ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「発達障害」の検索結果

「発達障害」に関連する情報 636件中 1〜10件目

発達障害

先月28日放送「ザ・ノンフィクション」ではダウン症を抱えた娘・たえちゃんと自らの死について伝えようとする末期がんの母の親子2人の苦悩を追ったドキュメンタリー。30代女性からは「発達障害の息子のこれからを考えると他人の事と思えず、涙なしには見られませんでした」などのメッセージが届いた。


末期がん

先月28日放送「ザ・ノンフィクション」ではダウン症を抱えた娘・たえちゃんと自らの死について伝えようとする末期がんの母の親子2人の苦悩を追ったドキュメンタリー。30代女性からは「発達障害の息子のこれからを考えると他人の事と思えず、涙なしには見られませんでした」などのメッセージが届いた。


ダウン症

先月28日放送「ザ・ノンフィクション」ではダウン症を抱えた娘・たえちゃんと自らの死について伝えようとする末期がんの母の親子2人の苦悩を追ったドキュメンタリー。30代女性からは「発達障害の息子のこれからを考えると他人の事と思えず、涙なしには見られませんでした」などのメッセージが届いた。


上白石橋

今年5月12日、北海道・札幌市で苗穂駅に電車の写真を撮影するため外出した17歳の男性が行方不明になった。男性が出かける時に持っていた持ち物と靴が豊平川の河川敷で発見。自殺したかと思われたが、翌週に近所の人が挨拶をしたという。男性は広汎性発達障害、社会性やコミュニケーション能力などが苦手だという。札幌高等養護学校の生活園芸科に在籍、平日は学校の寄宿舎で暮らし週末に実家に戻る生活をしていた。男性は電車好き、これまでも1人で撮影に出かけることが多かった。失踪の翌日には札幌市の隣にある江別市で男性の自転車も発見されている。


苗穂駅

今年5月12日、北海道・札幌市で苗穂駅に電車の写真を撮影するため外出した17歳の男性が行方不明になった。男性が出かける時に持っていた持ち物と靴が豊平川の河川敷で発見。自殺したかと思われたが、翌週に近所の人が挨拶をしたという。男性は広汎性発達障害、社会性やコミュニケーション能力などが苦手だという。札幌高等養護学校の生活園芸科に在籍、平日は学校の寄宿舎で暮らし週末に実家に戻る生活をしていた。男性は電車好き、これまでも1人で撮影に出かけることが多かった。失踪の翌日には札幌市の隣にある江別市で男性の自転車も発見されている。


札幌高等養護学校

今年5月12日、北海道・札幌市で苗穂駅に電車の写真を撮影するため外出した17歳の男性が行方不明になった。男性が出かける時に持っていた持ち物と靴が豊平川の河川敷で発見。自殺したかと思われたが、翌週に近所の人が挨拶をしたという。男性は広汎性発達障害、社会性やコミュニケーション能力などが苦手だという。札幌高等養護学校の生活園芸科に在籍、平日は学校の寄宿舎で暮らし週末に実家に戻る生活をしていた。男性は電車好き、これまでも1人で撮影に出かけることが多かった。失踪の翌日には札幌市の隣にある江別市で男性の自転車も発見されている。


広汎性発達障害

今年5月12日、北海道・札幌市で苗穂駅に電車の写真を撮影するため外出した17歳の男性が行方不明になった。男性が出かける時に持っていた持ち物と靴が豊平川の河川敷で発見。自殺したかと思われたが、翌週に近所の人が挨拶をしたという。男性は広汎性発達障害、社会性やコミュニケーション能力などが苦手だという。札幌高等養護学校の生活園芸科に在籍、平日は学校の寄宿舎で暮らし週末に実家に戻る生活をしていた。男性は電車好き、これまでも1人で撮影に出かけることが多かった。失踪の翌日には札幌市の隣にある江別市で男性の自転車も発見されている。


発達障害

相模原障害者施設殺傷事件で入江さんが強く反応したのは、世田谷一家殺害事件の犠牲になった甥についての、入江さんの母親の言葉があったからと語る。甥は発達障害があり、一家を結ぶ中心となっていたが、入江さんの母親は亡くなって仕方なかったと語っていたことを明かした。このことがサブタイトルに結びついたという。世田谷一家殺害事件で母親は事件の第一発見者だった。また入江さんに対し事件の沈黙を強いた人物でもあった。入江さんが積極的に話をするようになるのは6年の歳月が必要となった。母親は事件の11年後に亡くなった。亡くなる前は持病が悪化。視力を失っていた。


「発達障害」に関連するイベント情報

ミシュカの森

相模原障害者施設殺傷事件で入江さんが強く反応したのは、世田谷一家殺害事件の犠牲になった甥についての、入江さんの母親の言葉があったからと語る。甥は発達障害があり、一家を結ぶ中心となっていたが、入江さんの母親は亡くなって仕方なかったと語っていたことを明かした。このことがサブタイトルに結びついたという。世田谷一家殺害事件で母親は事件の第一発見者だった。また入江さんに対し事件の沈黙を強いた人物でもあった。入江さんが積極的に話をするようになるのは6年の歳月が必要となった。母親は事件の11年後に亡くなった。亡くなる前は持病が悪化。視力を失っていた。


「発達障害」に関連する音楽・CD

WAになっておどろう

一方、武道館で行われたのは障がいのあるダンサーたちとコラボする名曲ダンスメドレーが疲労。Sexy Zoneの佐藤さん、中島さん、菊池さんは、車いすダンサーと少年隊の♪仮面舞踏会を披露した。相田翔子さんとコラボするのは発達障害などのあるダンスチームで和傘を使ったダンスを披露した(♪淋しい熱帯魚/Wink)。またSPEEDの島袋寛子さんたちは、聴覚障がいのあるHIPHOPダンスチームと「♪White Love」を披露した。最後は全員で「♪WAになっておどろう」でダンスコラボを披露した。ステージを終えた、島袋さんと相田さんは、「感動的な時間を過ごせました」「楽しかった」などとコメントした。