ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「浜田敬子」の検索結果

「浜田敬子」に関連する情報 403件中 1〜10件目

USA TODAY

CNNは実務というよりもショーだった。トランプ大統領と金委員長が1対1で会談をした短い時間ではないが通訳を挟んで話をしている。実際の会話は半分程度に過ぎないと伝えた。ニューヨーク・タイムズは北朝鮮が合意を履行するかどうかは何も保証がない。共同声明は具体的もデッドラインもない骨子にすぎない。韓国との軍事演習中止の発表や演習を「挑発的」「高くつく」と表現したことを危惧していると伝えた。USA TODAYは金正恩委員長が欲しいものを手にしたことは疑いようがない。長くのけ者にされてきた北朝鮮の国際的な正統派を引き上げたと伝えた。

太田昌克氏は「CNN、ニューヨーク・タイムズはトランプ大統領に対して批判的なため当然の評価だと思う。私も同じような評価をする。検証可能な非核化ということを約束できていない。これは失敗だと思う。適切なプロセスを取らないと会話が進まない。」と述べた。浜田敬子氏は「アメリカのメディアの反応は当然だと思う。こんなに丸腰で相手に与えていいのだろうか。会見はトランプ大統領の独演会を見ているようだった。外交をやっているという印象ではなかった」と述べた。


ニューヨーク・タイムズ

CNNは実務というよりもショーだった。トランプ大統領と金委員長が1対1で会談をした短い時間ではないが通訳を挟んで話をしている。実際の会話は半分程度に過ぎないと伝えた。ニューヨーク・タイムズは北朝鮮が合意を履行するかどうかは何も保証がない。共同声明は具体的もデッドラインもない骨子にすぎない。韓国との軍事演習中止の発表や演習を「挑発的」「高くつく」と表現したことを危惧していると伝えた。USA TODAYは金正恩委員長が欲しいものを手にしたことは疑いようがない。長くのけ者にされてきた北朝鮮の国際的な正統派を引き上げたと伝えた。

太田昌克氏は「CNN、ニューヨーク・タイムズはトランプ大統領に対して批判的なため当然の評価だと思う。私も同じような評価をする。検証可能な非核化ということを約束できていない。これは失敗だと思う。適切なプロセスを取らないと会話が進まない。」と述べた。浜田敬子氏は「アメリカのメディアの反応は当然だと思う。こんなに丸腰で相手に与えていいのだろうか。会見はトランプ大統領の独演会を見ているようだった。外交をやっているという印象ではなかった」と述べた。


CNN

CNNは実務というよりもショーだった。トランプ大統領と金委員長が1対1で会談をした短い時間ではないが通訳を挟んで話をしている。実際の会話は半分程度に過ぎないと伝えた。ニューヨーク・タイムズは北朝鮮が合意を履行するかどうかは何も保証がない。共同声明は具体的もデッドラインもない骨子にすぎない。韓国との軍事演習中止の発表や演習を「挑発的」「高くつく」と表現したことを危惧していると伝えた。USA TODAYは金正恩委員長が欲しいものを手にしたことは疑いようがない。長くのけ者にされてきた北朝鮮の国際的な正統派を引き上げたと伝えた。

太田昌克氏は「CNN、ニューヨーク・タイムズはトランプ大統領に対して批判的なため当然の評価だと思う。私も同じような評価をする。検証可能な非核化ということを約束できていない。これは失敗だと思う。適切なプロセスを取らないと会話が進まない。」と述べた。浜田敬子氏は「アメリカのメディアの反応は当然だと思う。こんなに丸腰で相手に与えていいのだろうか。会見はトランプ大統領の独演会を見ているようだった。外交をやっているという印象ではなかった」と述べた。


「浜田敬子」に関連する音楽・CD

YOUNG MAN(Y.M.C.A.)

西城秀樹さんは2度の脳梗塞で倒れリハビリをしながら歌手活動をしてきた。先月25日に自宅で倒れ横浜市内の病院に入院しおととい亡くなった。郷ひろみさんは「デビュー当時右も左も分からない僕に親身になってくれたこと一生忘れない」、野口五郎さんは「あまりにも突然で言葉が見つからない。気持ちの整理がつくまで少し時間を下さい」とコメントしている。街の人は「昭和のすごいスターがまた一人いなくなった」等と話した。

西城さんは広島県出身で高1のときに上京し1972年にデビューした。1973年には”情熱の嵐”で初のオリコンチャートベストテン入りし、ザ・ベストテンでは9999点を獲得するという番組史上初の偉業を達成した。出演したCMでは「ヒデキ感激」という流行語が生まれ、「寺内貫太郎一家2」では長男役を演じた。ドラマ名物お父さん役の小林亜星さんとの乱闘シーンでは撮影中に骨折し、ギプスをしたまま出演した。デビューから46年、病と戦い続けながら最期までステージに立ち続けた。スタジオの夏目三久は「画面がキラキラしていてほんとにスターだった」浜田敬子は「ザ・ベストテンを観て、みんなで歌と振り付けを覚えた」などとコメントした。

