ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「気胸」の検索結果

「気胸」に関連する情報 425件中 1〜10件目

外傷性血気胸

岐阜・高山市の介護施設で死亡した3人のうち、87歳女性は死亡した当日に家族が声をかけても話ができない状態であったこと、職員が最後に対応したのは死亡する100分前であったことがわかっている。死因は「外傷性血気胸」とされているが、専門家は死因が正しければ直前に呼吸困難があるため周囲が異変に気づくはずと答えた。


それいゆ

岐阜・高山市の介護施設「それいゆ」の問題についてトーク。5人死傷の経緯について、死亡した80歳男性については県に必要な報告をしていなかった、ほかに女性2人が死亡・女性2人が負傷しているがいずれも骨折やあざが見つかっていると紹介した。県と市による立ち入り検査が3度行われるのは異例という。結城康博氏は、通常の施設であれば1度事故が起きた時点で職員会議などを開いて再発を防止する、県への報告がなかったことなども問題と答えた。

岐阜・高山市の介護施設「それいゆ」の問題についてトーク。「介護老人保健施設」は特別養護老人ホームなどより比較的症状の軽い入所者を多く扱い、日常会話のできる人も多いという。トークでは、他の入所者に対しても警察が聞き取り調査を行っている可能性がある、医師がいる状態で対応ができなかったことが信じられないなどと話した。

岐阜・高山市の介護施設「それいゆ」について、死傷した5人の入居していた部屋などの間取りを紹介。監視カメラが8台設置されていたが、4台が録画できない状態にあったことがわかっている。死亡した男性のいた食堂の画像も撮影できなかったという。トークでは、録画装置の故障を放置していたのであれば運営に問題があったことは明らかであるなどと話した。

岐阜・高山市の介護施設で死亡した3人のうち、87歳女性は死亡した当日に家族が声をかけても話ができない状態であったこと、職員が最後に対応したのは死亡する100分前であったことがわかっている。死因は「外傷性血気胸」とされているが、専門家は死因が正しければ直前に呼吸困難があるため周囲が異変に気づくはずと答えた。

岐阜・高山市の介護施設の死傷者5人のうち、女性3人にはあざや斑点が見つかっている。専門家は、適切に介護されていれば大きなあざが突然できることは考えにくい、見つかった場合は通常は虐待を疑うと答えた。虐待の相談・通報は2015年に約1600件、虐待の認定は400件で、年に2割ほどのペースで増加。厚生労働省によると職員のストレスなどが理由の1位を占めている。虐待を防ぐための対策として、家族がひんぱんに施設に訪問する、看護師らに積極的に声をかけてねぎらうなどが有効と紹介した。


外傷性血気胸

高山市の介護施設で先月31日から約半月のあいだに5人が死傷した。これをうけ施設は会見を開いた。そのなかで「異常」との認識を示した理事長から、5人の死傷すべてに1人の職員がタッチしていたこと、また、問題発覚前にこの職員を退職させたこと、などが発表された。一方、元職員は、問題が起きた5日全ての出勤を認めたうえで、関与を否定した。さらに、施設から退職を迫られたことについて不満をもらした。19日、亡くなった入所者の告別式がしめやかに営まれた。事件なのか事故なのか、警察はくわしく調べている。


外傷性血気胸

岐阜・高山市の介護老人保健施設「それいゆ」で、半月の間に入所者5人が死傷した問題で、5人全員の介護に関わった元職員が取材に応じ、「100%やってない」と関与を否定。さらに、元職員は発覚直後に退職を迫られたと不満を口にした。


外傷性血気胸

一昨日、岐阜県高山市の介護老人保健施設「それいゆ」に入所していた87歳の女性の葬儀が行われた。女性の胸には青あざが出来ていて、肋骨も折れている感じがしたという。介護老人保健施設「それいゆ」では、先月31日から今月16日にかけ入所者3人が死亡、2人が骨折などのけがを負い、問題が相次いでいる。折れた肋骨が肺に刺さり、外傷性血気胸で死亡した87歳の女性については入浴の際の骨折の可能性があるとしたが、施設側は「意図的な要因も否定できない」とし病院が警察に解剖を依頼した。死傷者5人のうち、3人に同様の胸のあざがあった。今回の5件の担当をしていたのは1人だけで、その男性を施設側は問題発覚直前に退職させていた。その元職員の男性に話を聞くと、関与を否定し、87歳の女性の風呂の介助には一切関わっていないと話した。また退職について、辞めたくはなかったが他の選択肢は与えられなかったとしている。


