ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「生稲晃子」の検索結果

「生稲晃子」に関連する情報 1226件中 1〜10件目

マクドナルド ヨンシンネ店

クレームの度が過ぎていると韓国で社会問題になっている。ついに国家が動き、顧客から従業員を守るための法律「産業安全保健法」が誕生した。客の暴言や暴力から従業員を守らなかった事業主には最大1000万ウォンの罰金を科すというもの。他にも、事業主は暴言などをしないよう客に要請する必要があり、文言提示または音声案内などの予防措置などが義務付けされた。問題があったマクドナルドの窓口に電話をしてみると、冒頭に「顧客対応労働者に暴言・暴行などをしないで」という注意喚起アナウンスがあり、その後通常のアナウンスになる。生稲晃子さんは「逆効果にならないか」とコメント。風間晋さんは「事業主に従業員を守らせるためには何かしらの法律や義務化がないと」とコメント。


Bobaedream

クレームの度が過ぎていると韓国で社会問題になっている。ついに国家が動き、顧客から従業員を守るための法律「産業安全保健法」が誕生した。客の暴言や暴力から従業員を守らなかった事業主には最大1000万ウォンの罰金を科すというもの。他にも、事業主は暴言などをしないよう客に要請する必要があり、文言提示または音声案内などの予防措置などが義務付けされた。問題があったマクドナルドの窓口に電話をしてみると、冒頭に「顧客対応労働者に暴言・暴行などをしないで」という注意喚起アナウンスがあり、その後通常のアナウンスになる。生稲晃子さんは「逆効果にならないか」とコメント。風間晋さんは「事業主に従業員を守らせるためには何かしらの法律や義務化がないと」とコメント。


マクドナルド

日常の光景が一転、修羅場とかした。マクドナルドで客が店員にハンバーガーの入った袋を投げつけた。韓国ソウルで撮影された動画はネット上にアップされ波紋を呼んでいる。デパートの化粧品売場では客が猛クレーム。ジュエリー店でも店員達に正座を強要。韓国で店員への客のパワハラ行為が社会問題化。

クレームの度が過ぎていると韓国で社会問題になっている。ついに国家が動き、顧客から従業員を守るための法律「産業安全保健法」が誕生した。客の暴言や暴力から従業員を守らなかった事業主には最大1000万ウォンの罰金を科すというもの。他にも、事業主は暴言などをしないよう客に要請する必要があり、文言提示または音声案内などの予防措置などが義務付けされた。問題があったマクドナルドの窓口に電話をしてみると、冒頭に「顧客対応労働者に暴言・暴行などをしないで」という注意喚起アナウンスがあり、その後通常のアナウンスになる。生稲晃子さんは「逆効果にならないか」とコメント。風間晋さんは「事業主に従業員を守らせるためには何かしらの法律や義務化がないと」とコメント。


YouTube

日常の光景が一転、修羅場とかした。マクドナルドで客が店員にハンバーガーの入った袋を投げつけた。韓国ソウルで撮影された動画はネット上にアップされ波紋を呼んでいる。デパートの化粧品売場では客が猛クレーム。ジュエリー店でも店員達に正座を強要。韓国で店員への客のパワハラ行為が社会問題化。

先月韓国のネットで波紋を呼んだのがマクドナルドで突然キレる客。ドライブスルーで店員から商品を受け取った次の瞬間、受け取った商品を客が店員に投げつけた。店員が注文を間違えたためキレたという。今月6日、立て続けに報じられたのが中年の男性客が袋を店員の顔面に投げつけた。客は「商品が遅い」とクレームを付け、店員は商品が準備できたことがモニターに表示されていたと説明。客は説明に逆上した。店舗に電話すると保留中に「店員に暴言・暴行などしないでください」と音声が流れてきた。

韓国では政府が対応に乗り出すほど客の逆ギレ行為が問題化。2015年に宝石店で店員2人を正座させた客はうつむく店員に対し「道ですれ違ったらその時も謝れ」と言った。女性客は母親が購入したネックレスを無償修理でてもらうため来店、しかし購入したのは7年前でサービス期間は終了していた。店員が「無償では修理できない」と説明すると突然客は怒り始めたという。女性客は本社に怒りの電話をかけ無償修理を例外的に認めさせた。本社が無償修理を認めたことで客は店員に謝罪を求め土下座させた。この動画がきっかけで韓国政府は労働者を守る予防措置を整備したが客の逆ギレ行為は無くならず。

クレームの度が過ぎていると韓国で社会問題になっている。ついに国家が動き、顧客から従業員を守るための法律「産業安全保健法」が誕生した。客の暴言や暴力から従業員を守らなかった事業主には最大1000万ウォンの罰金を科すというもの。他にも、事業主は暴言などをしないよう客に要請する必要があり、文言提示または音声案内などの予防措置などが義務付けされた。問題があったマクドナルドの窓口に電話をしてみると、冒頭に「顧客対応労働者に暴言・暴行などをしないで」という注意喚起アナウンスがあり、その後通常のアナウンスになる。生稲晃子さんは「逆効果にならないか」とコメント。風間晋さんは「事業主に従業員を守らせるためには何かしらの法律や義務化がないと」とコメント。


