ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「白鳥の湖」の検索結果

「白鳥の湖」に関連する情報 1320件中 1〜10件目

「白鳥の湖」に関連する音楽・CD

白鳥の湖

音楽の問題。バレエ音楽「白鳥の湖」を作曲したこの人物は?と出題。正解は「チャイコフスキー」。


「白鳥の湖」に関連する音楽・CD

白鳥の湖

今回のゲストは音楽家の青島広志、「青島広志のバレエ音楽ってステキ! 」は今年で6回目となる。助手を務めるのは宮尾俊太郎さん、2人がバレエの雑学を披露。今回は青島先生がバレエ音楽やオーケストラの雑学を紹介。バレエ音楽は踊るための音楽なので動きたくなる音楽だとした。偶数の小節でできているとし「花のワルツ」を披露した。シンメトリーで左右で行き来をするように作られた曲ができているとした。青島先生はバレエは音楽家より踊る人が偉いからそういう発注が多かったのだろう話した。白鳥の湖はさざなみをイメージしているとした。オーケストラのコンサートマスターは3万円くらい多く、個室の楽屋を持つ。指揮者が死んでしまった時にコンマスが代わりに指揮をすることになっている。青島先生は1年間で300回は演奏会をするが、このイベントが1番面白いと話した。


「白鳥の湖」に関連する音楽・CD

花のワルツ

今回のゲストは音楽家の青島広志、「青島広志のバレエ音楽ってステキ! 」は今年で6回目となる。助手を務めるのは宮尾俊太郎さん、2人がバレエの雑学を披露。今回は青島先生がバレエ音楽やオーケストラの雑学を紹介。バレエ音楽は踊るための音楽なので動きたくなる音楽だとした。偶数の小節でできているとし「花のワルツ」を披露した。シンメトリーで左右で行き来をするように作られた曲ができているとした。青島先生はバレエは音楽家より踊る人が偉いからそういう発注が多かったのだろう話した。白鳥の湖はさざなみをイメージしているとした。オーケストラのコンサートマスターは3万円くらい多く、個室の楽屋を持つ。指揮者が死んでしまった時にコンマスが代わりに指揮をすることになっている。青島先生は1年間で300回は演奏会をするが、このイベントが1番面白いと話した。


「白鳥の湖」に関連するイベント情報

バレエ音楽ってステキ!

今回のゲストは音楽家の青島広志、「青島広志のバレエ音楽ってステキ! 」は今年で6回目となる。助手を務めるのは宮尾俊太郎さん、2人がバレエの雑学を披露。今回は青島先生がバレエ音楽やオーケストラの雑学を紹介。バレエ音楽は踊るための音楽なので動きたくなる音楽だとした。偶数の小節でできているとし「花のワルツ」を披露した。シンメトリーで左右で行き来をするように作られた曲ができているとした。青島先生はバレエは音楽家より踊る人が偉いからそういう発注が多かったのだろう話した。白鳥の湖はさざなみをイメージしているとした。オーケストラのコンサートマスターは3万円くらい多く、個室の楽屋を持つ。指揮者が死んでしまった時にコンマスが代わりに指揮をすることになっている。青島先生は1年間で300回は演奏会をするが、このイベントが1番面白いと話した。


「白鳥の湖」に関連する音楽・CD

白鳥の湖

きのう慢性閉塞性肺疾患のため死去した落語家・桂歌丸さんを偲ぶ声が、三遊亭小遊三、春風亭昇太などゆかりの人物らから寄せられた。歌丸さんは1966年「笑点」放送開始当時から50年にわたり出演し人気を博した。現存する最古の「笑点」大喜利の映像(1973年)には当時37歳の歌丸さんの姿が残っている。座布団10枚獲得の賞品としてギリシャでマラソンをしたり、正月かくし芸番組で「白鳥の湖」を踊ったりと笑点の歴史そのものだった。三遊亭小円遊との掛け合いはやがて楽太郎(現・円楽)とのバトルに発展。2006年には笑点の5代目司会者に就任し、バトルはますますエスカレートした。2016年、笑点を卒業する歌丸さんに円楽は涙をこらえながら「死ぬまでやったらいいと思っていた」「落語でずっとお師匠さんの背中見ていきます」などと話していた。円楽がどのように個性を出せばよいか悩んでいたところ、歌丸さんは「自分のことをネタにしていい」とアドバイスしていたのだという。


