ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「毎日新聞」の検索結果

「毎日新聞」に関連する情報 29344件中 41〜50件目

大川小

津波の被害にあった大川小の判決が要求水準となった。(毎日新聞)


毎日新聞

また、ICPO総元裁のキツネ狩りの成果としては、浙江省建設局副局長で40億円を横領した楊秀珠氏がシンガポールに逃亡したものの、2016年に口座が凍結されたことでアメリカから逃走すると逮捕されていて、キツネ狩りでは約153万7000人が処分されている。キツネ狩りに貢献していた元総裁が処分されたことについて、澁谷さんは対立する周永康氏の部下であることから情報を得たことで用済みになったと見ていて、福島さんはICPOが新疆ウイグル自治区の活動家をテロリストから除外したことで亀裂ができたためだと見ていた。また、当局が元総裁を拘束したことについて八代さんは今後は国際機関のトップを中国から排出するのが難しくなるだけでなく、政敵の部下をポストに派遣することがおかしいと述べた。


毎日新聞

政府は来年の春から外国人労働者の受け入れ拡大に向けて、新たに在留資格の導入を目指しているが、法務省は強制退去となった外国人の身柄を引き売れない・不法滞在が多いなど出入国管理業務上の支障があると判断した国からの受け入れは制約を設ける方針。(毎日新聞)


毎日新聞

柴田秀一は経団連が就活ルールを撤廃。今の大学2年生までは現在のルールだが、1年生が卒業するときは自由になる。4分の1くらいの会社が1年中通じて採用をしていて、残りはそれに寄り添うのか、大学生が自分で就職を考えるのか。いずれにしても大きな所で考えていかないといけないと話した。


毎日新聞

毎日新聞の『米国連大使 辞任へ』という記事を紹介した。


毎日新聞

元横綱の輪島大士さんが70歳で亡くなった。日本大学時代は現理事長と相撲部の礎を築いた。角界入りすると初土俵からわずか3年半で横綱へと昇進した。”黄金の左”と呼ばれた攻めで14度の幕内優勝を果たした。その後、花籠部屋を継承するも年寄名跡を借金の担保に入れ廃業した。後にプロレスラーになるなどし、晩年は咽頭がんを患っていた。


毎日新聞社

次に雑貨屋さんを訪れた。ここでは古書なども販売している。西麻布交差点には、昭和44年まで路面電車が走っていたという。当時この当たりは、霞町と呼ばれ2つの路線が交差し、多くの人で賑わっていたという。そんな時代からお店を構えていたという。


毎日新聞ニュースサイト

7日のシカゴマラソンで日本新記録を達成した大迫傑選手は報奨金1億円を手にした。報奨金は東京五輪に向け日本実業団陸上競技連合が設立したものだ。日本新記録を達成し、報奨金を得るのは2月の設楽悠太選手に続き今年2度目となる。日本実業団陸上競技連合の友永義治専務理事は「財源は残り少なくなっている。」と嬉しい悲鳴をあげた。連合の基金と30社の企業協賛金は総額で約3億5000万円だ。これに加えアールビーズスポーツ財団から年間男女1人に5000万円が出る。今年男子2人が記録を更新したため報奨金は一気に減っている。友永義治専務理事報奨金は「報奨金は早いもの勝ち。女子も日本記録が出て欲しい。」と話している。


毎日新聞 電子版

来年3月に迫ったイギリスのEU離脱への反対を訴える飼い主とペットの犬たちが7日、ロンドン中心でデモ行進をした。EU離脱をめぐっては、英国内で問題が再燃してきているという。(毎日新聞 電子版)


毎日新聞

続いて、名作漫画「1956年、「毎日新聞」で連載開始した4コマ漫画のタイトルにもなっているこのキャラクターの名前は何?」が出題。正解は「フクちゃん」で三波伸介が正解。