ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「相内優香」の検索結果

「相内優香」に関連する情報 624件中 1〜10件目

プレイステーション

相内優香が東京都渋谷区の「アセントロボティクス」を取材、石崎雅之CEOは社内には11カ国の外国人が所属するとした。元ソニー・コンピュータエンタテイメント社長でプレイステーションの生みの親の久夛良木健氏が社外取締役に就任している。久夛良木氏はやっていることが面白いと話した。慶応大学新川崎タウンキャンパスで、実験用自動運転車を作り、夏には実験を始めるという。


ソニー・コンピュータエンタテインメント

相内優香が東京都渋谷区の「アセントロボティクス」を取材、石崎雅之CEOは社内には11カ国の外国人が所属するとした。元ソニー・コンピュータエンタテイメント社長でプレイステーションの生みの親の久夛良木健氏が社外取締役に就任している。久夛良木氏はやっていることが面白いと話した。慶応大学新川崎タウンキャンパスで、実験用自動運転車を作り、夏には実験を始めるという。


慶応大学新川崎タウンキャンパス

相内優香が東京都渋谷区の「アセントロボティクス」を取材、石崎雅之CEOは社内には11カ国の外国人が所属するとした。元ソニー・コンピュータエンタテイメント社長でプレイステーションの生みの親の久夛良木健氏が社外取締役に就任している。久夛良木氏はやっていることが面白いと話した。慶応大学新川崎タウンキャンパスで、実験用自動運転車を作り、夏には実験を始めるという。


デロイトトーマツコンサルティング

東京都渋谷区の「アセントロボティクス」を取材。石崎雅之CEOはデロイトトーマツコンサルティングの元執行役員だった。石崎CEOは大企業を訪問し、AIやビッグデータなど先端技術を提案。しかし、いざ導入となると手のひらを返した。そこで、就職面接である人物と出会った。のちのパートナーであるフレッド・アルメイダだった。面接で、フレッドはこの新技術で2020年に自動運転できるとした。2人は面接ではなく6時間語り合い、2人で企業を提案した。フレッドは今の車は馬車のようになるとした。

相内優香が東京都渋谷区の「アセントロボティクス」を取材、石崎雅之CEOは社内には11カ国の外国人が所属するとした。元ソニー・コンピュータエンタテイメント社長でプレイステーションの生みの親の久夛良木健氏が社外取締役に就任している。久夛良木氏はやっていることが面白いと話した。慶応大学新川崎タウンキャンパスで、実験用自動運転車を作り、夏には実験を始めるという。


アトラス

東京都渋谷区の「アセントロボティクス」は自動運転向けAIを開発している。創業者はフレッド・アルメイダチーフアーキテクト、石崎雅之CEOだった。石崎CEOは自分たちが開発するのはぶつからないように止まるではなく、この先に何が起こるかを判断できるものだとした。相内優香は自動運転用ソフト「ATLAS」を試したところ、事故になった。石崎CEOはこうしてはいけないというデータになったと話した。AIの作り出す仮想空間では夕陽で前方が見えにくいことなど事故の原因の事態をリアルに再現。 この空間でAIや人が事故を重ねて経験を集める。一般的な自動運転技術は異常が発生すると止まる。しかしATLASは予想して止まる。


アセントロボティクス

東京都渋谷区の「アセントロボティクス」は自動運転向けAIを開発している。創業者はフレッド・アルメイダチーフアーキテクト、石崎雅之CEOだった。石崎CEOは自分たちが開発するのはぶつからないように止まるではなく、この先に何が起こるかを判断できるものだとした。相内優香は自動運転用ソフト「ATLAS」を試したところ、事故になった。石崎CEOはこうしてはいけないというデータになったと話した。AIの作り出す仮想空間では夕陽で前方が見えにくいことなど事故の原因の事態をリアルに再現。 この空間でAIや人が事故を重ねて経験を集める。一般的な自動運転技術は異常が発生すると止まる。しかしATLASは予想して止まる。

