ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「満留賀」の検索結果

「満留賀」に関連する情報 97件中 1〜10件目

「満留賀」に関連するグルメ情報

日替わりセット

純次さんは漕艇場を後にし、街中へ向かった。「ボートの学生さんサービスします」との張り紙があるそば屋「満留賀」に入ってみると、学習院大学の学生たちがいた。人気メニューは愛知県出身のご主人が作る味噌カツ丼とそばのセット。ボート部の学生には大盛り無料と菓子パンのサービス付き。学生サービスは20年近く前から始めたとのこと。


「満留賀」に関連するレストラン・飲食店

純次さんは漕艇場を後にし、街中へ向かった。「ボートの学生さんサービスします」との張り紙があるそば屋「満留賀」に入ってみると、学習院大学の学生たちがいた。人気メニューは愛知県出身のご主人が作る味噌カツ丼とそばのセット。ボート部の学生には大盛り無料と菓子パンのサービス付き。学生サービスは20年近く前から始めたとのこと。

 (そば、うどん、カレーライス)

学習院大学

戸田公園に向かうと、ボートの絵があしらわれたマンホールがあった。公園内には大きな漕艇場があった。戸田漕艇場は全長2500mで日本最大級の静水コース。全国各地から多くの選手が訪れ、日々汗を流している。両岸には22の大学と5つの実業団の合宿所および艇庫があり、ここで暮らす選手もいる。

純次さんは漕艇場を後にし、街中へ向かった。「ボートの学生さんサービスします」との張り紙があるそば屋「満留賀」に入ってみると、学習院大学の学生たちがいた。人気メニューは愛知県出身のご主人が作る味噌カツ丼とそばのセット。ボート部の学生には大盛り無料と菓子パンのサービス付き。学生サービスは20年近く前から始めたとのこと。


「満留賀」に関連するレストラン・飲食店

そば処 満留賀

半日オフのこの日は中学からの同級生と初のそば打ち体験。学校でのカレンはすごいモテていたと明かされた。チャレンジし続ける滝沢カレン、芸能界での次なる目標は女優。そのためになっている演技練習を特別に見せてもらった。


肺がん

竹本伸之さんに息子も生まれやる気になっていた時、医者から過敏性肺炎を宣告された。アレルゲンの吸入により肺の中の肺胞などに炎症が生じ、発熱、えき、呼吸困難などの症状が現れる。軽い症状が長く続くと線維化し肺胞が固まる。肺がんを併発する危険性も高まる。ゴーグルで完全防備したつもりでが細かい粉は隙間から入り込み長い時間をかけて体を蝕んでいた。医者からそばに近付かないよう言われたが妻と子どもを守るため働き続けた。そして2016年6月24日、113年の歴史に幕を下ろした。一線は退いたが現在は全国の満留賀の組合員として日本のそばを守っている。


過敏性肺炎

竹本伸之さんに息子も生まれやる気になっていた時、医者から過敏性肺炎を宣告された。アレルゲンの吸入により肺の中の肺胞などに炎症が生じ、発熱、えき、呼吸困難などの症状が現れる。軽い症状が長く続くと線維化し肺胞が固まる。肺がんを併発する危険性も高まる。ゴーグルで完全防備したつもりでが細かい粉は隙間から入り込み長い時間をかけて体を蝕んでいた。医者からそばに近付かないよう言われたが妻と子どもを守るため働き続けた。そして2016年6月24日、113年の歴史に幕を下ろした。一線は退いたが現在は全国の満留賀の組合員として日本のそばを守っている。


「満留賀」に関連するレストラン・飲食店

竹本伸之さんに息子も生まれやる気になっていた時、医者から過敏性肺炎を宣告された。アレルゲンの吸入により肺の中の肺胞などに炎症が生じ、発熱、えき、呼吸困難などの症状が現れる。軽い症状が長く続くと線維化し肺胞が固まる。肺がんを併発する危険性も高まる。ゴーグルで完全防備したつもりでが細かい粉は隙間から入り込み長い時間をかけて体を蝕んでいた。医者からそばに近付かないよう言われたが妻と子どもを守るため働き続けた。そして2016年6月24日、113年の歴史に幕を下ろした。一線は退いたが現在は全国の満留賀の組合員として日本のそばを守っている。

 (そば、うどん)

