ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「産経新聞」の検索結果

「産経新聞」に関連する情報 23407件中 1〜10件目

産経新聞

カジノを含むIR法案が参議院の内閣委員会で可決された。与党は今日の参議院本会議で可決、成立させる方針だが野党は反発している。法案ではカジノや国際会議場、ホテルなどを一体として全国で最大三箇所整備し入場料は6000円で、ギャンブル依存症対策として日本人客の入場は集3回、月10回までに制限されるという。(毎日新聞/産経新聞)


毎日新聞

カジノを含むIR法案が参議院の内閣委員会で可決された。与党は今日の参議院本会議で可決、成立させる方針だが野党は反発している。法案ではカジノや国際会議場、ホテルなどを一体として全国で最大三箇所整備し入場料は6000円で、ギャンブル依存症対策として日本人客の入場は集3回、月10回までに制限されるという。(毎日新聞/産経新聞)


産経新聞

米を除く環太平洋戦略的経済連携協定参加11カ国は協定発効後速やかに、加盟国拡大の手続きに入ることを確認した。(産経新聞)


新国立競技場

東京五輪の競技日程の大枠が固まった。屋外種目について、開始時間を前倒しするなど酷暑の大会を強く意識した大会となっている。開始時間を主に早めた種目は「マラソン 午前7時スタート」、「男子50キロ競歩 午前6時」にスタートする。競技は7月24日の開会式に先立ち、22日に福島県営あづま球場でのソフトボール日本戦でスタートする。また、メインスタジアムになる新国立競技場の進捗率は約40%で工期も後半戦に入っている。(産経新聞)


福島県営あづま球場

東京五輪の競技日程の大枠が固まった。屋外種目について、開始時間を前倒しするなど酷暑の大会を強く意識した大会となっている。開始時間を主に早めた種目は「マラソン 午前7時スタート」、「男子50キロ競歩 午前6時」にスタートする。競技は7月24日の開会式に先立ち、22日に福島県営あづま球場でのソフトボール日本戦でスタートする。また、メインスタジアムになる新国立競技場の進捗率は約40%で工期も後半戦に入っている。(産経新聞)


「産経新聞」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

東京五輪の競技日程の大枠が固まった。屋外種目について、開始時間を前倒しするなど酷暑の大会を強く意識した大会となっている。開始時間を主に早めた種目は「マラソン 午前7時スタート」、「男子50キロ競歩 午前6時」にスタートする。競技は7月24日の開会式に先立ち、22日に福島県営あづま球場でのソフトボール日本戦でスタートする。また、メインスタジアムになる新国立競技場の進捗率は約40%で工期も後半戦に入っている。(産経新聞)


「産経新聞」に関連するイベント情報

東京五輪

東京五輪の競技日程の大枠が固まった。屋外種目について、開始時間を前倒しするなど酷暑の大会を強く意識した大会となっている。開始時間を主に早めた種目は「マラソン 午前7時スタート」、「男子50キロ競歩 午前6時」にスタートする。競技は7月24日の開会式に先立ち、22日に福島県営あづま球場でのソフトボール日本戦でスタートする。また、メインスタジアムになる新国立競技場の進捗率は約40%で工期も後半戦に入っている。(産経新聞)


産経新聞

きのう岐阜・多治見市では40.7度を記録した。(毎日新聞)

東京五輪の競技日程の大枠が固まった。屋外種目について、開始時間を前倒しするなど酷暑の大会を強く意識した大会となっている。開始時間を主に早めた種目は「マラソン 午前7時スタート」、「男子50キロ競歩 午前6時」にスタートする。競技は7月24日の開会式に先立ち、22日に福島県営あづま球場でのソフトボール日本戦でスタートする。また、メインスタジアムになる新国立競技場の進捗率は約40%で工期も後半戦に入っている。(産経新聞)


毎日新聞

参議院の定数を6増をする改正公選法は、自公の賛成多数で可決成立した。参院の総定数は248に増え、来夏の参院選から適用される。埼玉選挙区の定数を2増、比例の定数も4増し、あらかじめ当選順位をつけられる拘束名簿式の「特定枠」を導入する。反発した野党は内閣不信任案を提出する調整に入っている。(毎日新聞)

きのう岐阜・多治見市では40.7度を記録した。(毎日新聞)

東京五輪の競技日程の大枠が固まった。屋外種目について、開始時間を前倒しするなど酷暑の大会を強く意識した大会となっている。開始時間を主に早めた種目は「マラソン 午前7時スタート」、「男子50キロ競歩 午前6時」にスタートする。競技は7月24日の開会式に先立ち、22日に福島県営あづま球場でのソフトボール日本戦でスタートする。また、メインスタジアムになる新国立競技場の進捗率は約40%で工期も後半戦に入っている。(産経新聞)


松山市

西日本豪雨で被害の大きかった広島・岡山・愛媛では、厳島神社のある宮島や、道後温泉など被災を免れているスポットでもキャンセルが相次いでいて、松山市は観光に来てお金を落とすことも支援なので是非足を運んでほしいとコメントしている。(産経新聞)