ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「渡る世間は鬼ばかり」の検索結果

「渡る世間は鬼ばかり」に関連する情報 1644件中 1〜10件目

「渡る世間は鬼ばかり」に関連する映画・DVD

ペコロスの母に会いに行く

赤木は1924年、満州鉄道の医者の娘として生まれた。9歳で京都に戻ると16歳で女優デビュー、48歳でドラマ「藍より青く」、55歳で「3年B組金八先生」、66歳で「渡る世間は鬼ばかり」と大ヒット作品に恵まれた。88歳で映画「ペコロスの母に会いに行く」の主演、世界最高齢での主演映画女優としてギネスに認定された。プライベートでは24歳で結婚、女優業が忙しく家をあけることが多かったが料理・家事をさらりとこなしていた。1991年に夫を肺がんで亡くした後も女優を続けてきた。


日本テレビ

1990年代の取材映像には芸能人同士のおしどり夫婦や80年代に活躍したトップアイドル、演歌歌手・三波春夫の姿などがあった。この時期は空港取材の全盛期。中には当時爆発的ヒットを飛ばしていたDJ KOOや「渡る世間は鬼ばかり」の赤木春恵・泉ピン子なども取材を受けていた。日本テレビが空港取材が始まったのは1980年代半ばのこと。当時の貴重映像が残されていた。


心不全

女優 赤木春恵さん 94歳 11月29日 心不全で没。「渡る世間は鬼ばかり」の姑役、「3年B組金八先生」の校長役など多くのドラマで活躍した。


週刊女性

11月に亡くなった赤木春恵さんについて公私ともに付き合いのあった「渡る世間は鬼ばかり」の脚本家橋田壽賀子さんと「3年B組金八先生」の脚本家小山内美江子さんはプライベートで旅行に出かけることもあったという。二人は赤木さんが亡くなった今でも顔を出すように思えるという。明るい声で笑いすごく救われる、愚痴さえも明るい文句さえも明るい屈託がない人だったと二人は赤木さんを語った。赤木さんのそういった性格があったから姑の役が生まれ、赤木さんがやると憎めないことに救われたという。


心不全

大阪万博の開催決定や大谷選手の新人王獲得などの嬉しいニュースの一方で芸能界では「渡る世間は鬼ばかり」の姑役などを演じた赤木春恵さんが心不全で亡くなった。3年前の取材の際には既に女優業から遠ざかっており、いまは普通の自分でありたい。役者とは思っていない、などと語った。そんな赤木さんの素顔を知る人物は赤木さんについて愚痴さえも明るいなどと語った。


「渡る世間は鬼ばかり」に関連するイベント情報

国際博覧会2025

大阪万博の開催決定や大谷選手の新人王獲得などの嬉しいニュースの一方で芸能界では「渡る世間は鬼ばかり」の姑役などを演じた赤木春恵さんが心不全で亡くなった。3年前の取材の際には既に女優業から遠ざかっており、いまは普通の自分でありたい。役者とは思っていない、などと語った。そんな赤木さんの素顔を知る人物は赤木さんについて愚痴さえも明るいなどと語った。


「渡る世間は鬼ばかり」に関連するグルメ情報

キムチ鍋

本日の昼めし旅は、白菜産地の茨城県・八千代町でご飯調査。県の南西部にあり、古くから農業がさかんで白菜は日本一の生産量を誇る。今回八千代町でご飯調査するのは「渡る世間は鬼ばかり」に出演していた野村真美さん。


「渡る世間は鬼ばかり」に関連するグルメ情報

白菜

本日の昼めし旅は、白菜産地の茨城県・八千代町でご飯調査。県の南西部にあり、古くから農業がさかんで白菜は日本一の生産量を誇る。今回八千代町でご飯調査するのは「渡る世間は鬼ばかり」に出演していた野村真美さん。

ご飯調査をスタートししばらくすると、白菜の収穫をしている農家さんを発見、声をかけるが日本語がわからないベトナム人で話がきけず。

このあと!鮭の旨味がたっぷり!白菜のぽかぽか鍋。


「渡る世間は鬼ばかり」に関連する映画・DVD

ペコロスの母に会いに行く

姑役が誰よりも似合っていた女優の赤木春恵さん。「渡る世間は鬼ばかり」の熱演がゆえ、意地悪な姑のイメージが世間に定着した。しかし実際はその真逆で誰に対しても優しく、役者仲間からは「お母さん」などと慕われて愛され続けてきた。2013年には映画「ペコロスの母に会いに行く」で女優人生初の主演を務め、世界最高齢での映画初主演女優としてギネス記録にも認定された。


「渡る世間は鬼ばかり」に関連するイベント情報

渡る世間は鬼ばかり

今年2人もドラマで共演した赤木春恵さんが亡くなった。赤木春恵さんについて中田喜子は「面倒見が良くて優しい人で料理上手だった」と話した。渡る世間は鬼ばかりの舞台を行ったとき、森光子が1人で舞台を見に来た。赤木春恵さんの楽屋に行ってから出演者それぞれの楽屋に来たのでびっくりした。赤木春恵さんの告別式の映像が流れた。