ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「直腸がん」の検索結果

「直腸がん」に関連する情報 556件中 1〜10件目

下痢

しかし今では、人工肛門にならずにすむ手術が登場している。大腸がん患者の高橋晟さんはその手術を受ける予定だ。 高橋さんは今年8月に下痢が続いた為病院に行ったところ、直腸がんと診断された。高橋さんの内視鏡画像には、肛門の近くに直径約4cmのガンが見られた。直腸は骨盤の奥にあり手術器具が入りづらい為、肛門を残す手術は難しいとされてきたが、高橋さんが受けるのは肛門を残す手術だ。全身麻酔をかけ、手術が始まった。まず、ガンを切除していく。お腹に開けた穴に腹腔鏡を入れていく。腹腔鏡の映像をモニターで見ながら手術を行う。お腹に開けた2か所の穴から手術器具を入れて切り進めていく。手術器具が直腸まで到達した。ガンの位置を確認してから、医師が手で直腸をお腹の外に引っ張り出しガンと周辺の大腸を切り取る。無事に高橋さんのガンが取り除かれた。次に、自動吻合器を使って切り離した腸と肛門を繋げる。切り離した大腸の片方に金具を取り付け肛門から自動吻合器を入れる。金具と自動吻合器を合体させると、ホチキスのような針で縫い合わされる仕組みだ。この手術は通常約4時間で終了するという。開腹手術と比べて傷は小さく、患者の体への負担は小さいという。石井教授は「手術時間がかかったが、予定通りのことは出来た。」等とコメントした。翌日、病院にはしっかりとした足取りで歩く高橋さんの姿が見られた。高橋さんは「痛いことは痛いが、我慢出来る痛さだ。」等とコメントした。石井教授は「肛門を温存する手術が効率的になってきていると思う。」等とコメントした。


北里大学北里研究所病院

しかし今では、人工肛門にならずにすむ手術が登場している。大腸がん患者の高橋晟さんはその手術を受ける予定だ。 高橋さんは今年8月に下痢が続いた為病院に行ったところ、直腸がんと診断された。高橋さんの内視鏡画像には、肛門の近くに直径約4cmのガンが見られた。直腸は骨盤の奥にあり手術器具が入りづらい為、肛門を残す手術は難しいとされてきたが、高橋さんが受けるのは肛門を残す手術だ。全身麻酔をかけ、手術が始まった。まず、ガンを切除していく。お腹に開けた穴に腹腔鏡を入れていく。腹腔鏡の映像をモニターで見ながら手術を行う。お腹に開けた2か所の穴から手術器具を入れて切り進めていく。手術器具が直腸まで到達した。ガンの位置を確認してから、医師が手で直腸をお腹の外に引っ張り出しガンと周辺の大腸を切り取る。無事に高橋さんのガンが取り除かれた。次に、自動吻合器を使って切り離した腸と肛門を繋げる。切り離した大腸の片方に金具を取り付け肛門から自動吻合器を入れる。金具と自動吻合器を合体させると、ホチキスのような針で縫い合わされる仕組みだ。この手術は通常約4時間で終了するという。開腹手術と比べて傷は小さく、患者の体への負担は小さいという。石井教授は「手術時間がかかったが、予定通りのことは出来た。」等とコメントした。翌日、病院にはしっかりとした足取りで歩く高橋さんの姿が見られた。高橋さんは「痛いことは痛いが、我慢出来る痛さだ。」等とコメントした。石井教授は「肛門を温存する手術が効率的になってきていると思う。」等とコメントした。


大腸がん

火曜日の医療特集。今週は大腸がん。大腸がんの患者数は現在急増していて、26万人を超えている。患者の中には、ガンを取り除く手術の為に肛門を切り取り人工肛門をつけざるを得ない人も多い。今回は、人工肛門を避けられるよう進歩した手術法を取材した。

