ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「水谷修」の検索結果

「水谷修」に関連する情報 410件中 1〜10件目

加計学園

加計学園問題、事の始まりは2015年3月3日。加計学園は愛媛県に「理事長が2月25日に安倍総理と面会した」と報告。先月21日、愛媛県が加計学園から受けた報告内容を文書で国会に提出、加計学園は総理との面会を否定した。31日に加計学園の事務局長が愛媛県に謝罪した。水谷修氏は「なぜ今なのか、大阪では余震の恐怖に震えながら耐えている方がいっぱいいらっしゃる。落ち着いてからやるべきだった」と厳しく指摘した。


日本大学

1889年、山田顕義司法大臣らにより前身となる日本法律学校が創立。1903年に日本大学に改称。文部省に登録する際、担当者から、あたかも日本を代表する大学だから名前を変えるように言われた事もあったという。1968年に20億円の使途不明金が発覚し約8ヶ月にわたり学生が抗議する日大闘争が起こった。その14年前、毒蝮三太夫は日大に入学した。映画監督になりたくて日大の芸術学部で学んだという。留年になりそうになったときに、教授に一升瓶を捧げれば卒業できると友人に言われたが、日大応援歌がフェアプレイを謳うものだったため、フェアプレイのため留年を受け入れたという。毒蝮三太夫は、前監督や前コーチは明らかに自分を守って嘘をついているのが伝わって見るに堪えなかったなどと述べた。また、日大については、色んな所が腐っているから全部きれいに洗い直してくれないとやるせないなどと言い、日大は地に落ちたと述べた。また、権力を使うならいい方に使ってほしいと思うなどと述べた。

毒蝮三太夫は、「日大は地に落ちた。理事長、前監督、前コーチは自分のことしか考えてない。一番さわやかだったのは悪質なタックルした学生。フェアプレー日大を取り戻してほしい」などと述べたという。また、毒蝮三太夫によると、山口の萩市にある日大創設者を記念した公園は、いつも日大OBがきて掃除しているためきれいだという。牛窪恵が毒蝮三太夫に日大出身だと告げたところ、何かあったら俺を頼ってこいと答えるなど母校愛の強さが伺えたという。牛窪恵は、OB会が今結束して学生を守ろうと窓口を設けるなどしているため、前向きな気持で捉えて欲しいなどと述べた。水谷修は、主人公は学生だといい、学生を中心とした新しい日本大学を作って欲しいなどと述べた。橋本大二郎は、タックルをした学生がどうやったらもう一度学校に通えるかということを考えるほうが日大の名誉を挽回することに繋がるなどと述べた。


官邸

きのう午後、愛媛県が国会・参議院に提出した文書は全27ページ。愛媛県が2015年2〜4月に作成したもの。メモ、出張命令書、復命書、精算請求書、名刺などが記載。国政調査権に基づいて今月10日付で参議院予算委員会から依頼を受けて提出したもの。愛媛県の中村時広知事は「国権の最高機関から要請があった。出てきたものは正直に出したというだけの話」などと話す。17Pには「獣医師養成系大学の設置に係る加計学園関係者との打ち合わせ会などについて」、2015年3月のメモが書かれている。文書には「2月25日に理事長が首相を面談。理事長から獣医師養成系大学空白地帯の四国の今治市に設置予選の獣医学部では、国際水準の獣医学教育を目指すことなど説明。首相からはそういう新しい獣医大学の考えはいいね、とのコメントあり、また元首相秘書官から改めて資料を提出するよう指示があったので、早急に資料を調整し提出する予定」と書かれていた。しかし、安倍首相は17年7月の国会答弁で「1月20日の諮問会議で認定することになるが、その際私は初めて加計学園の計画について承知をした。具体的に獣医学部を作りたいとか、あるいはいまばりにという話は無かった」など述べていた。安倍首相は午後8時すぎ「ご指摘の日(2015年2月25日)に加計学園理事長と会ったことない。獣医学部新設について話をされたこともない。私から話したこともない」など述べた。加計学園は昨日付のFAXで「一部報道で伝えられているような理事長が2015年2月に首相をお会いしたことはございません」としている。首相の動静について朝日新聞がこの日のスケジュールを掲載。加計学園理事長と会う予定は動静には一切入っていない。水谷修は「全く黒塗りでしか出してこない中で中村知事よくやるなと。でも考えてみれば今治市も愛媛県も90億円近い金を獣医学部に投資している。それを明らかにするのは県民のお金を使うのは知事として当然という覚悟を感じる中」など述べた。首相と理事長が会談をしたその1ヶ月後、官邸で加計学園が元首相秘書官と面談。元首相秘書官が「獣医師会の反対が強い。この反対を乗り越えるためには地方創生特区の活用が考えられる。県や市と一緒に内閣府の地方創生推進次長に相談されたい」と言ったメモが残っている。翌月2日午前、加計学園、愛媛県、今治市が地方創生推進室次長と面談。午後には元首相秘書官と面談。その際に元首相秘書官は「本件は首相案件。内閣府次長の公式ヒアリングを受けるという形で進めていきたい」と述べていた。