介護老人保健施設 それいゆ

一昨日、岐阜県高山市の介護老人保健施設「それいゆ」に入所していた87歳の女性の葬儀が行われた。女性の胸には青あざが出来ていて、肋骨も折れている感じがしたという。介護老人保健施設「それいゆ」では、先月31日から今月16日にかけ入所者3人が死亡、2人が骨折などのけがを負い、問題が相次いでいる。折れた肋骨が肺に刺さり、外傷性血気胸で死亡した87歳の女性については入浴の際の骨折の可能性があるとしたが、施設側は「意図的な要因も否定できない」とし病院が警察に解剖を依頼した。死傷者5人のうち、3人に同様の胸のあざがあった。今回の5件の担当をしていたのは1人だけで、その男性を施設側は問題発覚直前に退職させていた。その元職員の男性に話を聞くと、関与を否定し、87歳の女性の風呂の介助には一切関わっていないと話した。また退職について、辞めたくはなかったが他の選択肢は与えられなかったとしている。


窒息死

岐阜・高山市の介護施設「それいゆ」の事件をスタジオで解説。まず先月31日、80歳の男性が夕食中にのぞどを詰まらせて病院に搬送、窒息死で死亡した。今月6日、93歳女性が部屋で倒れて病院に単相、翌日死亡。頭蓋骨骨折と脳挫傷が死因とされる。今月12日、87歳女性が急に具合が悪くなり病院に搬送され、翌日死亡。死因は外傷性血気胸で、胸に複数の骨折があり司法解剖。同15日、91歳女性が肋骨骨折で病院に搬送、外傷性血気胸で入院中。翌16日、93歳女性が胸にあざが見つかり病院に搬送され肺挫傷で入院中。岐阜県などは今月17日に施設の立ち入り調査を行い、警察は事件と事故の両面で調査している。最初の先月31日のケースで施設側は県に必要な報告をしていなかった。87歳女性の場合では、胸や首にあざのような痕跡があり、警察は第三者による外部からの力によってできたものと考えている。故意によるものかどうかも含めて経緯を詳しく調査中。女性の孫によると、死亡の直前に親族が施設で面会した時に首に赤いあざのようなものが点々とあったという。同日夕方に施設から「呼吸がおかしくなった。病院に行ってください」と連絡があり、遺体の胸には青あざがあったが施設側からの詳しい説明はなかった。孫の女性は、亡くなる2〜3日前には会話ができており、施設からの詳しい報告もなく納得いかないと話している。スタジオでは、あとで検証できるような防犯カメラなどが必要ではという意見もあがった。


外傷性血気胸

岐阜・高山市の介護施設「それいゆ」の事件をスタジオで解説。まず先月31日、80歳の男性が夕食中にのぞどを詰まらせて病院に搬送、窒息死で死亡した。今月6日、93歳女性が部屋で倒れて病院に単相、翌日死亡。頭蓋骨骨折と脳挫傷が死因とされる。今月12日、87歳女性が急に具合が悪くなり病院に搬送され、翌日死亡。死因は外傷性血気胸で、胸に複数の骨折があり司法解剖。同15日、91歳女性が肋骨骨折で病院に搬送、外傷性血気胸で入院中。翌16日、93歳女性が胸にあざが見つかり病院に搬送され肺挫傷で入院中。岐阜県などは今月17日に施設の立ち入り調査を行い、警察は事件と事故の両面で調査している。最初の先月31日のケースで施設側は県に必要な報告をしていなかった。87歳女性の場合では、胸や首にあざのような痕跡があり、警察は第三者による外部からの力によってできたものと考えている。故意によるものかどうかも含めて経緯を詳しく調査中。女性の孫によると、死亡の直前に親族が施設で面会した時に首に赤いあざのようなものが点々とあったという。同日夕方に施設から「呼吸がおかしくなった。病院に行ってください」と連絡があり、遺体の胸には青あざがあったが施設側からの詳しい説明はなかった。孫の女性は、亡くなる2〜3日前には会話ができており、施設からの詳しい報告もなく納得いかないと話している。スタジオでは、あとで検証できるような防犯カメラなどが必要ではという意見もあがった。


