ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「磯丸水産」の検索結果

「磯丸水産」に関連する情報 267件中 1〜10件目

「磯丸水産」に関連するレストラン・飲食店

磯丸水産

厳しい状況の外食業界で、業績を伸ばしている企業がある。5年前に6店舗だった「串カツ田中」は現在140店舗に拡大した。「磯丸水産」は2009年に1号店をオープン。現在は148店舗に拡大している。最大の特徴は24時間営業。幅広い客層を取り込むことに成功した。名古屋市郊外にも賑わっている居酒屋がある。そこには他にない集客のための武器があった。


「磯丸水産」に関連するレストラン・飲食店

串カツ田中

厳しい状況の外食業界で、業績を伸ばしている企業がある。5年前に6店舗だった「串カツ田中」は現在140店舗に拡大した。「磯丸水産」は2009年に1号店をオープン。現在は148店舗に拡大している。最大の特徴は24時間営業。幅広い客層を取り込むことに成功した。名古屋市郊外にも賑わっている居酒屋がある。そこには他にない集客のための武器があった。


日本経済新聞

日本経済新聞の松井聡さんが解説。吉野家HDやドトール・日レスHDなど大手外食チェーンが軒並み増益となった。外食業界は消費者の節約志向や天候不順という逆風にさらされているが、独自性を打ち出した企業が好業績となっている。サイゼリヤは他社が値上げする中、低価格を維持したことが支持され純利益が76%増えた。ハイデイ日高は拡大するちょい飲み需要を取り込み、若年層やシニア層の利用が増えた。結果、アルコール類の販売比率が大幅に拡大している。リンガーハットは使用する野菜を国産に切り替えた戦略がうけ女性の来客率が5割に上昇している。一方、クリエイト・レストランツHDは磯丸水産や食べ放題形式の業態が消費者の節約志向などを背景に苦戦した。


「磯丸水産」に関連するレストラン・飲食店

磯丸水産

日本経済新聞の松井聡さんが解説。吉野家HDやドトール・日レスHDなど大手外食チェーンが軒並み増益となった。外食業界は消費者の節約志向や天候不順という逆風にさらされているが、独自性を打ち出した企業が好業績となっている。サイゼリヤは他社が値上げする中、低価格を維持したことが支持され純利益が76%増えた。ハイデイ日高は拡大するちょい飲み需要を取り込み、若年層やシニア層の利用が増えた。結果、アルコール類の販売比率が大幅に拡大している。リンガーハットは使用する野菜を国産に切り替えた戦略がうけ女性の来客率が5割に上昇している。一方、クリエイト・レストランツHDは磯丸水産や食べ放題形式の業態が消費者の節約志向などを背景に苦戦した。


クリエイト・レストランツHD

日本経済新聞の松井聡さんが解説。吉野家HDやドトール・日レスHDなど大手外食チェーンが軒並み増益となった。外食業界は消費者の節約志向や天候不順という逆風にさらされているが、独自性を打ち出した企業が好業績となっている。サイゼリヤは他社が値上げする中、低価格を維持したことが支持され純利益が76%増えた。ハイデイ日高は拡大するちょい飲み需要を取り込み、若年層やシニア層の利用が増えた。結果、アルコール類の販売比率が大幅に拡大している。リンガーハットは使用する野菜を国産に切り替えた戦略がうけ女性の来客率が5割に上昇している。一方、クリエイト・レストランツHDは磯丸水産や食べ放題形式の業態が消費者の節約志向などを背景に苦戦した。


「磯丸水産」に関連するレストラン・飲食店

日高屋

日本経済新聞の松井聡さんが解説。吉野家HDやドトール・日レスHDなど大手外食チェーンが軒並み増益となった。外食業界は消費者の節約志向や天候不順という逆風にさらされているが、独自性を打ち出した企業が好業績となっている。サイゼリヤは他社が値上げする中、低価格を維持したことが支持され純利益が76%増えた。ハイデイ日高は拡大するちょい飲み需要を取り込み、若年層やシニア層の利用が増えた。結果、アルコール類の販売比率が大幅に拡大している。リンガーハットは使用する野菜を国産に切り替えた戦略がうけ女性の来客率が5割に上昇している。一方、クリエイト・レストランツHDは磯丸水産や食べ放題形式の業態が消費者の節約志向などを背景に苦戦した。


吉野家HD

日本経済新聞の松井聡さんが解説。吉野家HDやドトール・日レスHDなど大手外食チェーンが軒並み増益となった。外食業界は消費者の節約志向や天候不順という逆風にさらされているが、独自性を打ち出した企業が好業績となっている。サイゼリヤは他社が値上げする中、低価格を維持したことが支持され純利益が76%増えた。ハイデイ日高は拡大するちょい飲み需要を取り込み、若年層やシニア層の利用が増えた。結果、アルコール類の販売比率が大幅に拡大している。リンガーハットは使用する野菜を国産に切り替えた戦略がうけ女性の来客率が5割に上昇している。一方、クリエイト・レストランツHDは磯丸水産や食べ放題形式の業態が消費者の節約志向などを背景に苦戦した。


サイゼリヤ

日本経済新聞の松井聡さんが解説。吉野家HDやドトール・日レスHDなど大手外食チェーンが軒並み増益となった。外食業界は消費者の節約志向や天候不順という逆風にさらされているが、独自性を打ち出した企業が好業績となっている。サイゼリヤは他社が値上げする中、低価格を維持したことが支持され純利益が76%増えた。ハイデイ日高は拡大するちょい飲み需要を取り込み、若年層やシニア層の利用が増えた。結果、アルコール類の販売比率が大幅に拡大している。リンガーハットは使用する野菜を国産に切り替えた戦略がうけ女性の来客率が5割に上昇している。一方、クリエイト・レストランツHDは磯丸水産や食べ放題形式の業態が消費者の節約志向などを背景に苦戦した。


リンガーハット

日本経済新聞の松井聡さんが解説。吉野家HDやドトール・日レスHDなど大手外食チェーンが軒並み増益となった。外食業界は消費者の節約志向や天候不順という逆風にさらされているが、独自性を打ち出した企業が好業績となっている。サイゼリヤは他社が値上げする中、低価格を維持したことが支持され純利益が76%増えた。ハイデイ日高は拡大するちょい飲み需要を取り込み、若年層やシニア層の利用が増えた。結果、アルコール類の販売比率が大幅に拡大している。リンガーハットは使用する野菜を国産に切り替えた戦略がうけ女性の来客率が5割に上昇している。一方、クリエイト・レストランツHDは磯丸水産や食べ放題形式の業態が消費者の節約志向などを背景に苦戦した。


ハイデイ日高

日本経済新聞の松井聡さんが解説。吉野家HDやドトール・日レスHDなど大手外食チェーンが軒並み増益となった。外食業界は消費者の節約志向や天候不順という逆風にさらされているが、独自性を打ち出した企業が好業績となっている。サイゼリヤは他社が値上げする中、低価格を維持したことが支持され純利益が76%増えた。ハイデイ日高は拡大するちょい飲み需要を取り込み、若年層やシニア層の利用が増えた。結果、アルコール類の販売比率が大幅に拡大している。リンガーハットは使用する野菜を国産に切り替えた戦略がうけ女性の来客率が5割に上昇している。一方、クリエイト・レストランツHDは磯丸水産や食べ放題形式の業態が消費者の節約志向などを背景に苦戦した。