毎日新聞

きのう午後、愛媛県が国会・参議院に提出した文書は全27ページ。愛媛県が2015年2〜4月に作成したもの。メモ、出張命令書、復命書、精算請求書、名刺などが記載。国政調査権に基づいて今月10日付で参議院予算委員会から依頼を受けて提出したもの。愛媛県の中村時広知事は「国権の最高機関から要請があった。出てきたものは正直に出したというだけの話」などと話す。17Pには「獣医師養成系大学の設置に係る加計学園関係者との打ち合わせ会などについて」、2015年3月のメモが書かれている。文書には「2月25日に理事長が首相を面談。理事長から獣医師養成系大学空白地帯の四国の今治市に設置予選の獣医学部では、国際水準の獣医学教育を目指すことなど説明。首相からはそういう新しい獣医大学の考えはいいね、とのコメントあり、また元首相秘書官から改めて資料を提出するよう指示があったので、早急に資料を調整し提出する予定」と書かれていた。しかし、安倍首相は17年7月の国会答弁で「1月20日の諮問会議で認定することになるが、その際私は初めて加計学園の計画について承知をした。具体的に獣医学部を作りたいとか、あるいはいまばりにという話は無かった」など述べていた。安倍首相は午後8時すぎ「ご指摘の日(2015年2月25日)に加計学園理事長と会ったことない。獣医学部新設について話をされたこともない。私から話したこともない」など述べた。加計学園は昨日付のFAXで「一部報道で伝えられているような理事長が2015年2月に首相をお会いしたことはございません」としている。首相の動静について朝日新聞がこの日のスケジュールを掲載。加計学園理事長と会う予定は動静には一切入っていない。水谷修は「全く黒塗りでしか出してこない中で中村知事よくやるなと。でも考えてみれば今治市も愛媛県も90億円近い金を獣医学部に投資している。それを明らかにするのは県民のお金を使うのは知事として当然という覚悟を感じる中」など述べた。首相と理事長が会談をしたその1ヶ月後、官邸で加計学園が元首相秘書官と面談。元首相秘書官が「獣医師会の反対が強い。この反対を乗り越えるためには地方創生特区の活用が考えられる。県や市と一緒に内閣府の地方創生推進次長に相談されたい」と言ったメモが残っている。翌月2日午前、加計学園、愛媛県、今治市が地方創生推進室次長と面談。午後には元首相秘書官と面談。その際に元首相秘書官は「本件は首相案件。内閣府次長の公式ヒアリングを受けるという形で進めていきたい」と述べていた。


