ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「渡辺和洋」の検索結果

「渡辺和洋」に関連する情報 611件中 1〜10件目

Twitter #フジ批評

渡辺和洋、山中章子が挨拶した。ゲストに速水健朗を紹介した。また渡辺は、ジャーナリストのジョナサン・ソーブルを迎えて外国人ジャーナリストから見た日本のメディアというテーマで速水と対談してもらうと紹介した。速水は「単純に聞きたい。芸能人報道とかをどう見ているのかなどを話しできれば」と話した。山中は視聴者に対してTwitterへの意見・感想投稿を募った。


ニューヨーク・タイムズ

渡辺和洋、山中章子が挨拶した。ゲストに速水健朗を紹介した。また渡辺は、ジャーナリストのジョナサン・ソーブルを迎えて外国人ジャーナリストから見た日本のメディアというテーマで速水と対談してもらうと紹介した。速水は「単純に聞きたい。芸能人報道とかをどう見ているのかなどを話しできれば」と話した。山中は視聴者に対してTwitterへの意見・感想投稿を募った。


フィナンシャル・タイムズ

渡辺和洋、山中章子が挨拶した。ゲストに速水健朗を紹介した。また渡辺は、ジャーナリストのジョナサン・ソーブルを迎えて外国人ジャーナリストから見た日本のメディアというテーマで速水と対談してもらうと紹介した。速水は「単純に聞きたい。芸能人報道とかをどう見ているのかなどを話しできれば」と話した。山中は視聴者に対してTwitterへの意見・感想投稿を募った。


「渡辺和洋」に関連する本・コミック・雑誌

渡辺和洋、山中章子が挨拶した。ゲストに速水健朗を紹介した。また渡辺は、ジャーナリストのジョナサン・ソーブルを迎えて外国人ジャーナリストから見た日本のメディアというテーマで速水と対談してもらうと紹介した。速水は「単純に聞きたい。芸能人報道とかをどう見ているのかなどを話しできれば」と話した。山中は視聴者に対してTwitterへの意見・感想投稿を募った。

「フード左翼とフード右翼 食で分断される日本人 (朝日新書)」

Amazon.co.jp


「渡辺和洋」に関連する本・コミック・雑誌

新・日本人論。

渡辺和洋、山中章子が挨拶した。ゲストに速水健朗を紹介した。また渡辺は、ジャーナリストのジョナサン・ソーブルを迎えて外国人ジャーナリストから見た日本のメディアというテーマで速水と対談してもらうと紹介した。速水は「単純に聞きたい。芸能人報道とかをどう見ているのかなどを話しできれば」と話した。山中は視聴者に対してTwitterへの意見・感想投稿を募った。


「渡辺和洋」に関連する本・コミック・雑誌

渡辺和洋、山中章子が挨拶した。ゲストに速水健朗を紹介した。また渡辺は、ジャーナリストのジョナサン・ソーブルを迎えて外国人ジャーナリストから見た日本のメディアというテーマで速水と対談してもらうと紹介した。速水は「単純に聞きたい。芸能人報道とかをどう見ているのかなどを話しできれば」と話した。山中は視聴者に対してTwitterへの意見・感想投稿を募った。

「東京どこに住む? 住所格差と人生格差 (朝日新書)」

Amazon.co.jp


「渡辺和洋」に関連するイベント情報

技研公開2018

NHK放送技術研究所が最新の研究成果を公開する「技研公開2018」。毎年5月に開催されるこのイベントはテレビで生活がどう変わるか具体的に体験できる催し。テレビ番組への新たな参加方法、東京五輪に向けたスポーツ中継の進化、さらには久代アナのライバルとなる技術もある。

「技研公開2018」へやってきた。まずはスポーツ中継の最先端。まず久代アナが注目したのはただのスローモーションではなく、8Kの高画質映像。「8K 4倍速スローモーションシステム」は毎秒60コマの高画質映像で滑らかなスロー再生が可能で今回のサッカーW杯ロシア大会でも活躍予定。続いては去年のあったというもの。去年がカメラ4台だったところ、今年は16台になっていた。「Sports 4D Motion」は3D映像に加え時間の観点からも解析。マルチアングルで立体的な映像を楽しめる。フェンシングは剣の先端が見づらくどちらがポイントかわかりにくかった。「ソードトレーサー」は剣の先端に反射テープが巻かれており、その動きを赤外線カメラが捉え、CG化、通常のカメラ映像と合成している。

続いてはネットを活用したテレビの新しい楽しみ方。このエリアではNHKと民放各局が共同開発。フジテレビもクイズ番組をスマホ使ってより楽しめるシステムを展示していた。続いてもテレビの新しい楽しみ方。「テレビ視聴ロボット」はテレビを一緒に見てくれるロボットだという。このロボットは番組情報を基に話しかけてくるロボットだという。