「生稲晃子」に関連するイベント情報

GPシリーズ フランス杯

紀平は大会中に気になったこと、思ったことはすぐにメモしている。携帯電話にメモを入力し、調子が良くないときは良かった試合のときどう感じたかを読み直しているとのこと。自分でメンタルトレーニングがしっかり出来ているとスタジオの生稲晃子らはコメントした。これまでも有言実行してきている紀平は今回「本当に完璧な演技をすればフリーで160点も見えてくる」と語っている。この勢いでいけば今月の全日本選手権で達成できるのではと期待されている。


「生稲晃子」に関連するイベント情報

GPシリーズ NHK杯

紀平は大会中に気になったこと、思ったことはすぐにメモしている。携帯電話にメモを入力し、調子が良くないときは良かった試合のときどう感じたかを読み直しているとのこと。自分でメンタルトレーニングがしっかり出来ているとスタジオの生稲晃子らはコメントした。これまでも有言実行してきている紀平は今回「本当に完璧な演技をすればフリーで160点も見えてくる」と語っている。この勢いでいけば今月の全日本選手権で達成できるのではと期待されている。


「生稲晃子」に関連するイベント情報

GPファイナル

紀平梨花のストイックさについて紹介。フィギュアのためならと学校行事も犠牲にしており、修学旅行や運動会、卒業式にも参加できていない。姉によると、今はスケートしか考えられないからそれに向かって頑張るしかないと話していたという。紀平は高校はネットに特化した通信制高校「私立N高等学校」を選んだ。授業のほとんどをネット動画で学ぶことができる学校で、自分で時間の調整ができるところが利点だという。この学校では遠足や運動会もネット上のゲームで行う。担任によると、紀平はGPファイナルがあった先週末にも授業を受講していたとのこと。

紀平は大会中に気になったこと、思ったことはすぐにメモしている。携帯電話にメモを入力し、調子が良くないときは良かった試合のときどう感じたかを読み直しているとのこと。自分でメンタルトレーニングがしっかり出来ているとスタジオの生稲晃子らはコメントした。これまでも有言実行してきている紀平は今回「本当に完璧な演技をすればフリーで160点も見えてくる」と語っている。この勢いでいけば今月の全日本選手権で達成できるのではと期待されている。


「生稲晃子」に関連するイベント情報

全日本選手権

紀平梨花のストイックさについて紹介。フィギュアのためならと学校行事も犠牲にしており、修学旅行や運動会、卒業式にも参加できていない。姉によると、今はスケートしか考えられないからそれに向かって頑張るしかないと話していたという。紀平は高校はネットに特化した通信制高校「私立N高等学校」を選んだ。授業のほとんどをネット動画で学ぶことができる学校で、自分で時間の調整ができるところが利点だという。この学校では遠足や運動会もネット上のゲームで行う。担任によると、紀平はGPファイナルがあった先週末にも授業を受講していたとのこと。

紀平は大会中に気になったこと、思ったことはすぐにメモしている。携帯電話にメモを入力し、調子が良くないときは良かった試合のときどう感じたかを読み直しているとのこと。自分でメンタルトレーニングがしっかり出来ているとスタジオの生稲晃子らはコメントした。これまでも有言実行してきている紀平は今回「本当に完璧な演技をすればフリーで160点も見えてくる」と語っている。この勢いでいけば今月の全日本選手権で達成できるのではと期待されている。


クマ

ロシア東部マガダン州で撮影された子グマの映像が2000万回再生され、世界中で絶賛されている。映像は、急勾配の雪壁を何度落ちても諦めずに登る子グマの姿をとらえたもの。この子グマの諦めない心に、ネット上では「私達は上を向いて諦めないことを学べた」などの声が上がっているという。

子グマの映像を振り返り、スタジオトーク。生稲晃子は「見たのは2回目なんですが泣けました」とコメントした。動物専門家のパンク町田さんによると、相当な急勾配を野生のヒグマが登ることは日本でも確認されており、子グマは親グマの後を追うことで自然界での生き方を学んでいるという。


ドローン

ロシア東部マガダン州で撮影された子グマの映像が2000万回再生され、世界中で絶賛されている。映像は、急勾配の雪壁を何度落ちても諦めずに登る子グマの姿をとらえたもの。この子グマの諦めない心に、ネット上では「私達は上を向いて諦めないことを学べた」などの声が上がっているという。

子グマの映像を振り返り、スタジオトーク。生稲晃子は「見たのは2回目なんですが泣けました」とコメントした。動物専門家のパンク町田さんによると、相当な急勾配を野生のヒグマが登ることは日本でも確認されており、子グマは親グマの後を追うことで自然界での生き方を学んでいるという。