ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「満留賀」の検索結果

「満留賀」に関連する情報 93件中 1〜10件目

肺がん

竹本伸之さんに息子も生まれやる気になっていた時、医者から過敏性肺炎を宣告された。アレルゲンの吸入により肺の中の肺胞などに炎症が生じ、発熱、えき、呼吸困難などの症状が現れる。軽い症状が長く続くと線維化し肺胞が固まる。肺がんを併発する危険性も高まる。ゴーグルで完全防備したつもりでが細かい粉は隙間から入り込み長い時間をかけて体を蝕んでいた。医者からそばに近付かないよう言われたが妻と子どもを守るため働き続けた。そして2016年6月24日、113年の歴史に幕を下ろした。一線は退いたが現在は全国の満留賀の組合員として日本のそばを守っている。


過敏性肺炎

竹本伸之さんに息子も生まれやる気になっていた時、医者から過敏性肺炎を宣告された。アレルゲンの吸入により肺の中の肺胞などに炎症が生じ、発熱、えき、呼吸困難などの症状が現れる。軽い症状が長く続くと線維化し肺胞が固まる。肺がんを併発する危険性も高まる。ゴーグルで完全防備したつもりでが細かい粉は隙間から入り込み長い時間をかけて体を蝕んでいた。医者からそばに近付かないよう言われたが妻と子どもを守るため働き続けた。そして2016年6月24日、113年の歴史に幕を下ろした。一線は退いたが現在は全国の満留賀の組合員として日本のそばを守っている。


「満留賀」に関連するレストラン・飲食店

竹本伸之さんに息子も生まれやる気になっていた時、医者から過敏性肺炎を宣告された。アレルゲンの吸入により肺の中の肺胞などに炎症が生じ、発熱、えき、呼吸困難などの症状が現れる。軽い症状が長く続くと線維化し肺胞が固まる。肺がんを併発する危険性も高まる。ゴーグルで完全防備したつもりでが細かい粉は隙間から入り込み長い時間をかけて体を蝕んでいた。医者からそばに近付かないよう言われたが妻と子どもを守るため働き続けた。そして2016年6月24日、113年の歴史に幕を下ろした。一線は退いたが現在は全国の満留賀の組合員として日本のそばを守っている。

 (そば、うどん)

アナフィラキシーショック

竹本伸之さんの実家「内神田 満留賀」は明治36年創業の老舗そば屋。小さい頃からそばを食べて育ってきたがそばアレルギーの症状が出た事はなかった。調理師専門学校や和食の店で修行を積み26歳で店を継ぐ事を決意していた。働き始めたその日、父親からそばの作り方を教わっているとくしゃみが止まらなくなったので病院に駆け込んだ。そこでそばアレルギーだと診断された。そばアレルギーはそば粉に含まれるたんぱく質が原因で免疫機能が過剰反応を起こす状態。そばの抗原は細胞と反応しやすい性質を持つため少量でもアナフィラキシーショックを誘発する危険がある。竹本さんはそば以外考えられないためそばと闘う決意をした。しかし、そば粉に対するアレルギー反応でまぶたが赤く腫れるようになった。そこでマスクとゴーグルを付けてそば作りをするが腕にもアレルギーの症状が出始めたため手袋も付けるようになった。大みそかの年越しそばの大量発注では体調を崩しながらもつらい時期を乗り越えた。そして、休日はわかりやすいほど体調がよくなった。こうしてそばと闘い続けた竹本さんは晴れて4代目店主となった。


「満留賀」に関連するレストラン・飲食店

竹本伸之さんの実家「内神田 満留賀」は明治36年創業の老舗そば屋。小さい頃からそばを食べて育ってきたがそばアレルギーの症状が出た事はなかった。調理師専門学校や和食の店で修行を積み26歳で店を継ぐ事を決意していた。働き始めたその日、父親からそばの作り方を教わっているとくしゃみが止まらなくなったので病院に駆け込んだ。そこでそばアレルギーだと診断された。そばアレルギーはそば粉に含まれるたんぱく質が原因で免疫機能が過剰反応を起こす状態。そばの抗原は細胞と反応しやすい性質を持つため少量でもアナフィラキシーショックを誘発する危険がある。竹本さんはそば以外考えられないためそばと闘う決意をした。しかし、そば粉に対するアレルギー反応でまぶたが赤く腫れるようになった。そこでマスクとゴーグルを付けてそば作りをするが腕にもアレルギーの症状が出始めたため手袋も付けるようになった。大みそかの年越しそばの大量発注では体調を崩しながらもつらい時期を乗り越えた。そして、休日はわかりやすいほど体調がよくなった。こうしてそばと闘い続けた竹本さんは晴れて4代目店主となった。