「白鳥の湖」に関連する音楽・CD

人生いろいろ

きのう慢性閉塞性肺疾患のため死去した落語家・桂歌丸さんを偲ぶ声が、三遊亭小遊三、春風亭昇太などゆかりの人物らから寄せられた。歌丸さんは1966年「笑点」放送開始当時から50年にわたり出演し人気を博した。現存する最古の「笑点」大喜利の映像(1973年)には当時37歳の歌丸さんの姿が残っている。座布団10枚獲得の賞品としてギリシャでマラソンをしたり、正月かくし芸番組で「白鳥の湖」を踊ったりと笑点の歴史そのものだった。三遊亭小円遊との掛け合いはやがて楽太郎(現・円楽)とのバトルに発展。2006年には笑点の5代目司会者に就任し、バトルはますますエスカレートした。2016年、笑点を卒業する歌丸さんに円楽は涙をこらえながら「死ぬまでやったらいいと思っていた」「落語でずっとお師匠さんの背中見ていきます」などと話していた。円楽がどのように個性を出せばよいか悩んでいたところ、歌丸さんは「自分のことをネタにしていい」とアドバイスしていたのだという。


「白鳥の湖」に関連する音楽・CD

ドン・キホーテ

フィギュアスケートの音楽はストーリーが想像しやすいもの、想像しにくいものに大別できるという。前者は「オペラ座の怪人」などのオペラ、映画音楽、「白鳥の湖」といったバレエ楽曲が該当する。後者はピアノ楽曲、ジャズ、クラシックなど。本田武史はオペラ、映画音楽を得意とし、村上佳菜子はミュージカルの一方、小塚はストーリーが想像しにくいジャズなどが得意だという。本田は「ストーリー性のある曲ではジャッジの際にきちんとした解釈をしていないと捉えられることがあるが、抑揚があって感情移入しやすく、スケートとは好相性」とコメント。そんな本田が勝負をかけて選んだのが「ドン・キホーテ」で、「若さ、速さ、駆け抜けろ」というコンセプトのプログラムにしてソルトレイクシティオリンピックに臨んだ。バレエ団に足を運び、音の取り方について徹底的に研究を重ねた。本番では会心の演技だったという。


「白鳥の湖」に関連するイベント情報

ソルトレイクシティオリンピック

フィギュアスケートの音楽はストーリーが想像しやすいもの、想像しにくいものに大別できるという。前者は「オペラ座の怪人」などのオペラ、映画音楽、「白鳥の湖」といったバレエ楽曲が該当する。後者はピアノ楽曲、ジャズ、クラシックなど。本田武史はオペラ、映画音楽を得意とし、村上佳菜子はミュージカルの一方、小塚はストーリーが想像しにくいジャズなどが得意だという。本田は「ストーリー性のある曲ではジャッジの際にきちんとした解釈をしていないと捉えられることがあるが、抑揚があって感情移入しやすく、スケートとは好相性」とコメント。そんな本田が勝負をかけて選んだのが「ドン・キホーテ」で、「若さ、速さ、駆け抜けろ」というコンセプトのプログラムにしてソルトレイクシティオリンピックに臨んだ。バレエ団に足を運び、音の取り方について徹底的に研究を重ねた。本番では会心の演技だったという。


「白鳥の湖」に関連する音楽・CD

レクイエム

フィギュアスケートの音楽はストーリーが想像しやすいもの、想像しにくいものに大別できるという。前者は「オペラ座の怪人」などのオペラ、映画音楽、「白鳥の湖」といったバレエ楽曲が該当する。後者はピアノ楽曲、ジャズ、クラシックなど。本田武史はオペラ、映画音楽を得意とし、村上佳菜子はミュージカルの一方、小塚はストーリーが想像しにくいジャズなどが得意だという。本田は「ストーリー性のある曲ではジャッジの際にきちんとした解釈をしていないと捉えられることがあるが、抑揚があって感情移入しやすく、スケートとは好相性」とコメント。そんな本田が勝負をかけて選んだのが「ドン・キホーテ」で、「若さ、速さ、駆け抜けろ」というコンセプトのプログラムにしてソルトレイクシティオリンピックに臨んだ。バレエ団に足を運び、音の取り方について徹底的に研究を重ねた。本番では会心の演技だったという。


「白鳥の湖」に関連する音楽・CD

ピアノ協奏曲イ短調

フィギュアスケートの音楽はストーリーが想像しやすいもの、想像しにくいものに大別できるという。前者は「オペラ座の怪人」などのオペラ、映画音楽、「白鳥の湖」といったバレエ楽曲が該当する。後者はピアノ楽曲、ジャズ、クラシックなど。本田武史はオペラ、映画音楽を得意とし、村上佳菜子はミュージカルの一方、小塚はストーリーが想像しにくいジャズなどが得意だという。本田は「ストーリー性のある曲ではジャッジの際にきちんとした解釈をしていないと捉えられることがあるが、抑揚があって感情移入しやすく、スケートとは好相性」とコメント。そんな本田が勝負をかけて選んだのが「ドン・キホーテ」で、「若さ、速さ、駆け抜けろ」というコンセプトのプログラムにしてソルトレイクシティオリンピックに臨んだ。バレエ団に足を運び、音の取り方について徹底的に研究を重ねた。本番では会心の演技だったという。