東京都足立区に住む73歳の竹内恒雄さんは40代の頃に大腸がんを患い、手術を受けた。その時に肛門を切り取った為、竹内さんは人工肛門をつけて生活している。竹内さんは「最初の頃は外れたりして嫌な気がした。」等とコメントした。大腸の中で肛門に近い場所は直腸と呼ばれ、主に排便をコントロールしている。以前は、直腸にガンが出来ると肛門ごと取り除くしかなかった為、多くの患者が人工肛門をつけて生活していて、現在その数は約20万人と言われている。北里大学の石井教授は「肛門に近い所にガンが出来ると肛門ごとガンを取り除かなければ根治手術が出来ず、永久に人工肛門になってしまうのが一番大きな問題だ。」等とコメントした。

しかし今では、人工肛門にならずにすむ手術が登場している。大腸がん患者の高橋晟さんはその手術を受ける予定だ。 高橋さんは今年8月に下痢が続いた為病院に行ったところ、直腸がんと診断された。高橋さんの内視鏡画像には、肛門の近くに直径約4cmのガンが見られた。直腸は骨盤の奥にあり手術器具が入りづらい為、肛門を残す手術は難しいとされてきたが、高橋さんが受けるのは肛門を残す手術だ。全身麻酔をかけ、手術が始まった。まず、ガンを切除していく。お腹に開けた穴に腹腔鏡を入れていく。腹腔鏡の映像をモニターで見ながら手術を行う。お腹に開けた2か所の穴から手術器具を入れて切り進めていく。手術器具が直腸まで到達した。ガンの位置を確認してから、医師が手で直腸をお腹の外に引っ張り出しガンと周辺の大腸を切り取る。無事に高橋さんのガンが取り除かれた。次に、自動吻合器を使って切り離した腸と肛門を繋げる。切り離した大腸の片方に金具を取り付け肛門から自動吻合器を入れる。金具と自動吻合器を合体させると、ホチキスのような針で縫い合わされる仕組みだ。この手術は通常約4時間で終了するという。開腹手術と比べて傷は小さく、患者の体への負担は小さいという。石井教授は「手術時間がかかったが、予定通りのことは出来た。」等とコメントした。翌日、病院にはしっかりとした足取りで歩く高橋さんの姿が見られた。高橋さんは「痛いことは痛いが、我慢出来る痛さだ。」等とコメントした。石井教授は「肛門を温存する手術が効率的になってきていると思う。」等とコメントした。

今回取材した手術は保険が適用され、3割負担の場合治療費は約38万円かかる。大腸がんは進行するまで症状が現れにくい為、定期的に内視鏡検査を受けることが重要だという。


がん

ゆーとぴあのホープさんは肺を切除後、さらに胃と小腸にもがんが見つかりホープさんは厳しい手術になると告げられショックだったと語っていた。小腸癌は10万人に6人未満しか発病しない希少がんと言われ、発見が困難で発見時には進行していることが多く手術も困難という。手術は成功したが、身の半分以上などを失い再発の可能性もあるという。4度にわたるがんとの闘い。

ゆーとぴあのホープさんの4度にわたるがんとの闘い。今度は相方のピースさんも直腸がんになり手術を受けていた。共に再発の恐怖と闘う2人。再び舞台に立つことについて、ピースさんはホープが大腸がんになったと聞き、会いたくなり電話をしたのがきっかけ。がんを経験したからこそ実現した再会。ホープさんの元気な様子に再発の恐怖に支配されたピースさんは驚いたという。ホープさんはがんは明るくポジティブに考えるものだ。がんということを忘れなきゃいけないと偉い先生が言ったと述べ、目指すものは笑い。明るい病人を演じようなどとコメントした。そんなホープさんに励まされたピースさんはお互いがんを経験したからこそできる笑いがあるはずと活動再開を決めたという。

