ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「直腸がん」の検索結果

「直腸がん」に関連する情報 586件中 1〜10件目

直腸がん

病気療養中の渡哲也さんがおよそ31年ぶりにCM出演をした。渡さんは31年にわたって出演している宝酒造の「松竹梅」のCMに出演している。番組ではあすから公開されるCMの映像が流れた。

渡哲也さんはがんなどで2度の手術を乗り越え現在は呼吸器系梗塞の治療を行っている。スタジの出演者は「まだまだ元気に頑張ってほしい」などと話していた。


急性心筋梗塞

俳優・渡哲也さんが31年もの間イメージキャラクターを務めた年末年始恒例の宝酒造「松竹梅」のCM。1965年のデビュー後、数々の映画・ドラマに出演。石原軍団の顔として知られている渡さんだが、1991年に直腸がんを、2015年に急性心筋梗塞で倒れ、緊急手術を行った。しかし、現在もリハビリを続けながら毎年欠かさず松竹梅のCMに臨んでいる。華を添えるのはCM共演が9回目となる吉永小百合さん。渡さんは変わらぬ姿で撮影もスムーズに終了。


直腸がん

俳優・渡哲也さんが31年もの間イメージキャラクターを務めた年末年始恒例の宝酒造「松竹梅」のCM。1965年のデビュー後、数々の映画・ドラマに出演。石原軍団の顔として知られている渡さんだが、1991年に直腸がんを、2015年に急性心筋梗塞で倒れ、緊急手術を行った。しかし、現在もリハビリを続けながら毎年欠かさず松竹梅のCMに臨んでいる。華を添えるのはCM共演が9回目となる吉永小百合さん。渡さんは変わらぬ姿で撮影もスムーズに終了。


宝酒造「松竹梅」新CM

俳優・渡哲也さんが31年もの間イメージキャラクターを務めた年末年始恒例の宝酒造「松竹梅」のCM。1965年のデビュー後、数々の映画・ドラマに出演。石原軍団の顔として知られている渡さんだが、1991年に直腸がんを、2015年に急性心筋梗塞で倒れ、緊急手術を行った。しかし、現在もリハビリを続けながら毎年欠かさず松竹梅のCMに臨んでいる。華を添えるのはCM共演が9回目となる吉永小百合さん。渡さんは変わらぬ姿で撮影もスムーズに終了。


石原軍団

俳優・渡哲也さんが31年もの間イメージキャラクターを務めた年末年始恒例の宝酒造「松竹梅」のCM。1965年のデビュー後、数々の映画・ドラマに出演。石原軍団の顔として知られている渡さんだが、1991年に直腸がんを、2015年に急性心筋梗塞で倒れ、緊急手術を行った。しかし、現在もリハビリを続けながら毎年欠かさず松竹梅のCMに臨んでいる。華を添えるのはCM共演が9回目となる吉永小百合さん。渡さんは変わらぬ姿で撮影もスムーズに終了。


宝酒造

俳優・渡哲也さんが31年もの間イメージキャラクターを務めた年末年始恒例の宝酒造「松竹梅」のCM。1965年のデビュー後、数々の映画・ドラマに出演。石原軍団の顔として知られている渡さんだが、1991年に直腸がんを、2015年に急性心筋梗塞で倒れ、緊急手術を行った。しかし、現在もリハビリを続けながら毎年欠かさず松竹梅のCMに臨んでいる。華を添えるのはCM共演が9回目となる吉永小百合さん。渡さんは変わらぬ姿で撮影もスムーズに終了。

