ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「毎日新聞」の検索結果

「毎日新聞」に関連する情報 28716件中 61〜70件目

日大

パワハラの被害者となった女子部員の母親と代理弁護士のファックスによれば、女性監督から練習中止の連絡を受け取った同部員が「やったー!オフになった」と反応。その時の様子が監督に伝わり叱責を受け、全員の前で謝罪。その後も「学校の恥だ」など屈辱的な言葉を掛けられ、同期の部員たちからもなじられ過呼吸状態に陥り、部活動に参加出来なくなり自殺まで考えるように。そして、母親が保健体育審議会に事実を報告。(スポーツニッポン)

日大では各学部のものと、全学部から学生が集まるものがあり、全学部から学生が集まる運動部について統括するのが保健体育審議会と呼ばれる組織で、アメフト部の前監督が事務局長だった。(スポーツニッポン)

日本大学の保健体育審議会に事実の報告をすると、監督が自宅に謝罪に来て、自身の行為を認め「明日訂正し結果を報告する」と約束。しかし、監督は「みんなで団結を強くしていこう」などという結論を得て良い方向に部員たちが向くことができたという的外れな内容が返ってきたそう。そして、保健体育審議会に監督に発言の訂正と娘の名誉回復をさせるよう二度目の連絡を行った。

職員は進捗は報告すると応じたが、連絡はなく1週間後に問い合わせた際には「監督が自分で解決するというので任せた」と言われ、再度の要請に「間に入る」と約束したものの連絡はこなかった。3月6日には監督と直接話してくれと返され、監督との面談の立会や場所の提供を求めたが「そんな場所はない」と断られた。(毎日新聞)

日大には人権救済委員会もあるが、関係者に聞き取りをしただけで、「これ以上できることはありません」と対応を打ち切る説明をされ、「すべての事実確認をする必要はない」と言われたそう。アメフト部問題が発生した直後の5月下旬、日大スポーツ科学部は学部長名で「学生の皆さんを必ず守ります」などと声明発表を受け、再度問い合わせしても、「今回の文書はアメフトの件に関係ない」と対応。

7月に面会した監督は謝罪し、練習をなくすために電話をさせたとの話は「自分が誤解していた」、けがの状態を疑ったことには「復帰してほしくて」と釈明をした。他部員の誤解を解けなかった理由をただすと「事の大きさが分からず浅はかだった」と返ってきた。(毎日新聞)

企画広報部が応援リーダー部の監督を解任したと発表。「学生への指導に支障をきたすことが懸念されるためと判断したため」と理由を説明。(スポーツニッポン)

立川志らくは生徒が可哀想だと同情し、マスコミにバレて慌てて解任した事に対し卑屈で教育者を名乗っちゃいけないと批判。溝口は行き過ぎた指導がパワハラを起こすことは良くあり、第三者が入って再発防止に向けて指導すべきだと指摘。


芦屋大学

おととい辞任を表明した山根会長だが、その後口を開かなくなった。会見では口を開かずどの役職を辞めるのかも語られなかった。ところが昨日、毎日新聞の取材で会長と理事を辞める、その2つを辞めるのだから連盟も脱退するということなどと語ったという。一方、今朝のスポーツ報知では会員としてはこのまま居残ると報じられた。その上、奈良判定とは別に近畿大学と芦屋大学の試合で不正が行われたという疑惑が新たに浮き上がったという。近大に不利な判定をするよう山根氏が自ら審判を集めていたと澤谷氏は語った。芦屋大学と山根氏には深い関係があるという。おととしのある試合では近畿大学の選手が2回ダウンを取りながら負けた事があり、審判団の一人にカマをかけたら不正判定を認めたという。日本ボクシング連盟は今月20日までに第三者委員会を立ち上げ、その調査結果を待ちたいとしているという。


近畿大学

おととい辞任を表明した山根会長だが、その後口を開かなくなった。会見では口を開かずどの役職を辞めるのかも語られなかった。ところが昨日、毎日新聞の取材で会長と理事を辞める、その2つを辞めるのだから連盟も脱退するということなどと語ったという。一方、今朝のスポーツ報知では会員としてはこのまま居残ると報じられた。その上、奈良判定とは別に近畿大学と芦屋大学の試合で不正が行われたという疑惑が新たに浮き上がったという。近大に不利な判定をするよう山根氏が自ら審判を集めていたと澤谷氏は語った。芦屋大学と山根氏には深い関係があるという。おととしのある試合では近畿大学の選手が2回ダウンを取りながら負けた事があり、審判団の一人にカマをかけたら不正判定を認めたという。日本ボクシング連盟は今月20日までに第三者委員会を立ち上げ、その調査結果を待ちたいとしているという。