西城秀樹さんは二度の脳梗塞に倒れリハビリを続けてきた。その中でも障害歌手として生きていきたいという強い思いを持っていた。言語障害や右半身麻痺といった歌手生命に関わる後遺症を乗り越えようと頑張っていたという。西城さんは2001年に一般女性と結婚、2002年には長女が誕生した。だが48歳で脳梗塞を発症、その後うつ病と戦っていた事を告白し、2011年には脳梗塞の再発が発表された。右半身麻痺の後遺症を残しながらも2015年には還暦バースデーライブを行った。ライブには野口五郎さんも駆けつけ、抱擁を行った。西城さんの活力の源は子供たちで楽屋にはいつも写真が貼られていたという。自身の著書では「末っ子が成人式を迎えるまではどんなことがあっても元気でいたい」などと語っていた。2015年の還暦記念アルバムには思いを込めた新曲が収録された。


アップルハウス篇

西城さんは広島県出身で高1のときに上京し1972年にデビューした。1973年には”情熱の嵐”で初のオリコンチャートベストテン入りし、ザ・ベストテンでは9999点を獲得するという番組史上初の偉業を達成した。出演したCMでは「ヒデキ感激」という流行語が生まれ、「寺内貫太郎一家2」では長男役を演じた。ドラマ名物お父さん役の小林亜星さんとの乱闘シーンでは撮影中に骨折し、ギプスをしたまま出演した。デビューから46年、病と戦い続けながら最期までステージに立ち続けた。スタジオの夏目三久は「画面がキラキラしていてほんとにスターだった」浜田敬子は「ザ・ベストテンを観て、みんなで歌と振り付けを覚えた」などとコメントした。


「浜田敬子」に関連するグルメ情報

バーモントカレー

西城さんは広島県出身で高1のときに上京し1972年にデビューした。1973年には”情熱の嵐”で初のオリコンチャートベストテン入りし、ザ・ベストテンでは9999点を獲得するという番組史上初の偉業を達成した。出演したCMでは「ヒデキ感激」という流行語が生まれ、「寺内貫太郎一家2」では長男役を演じた。ドラマ名物お父さん役の小林亜星さんとの乱闘シーンでは撮影中に骨折し、ギプスをしたまま出演した。デビューから46年、病と戦い続けながら最期までステージに立ち続けた。スタジオの夏目三久は「画面がキラキラしていてほんとにスターだった」浜田敬子は「ザ・ベストテンを観て、みんなで歌と振り付けを覚えた」などとコメントした。


ハウス食品

西城さんは広島県出身で高1のときに上京し1972年にデビューした。1973年には”情熱の嵐”で初のオリコンチャートベストテン入りし、ザ・ベストテンでは9999点を獲得するという番組史上初の偉業を達成した。出演したCMでは「ヒデキ感激」という流行語が生まれ、「寺内貫太郎一家2」では長男役を演じた。ドラマ名物お父さん役の小林亜星さんとの乱闘シーンでは撮影中に骨折し、ギプスをしたまま出演した。デビューから46年、病と戦い続けながら最期までステージに立ち続けた。スタジオの夏目三久は「画面がキラキラしていてほんとにスターだった」浜田敬子は「ザ・ベストテンを観て、みんなで歌と振り付けを覚えた」などとコメントした。


「浜田敬子」に関連する音楽・CD

激しい恋

西城さんは広島県出身で高1のときに上京し1972年にデビューした。1973年には”情熱の嵐”で初のオリコンチャートベストテン入りし、ザ・ベストテンでは9999点を獲得するという番組史上初の偉業を達成した。出演したCMでは「ヒデキ感激」という流行語が生まれ、「寺内貫太郎一家2」では長男役を演じた。ドラマ名物お父さん役の小林亜星さんとの乱闘シーンでは撮影中に骨折し、ギプスをしたまま出演した。デビューから46年、病と戦い続けながら最期までステージに立ち続けた。スタジオの夏目三久は「画面がキラキラしていてほんとにスターだった」浜田敬子は「ザ・ベストテンを観て、みんなで歌と振り付けを覚えた」などとコメントした。


「浜田敬子」に関連する音楽・CD

傷だらけのローラ

西城さんは広島県出身で高1のときに上京し1972年にデビューした。1973年には”情熱の嵐”で初のオリコンチャートベストテン入りし、ザ・ベストテンでは9999点を獲得するという番組史上初の偉業を達成した。出演したCMでは「ヒデキ感激」という流行語が生まれ、「寺内貫太郎一家2」では長男役を演じた。ドラマ名物お父さん役の小林亜星さんとの乱闘シーンでは撮影中に骨折し、ギプスをしたまま出演した。デビューから46年、病と戦い続けながら最期までステージに立ち続けた。スタジオの夏目三久は「画面がキラキラしていてほんとにスターだった」浜田敬子は「ザ・ベストテンを観て、みんなで歌と振り付けを覚えた」などとコメントした。


「浜田敬子」に関連する音楽・CD

情熱の嵐

西城さんは広島県出身で高1のときに上京し1972年にデビューした。1973年には”情熱の嵐”で初のオリコンチャートベストテン入りし、ザ・ベストテンでは9999点を獲得するという番組史上初の偉業を達成した。出演したCMでは「ヒデキ感激」という流行語が生まれ、「寺内貫太郎一家2」では長男役を演じた。ドラマ名物お父さん役の小林亜星さんとの乱闘シーンでは撮影中に骨折し、ギプスをしたまま出演した。デビューから46年、病と戦い続けながら最期までステージに立ち続けた。スタジオの夏目三久は「画面がキラキラしていてほんとにスターだった」浜田敬子は「ザ・ベストテンを観て、みんなで歌と振り付けを覚えた」などとコメントした。