本番前、メイク直し時など、渡さんの舞台裏写真が紹介。撮影中には舘ひろしさんが現場を訪れ、渡さんに「親方がちゃんと仕事しているか見に来ました」と伝えていた。渡さんも笑顔を見せているのがわかる。共演した吉永さんは「今年もまた渡さんと御一緒にCMの撮影が出来て喜んで居ります。少しずつリハビリも進んでいらっしゃる御様子、嬉しいですね」などと述べた。渡さんも「宝酒造さんからのご出演の依頼が励みとなり、まだ体調は万全ではありませんがトレーニングをしながら過ごしております」などと述べた。ストレッチやスクワットなどリハビリを行い、時には事務所で打ち合わせをすることもある渡さんの今後の完全復帰が待たれる。


「直腸がん」に関連するグルメ情報

松竹梅

俳優・渡哲也さんが31年もの間イメージキャラクターを務めた年末年始恒例の宝酒造「松竹梅」のCM。1965年のデビュー後、数々の映画・ドラマに出演。石原軍団の顔として知られている渡さんだが、1991年に直腸がんを、2015年に急性心筋梗塞で倒れ、緊急手術を行った。しかし、現在もリハビリを続けながら毎年欠かさず松竹梅のCMに臨んでいる。華を添えるのはCM共演が9回目となる吉永小百合さん。渡さんは変わらぬ姿で撮影もスムーズに終了。


直腸がん

工業高校で建築を教えていた守さん。46年前にギリシャを旅行すると、アテネの喫茶店で常連客のマリアさんに一目惚れをした。出会いから半年後、守さんは仕事を休み1ヵ月間ギリシャに滞在。毎日に及ぶ熱烈アプローチの末、マリアさんは守さんと結婚し茨城・城里町にやって来た。初めての日本に不安だったマリアさんに、守さんは手作りの辞書をプレゼント。見知らぬ土地に少しでも慣れるよう、ギリシャ風に設計した家も12年かけて建築した。しかし7年前、守さんは直腸がんで余命2ヵ月の宣告を受ける。マリアさんは毎日神に祈り続け、その祈りが実ったのか、守さんは12時間の大手術を乗り越えて奇跡的にがんを克服した。マリアさんは夫の健康を考え、野菜中心の料理を心掛けている。


直腸がん

山本“KID”徳郁さんと写真に写っている女性・宮部治恵さんは当時がんと闘っていた。格闘技界の頂点に立ち、華々しい活躍で注目されていたKIDさん。その陰でがんと闘う一人の女性との深い絆があった。大晦日に繰り広げた死闘が話題となった対戦相手の魔娑斗さんは「きっとまだ生きたかっただろうし、なんて声をかけていいかわからないですよね」とコメントした。宮部治恵さんは2005年当時、子宮頸がんと直腸がんを患い、投げやりな気持ちになっていたのだそう。そんなときに担当の看護師が宮部さんがKIDさんのファンであることを知り、手紙を書いた。その手紙を呼んだKIDさんが宮部さんに電話をかけてきたのだった。落ち込んでいた気持ちが軽くなったという宮部さん。その5ヶ月後にがん摘出手術を受けることになり、再びKIDさんにメールを送信した。するとKIDさんから思わぬ返事が返ってきた。


子宮頸がん

山本“KID”徳郁さんと写真に写っている女性・宮部治恵さんは当時がんと闘っていた。格闘技界の頂点に立ち、華々しい活躍で注目されていたKIDさん。その陰でがんと闘う一人の女性との深い絆があった。大晦日に繰り広げた死闘が話題となった対戦相手の魔娑斗さんは「きっとまだ生きたかっただろうし、なんて声をかけていいかわからないですよね」とコメントした。宮部治恵さんは2005年当時、子宮頸がんと直腸がんを患い、投げやりな気持ちになっていたのだそう。そんなときに担当の看護師が宮部さんがKIDさんのファンであることを知り、手紙を書いた。その手紙を呼んだKIDさんが宮部さんに電話をかけてきたのだった。落ち込んでいた気持ちが軽くなったという宮部さん。その5ヶ月後にがん摘出手術を受けることになり、再びKIDさんにメールを送信した。するとKIDさんから思わぬ返事が返ってきた。