ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「生クリームあんぱん」の検索結果

「生クリームあんぱん」に関連する情報 133件中 31〜40件目

道の駅 きつれがわ

栃木・さくら市にある道の駅 きつれがわを紹介した。今年4月16年ぶりにリニューアルした。リニューアル後、来場者が2倍になった。そのワケは、日本三大美肌の湯である温泉施設「喜連川温泉」を新しくしたことだった。中でも1番賑わっているのが足湯。

道の駅 きつれがわの温泉を使った「温泉茄子の麻婆まん」を紹介。中に入っているのは温泉ナスというナス。温泉ナスの特徴は湿度の管理もしているため、皮が柔らかいという。温泉パンは昭和56年、喜連川温泉が突如湧き出て、それを記念に販売された。中に温泉の成分は入っていないが地元の小麦粉を使用している。一番売れるのは生クリームあんぱんだという。生クリームいちごジャムぱんは2月末までの期間限定となっている。


石原プロ

今日は皆さんのオススメの差し入れを聞く。小島さんは天のや「たまごサンド」。ヒロミさんはパオン昭月「生クリームあんぱん」。良純さんはサザエ食品「おはぎ」を紹介した。スタジオには品が用意され、みんなで試食した。


「生クリームあんぱん」に関連するグルメ情報

おはぎ

今日は皆さんのオススメの差し入れを聞く。小島さんは天のや「たまごサンド」。ヒロミさんはパオン昭月「生クリームあんぱん」。良純さんはサザエ食品「おはぎ」を紹介した。スタジオには品が用意され、みんなで試食した。


サザエ食品

今日は皆さんのオススメの差し入れを聞く。小島さんは天のや「たまごサンド」。ヒロミさんはパオン昭月「生クリームあんぱん」。良純さんはサザエ食品「おはぎ」を紹介した。スタジオには品が用意され、みんなで試食した。


「生クリームあんぱん」に関連するグルメ情報

生クリームあんぱん

今日は皆さんのオススメの差し入れを聞く。小島さんは天のや「たまごサンド」。ヒロミさんはパオン昭月「生クリームあんぱん」。良純さんはサザエ食品「おはぎ」を紹介した。スタジオには品が用意され、みんなで試食した。


パオン昭月

今日は皆さんのオススメの差し入れを聞く。小島さんは天のや「たまごサンド」。ヒロミさんはパオン昭月「生クリームあんぱん」。良純さんはサザエ食品「おはぎ」を紹介した。スタジオには品が用意され、みんなで試食した。


「生クリームあんぱん」に関連するグルメ情報

たまごサンド 12個入り

今日は皆さんのオススメの差し入れを聞く。小島さんは天のや「たまごサンド」。ヒロミさんはパオン昭月「生クリームあんぱん」。良純さんはサザエ食品「おはぎ」を紹介した。スタジオには品が用意され、みんなで試食した。


「生クリームあんぱん」に関連するレストラン・飲食店

今日は皆さんのオススメの差し入れを聞く。小島さんは天のや「たまごサンド」。ヒロミさんはパオン昭月「生クリームあんぱん」。良純さんはサザエ食品「おはぎ」を紹介した。スタジオには品が用意され、みんなで試食した。

 (甘味処、お好み焼き、サンドイッチ)

喜連川温泉

今年4月にリニューアルオープンした、栃木県の道の駅きつれがわの紹介。この道の駅の魅力は、大きなタンク形をした温泉施設である。喜連川温泉は美肌効果が、佐賀県の嬉野温泉、島根県の斐乃上温泉と共に日本三大美肌の湯と呼ばれるほど高いそうだ。この美肌の湯を無料で楽しめる足湯の施設もある。また温泉に並ぶ二大グルメが存在する。1つ目は温泉パンで、昭和16年創業の地元のパン屋さんが喜連川温泉の名物にと作ったパンで、味が評判となり15種類ほどの温泉パンを全国で販売している。1番人気は生クリームあんぱん(185円)で、クリームとあんがぎっしり詰まっているもののバランスが良く、懐かしく美味しい味になっているという。もう1つの人気グルメが、ごちそう喜連川ラーメン(900円)だ。チャーシューではなく、牛の熟成ハラミ肉が乗っている他、喜連川産のプレミアムヤシオマスと鮎でダシを取っている人気の商品である。川魚でとったダシを使用しているラーメンは全国的にも珍しく、鶏ガラスープに、臭みを取るため一度焼いた鮎とヤシオマスを加え煮込んでいる。ヤシオマスの脂はうまみが多く、さっぱりしているのが特徴である。またトッピングには、ヤシオマスとうなぎのペーストが乗っており、少しずつ溶かし味を変化させて楽しむとよいそうだ。


「生クリームあんぱん」に関連するグルメ情報

うなぎ

今年4月にリニューアルオープンした、栃木県の道の駅きつれがわの紹介。この道の駅の魅力は、大きなタンク形をした温泉施設である。喜連川温泉は美肌効果が、佐賀県の嬉野温泉、島根県の斐乃上温泉と共に日本三大美肌の湯と呼ばれるほど高いそうだ。この美肌の湯を無料で楽しめる足湯の施設もある。また温泉に並ぶ二大グルメが存在する。1つ目は温泉パンで、昭和16年創業の地元のパン屋さんが喜連川温泉の名物にと作ったパンで、味が評判となり15種類ほどの温泉パンを全国で販売している。1番人気は生クリームあんぱん(185円)で、クリームとあんがぎっしり詰まっているもののバランスが良く、懐かしく美味しい味になっているという。もう1つの人気グルメが、ごちそう喜連川ラーメン(900円)だ。チャーシューではなく、牛の熟成ハラミ肉が乗っている他、喜連川産のプレミアムヤシオマスと鮎でダシを取っている人気の商品である。川魚でとったダシを使用しているラーメンは全国的にも珍しく、鶏ガラスープに、臭みを取るため一度焼いた鮎とヤシオマスを加え煮込んでいる。ヤシオマスの脂はうまみが多く、さっぱりしているのが特徴である。またトッピングには、ヤシオマスとうなぎのペーストが乗っており、少しずつ溶かし味を変化させて楽しむとよいそうだ。