ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「玉ねぎ」の検索結果

「玉ねぎ」に関連する情報 32290件中 1〜10件目

「玉ねぎ」に関連するレストラン・飲食店

1件目はコムアイ常連の「カラチの空」へ。コムアイは3ヶ月に1回のペースで来て、最後の晩餐ではココを選ぶとした。店に入ると、食材販売コーナーがあり、ハラールフードなども取り揃えている。コムアイもバスマティライスを買うとした。

常連ヤシオスタン5人と地元トーク。ほとんどが在日30年で、最年少16歳のルハンくんは在日4年目で地元の中学を卒業して現在は地元の高校に通っているとした。タモリは4年でパキスタンの高校は行けないと驚いた。

ヤシオスタンに人気のパキスタン料理を紹介。ビリヤニは炊き込みご飯で一番人気。コムアイが最後の晩餐にする料理。他には羊肉を煮込んだマトンカラヒと豆と牛肉を潰して作るハリームが出た。ルハン君はイスラム教徒なので特別に弁当にしてもらったいたとのこと。

なぜ八潮にパキスタン人が多いのか質問すると、日本に住むパキスタン人の多くは中古車輸出業者で、関東な主なオークション会場にアクセスしやすく土地代が安かったため80年代後半から、八潮にパキスタン人が住み始めた。

また、ヤシオスタンが来ている服は民族衣装のシャルワール・カミーズ。ズボンがシャルワールで上着がシャルワール。こだわりとして、アイロンがけしないとだらしないのでダメ。ひもで縛り、しわしわにして着るとした。

ピンク色のドリンクが登場。シャルバットという名前のバラのエキスで作られたシロップで、牛乳で割って飲む。ラマダンの期間中、断食があける日没後に飲むことが多い。

ヤシオスタンによるパキスタンのレア情報を伝授。「サッカーW杯公式球はパキスタン製」。パキスタンはイギリス領だった時代からスポーツ用品の生産が盛んでサッカーW杯の公式球も作っている。しかし弱いため競技人気は非常に低い。「クリケットが激熱!」パキスタンで一番人気のスポーツでヤシオスタン達は日本でチームを作り、草クリケットに熱中している。また、クリケットは3種類あり、試合時間が3時間と1日、5日間あるのがある。

「パキスタンではトラックもバスもデコが定番」。職人もいて、ドライバーたちは派手な装飾を競い合っている。また、上のスペースには空間があり、交代用の運転手が休憩する時に使う。「旅先では必ず生玉ねぎを食べる」。海外行く時はその町の生玉ねぎを食べると下痢にならない。また、ししとうを食べるとより万全。「日本人といえばアントニオ猪木」。1976年にパキスタンで試合が行われ、これで伝説の一戦となり今もパキスタン人の記憶に残っていて、2012年には猪木記念日が制定された。

パキスタンの定番スイーツ、シロップで漬けた揚げドーナツ「ジェレビ」が登場。食べた3人はすごい甘いと感想を述べた。

 (パキスタン料理、カレー(その他)、インドカレー)

「玉ねぎ」に関連するグルメ情報

ココナッツミルク

新メニュー作り2日目、林さんは具材に肉を入れることを提案した。使うのは中本定番の豚バラ肉。全体に火が通ったところで、ミャンマーでも定番野菜の玉ねぎを加える。玉ねぎが肉のうま味を引き立てるという。ボタンエビと特性のミャンマースパイス、中本特性唐辛子、ミャンマー産の唐辛子とココナッツミルクを投入し、スープが完成した。ココナッツミルクは中本の辛さも引き立たせ、ミャンマー香辛料との相性も抜群だという。


「玉ねぎ」に関連するグルメ情報

豚バラ肉

新メニュー作り2日目、林さんは具材に肉を入れることを提案した。使うのは中本定番の豚バラ肉。全体に火が通ったところで、ミャンマーでも定番野菜の玉ねぎを加える。玉ねぎが肉のうま味を引き立てるという。ボタンエビと特性のミャンマースパイス、中本特性唐辛子、ミャンマー産の唐辛子とココナッツミルクを投入し、スープが完成した。ココナッツミルクは中本の辛さも引き立たせ、ミャンマー香辛料との相性も抜群だという。


「玉ねぎ」に関連するグルメ情報

玉ねぎ

新メニュー作り2日目、林さんは具材に肉を入れることを提案した。使うのは中本定番の豚バラ肉。全体に火が通ったところで、ミャンマーでも定番野菜の玉ねぎを加える。玉ねぎが肉のうま味を引き立てるという。ボタンエビと特性のミャンマースパイス、中本特性唐辛子、ミャンマー産の唐辛子とココナッツミルクを投入し、スープが完成した。ココナッツミルクは中本の辛さも引き立たせ、ミャンマー香辛料との相性も抜群だという。


「玉ねぎ」に関連するグルメ情報

ボタンエビ

夢だった中本の新メニュー作りに挑む森崎。社長に認められれば、そのメニューは即採用される。森崎は、秘策として自前で食材を準備していた。始めに林さん指導のもとで具材炒め。赤唐辛子と青唐辛子を炒めることで、香りと辛味が激増する。続いてボタンエビを投入。ミャンマーはエビが水産物輸出の7割以上というエビ大国で、ボタンエビに中本秘伝のスープを合わせた。スープを入れてから、ミャンマー風の特製スパイスを入れて辛さと旨味を引き立てた。最後に中本の特性唐辛子を袋の3分の1入れ、スープのベースが完成した。

