ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「直腸がん」の検索結果

「直腸がん」に関連する情報 578件中 1〜10件目

直腸がん

山本“KID”徳郁さんと写真に写っている女性・宮部治恵さんは当時がんと闘っていた。格闘技界の頂点に立ち、華々しい活躍で注目されていたKIDさん。その陰でがんと闘う一人の女性との深い絆があった。大晦日に繰り広げた死闘が話題となった対戦相手の魔娑斗さんは「きっとまだ生きたかっただろうし、なんて声をかけていいかわからないですよね」とコメントした。宮部治恵さんは2005年当時、子宮頸がんと直腸がんを患い、投げやりな気持ちになっていたのだそう。そんなときに担当の看護師が宮部さんがKIDさんのファンであることを知り、手紙を書いた。その手紙を呼んだKIDさんが宮部さんに電話をかけてきたのだった。落ち込んでいた気持ちが軽くなったという宮部さん。その5ヶ月後にがん摘出手術を受けることになり、再びKIDさんにメールを送信した。するとKIDさんから思わぬ返事が返ってきた。


子宮頸がん

山本“KID”徳郁さんと写真に写っている女性・宮部治恵さんは当時がんと闘っていた。格闘技界の頂点に立ち、華々しい活躍で注目されていたKIDさん。その陰でがんと闘う一人の女性との深い絆があった。大晦日に繰り広げた死闘が話題となった対戦相手の魔娑斗さんは「きっとまだ生きたかっただろうし、なんて声をかけていいかわからないですよね」とコメントした。宮部治恵さんは2005年当時、子宮頸がんと直腸がんを患い、投げやりな気持ちになっていたのだそう。そんなときに担当の看護師が宮部さんがKIDさんのファンであることを知り、手紙を書いた。その手紙を呼んだKIDさんが宮部さんに電話をかけてきたのだった。落ち込んでいた気持ちが軽くなったという宮部さん。その5ヶ月後にがん摘出手術を受けることになり、再びKIDさんにメールを送信した。するとKIDさんから思わぬ返事が返ってきた。


日刊スポーツ

設楽さんは「貴乃花親方が会見をして驚いたんですが、やっぱり傷害事件からいろいろ噛み合わなくて・・・でも一旦は頑張ってやりますって決着がついたのかと思ったんですが、今回こういうかたちになって、でも理由は相撲協会とはちょっと違う意見で」というと、兵動さんは「最初ビックリしすぎて、体調崩されてた時期だったから健康面かと思った。これからどうなるかですよね。」などとコメントした。兄の花田虎上さんは「貴乃花親方が退職と聞いてこのタイミングには驚きました。私の推測となりますが、本来だったら協会に受理されてから発表するはずが、協会が受理する前に発表したのは受け取りを拒否されないよう、さらに会見まで段取りを整えたのではないかと思います。現段階ではそれほどの強い意志があるのではないかと考えております。もう少し状況を見守りたいと思います」とコメントしている。貴乃花親方の退職が受理された場合に残されている道について、相撲リポーターの横野レイコさんは「プロの世界では難しいためアマチュアで活躍するのではないか」と話している。しかし現在のところまだ相撲協会から受理されていないため、明日の年寄り総会でどうなるのか決まる見通し。

山本“KID”徳郁さんと写真に写っている女性・宮部治恵さんは当時がんと闘っていた。格闘技界の頂点に立ち、華々しい活躍で注目されていたKIDさん。その陰でがんと闘う一人の女性との深い絆があった。大晦日に繰り広げた死闘が話題となった対戦相手の魔娑斗さんは「きっとまだ生きたかっただろうし、なんて声をかけていいかわからないですよね」とコメントした。宮部治恵さんは2005年当時、子宮頸がんと直腸がんを患い、投げやりな気持ちになっていたのだそう。そんなときに担当の看護師が宮部さんがKIDさんのファンであることを知り、手紙を書いた。その手紙を呼んだKIDさんが宮部さんに電話をかけてきたのだった。落ち込んでいた気持ちが軽くなったという宮部さん。その5ヶ月後にがん摘出手術を受けることになり、再びKIDさんにメールを送信した。するとKIDさんから思わぬ返事が返ってきた。


胃がん

1945年8月6日、広島に原爆が落とされた。73年がたち、被爆者の平均年齢は82.06歳に。去年、国連で核兵器禁止条約が採択されたが、日本は「現実的でない」として反対している。兒玉光雄さんは12歳のときに被爆し、300人以上の友人を失った。60歳から直腸がん、胃がんなど20回以上の手術を受けている。去年新たながんが見つかったが、手術はできなかった。原爆の悲惨さを伝えるため、高校生の原爆の絵の制作にも協力した。藤森俊希さんは1歳で被爆。国連での証言は核禁止条約の採択につながった。


直腸がん

1945年8月6日、広島に原爆が落とされた。73年がたち、被爆者の平均年齢は82.06歳に。去年、国連で核兵器禁止条約が採択されたが、日本は「現実的でない」として反対している。兒玉光雄さんは12歳のときに被爆し、300人以上の友人を失った。60歳から直腸がん、胃がんなど20回以上の手術を受けている。去年新たながんが見つかったが、手術はできなかった。原爆の悲惨さを伝えるため、高校生の原爆の絵の制作にも協力した。藤森俊希さんは1歳で被爆。国連での証言は核禁止条約の採択につながった。