朝日新聞

きのう午後、愛媛県が国会・参議院に提出した文書は全27ページ。愛媛県が2015年2〜4月に作成したもの。メモ、出張命令書、復命書、精算請求書、名刺などが記載。国政調査権に基づいて今月10日付で参議院予算委員会から依頼を受けて提出したもの。愛媛県の中村時広知事は「国権の最高機関から要請があった。出てきたものは正直に出したというだけの話」などと話す。17Pには「獣医師養成系大学の設置に係る加計学園関係者との打ち合わせ会などについて」、2015年3月のメモが書かれている。文書には「2月25日に理事長が首相を面談。理事長から獣医師養成系大学空白地帯の四国の今治市に設置予選の獣医学部では、国際水準の獣医学教育を目指すことなど説明。首相からはそういう新しい獣医大学の考えはいいね、とのコメントあり、また元首相秘書官から改めて資料を提出するよう指示があったので、早急に資料を調整し提出する予定」と書かれていた。しかし、安倍首相は17年7月の国会答弁で「1月20日の諮問会議で認定することになるが、その際私は初めて加計学園の計画について承知をした。具体的に獣医学部を作りたいとか、あるいはいまばりにという話は無かった」など述べていた。安倍首相は午後8時すぎ「ご指摘の日(2015年2月25日)に加計学園理事長と会ったことない。獣医学部新設について話をされたこともない。私から話したこともない」など述べた。加計学園は昨日付のFAXで「一部報道で伝えられているような理事長が2015年2月に首相をお会いしたことはございません」としている。首相の動静について朝日新聞がこの日のスケジュールを掲載。加計学園理事長と会う予定は動静には一切入っていない。水谷修は「全く黒塗りでしか出してこない中で中村知事よくやるなと。でも考えてみれば今治市も愛媛県も90億円近い金を獣医学部に投資している。それを明らかにするのは県民のお金を使うのは知事として当然という覚悟を感じる中」など述べた。首相と理事長が会談をしたその1ヶ月後、官邸で加計学園が元首相秘書官と面談。元首相秘書官が「獣医師会の反対が強い。この反対を乗り越えるためには地方創生特区の活用が考えられる。県や市と一緒に内閣府の地方創生推進次長に相談されたい」と言ったメモが残っている。翌月2日午前、加計学園、愛媛県、今治市が地方創生推進室次長と面談。午後には元首相秘書官と面談。その際に元首相秘書官は「本件は首相案件。内閣府次長の公式ヒアリングを受けるという形で進めていきたい」と述べていた。


加計学園

きのう午後、愛媛県が国会・参議院に提出した文書は全27ページ。愛媛県が2015年2〜4月に作成したもの。メモ、出張命令書、復命書、精算請求書、名刺などが記載。国政調査権に基づいて今月10日付で参議院予算委員会から依頼を受けて提出したもの。愛媛県の中村時広知事は「国権の最高機関から要請があった。出てきたものは正直に出したというだけの話」などと話す。17Pには「獣医師養成系大学の設置に係る加計学園関係者との打ち合わせ会などについて」、2015年3月のメモが書かれている。文書には「2月25日に理事長が首相を面談。理事長から獣医師養成系大学空白地帯の四国の今治市に設置予選の獣医学部では、国際水準の獣医学教育を目指すことなど説明。首相からはそういう新しい獣医大学の考えはいいね、とのコメントあり、また元首相秘書官から改めて資料を提出するよう指示があったので、早急に資料を調整し提出する予定」と書かれていた。しかし、安倍首相は17年7月の国会答弁で「1月20日の諮問会議で認定することになるが、その際私は初めて加計学園の計画について承知をした。具体的に獣医学部を作りたいとか、あるいはいまばりにという話は無かった」など述べていた。安倍首相は午後8時すぎ「ご指摘の日(2015年2月25日)に加計学園理事長と会ったことない。獣医学部新設について話をされたこともない。私から話したこともない」など述べた。加計学園は昨日付のFAXで「一部報道で伝えられているような理事長が2015年2月に首相をお会いしたことはございません」としている。首相の動静について朝日新聞がこの日のスケジュールを掲載。加計学園理事長と会う予定は動静には一切入っていない。水谷修は「全く黒塗りでしか出してこない中で中村知事よくやるなと。でも考えてみれば今治市も愛媛県も90億円近い金を獣医学部に投資している。それを明らかにするのは県民のお金を使うのは知事として当然という覚悟を感じる中」など述べた。首相と理事長が会談をしたその1ヶ月後、官邸で加計学園が元首相秘書官と面談。元首相秘書官が「獣医師会の反対が強い。この反対を乗り越えるためには地方創生特区の活用が考えられる。県や市と一緒に内閣府の地方創生推進次長に相談されたい」と言ったメモが残っている。翌月2日午前、加計学園、愛媛県、今治市が地方創生推進室次長と面談。午後には元首相秘書官と面談。その際に元首相秘書官は「本件は首相案件。内閣府次長の公式ヒアリングを受けるという形で進めていきたい」と述べていた。


