ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「浜田敬子」の検索結果

「浜田敬子」に関連する情報 438件中 1〜10件目

日本経済新聞

アメリカ連邦政府の一部閉鎖は解決のメドが立たず、越年する見通し。トランプ大統領は「民主党は米市民の安全を気にもかけていない」と、メキシコ国境の「壁」を巡って批判の声を上げるが、共和、民主両党に歩み寄りはみられない。民主党は新議会でトランプ政権と対決する構え出、2019年は政治の混乱が深まる懸念がある。予算を巡る実質的な審議は年明け1月3日以降、トランプ政権にとって初めての「ねじれ国会」となる新議会に委ねられる。(日本経済新聞)

アメリカ新議会のねじれについて、玉川徹は「トランプ大統領が暴走しているという時にねじれがあった方が良いか無い方が良いかはまだ分からない」とコメント。一方、浜田敬子は「彼は追い詰められると強行に出てくる、次は何のトランプリスクがあるのかと常に不安要素が大きくなる」などと懸念を示した。


集英社

浜田敬子が著作「働く女子と罪悪感」を宣伝した。


「浜田敬子」に関連する本・コミック・雑誌

浜田敬子が著作「働く女子と罪悪感」を宣伝した。

「働く女子と罪悪感: 「こうあるべき」から離れたら、もっと仕事は楽しくなる (単行本)」

Amazon.co.jp


国勢調査

日本の産業には外国人労働者の存在が大きく関わっている現実がある、外国人への依存度として漁業で1位の広島県は52.64%、農業1位の茨城県では29.64%となっている。また日本で働く外国人の数は2012年から2017年までに倍近く増えている。その中で政府は今の外国人労働者に加えて来年度から5年間で最大34万5150人の受け入れを見込んでおり、来月10日の会期末までに成立させたい考えだ。浜田敬子は「典型的な2枚舌政策だ、このまま続くと外国人に選ばれない国になる」と話した。岡本行夫は「法案は整備されるべきだが、問題は社会がどう変容していくのか方向性を政府は示して欲しい」とコメントした。姜尚中は「技能実習生は中間の業者を省いて国が一括して配分する、留学生に関しては卒業して日本で就職できる条件を整えなければならない」などと語った。


ライフスタイルグループ

吉永みち子は「松本氏を呼んだ時には瀬戸社長はこのままではダメだと感じていたのでは」などとコメントした。瀬戸健は「企業を立ち上げる能力とある程度の大きさになった企業も持った大きくする能力が違う」などとコメント。浜田敬子は「プロ経営者が入ることによって膨張していくだけでなく足腰を鍛えるきっかけになった」と話した。


RIZAPグループ

玉川徹が「ライザップで成長して株価が上がり株価を担保に金を借りて買収している」などと話した。浜田敬子は「企業の実態よりも時価総額より安く買っているから、収益を見込んで売り上げに換算してた」「数字が伸びて来たのは見立てが甘かったから」などと話した。

2019年3月期の損益予想が159億円の黒字が下方修正した70億円の赤字になった。トレーニングジムは黒字だがここ1〜2年に買収した企業が赤字の中心。社長は「成長のための手段でM&Aがを行ってきたが買収先の経営再建をせずに次々とM&Aを重ねてしまった」などと決算報告で話した。今後は新たはM&Aは凍結する。浜田敬子は「次々買った理由は2021年に売り上げ3000億と公言しているので結果にコミットしないといけない」と話した。


BUSINESS INSIDER JAPAN

スタジオで浜田敬子さんによる解説。ライザップグループは売り上げが5年で6倍になった急成長しM&Aで5年間で75社に増えた。根本は美容・健康企業で、アパレル・重関連ライフスタイル・エンターテイメントなどの企業を買収した。浜田敬子さんが社長にインタビューした時は自分達の軸はぶれていない、自己実現事業に特化している、と話したという。社長は経営がうまく行っていない企業を買収して再生させる手腕はあるとのこと。


ジーンズメイト

スタジオで浜田敬子さんによる解説。ライザップグループは売り上げが5年で6倍になった急成長しM&Aで5年間で75社に増えた。根本は美容・健康企業で、アパレル・重関連ライフスタイル・エンターテイメントなどの企業を買収した。浜田敬子さんが社長にインタビューした時は自分達の軸はぶれていない、自己実現事業に特化している、と話したという。社長は経営がうまく行っていない企業を買収して再生させる手腕はあるとのこと。


ライザップグループ

ライザップが赤字の見通しを発表した。社長は24歳で会社を立ち上げ売り上げ1000億円を超える巨大グループとなった。おととい今季の業績予想を下方修正し70億円の赤字を発表した。

スタジオで浜田敬子さんによる解説。ライザップグループは売り上げが5年で6倍になった急成長しM&Aで5年間で75社に増えた。根本は美容・健康企業で、アパレル・重関連ライフスタイル・エンターテイメントなどの企業を買収した。浜田敬子さんが社長にインタビューした時は自分達の軸はぶれていない、自己実現事業に特化している、と話したという。社長は経営がうまく行っていない企業を買収して再生させる手腕はあるとのこと。

瀬戸社長は1978年、北九州市でパン屋を営む両親の次男に生まれた。保育園の頃に「およげ!たいやきくん」を聞き、最後に食べられちゃうのが悲しいと体を鍛え始めた。また、幼少期に特売のお菓子を買い、自宅のパン屋で売ったところ問屋で仕入れるより利益が出た。この頃から経営にも興味を持っていたという。高校3年生ではじめての彼女ができたが、痩せたい彼女と一緒に走り電話で励ました。3ヶ月後には見違えるほどきれいになったという。

24歳で結婚と同時期にRIZAPの前身「健康コーポレーション」を創業。おからクッキーが大ヒットし、創業4年で100億円を売り上げた。しかしブームが去り、業績が急降下。高校時代の元カノを思い出し、徹底的に寄り添うことに特化したダイエットとして2012年にRIZAP事業を開始した。

RIZAPは印象的なテレビCMによって知名度をアップ。キャッチフレーズ「結果にコミットする」は瀬戸社長が考案した。瀬戸社長は「英会話もダイエットも三日坊主で終わる人が多い。大事なのは続けさせるトレーナーの情熱」と語っている。

今年、松本晃氏がRIZAPグループに入った。どういう人で、何を瀬戸社長に言って方針を転換させたのかをこの後伝える。


NTTドコモ

KDDIと楽天が業務を提携。KDDIはスマホ決済やネット通販などの分野で楽天がもつインフラを活用。楽天は来年から携帯電話事業に参入する際には自前の通信設備が完成するまではKDDIの設備を使用する。参入当初から全国規模でのサービス展開が可能になる。一方、NTTドコモは最大4割程度の値下げをすると発表した携帯電話の料金プランについて、KDDIの高橋社長は「低価格化、シンプル化に向けて積極的に対応する。同じ規模でドコモに追随することはない。」としている。浜田敬子はこの提携は非常に面白い。楽天は携帯事業はお金がかかるがKDDIの通信設備を使うことでコストが抑えられ、KDDIは菅官房長官の携帯料金は安く出来る発言などで値下げをしなくればならない。楽天と組むことによって楽天がもつ物流などに携わることで新しいことが出来、その分携帯料金も安く出来るのでは?と解説した。