広島市立基町高校

1945年8月6日、広島に原爆が落とされた。73年がたち、被爆者の平均年齢は82.06歳に。去年、国連で核兵器禁止条約が採択されたが、日本は「現実的でない」として反対している。兒玉光雄さんは12歳のときに被爆し、300人以上の友人を失った。60歳から直腸がん、胃がんなど20回以上の手術を受けている。去年新たながんが見つかったが、手術はできなかった。原爆の悲惨さを伝えるため、高校生の原爆の絵の制作にも協力した。藤森俊希さんは1歳で被爆。国連での証言は核禁止条約の採択につながった。


国連本部

1945年8月6日、広島に原爆が落とされた。73年がたち、被爆者の平均年齢は82.06歳に。去年、国連で核兵器禁止条約が採択されたが、日本は「現実的でない」として反対している。兒玉光雄さんは12歳のときに被爆し、300人以上の友人を失った。60歳から直腸がん、胃がんなど20回以上の手術を受けている。去年新たながんが見つかったが、手術はできなかった。原爆の悲惨さを伝えるため、高校生の原爆の絵の制作にも協力した。藤森俊希さんは1歳で被爆。国連での証言は核禁止条約の採択につながった。


平和記念公園

1945年8月6日、広島に原爆が落とされた。73年がたち、被爆者の平均年齢は82.06歳に。去年、国連で核兵器禁止条約が採択されたが、日本は「現実的でない」として反対している。兒玉光雄さんは12歳のときに被爆し、300人以上の友人を失った。60歳から直腸がん、胃がんなど20回以上の手術を受けている。去年新たながんが見つかったが、手術はできなかった。原爆の悲惨さを伝えるため、高校生の原爆の絵の制作にも協力した。藤森俊希さんは1歳で被爆。国連での証言は核禁止条約の採択につながった。


「直腸がん」に関連するグルメ情報

グラタン

洋食屋「和風レストランキャニオン」に避難し、体力を充電。やしろさんは2つのメニューを注文。まずは「Aセット」のエビフライとハンバーグを作っていく。エビフライは特大のブラックタイガーを使用。ハンバーグは国産の合いびき肉を手ごねで作っている。エビフライとハンバーグの組み合わせは創業当時からのキャニオン人気ナンバー1メニュー。そしてもう1つ「キャニオンドリア」はすべて手作り。目玉焼きはグランド・キャニオンから望む夕日を、ベーコンは渓谷をイメージしている。チーズとパン粉をカリカリになるまで焼き上げれば完成。キャニオンドリアをいただいたやしろさんは「美味しい。クリーミーなソースとケチャップご飯が合います。」とコメント。やしろさんはお腹が空いていたそう。やしろさんはキャニオンでご飯調査を依頼。交渉は成立。ご飯を見せてくれるのは、創業昭和45年、家族4人で切り盛りする和風レストランキャニオン。厨房を仕切るのはお父さんの平田和夫さん。高校卒業後、役所に務め、23歳で結婚。この結婚を期に、元々好きだった料理で人肌揚げたいと店をオープンした。ホールを仕切るのは長女の倫子さん。今日のまかないご飯はカレーライスとのこと。カレーはブイヨンの代わりにかつお出汁を加えた和風仕上げ。この和風カレーはお店のメニューとしても出されている。一緒にカレーライスをいただいたやしろさんは「美味しい。本当に和風なカレー。スパイシーだけど出汁の風味もきいてる。」などとコメントした。6年前、直腸がんをわずらった和夫さんの妻のことさん9時間に及ぶ手術を行ったが、予定の2週間前に退院。次女の結婚式に出席したそう。元気をいただいたというやしろさんはお店を後にして再出発。風はやまないままだった。


「直腸がん」に関連するグルメ情報

蕎麦

洋食屋「和風レストランキャニオン」に避難し、体力を充電。やしろさんは2つのメニューを注文。まずは「Aセット」のエビフライとハンバーグを作っていく。エビフライは特大のブラックタイガーを使用。ハンバーグは国産の合いびき肉を手ごねで作っている。エビフライとハンバーグの組み合わせは創業当時からのキャニオン人気ナンバー1メニュー。そしてもう1つ「キャニオンドリア」はすべて手作り。目玉焼きはグランド・キャニオンから望む夕日を、ベーコンは渓谷をイメージしている。チーズとパン粉をカリカリになるまで焼き上げれば完成。キャニオンドリアをいただいたやしろさんは「美味しい。クリーミーなソースとケチャップご飯が合います。」とコメント。やしろさんはお腹が空いていたそう。やしろさんはキャニオンでご飯調査を依頼。交渉は成立。ご飯を見せてくれるのは、創業昭和45年、家族4人で切り盛りする和風レストランキャニオン。厨房を仕切るのはお父さんの平田和夫さん。高校卒業後、役所に務め、23歳で結婚。この結婚を期に、元々好きだった料理で人肌揚げたいと店をオープンした。ホールを仕切るのは長女の倫子さん。今日のまかないご飯はカレーライスとのこと。カレーはブイヨンの代わりにかつお出汁を加えた和風仕上げ。この和風カレーはお店のメニューとしても出されている。一緒にカレーライスをいただいたやしろさんは「美味しい。本当に和風なカレー。スパイシーだけど出汁の風味もきいてる。」などとコメントした。6年前、直腸がんをわずらった和夫さんの妻のことさん9時間に及ぶ手術を行ったが、予定の2週間前に退院。次女の結婚式に出席したそう。元気をいただいたというやしろさんはお店を後にして再出発。風はやまないままだった。