最後は久代アナのライバルになるかもしれない技術。「ロボット実況」とはロボットが実況するというもの。人間の実況ほどの「熱さ」はないものの、正確に試合の情報を実況。久代アナはその声に注目、語尾が心地良いと話した。実は試合の展開だけが空欄になった実況用の原稿が予め用意されている。その空欄に試合展開の情報を入れて、実行原稿を瞬時に完成させロボットが読み上げるという仕組み。さらに久代アナが注目した声は実況らしい声を作るような音声合成をこれのために開発して使っているという。実は「ロボット実況」はすでに平昌五輪のNHKネット配信で実績があるという。

渡辺和洋アナは「同僚だからかばうわけではないが久代さんははじめて実況中継をやったわけじゃないですか。これが実況の人間の声、あの実況は機械にはできない」と話した。久代アナは「しゃべるまでの間は変わらない」と話した。生島淳氏は「スポーツ実況は数年前までは無理だろうと思っていた。今のものだときちんと状況は伝わっていた。ただ、そこに見える人間関係とかはまだ人間のほうが優勢だと信じたい」と話した。


NHK放送技術研究所

NHK放送技術研究所が最新の研究成果を公開する「技研公開2018」。毎年5月に開催されるこのイベントはテレビで生活がどう変わるか具体的に体験できる催し。テレビ番組への新たな参加方法、東京五輪に向けたスポーツ中継の進化、さらには久代アナのライバルとなる技術もある。

「技研公開2018」へやってきた。まずはスポーツ中継の最先端。まず久代アナが注目したのはただのスローモーションではなく、8Kの高画質映像。「8K 4倍速スローモーションシステム」は毎秒60コマの高画質映像で滑らかなスロー再生が可能で今回のサッカーW杯ロシア大会でも活躍予定。続いては去年のあったというもの。去年がカメラ4台だったところ、今年は16台になっていた。「Sports 4D Motion」は3D映像に加え時間の観点からも解析。マルチアングルで立体的な映像を楽しめる。フェンシングは剣の先端が見づらくどちらがポイントかわかりにくかった。「ソードトレーサー」は剣の先端に反射テープが巻かれており、その動きを赤外線カメラが捉え、CG化、通常のカメラ映像と合成している。

続いてはネットを活用したテレビの新しい楽しみ方。このエリアではNHKと民放各局が共同開発。フジテレビもクイズ番組をスマホ使ってより楽しめるシステムを展示していた。続いてもテレビの新しい楽しみ方。「テレビ視聴ロボット」はテレビを一緒に見てくれるロボットだという。このロボットは番組情報を基に話しかけてくるロボットだという。

最後は久代アナのライバルになるかもしれない技術。「ロボット実況」とはロボットが実況するというもの。人間の実況ほどの「熱さ」はないものの、正確に試合の情報を実況。久代アナはその声に注目、語尾が心地良いと話した。実は試合の展開だけが空欄になった実況用の原稿が予め用意されている。その空欄に試合展開の情報を入れて、実行原稿を瞬時に完成させロボットが読み上げるという仕組み。さらに久代アナが注目した声は実況らしい声を作るような音声合成をこれのために開発して使っているという。実は「ロボット実況」はすでに平昌五輪のNHKネット配信で実績があるという。

渡辺和洋アナは「同僚だからかばうわけではないが久代さんははじめて実況中継をやったわけじゃないですか。これが実況の人間の声、あの実況は機械にはできない」と話した。久代アナは「しゃべるまでの間は変わらない」と話した。生島淳氏は「スポーツ実況は数年前までは無理だろうと思っていた。今のものだときちんと状況は伝わっていた。ただ、そこに見える人間関係とかはまだ人間のほうが優勢だと信じたい」と話した。


京成成田駅

川豊に足を運んだ澤部たち。このお店は、参道きっての名店となっている。上白焼を試食した大和田はうなぎもやっぱり魚だったんだねとコメントした。次に上うな重を試食した澤部は、うまいと絶賛。中村は香ばしさもあるのにふわふわ、後半頑張れそうなどとコメントした。店員に電車の時刻を聞き、佐倉に向かうことに。お会計はじゃんけんで負けた渡辺和洋が担当することに。


「渡辺和洋」に関連するグルメ情報

上うな重

川豊に足を運んだ澤部たち。このお店は、参道きっての名店となっている。上白焼を試食した大和田はうなぎもやっぱり魚だったんだねとコメントした。次に上うな重を試食した澤部は、うまいと絶賛。中村は香ばしさもあるのにふわふわ、後半頑張れそうなどとコメントした。店員に電車の時刻を聞き、佐倉に向かうことに。お会計はじゃんけんで負けた渡辺和洋が担当することに。