ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「浜離宮恩賜庭園」の検索結果

「浜離宮恩賜庭園」に関連する情報 1079件中 1〜10件目

浜離宮恩賜庭園

今日東京都心の気温は9月中旬並みの27.7℃と30℃を下回った。浅草ではかき氷ではなくメロンパンの方に列ができていた。熊谷市でも最高気温は28.4℃。長野県志賀高原では初霜が見られた。野辺山では最低気温が4.2℃を記録。全国125地点で8月の観測史上最低の気温を記録した。来週には各地で全国的に猛暑日になるところもある見込み。


第六台場

なぜウミネコが都心に現れるようになったのか。いくつか説があるが、1つには東日本大震災が影響しているとみられ、実際に2011年には東京・台東区で繁殖する姿が確認されているという。また、1990年代に上野動物園でウミネコを保護して野生に返したが、居心地が良かったのか不忍池に戻ってきてしまったという説も。専門家は「ウミネコの天敵であるカラスがいない、餌が豊富、夜も活動できる、など、ウミネコにとって東京は住みやすい環境とも言える」と推測している。台東区では2013年に苦情が100件以上寄せられたためネットを張るなど対策を行ったところ、2015年には苦情が数件にまで激減。その一方で江東区では2015年に33件苦情が寄せられる事態になり、対策をしてもいたちごっことなっている可能性が。過去に浜離宮恩賜庭園でカワウが大繁殖した際第六台場にカワウの模型を設置するなどし生息地を移動することに成功しているが、ウミネコでも成功するかはやってみないと分からないという。


浜離宮恩賜庭園

なぜウミネコが都心に現れるようになったのか。いくつか説があるが、1つには東日本大震災が影響しているとみられ、実際に2011年には東京・台東区で繁殖する姿が確認されているという。また、1990年代に上野動物園でウミネコを保護して野生に返したが、居心地が良かったのか不忍池に戻ってきてしまったという説も。専門家は「ウミネコの天敵であるカラスがいない、餌が豊富、夜も活動できる、など、ウミネコにとって東京は住みやすい環境とも言える」と推測している。台東区では2013年に苦情が100件以上寄せられたためネットを張るなど対策を行ったところ、2015年には苦情が数件にまで激減。その一方で江東区では2015年に33件苦情が寄せられる事態になり、対策をしてもいたちごっことなっている可能性が。過去に浜離宮恩賜庭園でカワウが大繁殖した際第六台場にカワウの模型を設置するなどし生息地を移動することに成功しているが、ウミネコでも成功するかはやってみないと分からないという。


上野動物園

なぜウミネコが都心に現れるようになったのか。いくつか説があるが、1つには東日本大震災が影響しているとみられ、実際に2011年には東京・台東区で繁殖する姿が確認されているという。また、1990年代に上野動物園でウミネコを保護して野生に返したが、居心地が良かったのか不忍池に戻ってきてしまったという説も。専門家は「ウミネコの天敵であるカラスがいない、餌が豊富、夜も活動できる、など、ウミネコにとって東京は住みやすい環境とも言える」と推測している。台東区では2013年に苦情が100件以上寄せられたためネットを張るなど対策を行ったところ、2015年には苦情が数件にまで激減。その一方で江東区では2015年に33件苦情が寄せられる事態になり、対策をしてもいたちごっことなっている可能性が。過去に浜離宮恩賜庭園でカワウが大繁殖した際第六台場にカワウの模型を設置するなどし生息地を移動することに成功しているが、ウミネコでも成功するかはやってみないと分からないという。


ウミネコ

東京・墨田区などで住民を悩ませるウミネコ。昼夜かまわず鳴く声に加えフンの被害も深刻。江東区によるとウミネコが増え始めたのは3年前からだという。本来海辺などに生息するが、江東区の海岸にはウミネコの姿は見えない。ウミネコはマンションの屋上に巣を作っている。なぜウミネコが住宅街で繁殖しているのか。

都内ビルなどでウミネコが大繁殖する事態が起きている。ウミネコは体長47センチ、カモメは45センチ。くちばしの色がウミネコは赤黒でカモメは黄色。鳴き声も異なりウミネコは「みゃーみゃー」と低め、カモメは「きゅーきゅー」と高めの声を出す。ウミネコは年中見られ、カモメは冬にしか見られない。ウミネコは日本全国の沿岸に住み岩礁や断崖絶壁がある島など人の居住地から離れた場所。主に東北地方や東京では伊豆諸島があげられる。今回都心のビル屋上で繁殖している。

なぜウミネコが都心に現れるようになったのか。いくつか説があるが、1つには東日本大震災が影響しているとみられ、実際に2011年には東京・台東区で繁殖する姿が確認されているという。また、1990年代に上野動物園でウミネコを保護して野生に返したが、居心地が良かったのか不忍池に戻ってきてしまったという説も。専門家は「ウミネコの天敵であるカラスがいない、餌が豊富、夜も活動できる、など、ウミネコにとって東京は住みやすい環境とも言える」と推測している。台東区では2013年に苦情が100件以上寄せられたためネットを張るなど対策を行ったところ、2015年には苦情が数件にまで激減。その一方で江東区では2015年に33件苦情が寄せられる事態になり、対策をしてもいたちごっことなっている可能性が。過去に浜離宮恩賜庭園でカワウが大繁殖した際第六台場にカワウの模型を設置するなどし生息地を移動することに成功しているが、ウミネコでも成功するかはやってみないと分からないという。


