ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「産経新聞」の検索結果

「産経新聞」に関連する情報 19721件中 1〜10件目

産経新聞

トランプ氏と欧州の橋渡しが必要だと安倍総理は述べている。サミットでは、安倍首相の手腕が問われることになる。トランプ大統領を孤立させないことが必要だと安倍総理はいう。EUとトランプ大統領との緊張関係を調整したいという姿勢を見せている。(産経新聞)


産経新聞

時事通信社 特別解説委員・田崎史郎と、ジャーナリスト・大谷昭宏を紹介。日本経済新聞以外は、前事務方トップ前川喜平前事務次官の緊急会見を一面で取り上げている。前川氏は、きのうの午後4時から約1時間20分、100人を超える報道陣の前で会見を行った。大谷氏は「この国は暗黒時代に入った きのう生放送をやっていたが、どこで会見をしているかも一切明かされず、会見が終わって前川氏の安全が確保されるまで報道しちゃいけなかった こんなことはメディアに関わっていて初めて」とコメント。田崎氏は「内容面で新しい面はなかった」とコメント。文部科学省の幹部は“真意が分からないし事務方のトップにいた人間の行動とは思えない 古巣を揺さぶって楽しいのか”、職員は“部下思いで尊敬できる上司だった 後輩を困らせるようなことをするような人ではないので驚いているが 何か信念があってやっているのだろう”と困惑している様子。田崎氏は「記憶を辿ってもこういった例はなかった」とコメント。福本容子は「辞めた自分でしかないというか ここで言わないと“怪文書”として永遠に葬られるだろうと出てきた」とコメント。八代英輝は「文書はあったんだろうな 政権にとっては都合のよくないものであることは確か 加計学園だけを目指したものなのか国家戦略特区全体を目指したものなのか主旨が文書から分からない そこで止まるのかと思ったが その部分については突破口になるものがあったわけではなかったので 逆になぜ話したのか」とコメント。


産経新聞

米・トランプ大統領が4月29日に行ったフィリピンのドゥテルテ大統領との電話会談で、北朝鮮情勢の緊迫化を受けて米海軍の原子力潜水艦2隻を朝鮮半島方面に展開させたことを明らかにした。居場所が知られないことを身上とする潜水艦の動静は高度の軍事機密にあたり、知り得た秘密を守れないトランプ大統領の悪癖が改めて問題視されそうだ。会談記録によると、トランプ大統領は「世界最高の性能の原潜2隻」などの大規模な火力を展開させていると述べた。これらの戦力を使う必要はないだろうとしつつ「北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は常軌を逸しているので様子を見る」とした。(産経新聞)

三雲孝江はトランプ氏軍事機密漏洩に「本人的には悪気はないんでしょうけど、世の中的にはその一つ一つの言葉が影響力ありますからね」など述べた。


産経新聞

産経新聞の記事から北朝鮮がサイバー攻撃で外貨を獲得しようとしていることを話した。今月世界各地で大規模なサイバー攻撃があったがアメリカの専門家は北朝鮮によるものとの見方をしているという。(産経新聞)


産経新聞

最近葬儀では、好きな音楽で送り・送られたいと考える人がいるが、JASRACが「演奏権が発生する」としている。営利団体である葬儀社などがかけるのであれば演奏権が発生するという。JASRACは葬儀社など事業者ごとに契約を結んでもらうようにしており、契約があればCDをかけられる。契約料は年間6000円。


産経新聞

アメリカが南シナ海で航行の自由作戦を実行した。

米航行の自由作戦が開始した。(産経新聞)


産経新聞

「百万本のバラ」などのヒット曲で知られるシンガーソングライター加藤登紀子(73)の母(101)が亡くなった。加藤さんは歌手活動を続けながら母の世話をする「老老介護」だったことを打ち明け話題となった。現在、親の介護を告白する芸能人が増加している。加藤さんが老老介護の”現実と苦労”を語る。