 (そば、うどん)

そばアレルギー

20年前、竹本伸之さんはそばアレルギーだと診断された。しかし、竹本伸之の実家はそば屋だった。

竹本伸之さんの実家「内神田 満留賀」は明治36年創業の老舗そば屋。小さい頃からそばを食べて育ってきたがそばアレルギーの症状が出た事はなかった。調理師専門学校や和食の店で修行を積み26歳で店を継ぐ事を決意していた。働き始めたその日、父親からそばの作り方を教わっているとくしゃみが止まらなくなったので病院に駆け込んだ。そこでそばアレルギーだと診断された。そばアレルギーはそば粉に含まれるたんぱく質が原因で免疫機能が過剰反応を起こす状態。そばの抗原は細胞と反応しやすい性質を持つため少量でもアナフィラキシーショックを誘発する危険がある。竹本さんはそば以外考えられないためそばと闘う決意をした。しかし、そば粉に対するアレルギー反応でまぶたが赤く腫れるようになった。そこでマスクとゴーグルを付けてそば作りをするが腕にもアレルギーの症状が出始めたため手袋も付けるようになった。大みそかの年越しそばの大量発注では体調を崩しながらもつらい時期を乗り越えた。そして、休日はわかりやすいほど体調がよくなった。こうしてそばと闘い続けた竹本さんは晴れて4代目店主となった。

竹本伸之さんに息子も生まれやる気になっていた時、医者から過敏性肺炎を宣告された。アレルゲンの吸入により肺の中の肺胞などに炎症が生じ、発熱、えき、呼吸困難などの症状が現れる。軽い症状が長く続くと線維化し肺胞が固まる。肺がんを併発する危険性も高まる。ゴーグルで完全防備したつもりでが細かい粉は隙間から入り込み長い時間をかけて体を蝕んでいた。医者からそばに近付かないよう言われたが妻と子どもを守るため働き続けた。そして2016年6月24日、113年の歴史に幕を下ろした。一線は退いたが現在は全国の満留賀の組合員として日本のそばを守っている。


アレルギー

20年前、竹本伸之さんはそばアレルギーだと診断された。しかし、竹本伸之の実家はそば屋だった。

竹本伸之さんの実家「内神田 満留賀」は明治36年創業の老舗そば屋。小さい頃からそばを食べて育ってきたがそばアレルギーの症状が出た事はなかった。調理師専門学校や和食の店で修行を積み26歳で店を継ぐ事を決意していた。働き始めたその日、父親からそばの作り方を教わっているとくしゃみが止まらなくなったので病院に駆け込んだ。そこでそばアレルギーだと診断された。そばアレルギーはそば粉に含まれるたんぱく質が原因で免疫機能が過剰反応を起こす状態。そばの抗原は細胞と反応しやすい性質を持つため少量でもアナフィラキシーショックを誘発する危険がある。竹本さんはそば以外考えられないためそばと闘う決意をした。しかし、そば粉に対するアレルギー反応でまぶたが赤く腫れるようになった。そこでマスクとゴーグルを付けてそば作りをするが腕にもアレルギーの症状が出始めたため手袋も付けるようになった。大みそかの年越しそばの大量発注では体調を崩しながらもつらい時期を乗り越えた。そして、休日はわかりやすいほど体調がよくなった。こうしてそばと闘い続けた竹本さんは晴れて4代目店主となった。

ゲストが持つアレルギーの自覚症状を聞いた。田中圭の自覚症状は花粉、ハウスダスト、スパム、スイカ、メロン、高橋ひとみの自覚症状は花粉、中川大志の自覚症状は花粉、ハウスダスト、魚卵だった。

竹本伸之さんに息子も生まれやる気になっていた時、医者から過敏性肺炎を宣告された。アレルゲンの吸入により肺の中の肺胞などに炎症が生じ、発熱、えき、呼吸困難などの症状が現れる。軽い症状が長く続くと線維化し肺胞が固まる。肺がんを併発する危険性も高まる。ゴーグルで完全防備したつもりでが細かい粉は隙間から入り込み長い時間をかけて体を蝕んでいた。医者からそばに近付かないよう言われたが妻と子どもを守るため働き続けた。そして2016年6月24日、113年の歴史に幕を下ろした。一線は退いたが現在は全国の満留賀の組合員として日本のそばを守っている。

