ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「清正井」の検索結果

「清正井」に関連する情報 158件中 1〜10件目

名古屋城

次は森の中にある清正井へ。境内の森は約70万平方メートルと東京ドーム15個分とも言われ、そのほとんどが人の手で作られたもの。創建当時は畑や荒れ地が広がっていた。そこで明治神宮をお祀りするのにふさわしい森に、と100年150年先を見越して全国から寄贈された10万本の木を植樹。現在では約3000種の生き物が生息する奇跡の杜に。写真撮影する人が絶えないという清正井。この井戸は江戸時代、熊本城・名古屋城の築城に携わり、土木の神様と称されていた武将・加藤清正が掘ったと言われ、創建される以前より水がわき続けている井戸。写真を携帯の待ち受けにすると心身浄化の御利益を授かれるとも。水温は四季を通して約15℃。伊藤さんは早速写真撮影し待ち受け画面に設置。


熊本城

次は森の中にある清正井へ。境内の森は約70万平方メートルと東京ドーム15個分とも言われ、そのほとんどが人の手で作られたもの。創建当時は畑や荒れ地が広がっていた。そこで明治神宮をお祀りするのにふさわしい森に、と100年150年先を見越して全国から寄贈された10万本の木を植樹。現在では約3000種の生き物が生息する奇跡の杜に。写真撮影する人が絶えないという清正井。この井戸は江戸時代、熊本城・名古屋城の築城に携わり、土木の神様と称されていた武将・加藤清正が掘ったと言われ、創建される以前より水がわき続けている井戸。写真を携帯の待ち受けにすると心身浄化の御利益を授かれるとも。水温は四季を通して約15℃。伊藤さんは早速写真撮影し待ち受け画面に設置。


東京ドーム

次は森の中にある清正井へ。境内の森は約70万平方メートルと東京ドーム15個分とも言われ、そのほとんどが人の手で作られたもの。創建当時は畑や荒れ地が広がっていた。そこで明治神宮をお祀りするのにふさわしい森に、と100年150年先を見越して全国から寄贈された10万本の木を植樹。現在では約3000種の生き物が生息する奇跡の杜に。写真撮影する人が絶えないという清正井。この井戸は江戸時代、熊本城・名古屋城の築城に携わり、土木の神様と称されていた武将・加藤清正が掘ったと言われ、創建される以前より水がわき続けている井戸。写真を携帯の待ち受けにすると心身浄化の御利益を授かれるとも。水温は四季を通して約15℃。伊藤さんは早速写真撮影し待ち受け画面に設置。


清正井

初詣参拝者数日本一、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンでは三ツ星観光地に認定され、2020年に創設100周年を迎える東京・明治神宮。母が神職でかなりの神社通の伊藤かずえさんによると2本目の横棒が縦の柱から横に突き出ているものは神とそれ以外を祀った神社で、そうでないものは神のみを祀る神社だという(諸説あり)。明治神宮は境内である森全体がパワースポット。高さ約12mの大鳥居は樹齢約1500年の木で造営。携帯の待受写真にすると運気がアップする清正井(きよまさのいど)もある。御祭神として明治天皇と昭憲皇太后が祀られ、御神徳として世界平和、家内安全、御夫婦であったお2人にあやかって良縁、夫婦円満。さらには自然のパワー、心身浄化、長寿、金運アップなどのご利益が得られる。

次は森の中にある清正井へ。境内の森は約70万平方メートルと東京ドーム15個分とも言われ、そのほとんどが人の手で作られたもの。創建当時は畑や荒れ地が広がっていた。そこで明治神宮をお祀りするのにふさわしい森に、と100年150年先を見越して全国から寄贈された10万本の木を植樹。現在では約3000種の生き物が生息する奇跡の杜に。写真撮影する人が絶えないという清正井。この井戸は江戸時代、熊本城・名古屋城の築城に携わり、土木の神様と称されていた武将・加藤清正が掘ったと言われ、創建される以前より水がわき続けている井戸。写真を携帯の待ち受けにすると心身浄化の御利益を授かれるとも。水温は四季を通して約15℃。伊藤さんは早速写真撮影し待ち受け画面に設置。