東京都渋谷区の「アセントロボティクス」を取材。石崎雅之CEOはデロイトトーマツコンサルティングの元執行役員だった。石崎CEOは大企業を訪問し、AIやビッグデータなど先端技術を提案。しかし、いざ導入となると手のひらを返した。そこで、就職面接である人物と出会った。のちのパートナーであるフレッド・アルメイダだった。面接で、フレッドはこの新技術で2020年に自動運転できるとした。2人は面接ではなく6時間語り合い、2人で企業を提案した。フレッドは今の車は馬車のようになるとした。

相内優香が東京都渋谷区の「アセントロボティクス」を取材、石崎雅之CEOは社内には11カ国の外国人が所属するとした。元ソニー・コンピュータエンタテイメント社長でプレイステーションの生みの親の久夛良木健氏が社外取締役に就任している。久夛良木氏はやっていることが面白いと話した。慶応大学新川崎タウンキャンパスで、実験用自動運転車を作り、夏には実験を始めるという。


dポイント

NTTドコモは自社の「dポイント」を使った新しいサービスを発表。預けたdポイントが投信の値動きで増減し Aiが資産運用を提案する「THEO」と提携している。さらに「THEO+docomo」では1万円から資産運用が可能ドコモはTHEOから手数料を得る。「my daiz」ではドコモのAIが客の情報や好みを分析しパートナー企業が客へ商品を提案する。まずは33の企業と団体と連携し2020年には150まで増やす考え。ドコモはdポイント経済圏による囲い込みを狙う。ドコモが意識しているのが携帯事業に参入する見込みの楽天。既に楽天ポイントで9000万人もの楽天経済圏を築いている。

取材を行った相内優香アナが「ドコモの社長が『これからはサービス競争になるだろう』と語っていた。dポイントは他のキャリアのユーザでも使うことができるので、これをきっかけにドコモユーザーを増やしていきたい考え」と補足。


NTTドコモ

NTTドコモは自社の「dポイント」を使った新しいサービスを発表。預けたdポイントが投信の値動きで増減し Aiが資産運用を提案する「THEO」と提携している。さらに「THEO+docomo」では1万円から資産運用が可能ドコモはTHEOから手数料を得る。「my daiz」ではドコモのAIが客の情報や好みを分析しパートナー企業が客へ商品を提案する。まずは33の企業と団体と連携し2020年には150まで増やす考え。ドコモはdポイント経済圏による囲い込みを狙う。ドコモが意識しているのが携帯事業に参入する見込みの楽天。既に楽天ポイントで9000万人もの楽天経済圏を築いている。

取材を行った相内優香アナが「ドコモの社長が『これからはサービス競争になるだろう』と語っていた。dポイントは他のキャリアのユーザでも使うことができるので、これをきっかけにドコモユーザーを増やしていきたい考え」と補足。


韓国銀行

相内優香と滝田洋一らが韓国から中継、滝田は韓国銀行の北朝鮮の経済成長率を紹介した。経済制裁がなければ2ケタの可能性があり、理由はIT技術の高さ、人件費の低さ、天然資源を挙げた。滝田はこの強みを発揮するのは経済制裁解除、その前に非核化は必要と指摘。和田高は非核化には各国で考えが違うのでどこまで落とし込むかとした。


「相内優香」に関連するグルメ情報

大同江ビール

相内優香と滝田洋一らが韓国から中継、北朝鮮の大同江ビールを紹介した。韓国・ソウルのビアホールでビール愛好家が飲んでいるのは北朝鮮の大同江ビールだった。大同江は北朝鮮を流れる川、朝鮮中央テレビでは大同江ビールのCMが流れた。2016年、平壌テドンガンビール祝典には世界各国メディアが注目。核開発と経済発展を掲げる金正恩委員長が発起したという。大同江ビールを飲んだ韓国人は「本当に美味しい」と絶賛。韓国に一時輸入されたが、現在は輸入されていない。現在置かれているのはベルギーからのテガンビールで、北朝鮮のテドンガンビールを真似たものだった。北朝鮮資源研究所のチェ・ギョンス所長は大同江ビールは他国との競争力もあり、輸出可能だと分析した。