伝説のお笑いコンビゆーとぴあは先月20日、ラジオ番組の収録でふたりともがんを持っている。それが元気ということなどと述べていた。がんを笑い飛ばすのは実際に経験した2人からこそ。それは舞台でもネタに昇華され、本来は深刻な話にも本気で向き合い笑いに変えているからこそお客も安心して見られる。石倉三郎さんは妙におかしみがある。今の方が当時より良い。がんで闘う人たちを勇気づけられるかもしれないなどとコメント。一本のゴムからはじまった芸人人生。がんを経験したどり着いた境地。内蔵までみせますからなどとホープさんは述べた。日本人の2人に1人ががんにかかる今、ゆーとぴあの2人だからこそ生み出せる笑いがあった。

伝説のお笑いコンビ ゆーとぴあ 二人ともにがん経験・・・再び舞台へ! 出演者らは前向きに明るく昔からの仲間が支えているのでしょうね。2人ががんだったことを知らなかったが元気で嬉しいなどと述べた。

がんを笑い飛ばすゆーとぴあのホープさんについて、同じ病気を患い同病院にいた患者さんによると、ホープさんの病室はカーテンが全開で病室に笑顔が生まれ談話室に人だかりができていたという。2人の舞台を見に来る患者さんもいることも多く、見に来ることが希望になっているそうだ。出演者らは僕らも見習いたいなどと述べた。ユートピアの舞台は今月19日にも四谷で行われる。


「直腸がん」に関連する映画・DVD

ピースさん

コンビでがん経験 ゆーとぴあがかいさんしたのは今から9年前。一年前から考えていたとホープさんは言う。一方、ピースさんは当時インタビューでホープさんから一方的に解散を発表したと述べ、その後2人は連絡を取り合っていなかったという。なぜ解散したのかについて、ホープさんはあの時せきがものすごく体力的にきつくなってきたと述べた。ホープさんは解散の一年前に大腸がんがみつかり手術したが、体力が回復せずピースさんの今後も考え解散を決意したという。手術から6年後、肺に新たながんが見つかり上半分を切除。

ゆーとぴあのホープさんは肺を切除後、さらに胃と小腸にもがんが見つかりホープさんは厳しい手術になると告げられショックだったと語っていた。小腸癌は10万人に6人未満しか発病しない希少がんと言われ、発見が困難で発見時には進行していることが多く手術も困難という。手術は成功したが、身の半分以上などを失い再発の可能性もあるという。4度にわたるがんとの闘い。

ゆーとぴあのホープさんの4度にわたるがんとの闘い。今度は相方のピースさんも直腸がんになり手術を受けていた。共に再発の恐怖と闘う2人。再び舞台に立つことについて、ピースさんはホープが大腸がんになったと聞き、会いたくなり電話をしたのがきっかけ。がんを経験したからこそ実現した再会。ホープさんの元気な様子に再発の恐怖に支配されたピースさんは驚いたという。ホープさんはがんは明るくポジティブに考えるものだ。がんということを忘れなきゃいけないと偉い先生が言ったと述べ、目指すものは笑い。明るい病人を演じようなどとコメントした。そんなホープさんに励まされたピースさんはお互いがんを経験したからこそできる笑いがあるはずと活動再開を決めたという。

伝説のお笑いコンビゆーとぴあは先月20日、ラジオ番組の収録でふたりともがんを持っている。それが元気ということなどと述べていた。がんを笑い飛ばすのは実際に経験した2人からこそ。それは舞台でもネタに昇華され、本来は深刻な話にも本気で向き合い笑いに変えているからこそお客も安心して見られる。石倉三郎さんは妙におかしみがある。今の方が当時より良い。がんで闘う人たちを勇気づけられるかもしれないなどとコメント。一本のゴムからはじまった芸人人生。がんを経験したどり着いた境地。内蔵までみせますからなどとホープさんは述べた。日本人の2人に1人ががんにかかる今、ゆーとぴあの2人だからこそ生み出せる笑いがあった。


