ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「田井れい花」の検索結果

「田井れい花」に関連する情報 31件中 1〜10件目

「田井れい花」に関連する映画・DVD

陰陽師

羽生結弦の強さのワケを解説。グランプリシリーズ日本大会で322点の世界最高得点を記録した演技の映像を公開。解説者の佐野稔氏によると最高難度のプログラムをノーミスでやりきる体力と気力がスゴイという。田井れい花リポーターによると、ジャッジらが控室に戻る時そのうち1人が涙を流していた。


「田井れい花」に関連する音楽・CD

SEIMEI

羽生結弦の強さのワケを解説。グランプリシリーズ日本大会で322点の世界最高得点を記録した演技の映像を公開。解説者の佐野稔氏によると最高難度のプログラムをノーミスでやりきる体力と気力がスゴイという。田井れい花リポーターによると、ジャッジらが控室に戻る時そのうち1人が涙を流していた。


「田井れい花」に関連するイベント情報

グランプリシリーズ日本大会

羽生結弦の強さのワケを解説。グランプリシリーズ日本大会で322点の世界最高得点を記録した演技の映像を公開。解説者の佐野稔氏によると最高難度のプログラムをノーミスでやりきる体力と気力がスゴイという。田井れい花リポーターによると、ジャッジらが控室に戻る時そのうち1人が涙を流していた。


「田井れい花」に関連するグルメ情報

コーヒーゼリー

モカソフトの生みの親は、金坂景助さん。輸入商社に勤めていた金坂さんは、コーヒーと出会い、高級品だったコーヒーを多くの人に広めたいと、立ち飲み式のカフェ「ミカド珈琲」を創業した。ミカド珈琲商会の鳴島佳津子さんは金坂さんについて、大変探究心の旺盛な人だったと話し、コーヒーゼリーを発案したのも金坂だと話した。リポーターの田井れい花はコーヒーゼリーをいただいた。


「田井れい花」に関連するレストラン・飲食店

ソフトクリームは昭和26年に米軍キャンプで提供されたのがその始まり。モカソフトはミカド珈琲店日本橋本店で誕生したと日本橋本店の店長の、柳澤悟志さんはコメント。リポーターの田井れい花はミカド珈琲店ノモカソフトをいただいた。

モカソフトの生みの親は、金坂景助さん。輸入商社に勤めていた金坂さんは、コーヒーと出会い、高級品だったコーヒーを多くの人に広めたいと、立ち飲み式のカフェ「ミカド珈琲」を創業した。ミカド珈琲商会の鳴島佳津子さんは金坂さんについて、大変探究心の旺盛な人だったと話し、コーヒーゼリーを発案したのも金坂だと話した。リポーターの田井れい花はコーヒーゼリーをいただいた。

 (カフェ、ソフトクリーム)

「田井れい花」に関連するグルメ情報

モカソフト

ソフトクリームは昭和26年に米軍キャンプで提供されたのがその始まり。モカソフトはミカド珈琲店日本橋本店で誕生したと日本橋本店の店長の、柳澤悟志さんはコメント。リポーターの田井れい花はミカド珈琲店ノモカソフトをいただいた。

モカソフトは昭和44年に、金坂が店でつまらなそうにしていた子供を見て、子供が楽しめるコーヒーを作ろうと考え、当時街で流行っていたソフトクリームがヒントとなって誕生した。


「田井れい花」に関連するグルメ情報

ソフトクリーム

ソフトクリームは昭和26年に米軍キャンプで提供されたのがその始まり。モカソフトはミカド珈琲店日本橋本店で誕生したと日本橋本店の店長の、柳澤悟志さんはコメント。リポーターの田井れい花はミカド珈琲店ノモカソフトをいただいた。


「田井れい花」に関連するグルメ情報

純印度式カリー

インドカレーは新宿中村屋で誕生した。広報課長の廣澤久美子さんは、昭和2年からインドカリーを発売していると話した。リポーターの田井れい花は純印度式カリーをいただいた。

インドカリーは明治34年に文京区の本郷で創業した。その後、創業者の相馬愛蔵と妻の良が、インド独立運動の志士であり、日本に亡命してきたラス・ビハリ・ボースと知り合いになった。そして、浅草上野間に銀座線が開通した際、店に喫茶部をつくる話になると、ボースが印度式のカリーを店の名物料理にしようと提案した。また、愛蔵は鶏肉や米にもこだわり、米には最高級品の白目米を使い、インドカリーは完成。


「田井れい花」に関連するレストラン・飲食店

新宿中村屋

インドカレーは新宿中村屋で誕生した。広報課長の廣澤久美子さんは、昭和2年からインドカリーを発売していると話した。リポーターの田井れい花は純印度式カリーをいただいた。

インドカリーは明治34年に文京区の本郷で創業した。その後、創業者の相馬愛蔵と妻の良が、インド独立運動の志士であり、日本に亡命してきたラス・ビハリ・ボースと知り合いになった。そして、浅草上野間に銀座線が開通した際、店に喫茶部をつくる話になると、ボースが印度式のカリーを店の名物料理にしようと提案した。また、愛蔵は鶏肉や米にもこだわり、米には最高級品の白目米を使い、インドカリーは完成。


「田井れい花」に関連するグルメ情報

フカヒレ入りのあんかけ弁当

銀座三越は2010年に全館リニューアルし、デパ地下には約150店が出店し、休日になると1日約7万人の客が詰めかけている。三越のデパ地下がトップの理由は食品営業部のマネージャー・畔田隆弘さんによると、家庭ではできない専門的・本格的なお総菜に力を入れていることだという。1ツ星店の日本料理・神谷から販売されている銀座三越限定の「神谷特製 観劇弁当」や、本格中華料理の全聚徳から販売で同じく銀座三越限定の「フカヒレ入りのあんかけ弁当」などがある。試食した田井れい花は「すごくコクのあるスープ」と絶賛した。


検索結果の絞り込み