ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「田中志歩」の検索結果

「田中志歩」に関連する情報 4件中 1〜4件目

「田中志歩」に関連するイベント情報

2015世界カデット選手権

東京五輪で活躍が期待される選手として、古賀稔彦さんイチオシの田中志歩選手を紹介した。田中選手が通う山口県の聖光高等学校を訪れると、文化祭が行われていた。田中選手は今年8月のインターハイ女子70kg級で優勝。身長は172cm、体重70kg。虫好きという一面を持ち制服に虫が止まっても動じていない様子。おちゃめで不思議なところがありクラスのアイドル的存在だという。野外ステージでは腕相撲大会が行われ、出場した田中選手だが、強すぎるため決勝では相手が両手を使うハンデ戦になるがそれでも優勝した。田中選手がいつも練習しているのが学校の練習場。得意技は内股。鳥居監督は田中選手の強さについて「体幹の強さ。倒れない」と話した。片足立ちで組手に挑戦すると、まるで普通に組んでいるかのように勝負しあっさり倒してしまった。バランスの良さの秘密はレスリングでバランストレーニングを行ったことだという。17歳以下の選手が出場する世界大会で3位になったという実力者でもあり、今でも週に2日ほどレスリングの練習に励んでいる。相手のバランスを崩すことが攻撃の糸口となるレスリングで徹底してバランスを鍛え守備力を強化している。田中選手の自宅を訪問。少食なのでゆっくり食べているという。父はかつて柔道と相撲をやっていたという。母は実業団のバレーボール選手だった。田中選手は5歳で柔道を始め、当初から力強さを発揮し地区大会で5回優勝した。その後実力を伸ばしインターハイ優勝するまでに成長した。しかし高校では部員数13人で、同じ階級の選手がいないため小さな選手としか練習していないことに不安を感じているという。しかし強くなるため自主的に基礎トレーニングを心がけている。古賀稔彦さんから金の卵に入ったメッセージ入りタオルが贈られた。


聖光高等学校

東京五輪で活躍が期待される選手として、古賀稔彦さんイチオシの田中志歩選手を紹介した。田中選手が通う山口県の聖光高等学校を訪れると、文化祭が行われていた。田中選手は今年8月のインターハイ女子70kg級で優勝。身長は172cm、体重70kg。虫好きという一面を持ち制服に虫が止まっても動じていない様子。おちゃめで不思議なところがありクラスのアイドル的存在だという。野外ステージでは腕相撲大会が行われ、出場した田中選手だが、強すぎるため決勝では相手が両手を使うハンデ戦になるがそれでも優勝した。田中選手がいつも練習しているのが学校の練習場。得意技は内股。鳥居監督は田中選手の強さについて「体幹の強さ。倒れない」と話した。片足立ちで組手に挑戦すると、まるで普通に組んでいるかのように勝負しあっさり倒してしまった。バランスの良さの秘密はレスリングでバランストレーニングを行ったことだという。17歳以下の選手が出場する世界大会で3位になったという実力者でもあり、今でも週に2日ほどレスリングの練習に励んでいる。相手のバランスを崩すことが攻撃の糸口となるレスリングで徹底してバランスを鍛え守備力を強化している。田中選手の自宅を訪問。少食なのでゆっくり食べているという。父はかつて柔道と相撲をやっていたという。母は実業団のバレーボール選手だった。田中選手は5歳で柔道を始め、当初から力強さを発揮し地区大会で5回優勝した。その後実力を伸ばしインターハイ優勝するまでに成長した。しかし高校では部員数13人で、同じ階級の選手がいないため小さな選手としか練習していないことに不安を感じているという。しかし強くなるため自主的に基礎トレーニングを心がけている。古賀稔彦さんから金の卵に入ったメッセージ入りタオルが贈られた。


「田中志歩」に関連するイベント情報

リオオリンピック

東京五輪で活躍が期待される選手として、古賀稔彦さんイチオシの田中志歩選手を紹介した。田中選手が通う山口県の聖光高等学校を訪れると、文化祭が行われていた。田中選手は今年8月のインターハイ女子70kg級で優勝。身長は172cm、体重70kg。虫好きという一面を持ち制服に虫が止まっても動じていない様子。おちゃめで不思議なところがありクラスのアイドル的存在だという。野外ステージでは腕相撲大会が行われ、出場した田中選手だが、強すぎるため決勝では相手が両手を使うハンデ戦になるがそれでも優勝した。田中選手がいつも練習しているのが学校の練習場。得意技は内股。鳥居監督は田中選手の強さについて「体幹の強さ。倒れない」と話した。片足立ちで組手に挑戦すると、まるで普通に組んでいるかのように勝負しあっさり倒してしまった。バランスの良さの秘密はレスリングでバランストレーニングを行ったことだという。17歳以下の選手が出場する世界大会で3位になったという実力者でもあり、今でも週に2日ほどレスリングの練習に励んでいる。相手のバランスを崩すことが攻撃の糸口となるレスリングで徹底してバランスを鍛え守備力を強化している。田中選手の自宅を訪問。少食なのでゆっくり食べているという。父はかつて柔道と相撲をやっていたという。母は実業団のバレーボール選手だった。田中選手は5歳で柔道を始め、当初から力強さを発揮し地区大会で5回優勝した。その後実力を伸ばしインターハイ優勝するまでに成長した。しかし高校では部員数13人で、同じ階級の選手がいないため小さな選手としか練習していないことに不安を感じているという。しかし強くなるため自主的に基礎トレーニングを心がけている。古賀稔彦さんから金の卵に入ったメッセージ入りタオルが贈られた。


「田中志歩」に関連するイベント情報

バルセロナ五輪

東京五輪で活躍が期待される選手として、古賀稔彦さんイチオシの田中志歩選手を紹介した。田中選手が通う山口県の聖光高等学校を訪れると、文化祭が行われていた。田中選手は今年8月のインターハイ女子70kg級で優勝。身長は172cm、体重70kg。虫好きという一面を持ち制服に虫が止まっても動じていない様子。おちゃめで不思議なところがありクラスのアイドル的存在だという。野外ステージでは腕相撲大会が行われ、出場した田中選手だが、強すぎるため決勝では相手が両手を使うハンデ戦になるがそれでも優勝した。田中選手がいつも練習しているのが学校の練習場。得意技は内股。鳥居監督は田中選手の強さについて「体幹の強さ。倒れない」と話した。片足立ちで組手に挑戦すると、まるで普通に組んでいるかのように勝負しあっさり倒してしまった。バランスの良さの秘密はレスリングでバランストレーニングを行ったことだという。17歳以下の選手が出場する世界大会で3位になったという実力者でもあり、今でも週に2日ほどレスリングの練習に励んでいる。相手のバランスを崩すことが攻撃の糸口となるレスリングで徹底してバランスを鍛え守備力を強化している。田中選手の自宅を訪問。少食なのでゆっくり食べているという。父はかつて柔道と相撲をやっていたという。母は実業団のバレーボール選手だった。田中選手は5歳で柔道を始め、当初から力強さを発揮し地区大会で5回優勝した。その後実力を伸ばしインターハイ優勝するまでに成長した。しかし高校では部員数13人で、同じ階級の選手がいないため小さな選手としか練習していないことに不安を感じているという。しかし強くなるため自主的に基礎トレーニングを心がけている。古賀稔彦さんから金の卵に入ったメッセージ入りタオルが贈られた。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (4)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (3)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (1)