ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「環境生物化学研究所」の検索結果

「環境生物化学研究所」に関連する情報 6件中 1〜6件目

「環境生物化学研究所」に関連するグルメ情報

温泉フグ

栃木県那珂川町にある環境生物化学研究所では、トラフグの養殖をおこなっている。廃校になった学校の教室を5つ借りて養殖をおこなっており、地元の温泉水を養殖に使っている。海の養殖よりも早く育つこと、また海中のプランクトンを食べているために肝に毒をもつ通常のフグとは違い、温泉水にはプランクトンがいないため安全なフグを育てることができるという点が儲かるヒミツとなっている。今、この事業の規模を拡大しており、町もトラフグで町おこしをしている。


環境生物化学研究所

今回、温泉トラフグを養殖している男性が勤める会社。
本業は水質や土壌を調査する会社なのだという。


環境生物化学研究所

水質や土壌の環境を分析する企業。
トラフグの養殖をしている男性が本業として経営していいるとのこと。


「環境生物化学研究所」に関連する観光・地域情報

「美人の湯」として名高い温泉町・那珂川町にあるゴルフコース。
海の無い栃木県で温泉の湯を使ってフグを養殖する「環境生物化学研究所」は、この那珂川地域の湯を利用しているとのこと。
那珂川を隔てて西よりはかつては海であったため、塩分を含んだ温泉が湧き出るという。中でも、このゴルフコースの5番グリーンで湧く湯は特に養殖に最適なのだとか。


「環境生物化学研究所」に関連する観光・地域情報

那珂川町

「美人の湯」として名高い温泉町。
海の無い栃木県で温泉の湯を使ってフグを養殖する「環境生物化学研究所」は、ここの湯を利用しているとのこと。
那珂川を隔てて西よりはかつては海であったため、塩分を含んだ温泉が湧き出るという。


環境生物化学研究所

水質や大気の分析を行う研究機関。海の無い栃木県でフグを養殖しているということで、女性リポーターが取材に訪れていた。
施設内では海水の3分の1の濃度の塩分を含んだ温泉の湯を使ってトラフグを養殖。これによって少ないカロリー消費で育てることが可能となっているという。また、水温を一年中24度で管理し、海の養殖よりも半年早い1年での出荷を可能にしているとのこと。


検索結果の絞り込み