ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「直腸がん」の検索結果

「直腸がん」に関連する情報 512件中 1〜10件目

「直腸がん」に関連する映画・DVD

狂った野獣

今月14日、俳優の渡瀬恒彦さんが多臓器不全のため死去した。享年72。実兄の渡哲也さんさんは直筆のコメントで、「弟を失いましたこの喪失感は言葉になりません」と綴っている。2人は芸能界でも仲の良い兄弟として知られ、91年に渡さんに対して直腸がんの手術を受けるように説得したのが渡瀬さんだった。俳優として、「十津川警部シリーズ」、「狂った野獣」など数多くの作品に出演した。


直腸がん

今月14日、俳優の渡瀬恒彦さんが多臓器不全のため死去した。享年72。実兄の渡哲也さんさんは直筆のコメントで、「弟を失いましたこの喪失感は言葉になりません」と綴っている。2人は芸能界でも仲の良い兄弟として知られ、91年に渡さんに対して直腸がんの手術を受けるように説得したのが渡瀬さんだった。俳優として、「十津川警部シリーズ」、「狂った野獣」など数多くの作品に出演した。


多臓器不全

今月14日、俳優の渡瀬恒彦さんが多臓器不全のため死去した。享年72。実兄の渡哲也さんさんは直筆のコメントで、「弟を失いましたこの喪失感は言葉になりません」と綴っている。2人は芸能界でも仲の良い兄弟として知られ、91年に渡さんに対して直腸がんの手術を受けるように説得したのが渡瀬さんだった。俳優として、「十津川警部シリーズ」、「狂った野獣」など数多くの作品に出演した。


直腸がん

渡瀬恒彦さんが多臓器不全で亡くなった。がんの宣告を受けても最後まで役者を貫いた。昭和45年25歳で映画の主演デビュー。徹子の部屋では「最初の頃は意識の仕方が違った。いまは器が違う。自分ではどうにも出来ない差みたいなものがある」と話していた。阪神淡路大震災での炊き出しにも参加している。舞台信長では直腸がんの渡さんの代役候補にいたという。一昨年6月にドラマ撮影中緊急入院。渡哲也は余命1年の宣告を受けていたことを明かす。


胆嚢癌

渡瀬恒彦さんが多臓器不全で亡くなった。がんの宣告を受けても最後まで役者を貫いた。昭和45年25歳で映画の主演デビュー。徹子の部屋では「最初の頃は意識の仕方が違った。いまは器が違う。自分ではどうにも出来ない差みたいなものがある」と話していた。阪神淡路大震災での炊き出しにも参加している。舞台信長では直腸がんの渡さんの代役候補にいたという。一昨年6月にドラマ撮影中緊急入院。渡哲也は余命1年の宣告を受けていたことを明かす。


「直腸がん」に関連するイベント情報

信長

渡瀬恒彦さんが多臓器不全で亡くなった。がんの宣告を受けても最後まで役者を貫いた。昭和45年25歳で映画の主演デビュー。徹子の部屋では「最初の頃は意識の仕方が違った。いまは器が違う。自分ではどうにも出来ない差みたいなものがある」と話していた。阪神淡路大震災での炊き出しにも参加している。舞台信長では直腸がんの渡さんの代役候補にいたという。一昨年6月にドラマ撮影中緊急入院。渡哲也は余命1年の宣告を受けていたことを明かす。


多臓器不全

渡瀬恒彦さんが多臓器不全で亡くなった。がんの宣告を受けても最後まで役者を貫いた。昭和45年25歳で映画の主演デビュー。徹子の部屋では「最初の頃は意識の仕方が違った。いまは器が違う。自分ではどうにも出来ない差みたいなものがある」と話していた。阪神淡路大震災での炊き出しにも参加している。舞台信長では直腸がんの渡さんの代役候補にいたという。一昨年6月にドラマ撮影中緊急入院。渡哲也は余命1年の宣告を受けていたことを明かす。


直腸がん

渡哲也さんが弟・渡瀬恒彦さんの死を悼んだ。俳優として活躍した渡瀬さんは91年、直腸がんの手術を拒む渡さんを説得し、2011年にはドラマで40年ぶりに兄弟共演した。渡さんは「今日の日が来る覚悟はしていたものの、この喪失感は言葉になりません」と心中を明かした。


多臓器不全

渡哲也さんが弟・渡瀬恒彦さんの死を悼んだ。俳優として活躍した渡瀬さんは91年、直腸がんの手術を拒む渡さんを説得し、2011年にはドラマで40年ぶりに兄弟共演した。渡さんは「今日の日が来る覚悟はしていたものの、この喪失感は言葉になりません」と心中を明かした。


日刊スポーツ

俳優の渡瀬恒彦が多臓器不全で亡くなった。渡哲也は弟を失った喪失感は言葉にならないなどとつらい心中を語った。渡瀬恒彦は演技派俳優として知られる一方、兄・渡哲也の直腸がん手術を説得するといった一面もあった。2011年にはドラマで40年ぶりに兄弟が共演した。もともと渡哲也は弟に苦労してほしくないとして芸能界入を反対していた。(日刊スポーツ)

NGT48のメジャーデビューシングル「青春時計」がMVが今日公開される。新潟市内でおよそ500人の市民と撮影された。センターの中井りかを中心にNGT旋風を巻き起こす。伊東楓は踊っちゃいたくなるような曲ですと体を動かしながら話した。(日刊スポーツ)