ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「産経新聞」の検索結果

「産経新聞」に関連する情報 20205件中 1〜10件目

マダニ

厚生労働省は50代の女性が猫に噛まれた後にマダニが媒介するウイルス感染症「SFTS」を発症し、死亡していたことを明らかにした。哺乳類を介して人が死亡したのは世界で初めてだという。夏目さんは「親切な気持ちで助けようと思った女性が死亡してしまったのは子供たちにも動物を大切にしたい教育もしたいですし、複雑ですね。」等とコメントした。(産経新聞)


厚生労働省は50代の女性が猫に噛まれた後にマダニが媒介するウイルス感染症「SFTS」を発症し、死亡していたことを明らかにした。哺乳類を介して人が死亡したのは世界で初めてだという。夏目さんは「親切な気持ちで助けようと思った女性が死亡してしまったのは子供たちにも動物を大切にしたい教育もしたいですし、複雑ですね。」等とコメントした。(産経新聞)


産経新聞

安部内閣の支持率は34.7%で前回調査より12.9%下落した。(産経新聞)


産経新聞

総理にふさわしい人物をきいたところ1位は20.4%で自民党の石破茂前地方創生担当大臣だった。安倍総理大臣は19.7%で2位だった。同じ質問を去年でも行ったが安倍総理が34.5%と石破氏の10.9%を大きく上回っていた。(産経新聞)

厚生労働省は50代の女性が猫に噛まれた後にマダニが媒介するウイルス感染症「SFTS」を発症し、死亡していたことを明らかにした。哺乳類を介して人が死亡したのは世界で初めてだという。夏目さんは「親切な気持ちで助けようと思った女性が死亡してしまったのは子供たちにも動物を大切にしたい教育もしたいですし、複雑ですね。」等とコメントした。(産経新聞)


重症熱性血小板減少症候群

厚生労働省は4日、50代の女性が野良猫に噛まれたあとにマダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群」を発症し女性が死亡したと発表した。世界で初めての症例だ。(産経新聞)

「マダニ感染症 猫にかまれ発症 死亡」との見出しを掲げた産経新聞の記事について話し合った。 マダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群」の致死率は30から50%とされているが、現在までに有効な対策は対症療法しかない。マダニは屋内には生息していないため、無闇矢鱈に外に出たり飼い犬を外飼いにしないよう心がける、ダニが来ないような薬を使うことが大切だと伝えた。


厚生労働省は4日、50代の女性が野良猫に噛まれたあとにマダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群」を発症し女性が死亡したと発表した。世界で初めての症例だ。(産経新聞)

「マダニ感染症 猫にかまれ発症 死亡」との見出しを掲げた産経新聞の記事について話し合った。 マダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群」の致死率は30から50%とされているが、現在までに有効な対策は対症療法しかない。マダニは屋内には生息していないため、無闇矢鱈に外に出たり飼い犬を外飼いにしないよう心がける、ダニが来ないような薬を使うことが大切だと伝えた。


マダニ

厚生労働省は4日、50代の女性が野良猫に噛まれたあとにマダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群」を発症し女性が死亡したと発表した。世界で初めての症例だ。(産経新聞)

「マダニ感染症 猫にかまれ発症 死亡」との見出しを掲げた産経新聞の記事について話し合った。 マダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群」の致死率は30から50%とされているが、現在までに有効な対策は対症療法しかない。マダニは屋内には生息していないため、無闇矢鱈に外に出たり飼い犬を外飼いにしないよう心がける、ダニが来ないような薬を使うことが大切だと伝えた。


「産経新聞」に関連するグルメ情報

ウナギ

「ウナギ 今年はお手頃」と見出しを掲げた産経新聞の記事を解説。今年は稚魚の量が去年に比べると好調で、値段もややお手頃になっている。ちなみに「国産ウナギ」は稚魚から日本で育てたウナギのこと、「外国産ウナギ」は台湾や中国など海外で育てられたウナギを指す。


産経新聞

「ウナギ 今年はお手頃」と見出しを掲げた産経新聞の記事を解説。今年は稚魚の量が去年に比べると好調で、値段もややお手頃になっている。ちなみに「国産ウナギ」は稚魚から日本で育てたウナギのこと、「外国産ウナギ」は台湾や中国など海外で育てられたウナギを指す。


産経新聞

産経新聞は22日、23日に世論調査を実施し安倍内閣の支持率は34.7%、不支持率は56.1%だったと伝えた。

内閣支持率の急落を産経新聞が報じている。不支持率が56.1%となった。中村さんは安倍政権寄りの産経新聞が閉会中審査ではなく内閣支持率急落を報じていることを指摘した。

いま首相にふさわしいのは誰かという世論調査の結果、安倍総理を抜いて石破茂さんがトップだったと産経新聞が報じている。中村さんはこのところ石破さんはさんと距離を置くような発言が増えているなどと話した。