ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「気胸」の検索結果

「気胸」に関連する情報 363件中 1〜10件目

肺気胸

2015年胆のうがんを公表していた俳優の渡瀬恒彦さんが死去した。スタジオでは、仁義なき戦いは迫力がすごかったと松本はトーク。その迫力のすごさから、怖いというイメージがあったため、トイレで会っただけなのに血でも洗っているのかと思ったとエピソードを展開した。


多臓器不全

午前11時すぎ、都内にある渡瀬さんの自宅前では遺体を収めた棺が葬儀所へと送り出され、棺には家族からの手紙などが収められた。祭壇には渡瀬さんが好きだったオンシジュームが飾られ、遺影は去年の妻の誕生日に撮影したものが選ばれた。数々の映画やドラマに出演し、人情味のある演技で活躍してきた渡瀬さんはおととしの秋に胆嚢癌が見つかり、治療をしながら仕事を続けていたが、先月に左肺に気胸を発症し、入院。今月に入り、敗血症を併発し、今週火曜日に多臓器不全のため死去した。共演したことがある井ノ原快彦さんが心境を語っており、葬儀は近親者のみで営まれたとのこと。


気胸

午前11時すぎ、都内にある渡瀬さんの自宅前では遺体を収めた棺が葬儀所へと送り出され、棺には家族からの手紙などが収められた。祭壇には渡瀬さんが好きだったオンシジュームが飾られ、遺影は去年の妻の誕生日に撮影したものが選ばれた。数々の映画やドラマに出演し、人情味のある演技で活躍してきた渡瀬さんはおととしの秋に胆嚢癌が見つかり、治療をしながら仕事を続けていたが、先月に左肺に気胸を発症し、入院。今月に入り、敗血症を併発し、今週火曜日に多臓器不全のため死去した。共演したことがある井ノ原快彦さんが心境を語っており、葬儀は近親者のみで営まれたとのこと。


胆のうがん

午前11時すぎ、都内にある渡瀬さんの自宅前では遺体を収めた棺が葬儀所へと送り出され、棺には家族からの手紙などが収められた。祭壇には渡瀬さんが好きだったオンシジュームが飾られ、遺影は去年の妻の誕生日に撮影したものが選ばれた。数々の映画やドラマに出演し、人情味のある演技で活躍してきた渡瀬さんはおととしの秋に胆嚢癌が見つかり、治療をしながら仕事を続けていたが、先月に左肺に気胸を発症し、入院。今月に入り、敗血症を併発し、今週火曜日に多臓器不全のため死去した。共演したことがある井ノ原快彦さんが心境を語っており、葬儀は近親者のみで営まれたとのこと。


敗血症

午前11時すぎ、都内にある渡瀬さんの自宅前では遺体を収めた棺が葬儀所へと送り出され、棺には家族からの手紙などが収められた。祭壇には渡瀬さんが好きだったオンシジュームが飾られ、遺影は去年の妻の誕生日に撮影したものが選ばれた。数々の映画やドラマに出演し、人情味のある演技で活躍してきた渡瀬さんはおととしの秋に胆嚢癌が見つかり、治療をしながら仕事を続けていたが、先月に左肺に気胸を発症し、入院。今月に入り、敗血症を併発し、今週火曜日に多臓器不全のため死去した。共演したことがある井ノ原快彦さんが心境を語っており、葬儀は近親者のみで営まれたとのこと。


オンシジューム

午前11時すぎ、都内にある渡瀬さんの自宅前では遺体を収めた棺が葬儀所へと送り出され、棺には家族からの手紙などが収められた。祭壇には渡瀬さんが好きだったオンシジュームが飾られ、遺影は去年の妻の誕生日に撮影したものが選ばれた。数々の映画やドラマに出演し、人情味のある演技で活躍してきた渡瀬さんはおととしの秋に胆嚢癌が見つかり、治療をしながら仕事を続けていたが、先月に左肺に気胸を発症し、入院。今月に入り、敗血症を併発し、今週火曜日に多臓器不全のため死去した。共演したことがある井ノ原快彦さんが心境を語っており、葬儀は近親者のみで営まれたとのこと。


敗血症

今週火曜日に多臓器不全で亡くなった渡瀬恒彦(72)の最期の様子が分かってきた。所属事務所によると渡瀬は2月中ごろに左肺に肺気胸を発症し入院治療を続けていたが、今月に入って敗血症を併発。14日に容体が急変し、夫人、長男、長女の家族3人にみとられながら静かに息を引き取った。亡くなる前日に担当マネージャーが見舞ったときには主演ドラマ「警視庁捜査一課9係」の撮影打ち合わせをするほど元気だった。渡瀬は去年、共演者に無用な心配をかけたくないとして病名を伏せて撮影に臨んでいた。(スポーツニッポン)


肺気胸

今週火曜日に多臓器不全で亡くなった渡瀬恒彦(72)の最期の様子が分かってきた。所属事務所によると渡瀬は2月中ごろに左肺に肺気胸を発症し入院治療を続けていたが、今月に入って敗血症を併発。14日に容体が急変し、夫人、長男、長女の家族3人にみとられながら静かに息を引き取った。亡くなる前日に担当マネージャーが見舞ったときには主演ドラマ「警視庁捜査一課9係」の撮影打ち合わせをするほど元気だった。渡瀬は去年、共演者に無用な心配をかけたくないとして病名を伏せて撮影に臨んでいた。(スポーツニッポン)


多臓器不全

今週火曜日に多臓器不全で亡くなった渡瀬恒彦(72)の最期の様子が分かってきた。所属事務所によると渡瀬は2月中ごろに左肺に肺気胸を発症し入院治療を続けていたが、今月に入って敗血症を併発。14日に容体が急変し、夫人、長男、長女の家族3人にみとられながら静かに息を引き取った。亡くなる前日に担当マネージャーが見舞ったときには主演ドラマ「警視庁捜査一課9係」の撮影打ち合わせをするほど元気だった。渡瀬は去年、共演者に無用な心配をかけたくないとして病名を伏せて撮影に臨んでいた。(スポーツニッポン)


スポーツニッポン

今週火曜日に多臓器不全で亡くなった渡瀬恒彦(72)の最期の様子が分かってきた。所属事務所によると渡瀬は2月中ごろに左肺に肺気胸を発症し入院治療を続けていたが、今月に入って敗血症を併発。14日に容体が急変し、夫人、長男、長女の家族3人にみとられながら静かに息を引き取った。亡くなる前日に担当マネージャーが見舞ったときには主演ドラマ「警視庁捜査一課9係」の撮影打ち合わせをするほど元気だった。渡瀬は去年、共演者に無用な心配をかけたくないとして病名を伏せて撮影に臨んでいた。(スポーツニッポン)