ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「産経新聞」の検索結果

「産経新聞」に関連する情報 20748件中 1〜10件目

産経新聞

小池知事の会見のタイミングと内容に注目していく。新聞1面は当然総理の会見。その横に小池知事の会見と大きく扱われている。新聞の紙面を見ても小池さん対安倍さんという構図が見えると恵氏がコメントし、北川氏はそういうように仕立てた小池さんはすごいとコメント。片山氏も小池さんの記者会見の設定が上手いとコメント。パンダの命名会見があってその後にやったのがすごいなどの声が口々に上がった。小池氏の昨日午後1時15分ごろ国政に関する緊急会見を行うという情報が入った。2時ごろパンダの名前が発表され、30分後、新党立ち上げの会見を行い、希望の党とすることや代表就任することを発表した。その後都庁で小泉元総理と会談した。その後、テレビ出演した。総理が3局80分出演したのに対し、小池氏は4局44分出演している。


産経新聞

いいねを販売するサイトが世界で横行している。中国の激安サイトでは、1000件で2円だという。必要事項を入力し、お金を振り込むと、数日後、いいね!が付与されるとのこと。販売する会社は、客の大半は守秘を希望されていると取材を拒否している。いいねを自動的にクリックするシステムがあるという。フォロワー、いいねが買える自動販売機もある。15万人のフォロワーを得ることも可能だ。


産経新聞

小池知事の代表就任についてスタジオトーク。今朝は各紙が小池知事の代表就任について伝えている。代表就任について伊東氏は「ギャンブラー小池が大勝負に出た。」とコメントした。小池氏は当初は国政に深く関与しない考えを明かしていたが、若狭氏の政治塾は立ち上がったばかりで、細野元環境相とも連携したものの目を引く公約を打ち出せなかった。「このままではダメだと思い、踏み込んだ」と小池氏周辺は話しているという。


産経新聞

衆院議員8人と、参院議員4人とが合流し、つぎの衆院総選挙で台風の目となりそうな小池新党。その躍進の可能性をみていく。きのうの産経新聞では150人の候補者擁立を目指すとあった。また、きのうの報道番組生出演時に、小池都知事は選挙戦に自信を覗かせた。国政のため掲げた政策は、原発ゼロ・憲法改正。前者では小泉純一郎元首相から支援を得られる。後者では自民党と基本理念は同じだ。ただ、街の意見では、都政国政の2足のワラジを不安視する声があった。


読売新聞

各紙の一面トップ記事の見出しを読み上げた。「8日解散 首相表明/消費増税の使途変更問う」(朝日新聞)、「首相『国難突破』28日解散/消費税使途・少子高齢化 信を問う」(産経新聞)、「衆院28日解散/増税使途 変更問う」(読売新聞)。読売新聞では記事の中で、安倍1強と言われた強さがこの夏、ほころびをみせ、首相は強い政権基盤の奪還を総選挙に賭けたと伝えている。


産経新聞

各紙の一面トップ記事の見出しを読み上げた。「8日解散 首相表明/消費増税の使途変更問う」(朝日新聞)、「首相『国難突破』28日解散/消費税使途・少子高齢化 信を問う」(産経新聞)、「衆院28日解散/増税使途 変更問う」(読売新聞)。読売新聞では記事の中で、安倍1強と言われた強さがこの夏、ほころびをみせ、首相は強い政権基盤の奪還を総選挙に賭けたと伝えている。


朝日新聞

各紙の一面トップ記事の見出しを読み上げた。「8日解散 首相表明/消費増税の使途変更問う」(朝日新聞)、「首相『国難突破』28日解散/消費税使途・少子高齢化 信を問う」(産経新聞)、「衆院28日解散/増税使途 変更問う」(読売新聞)。読売新聞では記事の中で、安倍1強と言われた強さがこの夏、ほころびをみせ、首相は強い政権基盤の奪還を総選挙に賭けたと伝えている。


パンダ

新党立ち上げ、希望の党の代表に就任することを発表した小池百合子氏。産経新聞では小池氏の焦りの裏返しと伝えている。会見で小池氏は、若狭氏や細野氏の動きをリセットして自分が前面に立っていくという姿勢を見せた小池氏だが、自らが前面に出ないと衆議院選挙は戦えないということの裏返しであると判断したと伝えている。小池氏は保守や憲法についての議論を避けてはいけないと語り、安倍総理を意識した言葉を並べたという。安倍対小池の構図を衆議院選挙に持ち込もうとしているなどと指摘している。小池氏の会見は急遽パンダの名前の会見後にやることが決まったなどとスタジオで補足説明した。(産経新聞)


産経新聞

新党立ち上げ、希望の党の代表に就任することを発表した小池百合子氏。産経新聞では小池氏の焦りの裏返しと伝えている。会見で小池氏は、若狭氏や細野氏の動きをリセットして自分が前面に立っていくという姿勢を見せた小池氏だが、自らが前面に出ないと衆議院選挙は戦えないということの裏返しであると判断したと伝えている。小池氏は保守や憲法についての議論を避けてはいけないと語り、安倍総理を意識した言葉を並べたという。安倍対小池の構図を衆議院選挙に持ち込もうとしているなどと指摘している。小池氏の会見は急遽パンダの名前の会見後にやることが決まったなどとスタジオで補足説明した。(産経新聞)

小池氏の希望の党結党宣言を受け、都議会公明党は連携解消へと産経新聞は伝えている。都議会公明党の東村幹事長は知事に裏切られたという思いでいっぱいだと語ったという。知事が都政に専念し都政を進めていくという約束だったと話し、都民ファーストの会との連携をどうするか党本部と相談したいと述べたとのこと。(産経新聞)


加計

新聞各紙では安倍総理の解散表明を一面で伝えている。朝日新聞は「28日解散首相表明 消費増税の使途変更問う」。産経新聞は「首相 国難突破 28日解散。消費税使途・少子高齢化 信を問う」。毎日新聞は「消費税・北朝鮮問う。自公過半数割れなら辞任」。読売新聞は「衆院28日解散 一強再び。総理の賭け。国政選挙で勝利を重ねることによって党内外に安倍一強を築き上げてきた安倍総理。その強さが森友・加計問題でほころびをみせたため、総理は政権基盤の奪還を解散総選挙に賭けた」。(朝日新聞/産経新聞/毎日新聞/読売新聞)