ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「相内優香」の検索結果

「相内優香」に関連する情報 540件中 1〜10件目

ファミリーマート

ファミリーマートは、秋冬の定番商品であるおでんと中華まんの新商品を発表した。去年と今年の中華まんを食べ比べてみると、製造ラインを一新したことで、専門店と同じ熟成発酵生地を使用することで、違いを鮮明にした。価格は、競合他社よりも10円高い130円で提供する。一方、おでんは去年経営統合したサークルKサンクスの「屋台風おでん」を展開。早すぎる発表について、商品本部の島田部長は「暑いと言いながらも、8月終わりは夏の食べ物に飽きてきて、秋冬の商品に移行したい」と話す。実際に、おでんがもっとも売れるのは9月で、冬には減少傾向にあることが分かる。この暑い時期に、おでんをどうアピールしていくのかが、今後の売上を左右する大きな要素となっている。ローソンやセブン-イレブンも、それぞれ8日、15日からおでんを発売する。

相内優香は「取材したコンビニでは、お盆を境に冷たい麺が売れなくなり、おでんや栗・かぼちゃといった秋の味覚が売れ始める。旬の2か月先取りがポイントだそう」と話した。こうした冬物商戦の前倒し要因として、高田創氏は「最高気温が29℃未満になると身体が冬モードになるというバイオリズムがある」、「売れ残りリスクが減る」、「フリマアプリで中古で売れるという消費者意識」といった点を挙げた。


パナソニック

現在公開中の体験型エンターテインメント「フエルサ ブルータ」を紹介。このショーの技術協力を行っているのが「パナソニック」で、会場のロビーなどにも空間演出。佐村智幸部長は「プロジェクターや明かりなどを組み合わせ、空間全体をデジタルサイネージしてしまう。そうすることによって演出や広告媒体の価値が上がる」と話す。実はこのロビーは最新防犯機器にも使われている混雑検知センサーも組み合わせている。辰巳清プロデューサーは「何とかロビーとかエントランスでより楽しんでもらいながら収益にもつなげていきたいという思いがありパナソニックと相談しながら詰めた」と説明。国内のデジタルサイネージ市場は年々上昇しており2020年の東京オリンピックまでにその市場規模はさらに拡大すると見込まれている。

相内優香アナは「プロジェクターやサイネージだけではなく、人を検知するカメラ・音響・照明、これらすべてパナソニックが手がけ、パッケージとして提案出来るので、他にはないパナソニックの強み」と説明した。


モルガン・スタンレーMUFG証券

相内優香は、インスタントラーメンは年間1000種類くらいの新商品が発売されるが、2年目に残れるのはそのうちの10種類位で、カップヌードルリッチはそれだけ高くてもヒットした、と語った。モルガン・スタンレーMUFG証券 シニアアドバイザーのロバート・フェルドマンは最近物価を見るときに注目しているのは、変動の多い上下10%の品目を除外した消費者物価指数の刈込平均値だという。本当のトレンドを知りたいなら、この刈込平均値を使いましょうというのが提案だとした。


「相内優香」に関連するグルメ情報

コカ・コーラ

気温と連動してリアルタイムで変化して、客に商品をPRする企業が増えてきている。正午ごろ、東京・新橋駅前の気温は34度。日本コカ・コーラは、暑い日にハッシュタグを付けて「#今すぐキン冷えコーク」と投稿し当選すると、無料でコカ・コーラを指定場所に30分以内で届けるというものを実施する。届いたのは氷のコカ・コーラボトル。相内優香は飲んで、熱いとより美味しいなどとコメントした。このキャンペーンは東京23区内で7月、8月の1日ずつ、特に暑くなる日に実施する予定。舞台裏をのぞくと、当選者が現れたら近くでスタンバイするスタッフが位置を確認して届ける。日本コカ・コーラマーケティング本部の大澤央人さんは「炭酸飲料にとって夏は最も重要な時期で競合各社との激しい戦いがある、しっかり体験していただくことに注力してマーケティングを行っている」と語る。


ツイッター

気温と連動してリアルタイムで変化して、客に商品をPRする企業が増えてきている。正午ごろ、東京・新橋駅前の気温は34度。日本コカ・コーラは、暑い日にハッシュタグを付けて「#今すぐキン冷えコーク」と投稿し当選すると、無料でコカ・コーラを指定場所に30分以内で届けるというものを実施する。届いたのは氷のコカ・コーラボトル。相内優香は飲んで、熱いとより美味しいなどとコメントした。このキャンペーンは東京23区内で7月、8月の1日ずつ、特に暑くなる日に実施する予定。舞台裏をのぞくと、当選者が現れたら近くでスタンバイするスタッフが位置を確認して届ける。日本コカ・コーラマーケティング本部の大澤央人さんは「炭酸飲料にとって夏は最も重要な時期で競合各社との激しい戦いがある、しっかり体験していただくことに注力してマーケティングを行っている」と語る。