「産経新聞」に関連する音楽・CD

風に吹かれて

JASRACが京都大学HPにボブ・ディランさんの歌詞を引用した総長式辞が載っていたとして著作権料を請求するような連絡をしたという報道があった。その文は京都大学のホームページで閲覧ができ、自由な発送に関する説明の一環でボブ・ディランさんの歌「風に吹かれて」を紹介した。その歌詞は日本語訳を含めて全体の1割弱を占めている。式辞の最後にはディランさんの歌の出典が記載されている。京都大学によると1週間前にJASRACから許諾の手続きを求める電話があったという。京都新聞の取材に一般論としてウェブ上にある音楽著作物には利用手続きが必要がで、商用目的でなくとも歌詞を印刷できる仕様でウェブ上に掲載すると1回の閲覧に付き数十円が必要になる場合があるとのこと。しかし文化庁によると大学の入学式式辞をウェブ上に掲載することは著作物を複製する条件がゆるい教育目的とはみなされないとするが、文章全体の内容の上で引用する必然性が認められるなどの条件を満たせば「引用」とみなされ許諾なしで使用できるという。しかし引用に明確な基準はなく個別の事例ごとに判断するしかないと言う。著作権に詳しい弁護士はJASRACは今回踏み込んだ対応をしたという印象で、掲載されたのが大学の入学式の式辞という点を考慮すれば引用と認められるのではないかと話す。昨日JASRACの理事長は今回は引用と判断し著作権料は請求しないとした。(産経新聞/京都新聞)


京都大学

JASRACが京都大学HPにボブ・ディランさんの歌詞を引用した総長式辞が載っていたとして著作権料を請求するような連絡をしたという報道があった。その文は京都大学のホームページで閲覧ができ、自由な発送に関する説明の一環でボブ・ディランさんの歌「風に吹かれて」を紹介した。その歌詞は日本語訳を含めて全体の1割弱を占めている。式辞の最後にはディランさんの歌の出典が記載されている。京都大学によると1週間前にJASRACから許諾の手続きを求める電話があったという。京都新聞の取材に一般論としてウェブ上にある音楽著作物には利用手続きが必要がで、商用目的でなくとも歌詞を印刷できる仕様でウェブ上に掲載すると1回の閲覧に付き数十円が必要になる場合があるとのこと。しかし文化庁によると大学の入学式式辞をウェブ上に掲載することは著作物を複製する条件がゆるい教育目的とはみなされないとするが、文章全体の内容の上で引用する必然性が認められるなどの条件を満たせば「引用」とみなされ許諾なしで使用できるという。しかし引用に明確な基準はなく個別の事例ごとに判断するしかないと言う。著作権に詳しい弁護士はJASRACは今回踏み込んだ対応をしたという印象で、掲載されたのが大学の入学式の式辞という点を考慮すれば引用と認められるのではないかと話す。昨日JASRACの理事長は今回は引用と判断し著作権料は請求しないとした。(産経新聞/京都新聞)


京都大学HP

JASRACが京都大学HPにボブ・ディランさんの歌詞を引用した総長式辞が載っていたとして著作権料を請求するような連絡をしたという報道があった。その文は京都大学のホームページで閲覧ができ、自由な発送に関する説明の一環でボブ・ディランさんの歌「風に吹かれて」を紹介した。その歌詞は日本語訳を含めて全体の1割弱を占めている。式辞の最後にはディランさんの歌の出典が記載されている。京都大学によると1週間前にJASRACから許諾の手続きを求める電話があったという。京都新聞の取材に一般論としてウェブ上にある音楽著作物には利用手続きが必要がで、商用目的でなくとも歌詞を印刷できる仕様でウェブ上に掲載すると1回の閲覧に付き数十円が必要になる場合があるとのこと。しかし文化庁によると大学の入学式式辞をウェブ上に掲載することは著作物を複製する条件がゆるい教育目的とはみなされないとするが、文章全体の内容の上で引用する必然性が認められるなどの条件を満たせば「引用」とみなされ許諾なしで使用できるという。しかし引用に明確な基準はなく個別の事例ごとに判断するしかないと言う。著作権に詳しい弁護士はJASRACは今回踏み込んだ対応をしたという印象で、掲載されたのが大学の入学式の式辞という点を考慮すれば引用と認められるのではないかと話す。昨日JASRACの理事長は今回は引用と判断し著作権料は請求しないとした。(産経新聞/京都新聞)