「清正井」に関連する本・コミック・雑誌

ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン

初詣参拝者数日本一、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンでは三ツ星観光地に認定され、2020年に創設100周年を迎える東京・明治神宮。母が神職でかなりの神社通の伊藤かずえさんによると2本目の横棒が縦の柱から横に突き出ているものは神とそれ以外を祀った神社で、そうでないものは神のみを祀る神社だという(諸説あり)。明治神宮は境内である森全体がパワースポット。高さ約12mの大鳥居は樹齢約1500年の木で造営。携帯の待受写真にすると運気がアップする清正井(きよまさのいど)もある。御祭神として明治天皇と昭憲皇太后が祀られ、御神徳として世界平和、家内安全、御夫婦であったお2人にあやかって良縁、夫婦円満。さらには自然のパワー、心身浄化、長寿、金運アップなどのご利益が得られる。


明治神宮

初詣参拝者数日本一、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンでは三ツ星観光地に認定され、2020年に創設100周年を迎える東京・明治神宮。母が神職でかなりの神社通の伊藤かずえさんによると2本目の横棒が縦の柱から横に突き出ているものは神とそれ以外を祀った神社で、そうでないものは神のみを祀る神社だという(諸説あり)。明治神宮は境内である森全体がパワースポット。高さ約12mの大鳥居は樹齢約1500年の木で造営。携帯の待受写真にすると運気がアップする清正井(きよまさのいど)もある。御祭神として明治天皇と昭憲皇太后が祀られ、御神徳として世界平和、家内安全、御夫婦であったお2人にあやかって良縁、夫婦円満。さらには自然のパワー、心身浄化、長寿、金運アップなどのご利益が得られる。

3人は明治神宮の参道を歩く。曲がり角は88℃になっていて、8は漢字で「八」となり、末広がりで縁起が良いというところから来ている。伊藤さんによると、喪中の人は鳥居をくぐってはいけない。鳥居の外側を通った方が良いという(諸説あり)。鎮座100周年を2020年に迎える明治神宮。拝殿の奥に見えるのが仮殿。本殿の修復に伴い、御神体は仮殿へ移される。「仮殿遷座祭」とは2020年の鎮座100周年に向けて修復工事中の本殿から仮殿に御神体をお還しする儀式。来年夏頃に本殿へ再度お還しする。本殿の修復が終わる来年の夏ごろまでは仮殿に向かって参拝する。厄除け、商売繁昌、学業成就など様々な願意から1つ選び、神楽殿の奉納とともに祈願できる祈願祭の申し込みもできる。

境内にある「夫婦楠」は縁結び、夫婦円満、家内安全の象徴となっている楠。仲睦まじかった明治天皇と昭憲皇太后にあやかって植えられた。御祭神の夫婦円満にあやかった2本の御神木に参拝することで御利益を授かれるとも。社殿で参拝をすませた後、夫婦楠の間から見える社殿に向かって参拝するのが良いとされている。伊藤さんは良縁を、ガレッジセールは夫婦円満を祈願。境内で買える「相和守」は2本の夫婦楠にあやかって2つに分かれていて、夫婦・カップルで1つずつ、独身の方は将来の相手に渡せるよう持っておくとOK。3人がおみくじの大御心を引くと、明治神宮のおみくじは和歌が書いてある。明治神宮は約10万首、昭憲皇太后は約3万首の和歌を嗜まれていた。大御心では15首ずつ30首をおみくじとしている。おみくじには人生の指針となる和歌が記されている。

次は森の中にある清正井へ。境内の森は約70万平方メートルと東京ドーム15個分とも言われ、そのほとんどが人の手で作られたもの。創建当時は畑や荒れ地が広がっていた。そこで明治神宮をお祀りするのにふさわしい森に、と100年150年先を見越して全国から寄贈された10万本の木を植樹。現在では約3000種の生き物が生息する奇跡の杜に。写真撮影する人が絶えないという清正井。この井戸は江戸時代、熊本城・名古屋城の築城に携わり、土木の神様と称されていた武将・加藤清正が掘ったと言われ、創建される以前より水がわき続けている井戸。写真を携帯の待ち受けにすると心身浄化の御利益を授かれるとも。水温は四季を通して約15℃。伊藤さんは早速写真撮影し待ち受け画面に設置。

