ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「田中雅美」の検索結果

「田中雅美」に関連する情報 1192件中 1〜10件目

東京辰巳国際水泳場

パンパシフィック選手権で池江璃花子はきのう、女子100mバタフライ決勝で日本新記録で金メダルを獲得した。

パンパシフィック選手権で池江璃花子は100mバタフライ決勝で金メダルを獲得した。池江璃花子の金メダルのカギはストロークと田中雅美が解説。筋力をつけて、ワンストロークで進む距離が長くなっているという。


「田中雅美」に関連するイベント情報

パンパシフィック選手権

パンパシフィック選手権で池江璃花子はきのう、女子100mバタフライ決勝で日本新記録で金メダルを獲得した。

パンパシフィック選手権で池江璃花子は100mバタフライ決勝で金メダルを獲得した。池江璃花子の金メダルのカギはストロークと田中雅美が解説。筋力をつけて、ワンストロークで進む距離が長くなっているという。


「田中雅美」に関連するイベント情報

世界水泳

パンパシ水泳はメダルラッシュになったと語られ、昨日の結果が紹介された。金メダル小関選手、大橋選手の2つ。銀メダルが池江選手、萩野選手、混合リレー。銅が青木選手、瀬戸選手、松元選手、清水選手で合計9つのメダルを獲得。田中雅美さんによると好調の理由は異例の代表強化合宿で通常は日本代表選手は大会前に選出、招集され終わると所属先に戻るが去年は7月の世界水泳の後に代表強化合宿が行われたという。東京オリンピックに向けてコーチ陣に危機感があり、常に日本代表であることを意識させるための合宿で結果としてレベルの高い練習が行えているという。スタジオでは「強化合宿が実を結んでますね」「非常にね」などと語られた。団結力や自覚が増し、また一人で練習をやり続けるのは難しいのでトッププレイヤーと肩を並べて練習をするので意識が高くなるなどと述べられた。今日は男子200mバタフライ連覇がかかる瀬戸選手が登場すると伝えられた。


「田中雅美」に関連するイベント情報

東京オリンピック

東京オリンピックでの採用が決まっている混合400mメドレーリレーで日本記録がマークされた。この競技は背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライ、自由形の順に男女2人ずつが順序自由で泳ぐという。日本は背泳ぎに入江陵介選手、平泳ぎに小関也朱篤選手、バタフライに池江璃花子選手を充てる先行逃げ切り型の布陣で青木智美が2位で泳ぎきり銀メダルを獲得した。

パンパシ水泳はメダルラッシュになったと語られ、昨日の結果が紹介された。金メダル小関選手、大橋選手の2つ。銀メダルが池江選手、萩野選手、混合リレー。銅が青木選手、瀬戸選手、松元選手、清水選手で合計9つのメダルを獲得。田中雅美さんによると好調の理由は異例の代表強化合宿で通常は日本代表選手は大会前に選出、招集され終わると所属先に戻るが去年は7月の世界水泳の後に代表強化合宿が行われたという。東京オリンピックに向けてコーチ陣に危機感があり、常に日本代表であることを意識させるための合宿で結果としてレベルの高い練習が行えているという。スタジオでは「強化合宿が実を結んでますね」「非常にね」などと語られた。団結力や自覚が増し、また一人で練習をやり続けるのは難しいのでトッププレイヤーと肩を並べて練習をするので意識が高くなるなどと述べられた。今日は男子200mバタフライ連覇がかかる瀬戸選手が登場すると伝えられた。


「田中雅美」に関連するイベント情報

パンパシ水泳

昨日開幕したパンパシ水泳で、日本は金メダル2個を含む9個のメダルを獲得した。

女子400m個人メドレーに出場した大橋悠依選手は、序盤からリードを奪い後半もスピードを持続。世界大会ではじめての金メダルを掴んだ。大橋選手の日本代表入りは21歳。平井伯昌コーチの指導を受けたが結果が出ない日々が続き、貧血により一時は選手生命の危機に立たされた時期もあった。

池江璃花子選手はまず200m自由形決勝に登場。3番手のまま150mを折り返し、スパートで追い上げ2位。今年だけで16回目となる日本新記録を打ち出し、国際大会発のメダルを獲得した。リオ五輪で海外選手とのパワーの差を感じた池江選手は筋力トレーニングにも本格的に取り組み強化を図ってきたという。