新メニュー作り2日目、林さんは具材に肉を入れることを提案した。使うのは中本定番の豚バラ肉。全体に火が通ったところで、ミャンマーでも定番野菜の玉ねぎを加える。玉ねぎが肉のうま味を引き立てるという。ボタンエビと特性のミャンマースパイス、中本特性唐辛子、ミャンマー産の唐辛子とココナッツミルクを投入し、スープが完成した。ココナッツミルクは中本の辛さも引き立たせ、ミャンマー香辛料との相性も抜群だという。


「玉ねぎ」に関連するグルメ情報

中本

夢だった中本の新メニュー作りに挑む森崎。社長に認められれば、そのメニューは即採用される。森崎は、秘策として自前で食材を準備していた。始めに林さん指導のもとで具材炒め。赤唐辛子と青唐辛子を炒めることで、香りと辛味が激増する。続いてボタンエビを投入。ミャンマーはエビが水産物輸出の7割以上というエビ大国で、ボタンエビに中本秘伝のスープを合わせた。スープを入れてから、ミャンマー風の特製スパイスを入れて辛さと旨味を引き立てた。最後に中本の特性唐辛子を袋の3分の1入れ、スープのベースが完成した。

味見をした林さん。「美味しいけど中本じゃなくてミャンマー料理。辛い中にも引き寄せられるウマさがないとお客様を感動させることはできない」と話した。林さんの指摘を受け、森崎は作戦を練り直した。

新メニュー作り2日目、林さんは具材に肉を入れることを提案した。使うのは中本定番の豚バラ肉。全体に火が通ったところで、ミャンマーでも定番野菜の玉ねぎを加える。玉ねぎが肉のうま味を引き立てるという。ボタンエビと特性のミャンマースパイス、中本特性唐辛子、ミャンマー産の唐辛子とココナッツミルクを投入し、スープが完成した。ココナッツミルクは中本の辛さも引き立たせ、ミャンマー香辛料との相性も抜群だという。

ラーメンを完成させ、迎えた試食会当日。辛さレベルは驚異の30辛。試食した白根社長は、「基本形の中本とエビが合う。強烈に辛いけどコクとうま味が出ている」と話した。その一方、白根社長は高級食材を使ったことで原価の高さを指摘した。


「玉ねぎ」に関連するグルメ情報

唐辛子

夢だった中本の新メニュー作りに挑む森崎。社長に認められれば、そのメニューは即採用される。森崎は、秘策として自前で食材を準備していた。始めに林さん指導のもとで具材炒め。赤唐辛子と青唐辛子を炒めることで、香りと辛味が激増する。続いてボタンエビを投入。ミャンマーはエビが水産物輸出の7割以上というエビ大国で、ボタンエビに中本秘伝のスープを合わせた。スープを入れてから、ミャンマー風の特製スパイスを入れて辛さと旨味を引き立てた。最後に中本の特性唐辛子を袋の3分の1入れ、スープのベースが完成した。

味見をした林さん。「美味しいけど中本じゃなくてミャンマー料理。辛い中にも引き寄せられるウマさがないとお客様を感動させることはできない」と話した。林さんの指摘を受け、森崎は作戦を練り直した。

新メニュー作り2日目、林さんは具材に肉を入れることを提案した。使うのは中本定番の豚バラ肉。全体に火が通ったところで、ミャンマーでも定番野菜の玉ねぎを加える。玉ねぎが肉のうま味を引き立てるという。ボタンエビと特性のミャンマースパイス、中本特性唐辛子、ミャンマー産の唐辛子とココナッツミルクを投入し、スープが完成した。ココナッツミルクは中本の辛さも引き立たせ、ミャンマー香辛料との相性も抜群だという。

ラーメンを完成させ、迎えた試食会当日。辛さレベルは驚異の30辛。試食した白根社長は、「基本形の中本とエビが合う。強烈に辛いけどコクとうま味が出ている」と話した。その一方、白根社長は高級食材を使ったことで原価の高さを指摘した。


「玉ねぎ」に関連するグルメ情報

ポーク

あやめ祭り厳選スポット6位は、東洋軒のインディアンライス。肉は千葉のブランドポークを使用。肉は秘伝の割り下で焼き、玉ねぎ・カレー粉で炒めたピラフの上に乗せて完成。カレーのスパイシーさと割り下の甘みがあわさり、食べごたえのある一品。この他、お漬物、味噌汁などがついて750円。


「玉ねぎ」に関連するグルメ情報

玉ねぎ

あやめ祭り厳選スポット6位は、東洋軒のインディアンライス。肉は千葉のブランドポークを使用。肉は秘伝の割り下で焼き、玉ねぎ・カレー粉で炒めたピラフの上に乗せて完成。カレーのスパイシーさと割り下の甘みがあわさり、食べごたえのある一品。この他、お漬物、味噌汁などがついて750円。


「玉ねぎ」に関連するグルメ情報

インディアンライス

あやめ祭り厳選スポット6位は、東洋軒のインディアンライス。肉は千葉のブランドポークを使用。肉は秘伝の割り下で焼き、玉ねぎ・カレー粉で炒めたピラフの上に乗せて完成。カレーのスパイシーさと割り下の甘みがあわさり、食べごたえのある一品。この他、お漬物、味噌汁などがついて750円。