直腸がん

1978年に結成された伝説のお笑いコンビのゆーとぴあについて。ゴムぱっちんなどのギャグで一斉を風靡したが、2008年以降テレビから姿を消し10年近くたった今年8月にライブハウスで姿をあらわす。ともに60歳を超えた今になっての復活。2人に何があったのだろうか。 ステージでホープさんが見せたのは痛々しい手術の傷あと。4度にわたるガンを患い、ピースさんもまた直腸がんでコンビでガン手術を経験していたのだ。しかし、今舞台に立つ2人に暗さは感じられない。どっちが死んでもその時が解散。どっちが消えても笑っていよう。今のほうが面白いなどと述べた。がんを経てたどり着いた芸人の境地とは?ホープさんによると、定期的に打ち合わせをし、月に一回程度舞台に立っているという。

ゆーとぴあのホープさんの4度にわたるがんとの闘い。今度は相方のピースさんも直腸がんになり手術を受けていた。共に再発の恐怖と闘う2人。再び舞台に立つことについて、ピースさんはホープが大腸がんになったと聞き、会いたくなり電話をしたのがきっかけ。がんを経験したからこそ実現した再会。ホープさんの元気な様子に再発の恐怖に支配されたピースさんは驚いたという。ホープさんはがんは明るくポジティブに考えるものだ。がんということを忘れなきゃいけないと偉い先生が言ったと述べ、目指すものは笑い。明るい病人を演じようなどとコメントした。そんなホープさんに励まされたピースさんはお互いがんを経験したからこそできる笑いがあるはずと活動再開を決めたという。


ガン

1978年に結成された伝説のお笑いコンビのゆーとぴあについて。ゴムぱっちんなどのギャグで一斉を風靡したが、2008年以降テレビから姿を消し10年近くたった今年8月にライブハウスで姿をあらわす。ともに60歳を超えた今になっての復活。2人に何があったのだろうか。 ステージでホープさんが見せたのは痛々しい手術の傷あと。4度にわたるガンを患い、ピースさんもまた直腸がんでコンビでガン手術を経験していたのだ。しかし、今舞台に立つ2人に暗さは感じられない。どっちが死んでもその時が解散。どっちが消えても笑っていよう。今のほうが面白いなどと述べた。がんを経てたどり着いた芸人の境地とは?ホープさんによると、定期的に打ち合わせをし、月に一回程度舞台に立っているという。


「直腸がん」に関連する映画・DVD

ピース

1978年に結成された伝説のお笑いコンビのゆーとぴあについて。ゴムぱっちんなどのギャグで一斉を風靡したが、2008年以降テレビから姿を消し10年近くたった今年8月にライブハウスで姿をあらわす。ともに60歳を超えた今になっての復活。2人に何があったのだろうか。 ステージでホープさんが見せたのは痛々しい手術の傷あと。4度にわたるガンを患い、ピースさんもまた直腸がんでコンビでガン手術を経験していたのだ。しかし、今舞台に立つ2人に暗さは感じられない。どっちが死んでもその時が解散。どっちが消えても笑っていよう。今のほうが面白いなどと述べた。がんを経てたどり着いた芸人の境地とは?ホープさんによると、定期的に打ち合わせをし、月に一回程度舞台に立っているという。


四谷ハニーバースト

1978年に結成された伝説のお笑いコンビのゆーとぴあについて。ゴムぱっちんなどのギャグで一斉を風靡したが、2008年以降テレビから姿を消し10年近くたった今年8月にライブハウスで姿をあらわす。ともに60歳を超えた今になっての復活。2人に何があったのだろうか。 ステージでホープさんが見せたのは痛々しい手術の傷あと。4度にわたるガンを患い、ピースさんもまた直腸がんでコンビでガン手術を経験していたのだ。しかし、今舞台に立つ2人に暗さは感じられない。どっちが死んでもその時が解散。どっちが消えても笑っていよう。今のほうが面白いなどと述べた。がんを経てたどり着いた芸人の境地とは?ホープさんによると、定期的に打ち合わせをし、月に一回程度舞台に立っているという。


重症筋無力症

68歳女性は、大腸がんや直腸がんを患ったばかりだが元気に笑えて食べれるのでとっても幸せ、30歳から難病の重症筋無力症を発症し今も完治はしていないが、元気になることが恩返しになると思っていると話した。