アメリカのトランプ大統領が就任して半年がたったが、大規模な減税やオバマケアの撤廃などの公約は実現のめどが立っていない。その一方で数々の暴言など、世間を騒がせ続けた半年だったが、就任半年時点での支持率は36%で過去70年で最低だという。トランプ大統領のこれまでを数字で振り返ると異例ずくめ。例えばツイッターの投稿数は半年で約1000件。「Fake News」という言葉を使った数が63回あった。繰り返し飛び出すメディア批判は対立を決定的なものにした。さらに、米政府の主要ポスト564のうち、埋まっているのは48。3分の2にあたる370ポストは候補の指名すらしていない。オバマケア見直しが進まないのを受け、共和党議員をホワイトハウスに集め、夏休み返上でオバマケア見直しに取り組むよう迫った。しかし本人は就任から26回の週末の内、21回ゴルフ場に滞在していた。日数にして180日のうち40日をゴルフ場で過ごした。そして41%の米国民が大統領を弾劾すべきだと回答しているという。これは2期目のニクソン大統領を大幅に上回る。


日本コカ・コーラ

気温と連動してリアルタイムで変化して、客に商品をPRする企業が増えてきている。正午ごろ、東京・新橋駅前の気温は34度。日本コカ・コーラは、暑い日にハッシュタグを付けて「#今すぐキン冷えコーク」と投稿し当選すると、無料でコカ・コーラを指定場所に30分以内で届けるというものを実施する。届いたのは氷のコカ・コーラボトル。相内優香は飲んで、熱いとより美味しいなどとコメントした。このキャンペーンは東京23区内で7月、8月の1日ずつ、特に暑くなる日に実施する予定。舞台裏をのぞくと、当選者が現れたら近くでスタンバイするスタッフが位置を確認して届ける。日本コカ・コーラマーケティング本部の大澤央人さんは「炭酸飲料にとって夏は最も重要な時期で競合各社との激しい戦いがある、しっかり体験していただくことに注力してマーケティングを行っている」と語る。

コカコーラの仕掛けは他にもある。都営大江戸線汐留駅などに今週から駅のホームに設置しているのは気温連動型のデジタルサイネージ(電子看板)。気温・天気・時間・場所によって内容が変わる。日本コカ・コーラの大澤央人さんは「150種類以上ある、事前にメッセージを開発している」とコメントした。例えば30度以上の真夏日、前日よりも3度以上暑い、などの様々な気象条件に合わせて言葉を細かく変えている。さらに突然の天気の変化にも対応。だれもが木にする気温や天気に合わせた言葉を表示し、関心のない人も足を止めるような仕組みにしている。大澤央人さんは「コカ・コーラのマーケティングで難しいのはそこ、認知率はほぼ100%の製品なので、コカ・コーラを飲んでみたいという気持ちにさせることがチャレンジ」だという。


新橋駅

気温と連動してリアルタイムで変化して、客に商品をPRする企業が増えてきている。正午ごろ、東京・新橋駅前の気温は34度。日本コカ・コーラは、暑い日にハッシュタグを付けて「#今すぐキン冷えコーク」と投稿し当選すると、無料でコカ・コーラを指定場所に30分以内で届けるというものを実施する。届いたのは氷のコカ・コーラボトル。相内優香は飲んで、熱いとより美味しいなどとコメントした。このキャンペーンは東京23区内で7月、8月の1日ずつ、特に暑くなる日に実施する予定。舞台裏をのぞくと、当選者が現れたら近くでスタンバイするスタッフが位置を確認して届ける。日本コカ・コーラマーケティング本部の大澤央人さんは「炭酸飲料にとって夏は最も重要な時期で競合各社との激しい戦いがある、しっかり体験していただくことに注力してマーケティングを行っている」と語る。


「相内優香」に関連するグルメ情報

天空のペンギンカクテル

相内優香が東京都池袋のサンシャイン水族館を取材。日が暮れて夜になると幻想的な雰囲気となった。「夏にやってみたいナイトアクティビティランキング」の2位はナイトアクアリウムだった。サンシャイン水族館は営業時間を1時間延長し、OLやサラリーマンをターゲットにする。さらに、夕方5時以降は酒を提供する。看板メニューは「天空のペンギンカクテル」で光る氷が入っている。二見武史さんは日中のパイと違うところを取り込みたいと話した。


「相内優香」に関連するイベント情報

ナイトアクアリウム

相内優香が東京都池袋のサンシャイン水族館を取材。日が暮れて夜になると幻想的な雰囲気となった。「夏にやってみたいナイトアクティビティランキング」の2位はナイトアクアリウムだった。サンシャイン水族館は営業時間を1時間延長し、OLやサラリーマンをターゲットにする。さらに、夕方5時以降は酒を提供する。看板メニューは「天空のペンギンカクテル」で光る氷が入っている。二見武史さんは日中のパイと違うところを取り込みたいと話した。


サンシャイン水族館

相内優香が東京都池袋のサンシャイン水族館を取材。日が暮れて夜になると幻想的な雰囲気となった。「夏にやってみたいナイトアクティビティランキング」の2位はナイトアクアリウムだった。サンシャイン水族館は営業時間を1時間延長し、OLやサラリーマンをターゲットにする。さらに、夕方5時以降は酒を提供する。看板メニューは「天空のペンギンカクテル」で光る氷が入っている。二見武史さんは日中のパイと違うところを取り込みたいと話した。