2004年4月、男性は大学卒業後、仏壇店に就職した。男性の部屋は散らかし放題だった。勤務態度は真面目で客からの評判も良かった。入社から6年、なぜか咳が出るようになった。それから何日も咳は続いた。喘息だと思い徹底的に掃除を行い羽毛布団を購入した。部屋もキレイにしたので治ると思っていたが咳は悪化した。次に食生活のせいだと野菜など多く摂るようにしたが咳は治らない。2013年11月、40度の高熱が出たため病院に運ばれた。

2013年11月、40度の高熱が出たため病院に運ばれた。熱は下がったが咳は止まらず詳しく検査をすると間質性肺炎だと判明した。肺の中にある肺胞の周辺などに炎症が起こった状態で炎症が続くと肺全体がかたくなる。肺の膨らみが悪くなり十分な呼吸ができない。原因が明らかなものとそうでないもので分類される。原因不明は突発性間質性肺炎と呼ばれ難病の特定疾患に指定されている。間質性肺炎は進行すると死に至る事もある。アレルギーだと感じた医者は、疑いのあるアレルゲンを全国の気象情報を伝えた。吸入し症状が起こるか確かめる「吸入誘発試験」を行った。

男性が持つアレルギーは鳥関連過敏性肺炎だった。鳥の羽やフンに含まれるタンパク質を吸引すると肺に炎症を起こすアレルギー性の肺炎。鳥を飼ったり羽毛布団やダウンジャケットなど羽毛を使った製品を使用したり様々な原因で発症する。すべての人が発症する訳ではない比較的珍しいアレルギーで、宮崎泰成教授は「全国でも数千人この病気になっているのではないかと思います。普通の間質性肺炎と似ているから診断が難しいと思います」と話した。この病気では鶏肉はアレルゲンにならないため、鶏肉は食べても問題はない。

男性は羽毛布団にする前から咳が酷かった。その後、鳥アレルギーと知ってから鳥のアレルゲンは小さくなった。横の隙間などから簡単に入るため一般的なマスクはあまり効果がない。冬の間電車でダウンジャケットを着た人に近づけない、鳥のフンが近くにあっても咳は出る。なぜか仏壇店でやたら咳が出る理由は鳥の羽根でできているハタキだった。入社当初は咳をしていなかったが途中から咳が出るようになった。それは、使い続けた羽根のハタキで体内で抗体ができ鳥アレルギーを発症したから。さらに羽毛布団を使った事で症状を悪化した。それから男性は外出の多い仕事場に配属させてもらった。だが、ミーティングや事務作業もあったため2016年9月に退社した。


花粉症

猫カフェ「にあにゃあ」で店長として長尾昴さんは猫好きながら、猫アレルギー。酷いときは喘息の吸入薬がないと辛いという。ちなみにもう1人いる店員さんも猫アレルギーだった。続いて、東京森林組合の生森良太さんは重度の花粉症に悩まされているが林業に従事していて、「自分が花粉症だということを忘れ、就職した」と明かした。そして、明治36年創業の満留賀が113年の歴史に幕を閉じた理由が店主の蕎麦アレルギー悪化によるものだった。畢竟、向いてなくとも好きな仕事に就職する人はいるのだった。


猫アレルギー

猫カフェ「にあにゃあ」で店長として長尾昴さんは猫好きながら、猫アレルギー。酷いときは喘息の吸入薬がないと辛いという。ちなみにもう1人いる店員さんも猫アレルギーだった。続いて、東京森林組合の生森良太さんは重度の花粉症に悩まされているが林業に従事していて、「自分が花粉症だということを忘れ、就職した」と明かした。そして、明治36年創業の満留賀が113年の歴史に幕を閉じた理由が店主の蕎麦アレルギー悪化によるものだった。畢竟、向いてなくとも好きな仕事に就職する人はいるのだった。


蕎麦アレルギー

猫カフェ「にあにゃあ」で店長として長尾昴さんは猫好きながら、猫アレルギー。酷いときは喘息の吸入薬がないと辛いという。ちなみにもう1人いる店員さんも猫アレルギーだった。続いて、東京森林組合の生森良太さんは重度の花粉症に悩まされているが林業に従事していて、「自分が花粉症だということを忘れ、就職した」と明かした。そして、明治36年創業の満留賀が113年の歴史に幕を閉じた理由が店主の蕎麦アレルギー悪化によるものだった。畢竟、向いてなくとも好きな仕事に就職する人はいるのだった。