加計学園

加計学園の獣医学部新設をめぐり、2015年4月2日に愛媛県職員などが総理官邸で柳瀬唯夫元総理秘書官と面会をしていた。この時の文書の存在が明らかになっているが、国会答弁の中では愛媛県議員らにお会いしていないと答弁していた。角谷浩一氏は「野党側は辻褄があわない事を説明、突破口が作れるかが事情が変わってくる」と説明、水谷修は「自民党事態が愛媛県関係者を証人喚問で読んで明らかにすべきだが、何もしないので納得できない」などと話した。


前田善成町長のブログ

みなかみ町役場の前田善成町長がきのう午後、セクハラ疑惑を否定した。先月18日、前田善成町長は水上温泉街で行われた送別会に参加し、女性職員に対し無理やり肩を抱きキスをしたという疑惑がある。前田善成町長のブログによると、相手の女性から好意があってのことだと考えている、無理やり何かをしたということは断じてない、と疑惑を否定しながらも、相手の女性が不快に思ってしまったのならば過ちを認めなければならない、深く反省しているとした。

前田善成町長は2017年10月に町長に初当選した。前田善成町長のブログには、相手の女性から好意があってのことだと考えている、相手の女性が不快に思ってしまったのならば過ちを認めなければならない、深く反省しているとている。牛窪恵はリスク管理がなっていないと話した。水谷修は国全体でセクハラがこれだけ大きな問題になっているときに、どうしてこんなことになるのか、なさけないの一言だと話した。


みなかみ町役場

みなかみ町役場の前田善成町長がきのう午後、セクハラ疑惑を否定した。先月18日、前田善成町長は水上温泉街で行われた送別会に参加し、女性職員に対し無理やり肩を抱きキスをしたという疑惑がある。前田善成町長のブログによると、相手の女性から好意があってのことだと考えている、無理やり何かをしたということは断じてない、と疑惑を否定しながらも、相手の女性が不快に思ってしまったのならば過ちを認めなければならない、深く反省しているとした。

前田善成町長は2017年10月に町長に初当選した。前田善成町長のブログには、相手の女性から好意があってのことだと考えている、相手の女性が不快に思ってしまったのならば過ちを認めなければならない、深く反省しているとている。牛窪恵はリスク管理がなっていないと話した。水谷修は国全体でセクハラがこれだけ大きな問題になっているときに、どうしてこんなことになるのか、なさけないの一言だと話した。


松山刑務所大井造船作業場

逃走をしている受刑者は、逃走前に仲の良い妹が重傷を負っていた。また刑務官に怒られた出来事があったという。受刑者は逃走前に2度規則違反を犯している。出口保行は様々な要因が重なり逃走に至ったと分析している。水谷修は一度逃げるとさらに重い罪になるため逃げ切れるだけ逃げているとコメントした。