朝日新聞

岐阜・高山市の介護施設「それいゆ」の事件をスタジオで解説。まず先月31日、80歳の男性が夕食中にのぞどを詰まらせて病院に搬送、窒息死で死亡した。今月6日、93歳女性が部屋で倒れて病院に単相、翌日死亡。頭蓋骨骨折と脳挫傷が死因とされる。今月12日、87歳女性が急に具合が悪くなり病院に搬送され、翌日死亡。死因は外傷性血気胸で、胸に複数の骨折があり司法解剖。同15日、91歳女性が肋骨骨折で病院に搬送、外傷性血気胸で入院中。翌16日、93歳女性が胸にあざが見つかり病院に搬送され肺挫傷で入院中。岐阜県などは今月17日に施設の立ち入り調査を行い、警察は事件と事故の両面で調査している。最初の先月31日のケースで施設側は県に必要な報告をしていなかった。87歳女性の場合では、胸や首にあざのような痕跡があり、警察は第三者による外部からの力によってできたものと考えている。故意によるものかどうかも含めて経緯を詳しく調査中。女性の孫によると、死亡の直前に親族が施設で面会した時に首に赤いあざのようなものが点々とあったという。同日夕方に施設から「呼吸がおかしくなった。病院に行ってください」と連絡があり、遺体の胸には青あざがあったが施設側からの詳しい説明はなかった。孫の女性は、亡くなる2〜3日前には会話ができており、施設からの詳しい報告もなく納得いかないと話している。スタジオでは、あとで検証できるような防犯カメラなどが必要ではという意見もあがった。


肺挫傷

岐阜。高山市の介護施設「それいゆ」で半月の間に5人が死傷している。80歳の男性は先月食事後に意識をなくし死亡。今月7日には93歳の女性が頭の骨を折るなどして死亡した。今月13日には87歳の女性が肋骨を骨折、骨が肺に刺さるなどで死亡した。そのほか90代の女性2人も肋骨骨折や肺挫傷などの重傷。問題が公になる前日に退職した元職員の30代男性は入所者の死亡やけがへの関与を否定したが、死傷した5人全員の介助に関わっていた。警察は事件と事故の両面で捜査している。

岐阜・高山市の介護施設「それいゆ」の事件をスタジオで解説。まず先月31日、80歳の男性が夕食中にのぞどを詰まらせて病院に搬送、窒息死で死亡した。今月6日、93歳女性が部屋で倒れて病院に単相、翌日死亡。頭蓋骨骨折と脳挫傷が死因とされる。今月12日、87歳女性が急に具合が悪くなり病院に搬送され、翌日死亡。死因は外傷性血気胸で、胸に複数の骨折があり司法解剖。同15日、91歳女性が肋骨骨折で病院に搬送、外傷性血気胸で入院中。翌16日、93歳女性が胸にあざが見つかり病院に搬送され肺挫傷で入院中。岐阜県などは今月17日に施設の立ち入り調査を行い、警察は事件と事故の両面で調査している。最初の先月31日のケースで施設側は県に必要な報告をしていなかった。87歳女性の場合では、胸や首にあざのような痕跡があり、警察は第三者による外部からの力によってできたものと考えている。故意によるものかどうかも含めて経緯を詳しく調査中。女性の孫によると、死亡の直前に親族が施設で面会した時に首に赤いあざのようなものが点々とあったという。同日夕方に施設から「呼吸がおかしくなった。病院に行ってください」と連絡があり、遺体の胸には青あざがあったが施設側からの詳しい説明はなかった。孫の女性は、亡くなる2〜3日前には会話ができており、施設からの詳しい報告もなく納得いかないと話している。スタジオでは、あとで検証できるような防犯カメラなどが必要ではという意見もあがった。