続いては本殿北側にあるパワースポットへ。本殿北側にある芝地にある大きい石は長寿や金運、幸運の象徴である亀が象られた亀石があった。触るとその御利益を授かれるとも。この旅で一行は71体目の御朱印を手に入れた。明治神宮へはJR山手線・原宿駅から徒歩3分でアクセスできる。

明治神宮について佐野史郎さんは「亀石とか知らなかった」、ゴリは「あそこまで大きいことを案外皆知らないみたい」など述べた。


隔雲亭

明治神宮は、明治天皇と昭憲皇太后を祀るためにつくられた。昭憲皇太后は1849年に一条家の三女として京都で誕生。その後、3歳年下の明治天皇と結婚した。じつは、京都の世俗が年齢差を嫌っていて、皇太后は縁起の悪い3歳差を避け、2年間18歳とした。身長140cmほどと小柄で、病弱だった。そこで天皇は皇后のために明治神宮御苑をつくった。清正井はパワースポットとして人気だ。隔雲亭では四季を感じて休息し、釣りも楽しんだ。互いに支え合い、近代化を目指した2人は、和装から洋装へ。皇后の特注ドレスは総額13万円。当時小学校教員の初任給は10円未満だった。また、煙草も嗜んだ。愛用した御煙草盆や、煙草を詠んだ和歌(身のためにならずとすれどとにかくにとりやめがたき煙ぐさかな)も残っている。昭憲皇太后は64歳で崩御。


清正井

明治神宮は、明治天皇と昭憲皇太后を祀るためにつくられた。昭憲皇太后は1849年に一条家の三女として京都で誕生。その後、3歳年下の明治天皇と結婚した。じつは、京都の世俗が年齢差を嫌っていて、皇太后は縁起の悪い3歳差を避け、2年間18歳とした。身長140cmほどと小柄で、病弱だった。そこで天皇は皇后のために明治神宮御苑をつくった。清正井はパワースポットとして人気だ。隔雲亭では四季を感じて休息し、釣りも楽しんだ。互いに支え合い、近代化を目指した2人は、和装から洋装へ。皇后の特注ドレスは総額13万円。当時小学校教員の初任給は10円未満だった。また、煙草も嗜んだ。愛用した御煙草盆や、煙草を詠んだ和歌(身のためにならずとすれどとにかくにとりやめがたき煙ぐさかな)も残っている。昭憲皇太后は64歳で崩御。


明治神宮御苑

明治神宮は、明治天皇と昭憲皇太后を祀るためにつくられた。昭憲皇太后は1849年に一条家の三女として京都で誕生。その後、3歳年下の明治天皇と結婚した。じつは、京都の世俗が年齢差を嫌っていて、皇太后は縁起の悪い3歳差を避け、2年間18歳とした。身長140cmほどと小柄で、病弱だった。そこで天皇は皇后のために明治神宮御苑をつくった。清正井はパワースポットとして人気だ。隔雲亭では四季を感じて休息し、釣りも楽しんだ。互いに支え合い、近代化を目指した2人は、和装から洋装へ。皇后の特注ドレスは総額13万円。当時小学校教員の初任給は10円未満だった。また、煙草も嗜んだ。愛用した御煙草盆や、煙草を詠んだ和歌(身のためにならずとすれどとにかくにとりやめがたき煙ぐさかな)も残っている。昭憲皇太后は64歳で崩御。


明治神宮

明治神宮は、明治天皇と昭憲皇太后を祀るためにつくられた。昭憲皇太后は1849年に一条家の三女として京都で誕生。その後、3歳年下の明治天皇と結婚した。じつは、京都の世俗が年齢差を嫌っていて、皇太后は縁起の悪い3歳差を避け、2年間18歳とした。身長140cmほどと小柄で、病弱だった。そこで天皇は皇后のために明治神宮御苑をつくった。清正井はパワースポットとして人気だ。隔雲亭では四季を感じて休息し、釣りも楽しんだ。互いに支え合い、近代化を目指した2人は、和装から洋装へ。皇后の特注ドレスは総額13万円。当時小学校教員の初任給は10円未満だった。また、煙草も嗜んだ。愛用した御煙草盆や、煙草を詠んだ和歌(身のためにならずとすれどとにかくにとりやめがたき煙ぐさかな)も残っている。昭憲皇太后は64歳で崩御。