ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「産経新聞」の検索結果

「産経新聞」に関連する情報 22132件中 1〜10件目

中国共産党中央委員会

新華社通信はきのう、中国共産党中央委員会が国家主席の任期の上限に関し連続2期10年までとする条文を憲法から削除する改憲案を提出したと報じた。来月5日に開幕する全人代で可決され正式決定する。習近平国家主席は全人代で再選される予定。任期の上限撤廃により2023年以降の3期目はもちろん終身主席も可能となると報じられている。(産経新聞)


新華社通信

新華社通信はきのう、中国共産党中央委員会が国家主席の任期の上限に関し連続2期10年までとする条文を憲法から削除する改憲案を提出したと報じた。来月5日に開幕する全人代で可決され正式決定する。習近平国家主席は全人代で再選される予定。任期の上限撤廃により2023年以降の3期目はもちろん終身主席も可能となると報じられている。(産経新聞)


産経新聞

新華社通信はきのう、中国共産党中央委員会が国家主席の任期の上限に関し連続2期10年までとする条文を憲法から削除する改憲案を提出したと報じた。来月5日に開幕する全人代で可決され正式決定する。習近平国家主席は全人代で再選される予定。任期の上限撤廃により2023年以降の3期目はもちろん終身主席も可能となると報じられている。(産経新聞)


産経新聞

中国共産党中央委員会が国家主席の任期の上限について、条文を憲法から削除する改憲案を全人代に提出した。(産経新聞)


産経新聞

産経新聞の一面の見出しは「習主席 長期政権へ 中国 改憲案 3期可能に」だと伝えた。

産経新聞の『習主席 長期政権へ』という記事について。龍崎孝は去年10月の党大会のときに後継者の指名がなかったのである程度予想がついたと解説した。


「産経新聞」に関連するイベント情報

平昌五輪

安倍総理は日米首脳電話会談で「非核化を前提としない限り、意味ある対話は出来ない」との認識で一致と述べており、河野外相も国債会合で圧力の継続を強調した(読売新聞)。一方、平昌五輪開会式に出席した安倍総理について北朝鮮の労働新聞は「憎たらしい」などと批判している。こうした中で過去最高額となった日本の防衛費(産経新聞)について、防衛装備品の購入についてアメリカに代金を前払いするケースが激増しており、アメリカの言い値になることも多いと報じられている(日本経済新聞)。


労働新聞

安倍総理は日米首脳電話会談で「非核化を前提としない限り、意味ある対話は出来ない」との認識で一致と述べており、河野外相も国債会合で圧力の継続を強調した(読売新聞)。一方、平昌五輪開会式に出席した安倍総理について北朝鮮の労働新聞は「憎たらしい」などと批判している。こうした中で過去最高額となった日本の防衛費(産経新聞)について、防衛装備品の購入についてアメリカに代金を前払いするケースが激増しており、アメリカの言い値になることも多いと報じられている(日本経済新聞)。


日本経済新聞

安倍総理は日米首脳電話会談で「非核化を前提としない限り、意味ある対話は出来ない」との認識で一致と述べており、河野外相も国債会合で圧力の継続を強調した(読売新聞)。一方、平昌五輪開会式に出席した安倍総理について北朝鮮の労働新聞は「憎たらしい」などと批判している。こうした中で過去最高額となった日本の防衛費(産経新聞)について、防衛装備品の購入についてアメリカに代金を前払いするケースが激増しており、アメリカの言い値になることも多いと報じられている(日本経済新聞)。


産経新聞

安倍総理は日米首脳電話会談で「非核化を前提としない限り、意味ある対話は出来ない」との認識で一致と述べており、河野外相も国債会合で圧力の継続を強調した(読売新聞)。一方、平昌五輪開会式に出席した安倍総理について北朝鮮の労働新聞は「憎たらしい」などと批判している。こうした中で過去最高額となった日本の防衛費(産経新聞)について、防衛装備品の購入についてアメリカに代金を前払いするケースが激増しており、アメリカの言い値になることも多いと報じられている(日本経済新聞)。


読売新聞

安倍総理は日米首脳電話会談で「非核化を前提としない限り、意味ある対話は出来ない」との認識で一致と述べており、河野外相も国債会合で圧力の継続を強調した(読売新聞)。一方、平昌五輪開会式に出席した安倍総理について北朝鮮の労働新聞は「憎たらしい」などと批判している。こうした中で過去最高額となった日本の防衛費(産経新聞)について、防衛装備品の購入についてアメリカに代金を前払いするケースが激増しており、アメリカの言い値になることも多いと報じられている(日本経済新聞)。

安倍政権が今国会の最重要法案と位置づける「働き方改革法案」で、先月安倍総理は「裁量労働制」の拡大について、裁量労働制の方が一般労働より労働時間が短いという厚労省のデータを答弁した。これに野党は一方的なデータだと指摘、安倍総理は翌日データの不適切な処理を認め、答弁を撤回・謝罪した(読売新聞)。さらにデータの不適切処理が新たに117件あったことがわかった(東京新聞)。一方、森友問題について破棄したなどと虚偽の答弁をした、佐川国税庁長官に対する抗議デモが発生した(毎日新聞)。また財務省が会計検査に対して20件の関係文書を未提出だったことも問題視されており、佐川氏を招致すべきだとの声が高まっている(朝日新聞)。