第六台場

大田原市によると鳥獣保護管理法によって住居近くで猟銃を使用することができず、野生の鳥を捕獲することはできない。市は音波装置を設置したが、天敵のカラスが減ってしまいサギの増殖に繋がってしまったという。かつて東京の浜離宮恩賜庭園でもサギが繁殖し被害がでていたが、巣を枝ごと回収、木に縄をはり、第六台場に回収した巣の設置、模型を設置するなどしたところサギは生息地を第六台場に変更したという。大田原市の雑木林は防風林なので切断することは難しいという。


浜離宮

大田原市によると鳥獣保護管理法によって住居近くで猟銃を使用することができず、野生の鳥を捕獲することはできない。市は音波装置を設置したが、天敵のカラスが減ってしまいサギの増殖に繋がってしまったという。かつて東京の浜離宮恩賜庭園でもサギが繁殖し被害がでていたが、巣を枝ごと回収、木に縄をはり、第六台場に回収した巣の設置、模型を設置するなどしたところサギは生息地を第六台場に変更したという。大田原市の雑木林は防風林なので切断することは難しいという。


カラス

栃木県大田原市では雑木林に増え続けるサギが深刻な問題となっている。雑木林に近付いてみると、鼻をつくような悪臭、カラスなどに襲われ死骸となったサギがニオイを放つという。さらに24時間聞こえてくるという鳴き声による騒音。サギは8年ぐらい前から増え始めていて、アオサギなど5種類が生息しているという。雑木林を真上から見ると無数の灰色の部分が、これは全てサギが作った巣が。なぜサギは住宅街で増加したのか。専門家によるとこの時期サギの行動は活発になるという。エサを求めるサギは雑木林近くの養魚場でサケやマスを食べてしまうという。池をネットで覆うのにはコストがかかり現実的には難しいという。市の担当者は餌場となる田んぼや川が近くサギが棲みやすい環境がそろったためサギが増えたのではないかと話している。

大田原市によると鳥獣保護管理法によって住居近くで猟銃を使用することができず、野生の鳥を捕獲することはできない。市は音波装置を設置したが、天敵のカラスが減ってしまいサギの増殖に繋がってしまったという。かつて東京の浜離宮恩賜庭園でもサギが繁殖し被害がでていたが、巣を枝ごと回収、木に縄をはり、第六台場に回収した巣の設置、模型を設置するなどしたところサギは生息地を第六台場に変更したという。大田原市の雑木林は防風林なので切断することは難しいという。


サギ

住宅街の雑木林で群れをなす全長2メートルの羽根をもつ白い鳥はサギ。飛び立とうとするヒナの姿も。その数は300羽。強烈な悪臭や鳴き声、糞に住民は悩まされている。

栃木県大田原市では雑木林に増え続けるサギが深刻な問題となっている。雑木林に近付いてみると、鼻をつくような悪臭、カラスなどに襲われ死骸となったサギがニオイを放つという。さらに24時間聞こえてくるという鳴き声による騒音。サギは8年ぐらい前から増え始めていて、アオサギなど5種類が生息しているという。雑木林を真上から見ると無数の灰色の部分が、これは全てサギが作った巣が。なぜサギは住宅街で増加したのか。専門家によるとこの時期サギの行動は活発になるという。エサを求めるサギは雑木林近くの養魚場でサケやマスを食べてしまうという。池をネットで覆うのにはコストがかかり現実的には難しいという。市の担当者は餌場となる田んぼや川が近くサギが棲みやすい環境がそろったためサギが増えたのではないかと話している。

大田原市によると鳥獣保護管理法によって住居近くで猟銃を使用することができず、野生の鳥を捕獲することはできない。市は音波装置を設置したが、天敵のカラスが減ってしまいサギの増殖に繋がってしまったという。かつて東京の浜離宮恩賜庭園でもサギが繁殖し被害がでていたが、巣を枝ごと回収、木に縄をはり、第六台場に回収した巣の設置、模型を設置するなどしたところサギは生息地を第六台場に変更したという。大田原市の雑木林は防風林なので切断することは難しいという。


浜離宮恩賜庭園

草野仁たちは隅田川を進み、勝鬨橋などを通過。勝鬨橋は昭和15年の完成当時、大型船舶の往来があったため、1日に5回中央部が開いていた。昭和45年以降は閉じたままとなっている。また、浜離宮恩賜庭園は江戸時代、甲府藩の屋敷だった。明治時代に皇室所有になり、浜離宮と呼ばれるようになり、戦後は東京都の管理下となった。潮入の池は都内唯一の海水の池で、東京湾の潮位により水門を開閉して調節している。浜離宮は水門から船で入ることが可能。