アナフィラキシーショック

竹本伸之さんの実家「内神田 満留賀」は明治36年創業の老舗そば屋。小さい頃からそばを食べて育ってきたがそばアレルギーの症状が出た事はなかった。調理師専門学校や和食の店で修行を積み26歳で店を継ぐ事を決意していた。働き始めたその日、父親からそばの作り方を教わっているとくしゃみが止まらなくなったので病院に駆け込んだ。そこでそばアレルギーだと診断された。そばアレルギーはそば粉に含まれるたんぱく質が原因で免疫機能が過剰反応を起こす状態。そばの抗原は細胞と反応しやすい性質を持つため少量でもアナフィラキシーショックを誘発する危険がある。竹本さんはそば以外考えられないためそばと闘う決意をした。しかし、そば粉に対するアレルギー反応でまぶたが赤く腫れるようになった。そこでマスクとゴーグルを付けてそば作りをするが腕にもアレルギーの症状が出始めたため手袋も付けるようになった。大みそかの年越しそばの大量発注では体調を崩しながらもつらい時期を乗り越えた。そして、休日はわかりやすいほど体調がよくなった。こうしてそばと闘い続けた竹本さんは晴れて4代目店主となった。


「満留賀」に関連するレストラン・飲食店

竹本伸之さんの実家「内神田 満留賀」は明治36年創業の老舗そば屋。小さい頃からそばを食べて育ってきたがそばアレルギーの症状が出た事はなかった。調理師専門学校や和食の店で修行を積み26歳で店を継ぐ事を決意していた。働き始めたその日、父親からそばの作り方を教わっているとくしゃみが止まらなくなったので病院に駆け込んだ。そこでそばアレルギーだと診断された。そばアレルギーはそば粉に含まれるたんぱく質が原因で免疫機能が過剰反応を起こす状態。そばの抗原は細胞と反応しやすい性質を持つため少量でもアナフィラキシーショックを誘発する危険がある。竹本さんはそば以外考えられないためそばと闘う決意をした。しかし、そば粉に対するアレルギー反応でまぶたが赤く腫れるようになった。そこでマスクとゴーグルを付けてそば作りをするが腕にもアレルギーの症状が出始めたため手袋も付けるようになった。大みそかの年越しそばの大量発注では体調を崩しながらもつらい時期を乗り越えた。そして、休日はわかりやすいほど体調がよくなった。こうしてそばと闘い続けた竹本さんは晴れて4代目店主となった。

 (そば、うどん)

そばアレルギー

20年前、竹本伸之さんはそばアレルギーだと診断された。しかし、竹本伸之の実家はそば屋だった。

竹本伸之さんの実家「内神田 満留賀」は明治36年創業の老舗そば屋。小さい頃からそばを食べて育ってきたがそばアレルギーの症状が出た事はなかった。調理師専門学校や和食の店で修行を積み26歳で店を継ぐ事を決意していた。働き始めたその日、父親からそばの作り方を教わっているとくしゃみが止まらなくなったので病院に駆け込んだ。そこでそばアレルギーだと診断された。そばアレルギーはそば粉に含まれるたんぱく質が原因で免疫機能が過剰反応を起こす状態。そばの抗原は細胞と反応しやすい性質を持つため少量でもアナフィラキシーショックを誘発する危険がある。竹本さんはそば以外考えられないためそばと闘う決意をした。しかし、そば粉に対するアレルギー反応でまぶたが赤く腫れるようになった。そこでマスクとゴーグルを付けてそば作りをするが腕にもアレルギーの症状が出始めたため手袋も付けるようになった。大みそかの年越しそばの大量発注では体調を崩しながらもつらい時期を乗り越えた。そして、休日はわかりやすいほど体調がよくなった。こうしてそばと闘い続けた竹本さんは晴れて4代目店主となった。

竹本伸之さんに息子も生まれやる気になっていた時、医者から過敏性肺炎を宣告された。アレルゲンの吸入により肺の中の肺胞などに炎症が生じ、発熱、えき、呼吸困難などの症状が現れる。軽い症状が長く続くと線維化し肺胞が固まる。肺がんを併発する危険性も高まる。ゴーグルで完全防備したつもりでが細かい粉は隙間から入り込み長い時間をかけて体を蝕んでいた。医者からそばに近付かないよう言われたが妻と子どもを守るため働き続けた。そして2016年6月24日、113年の歴史に幕を下ろした。一線は退いたが現在は全国の満留賀の組合員として日本のそばを守っている。


検索結果の絞り込み