ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「玉ねぎ」の検索結果

「玉ねぎ」に関連する情報 35397件中 1〜10件目

成城石井

第3位:「成城石井自家製 国産豚のジューシー焼売」。1度挽きした国産豚肉に淡路島産の玉ねぎを使用し、干し貝柱、しいたけ、エビで味付け。12個入りで647円。

第2位:「成城石井 ミックスナッツ大袋」。アーモンド、くるみ、カシューナッツ、マカダミアナッツの4種類が入っており、塩や油を一切使用していない。お値段は300gで1286円。


「玉ねぎ」に関連するグルメ情報

成城石井自家製 国産豚のジューシー焼売

第3位:「成城石井自家製 国産豚のジューシー焼売」。1度挽きした国産豚肉に淡路島産の玉ねぎを使用し、干し貝柱、しいたけ、エビで味付け。12個入りで647円。


「玉ねぎ」に関連するグルメ情報

エビ

両チームがゲットした食材を使い、ご飯に合うものを調理する。山田チームは中華を作る。鶏胸肉を一口大にカットし、マヨネーズを揉み込み柔らかくする。卵を鶏肉、牛肉、エビと合わせる。片栗粉を加え混ぜ合わせる。油を多めに引き薄揚げにする。玉ねぎやしいたけを炒める。ケチャップをベースにお酢で味を調え、片栗粉でとろみを加える。肉、エビ、野菜、ソースを一緒に炒める。


「玉ねぎ」に関連するグルメ情報

牛肉

両チームがゲットした食材を使い、ご飯に合うものを調理する。山田チームは中華を作る。鶏胸肉を一口大にカットし、マヨネーズを揉み込み柔らかくする。卵を鶏肉、牛肉、エビと合わせる。片栗粉を加え混ぜ合わせる。油を多めに引き薄揚げにする。玉ねぎやしいたけを炒める。ケチャップをベースにお酢で味を調え、片栗粉でとろみを加える。肉、エビ、野菜、ソースを一緒に炒める。


「玉ねぎ」に関連するグルメ情報

鶏胸肉

両チームがゲットした食材を使い、ご飯に合うものを調理する。山田チームは中華を作る。鶏胸肉を一口大にカットし、マヨネーズを揉み込み柔らかくする。卵を鶏肉、牛肉、エビと合わせる。片栗粉を加え混ぜ合わせる。油を多めに引き薄揚げにする。玉ねぎやしいたけを炒める。ケチャップをベースにお酢で味を調え、片栗粉でとろみを加える。肉、エビ、野菜、ソースを一緒に炒める。


「玉ねぎ」に関連するグルメ情報

しいたけ

両チームがゲットした食材を使い、ご飯に合うものを調理する。山田チームは中華を作る。鶏胸肉を一口大にカットし、マヨネーズを揉み込み柔らかくする。卵を鶏肉、牛肉、エビと合わせる。片栗粉を加え混ぜ合わせる。油を多めに引き薄揚げにする。玉ねぎやしいたけを炒める。ケチャップをベースにお酢で味を調え、片栗粉でとろみを加える。肉、エビ、野菜、ソースを一緒に炒める。


「玉ねぎ」に関連するグルメ情報

玉ねぎ

両チームがゲットした食材を使い、ご飯に合うものを調理する。山田チームは中華を作る。鶏胸肉を一口大にカットし、マヨネーズを揉み込み柔らかくする。卵を鶏肉、牛肉、エビと合わせる。片栗粉を加え混ぜ合わせる。油を多めに引き薄揚げにする。玉ねぎやしいたけを炒める。ケチャップをベースにお酢で味を調え、片栗粉でとろみを加える。肉、エビ、野菜、ソースを一緒に炒める。


「玉ねぎ」に関連するグルメ情報

両チームがゲットした食材を使い、ご飯に合うものを調理する。山田チームは中華を作る。鶏胸肉を一口大にカットし、マヨネーズを揉み込み柔らかくする。卵を鶏肉、牛肉、エビと合わせる。片栗粉を加え混ぜ合わせる。油を多めに引き薄揚げにする。玉ねぎやしいたけを炒める。ケチャップをベースにお酢で味を調え、片栗粉でとろみを加える。肉、エビ、野菜、ソースを一緒に炒める。


「玉ねぎ」に関連するグルメ情報

鶏肉

Q「玉ねぎを早く飴色に炒める裏技とは?」。A「冷凍庫に入れる」で山田チームが正解。玉ねぎを凍らせると水分を包む膜が破れ、その状態で加熱すると、水分がどんどんはやく飛ぶ。通常40〜50分かかるが、10分ほどに短縮される。切った状態で冷凍するとさらに早く飴色になる。ちなみに、玉ねぎと新玉ねぎの違いは、玉ねぎが収穫後日持ちを良くするために1ヶ月ほど乾燥してから出荷するするが、新玉ねぎは収穫後すぐの出荷という点。新玉ねぎが出回るのは5〜6月の収穫直後のみ。新玉ねぎは甘く、玉ねぎは辛い。


「玉ねぎ」に関連するグルメ情報

玉ねぎ

料理のテーマは「ご飯に合うもの」。山田、高橋が料理を担当する。まずはじゃがいものクイズ。「じゃがいもの芽が出るのを防ぐ方法とは?」。「りんごを置く」で高橋チームが正解。りんごから発生するエチレンガスが発芽を抑制する。ただ葉野菜はりんごと保存すると傷んでしまう。葉野菜と一緒に保存する際はポリ袋に入れるとOK。じゃがいもの芽には吐き気などを引き起こすソラニンやチャコニンが含有。処理する際は根もとや周りの皮も丁寧に取り除く必要がある。

Q「玉ねぎを早く飴色に炒める裏技とは?」。A「冷凍庫に入れる」で山田チームが正解。玉ねぎを凍らせると水分を包む膜が破れ、その状態で加熱すると、水分がどんどんはやく飛ぶ。通常40〜50分かかるが、10分ほどに短縮される。切った状態で冷凍するとさらに早く飴色になる。ちなみに、玉ねぎと新玉ねぎの違いは、玉ねぎが収穫後日持ちを良くするために1ヶ月ほど乾燥してから出荷するするが、新玉ねぎは収穫後すぐの出荷という点。新玉ねぎが出回るのは5〜6月の収穫直後のみ。新玉ねぎは甘く、玉ねぎは辛い。