樹皮で有機エコ資材を作る活動が評価された。(毎日新聞)


ザリガニ

第7回エコワングランプリの最終審査・表彰式が8日に行われ、北海道美幌高等学校が普及・啓発部門の内閣総理大臣賞を受賞した。ザリガニを駆除し、その殻を肥料にした活動が評価された。研究・専門部門では宮城県農業高等学校が選ばれた。産業廃棄物として処理される杉の樹皮で有機エコ資材を作る活動が評価された。(毎日新聞)


毎日新聞

第7回エコワングランプリの最終審査・表彰式が8日に行われ、北海道美幌高等学校が普及・啓発部門の内閣総理大臣賞を受賞した。ザリガニを駆除し、その殻を肥料にした活動が評価された。研究・専門部門では宮城県農業高等学校が選ばれた。産業廃棄物として処理される杉の樹皮で有機エコ資材を作る活動が評価された。(毎日新聞)


宮城県農業高等学校

第7回エコワングランプリの最終審査・表彰式が8日に行われ、北海道美幌高等学校が普及・啓発部門の内閣総理大臣賞を受賞した。ザリガニを駆除し、その殻を肥料にした活動が評価された。研究・専門部門では宮城県農業高等学校が選ばれた。産業廃棄物として処理される杉の樹皮で有機エコ資材を作る活動が評価された。(毎日新聞)


北海道美幌高等学校

第7回エコワングランプリの最終審査・表彰式が8日に行われ、北海道美幌高等学校が普及・啓発部門の内閣総理大臣賞を受賞した。ザリガニを駆除し、その殻を肥料にした活動が評価された。研究・専門部門では宮城県農業高等学校が選ばれた。産業廃棄物として処理される杉の樹皮で有機エコ資材を作る活動が評価された。(毎日新聞)