スポーツ報知

おととい辞任を表明した山根会長だが、その後口を開かなくなった。会見では口を開かずどの役職を辞めるのかも語られなかった。ところが昨日、毎日新聞の取材で会長と理事を辞める、その2つを辞めるのだから連盟も脱退するということなどと語ったという。一方、今朝のスポーツ報知では会員としてはこのまま居残ると報じられた。その上、奈良判定とは別に近畿大学と芦屋大学の試合で不正が行われたという疑惑が新たに浮き上がったという。近大に不利な判定をするよう山根氏が自ら審判を集めていたと澤谷氏は語った。芦屋大学と山根氏には深い関係があるという。おととしのある試合では近畿大学の選手が2回ダウンを取りながら負けた事があり、審判団の一人にカマをかけたら不正判定を認めたという。日本ボクシング連盟は今月20日までに第三者委員会を立ち上げ、その調査結果を待ちたいとしているという。


毎日新聞

監督は日本大学の元学生で、2008〜2011年頃までチアリーディングの選手として活躍していたという。卒業後は教員として採用され、日大習志野高校の保健体育教師になった。2015年にチアリーディングの監督に就任し、就任2年で関東選手権4位まで導いた。しかし3年目の今年、パワハラが発覚。

おととい辞任を表明した山根会長だが、その後口を開かなくなった。会見では口を開かずどの役職を辞めるのかも語られなかった。ところが昨日、毎日新聞の取材で会長と理事を辞める、その2つを辞めるのだから連盟も脱退するということなどと語ったという。一方、今朝のスポーツ報知では会員としてはこのまま居残ると報じられた。その上、奈良判定とは別に近畿大学と芦屋大学の試合で不正が行われたという疑惑が新たに浮き上がったという。近大に不利な判定をするよう山根氏が自ら審判を集めていたと澤谷氏は語った。芦屋大学と山根氏には深い関係があるという。おととしのある試合では近畿大学の選手が2回ダウンを取りながら負けた事があり、審判団の一人にカマをかけたら不正判定を認めたという。日本ボクシング連盟は今月20日までに第三者委員会を立ち上げ、その調査結果を待ちたいとしているという。


日大

日大でまたパワハラ問題が発覚。パワハラがあったのは日本大学の競技チアリーディングを行う応援リーダー部。ディッパーズの愛称で親しまれ全国大会レベルでも好成績をおさめている。女子部員の訴えによると、きっかけは今年2月、女性監督に事実ではないことで叱責されたという。また、その後女子部員が出身高校のジャージを着ていたことに対し「学校の恥だよ、今すぐ脱げ!」などと発言。女子部員の家族は日大保健体育審議会に解決を求めたが、納得のいく対応が得られなかった。当時審議会の事務局長を務めていたのはアメフト部の前監督だった。昨日、一部報道で問題が報じられた日本大学は女性監督を解任したことを発表。理由として、学生の指導に支障をきたすことが懸念されるためとしている。

この問題で女子部員の家族が思いをまとめた文書を公開した。毎日新聞によると、女子部員の家族は運動部を統括する保健体育審議会に監督との仲介や場所の提供を求めたが、職員はそんな場所はないと断ったという。また、問題が解決しないまま半年が過ぎたことに触れ、「大学関係者のうち1人でも真摯に対処してくれていたら今のようにならなかった」と母親は訴えている。その上で今は娘が健康を取り戻し、どのような場所で何をしてでもいいので笑顔で人生を歩んでいけることだけを望んでいますとした。(毎日新聞)

「大学の恥」日大チア部でパワハラ疑惑。涙ながらに…山根会長の妻 初めて語る。


毎日新聞

この問題で女子部員の家族が思いをまとめた文書を公開した。毎日新聞によると、女子部員の家族は運動部を統括する保健体育審議会に監督との仲介や場所の提供を求めたが、職員はそんな場所はないと断ったという。また、問題が解決しないまま半年が過ぎたことに触れ、「大学関係者のうち1人でも真摯に対処してくれていたら今のようにならなかった」と母親は訴えている。その上で今は娘が健康を取り戻し、どのような場所で何をしてでもいいので笑顔で人生を歩んでいけることだけを望んでいますとした。(毎日新聞)


毎日新聞

IOCは対戦ゲーム「eスポーツ」や、ゲーム会社の関係者を招いた初の意見交換会を開いた。背景にあるのは、若年層の五輪離れの危機感で、eスポーツの競技人口は若者を中心に少なくとも1億人と巨大で、人気は拡大している。(毎日新聞)


「毎日新聞」に関連するイベント情報

五輪

IOCが先月eスポーツやゲーム会社を招いた初の意見交換会を行った。IOCはeスポーツをオリンピック種目とする可能性を探っている。背景にあるのは、若者層のオリンピック離れに対する危機感で、競技人口が1億人と言われているeスポーツは魅力的な存在。(毎日新聞)


読売新聞

朝日新聞・読売新聞・毎日新ともにスズキ・マツダヤマハの不正検査の見出しとなっている。3社とも出荷された新車は排ガスや燃費の数値が国の基準を満たしていると判断し、リコールは行わない方針。(朝日新聞/読売新聞/毎日新聞)