ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「浜田雅功」の検索結果

「浜田雅功」に関連する情報 2044件中 1〜10件目

「浜田雅功」に関連するイベント情報

ソウル五輪

才藤歩夢は「近代五種競技の知名度アップのため、応援ソングを作った大物ミュージシャンは?」と出題。正解は「ゴスペラーズ」で、曲名は「ひとり、で五つ」。PVに登場していた人馬は応援キャラクターのぺんたうるすくん。浜田雅功は才藤に近代五種競技を始めた理由を尋ねると、才藤は「ソウル五輪代表で近代五種競技の選手だった父が子供向け教室を始めたため、私も始めた」と明かした。才藤曰く、競技の1つ、射撃の練習環境はなく、自宅のリビングで練習しているという。また、道具一式の運搬も重労働。道具に関して、格闘家の浅倉カンナは長谷川穂積氏からパンチボール付きキャップを使って練習したが効果薄だったという。


「浜田雅功」に関連する音楽・CD

ひとり、で五つ

才藤歩夢は「近代五種競技の知名度アップのため、応援ソングを作った大物ミュージシャンは?」と出題。正解は「ゴスペラーズ」で、曲名は「ひとり、で五つ」。PVに登場していた人馬は応援キャラクターのぺんたうるすくん。浜田雅功は才藤に近代五種競技を始めた理由を尋ねると、才藤は「ソウル五輪代表で近代五種競技の選手だった父が子供向け教室を始めたため、私も始めた」と明かした。才藤曰く、競技の1つ、射撃の練習環境はなく、自宅のリビングで練習しているという。また、道具一式の運搬も重労働。道具に関して、格闘家の浅倉カンナは長谷川穂積氏からパンチボール付きキャップを使って練習したが効果薄だったという。


「浜田雅功」に関連するイベント情報

イナズマロックフェス

西川貴教がイナズマロックフェスの告知を行い浜田雅功の参加を明かした。


「浜田雅功」に関連する本・コミック・雑誌

番組スタッフは瀬尾まなほが秘書として支える瀬戸内寂聴が曼陀羅山 寂庵にて開いた月に1度の法話の会を取材。笑いを交えながら90分ノンストップで行われた。法話の会では瀬尾の著作「おちゃめに100歳!寂聴さん」について言及していた。瀬戸内寂聴は瀬尾について、「顔を洗うときに頭を剃ってくれたりと優しい」と語った。

浜田雅功は瀬尾まなほが瀬戸内寂聴をイジっていることを指摘し、リスペクトしているのか疑問を呈していた。なお、番組が取材した法話の会の前日は執筆の締切があり、徹夜をして法話に臨んだという。瀬尾は瀬戸内寂聴がアイス好きで、アイスを取り出した時に冷凍庫が閉まらず、深夜に呼び出されたエピソードを紹介。

「おちゃめに100歳!  寂聴さん」

Amazon.co.jp


シカ

紅蘭さんは「愛犬がコレを見るとサカッちゃう」などと話し、井本貴史さんが「サカるという言葉、浜田さん大好き。」などと話した。紅蘭のプレゼントは、健康グッズで新品同様で最新モノで家でも使えるもの」。浜田雅功さんが「犬がワーワー言うんやったらシカと交換したら・・・」などと話した。紅蘭さんは「(草刈家の誕生日について)父や母の誕生日には食事に出て食事でお祝い。祝ってもらったことはあんまりない。花束は毎回。」などと話した。IMALUさんと薬師寺保栄さんが欲しいと手を挙げた。


紅蘭さんは「愛犬がコレを見るとサカッちゃう」などと話し、井本貴史さんが「サカるという言葉、浜田さん大好き。」などと話した。紅蘭のプレゼントは、健康グッズで新品同様で最新モノで家でも使えるもの」。浜田雅功さんが「犬がワーワー言うんやったらシカと交換したら・・・」などと話した。紅蘭さんは「(草刈家の誕生日について)父や母の誕生日には食事に出て食事でお祝い。祝ってもらったことはあんまりない。花束は毎回。」などと話した。IMALUさんと薬師寺保栄さんが欲しいと手を挙げた。


PROSIT

浜田雅功さんが「IMALUという手もあった。こんなボロボロなのは失礼。」などと話し、キャディーバックがでてきた。出演者たちは「こんなボロボロなモノ」「ここまでボロボロはそうない」などと話し、浜田雅功さんが「昔ゴルフブランドを立ち上げていた。PROSITといって、ロゴがボディコンの姉ちゃんがワイングラスを持ってる。乾杯的な意味。コレ1個しかない。ポロシャツとかグッズを色々出していた。キャディーバッグはこれしか作らなかった」などと話し松岡充さんが「それぐらい愛用されている。ずっとあったから捨てへんのかな?」などと話した。


国道1号線

博多大吉があかつのゴミ拾い企画第3弾をプレゼン、これまで第1弾では「国道1号線に落ちている服を拾いながら歩いたら名古屋くらいで全身揃う説」、第2弾では「花見のゴミを集めて桜前線と共に北上すればそのゴミで作った船で津軽海峡渡れる説」に挑戦している。第3弾はあかつが「ポイ捨てタバコのフィルターを拾いながら歩いたら名古屋くらいでそばがら的なマクラ完成する説」を検証する。松本人志は浜田雅功が火の付いた状態で人に投げているのをよく見ると話した。


横浜高校

90年代の横浜高校野球部に存在した、数々の禁止事項の中から一部を紹介。1つ目は味付け禁止。上地雄輔によると、合宿所に入った1年生は、サラダにドレッシングなどをつけることが一切できなかったという。飲み物も飲んではいけなかったという。多村仁志は当時、人の目を盗んで池の水を飲んでいたと話した。上地は便所の水を飲んでいたと話した。また、監督の話を聞く時は直立不動が求められたとのこと。浜田雅功の母校では、先生から目線をそらした瞬間にグーパンチが浴びせられたという。上地雄輔は、1年生のときは夏でも扇風機の風を浴びることが許されていなかったと話した。この様なルールは上地の1つ下、松坂の世代からなくなったという。また、横浜高校は2020年4月から共学になるとのこと。


埼玉栄高校

各校の独自ルールを紹介。埼玉栄高校体操部の独自ルールは「ふらつくの禁止」。体操部では宙返りの着地止めに失敗した人数分だけ、練習量が増えるというルールがあるという。浜田雅功はこの話をした加藤凌平の声の小ささに注目。「田村正和みたいな感じやな」と指摘した。