東京オリンピックでの採用が決まっている混合400mメドレーリレーで日本記録がマークされた。この競技は背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライ、自由形の順に男女2人ずつが順序自由で泳ぐという。日本は背泳ぎに入江陵介選手、平泳ぎに小関也朱篤選手、バタフライに池江璃花子選手を充てる先行逃げ切り型の布陣で青木智美が2位で泳ぎきり銀メダルを獲得した。

パンパシ水泳はメダルラッシュになったと語られ、昨日の結果が紹介された。金メダル小関選手、大橋選手の2つ。銀メダルが池江選手、萩野選手、混合リレー。銅が青木選手、瀬戸選手、松元選手、清水選手で合計9つのメダルを獲得。田中雅美さんによると好調の理由は異例の代表強化合宿で通常は日本代表選手は大会前に選出、招集され終わると所属先に戻るが去年は7月の世界水泳の後に代表強化合宿が行われたという。東京オリンピックに向けてコーチ陣に危機感があり、常に日本代表であることを意識させるための合宿で結果としてレベルの高い練習が行えているという。スタジオでは「強化合宿が実を結んでますね」「非常にね」などと語られた。団結力や自覚が増し、また一人で練習をやり続けるのは難しいのでトッププレイヤーと肩を並べて練習をするので意識が高くなるなどと述べられた。今日は男子200mバタフライ連覇がかかる瀬戸選手が登場すると伝えられた。


「田中雅美」に関連するイベント情報

パンパシ水泳2018

9日に始まる「パンパシ水泳2018」の注目ポイントについて田中雅美さんは池江璃花子選手などが出場し、全日程注目できると話した。


「田中雅美」に関連するイベント情報

パンパシ水泳2018

平井コーチとの練習に励んだ青木玲緒樹は4月の日本選手権に出場。100mでは自己ベストのタイムで優勝した。この試合のあと、平井コーチは涙を流して喜んでくれたという。パンパシ水泳では決勝には絶対残ってメダルを取りたいと青木は話した。

青木玲緒樹選手の話題。平井コーチはネガティブ気味な彼女のメンタル面も鍛えてきたなどと田中雅美は話した。パンパシ水泳は来月9日開幕。


「田中雅美」に関連するイベント情報

世界水泳

パンパシ水泳2018が来月9日に開幕。平泳ぎの注目選手は青木玲緒樹選手。4月の日本選手権では100mと200mの平泳ぎで2冠を達成している。小学3年生のときに水泳を始めた青木は北島康介氏らの指導も行った平井伯昌コーチに声をかけられ指導を受けた。蒼きは去年の世界水泳で初めて代表に選出されたが準決勝で敗退。スタートに課題が見つかり、平井コーチとの練習に励んだ。スタートは飛び込みの入水角度や姿勢、最初のひとかきなどのタイミングが重要で非常に難しいとスタジオの田中雅美氏もコメントした。


「田中雅美」に関連するイベント情報

日本選手権

パンパシ水泳2018が来月9日に開幕。平泳ぎの注目選手は青木玲緒樹選手。4月の日本選手権では100mと200mの平泳ぎで2冠を達成している。小学3年生のときに水泳を始めた青木は北島康介氏らの指導も行った平井伯昌コーチに声をかけられ指導を受けた。蒼きは去年の世界水泳で初めて代表に選出されたが準決勝で敗退。スタートに課題が見つかり、平井コーチとの練習に励んだ。スタートは飛び込みの入水角度や姿勢、最初のひとかきなどのタイミングが重要で非常に難しいとスタジオの田中雅美氏もコメントした。


「田中雅美」に関連するイベント情報

パンパシ水泳2018

パンパシ水泳2018が来月9日に開幕。平泳ぎの注目選手は青木玲緒樹選手。4月の日本選手権では100mと200mの平泳ぎで2冠を達成している。小学3年生のときに水泳を始めた青木は北島康介氏らの指導も行った平井伯昌コーチに声をかけられ指導を受けた。蒼きは去年の世界水泳で初めて代表に選出されたが準決勝で敗退。スタートに課題が見つかり、平井コーチとの練習に励んだ。スタートは飛び込みの入水角度や姿勢、最初のひとかきなどのタイミングが重要で非常に難しいとスタジオの田中雅美氏もコメントした。