ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「福岡空港」の検索結果

「福岡空港」に関連する情報 1685件中 1〜10件目

福岡空港警察署

博多金塊強盗について釈放男性が「まったく身に覚えがないと話した、換金の仲介は依頼されたが犯罪に関わる金とは知らなかった」と語る。去年7月にJR博多駅前で7億6000万円相当の金塊が盗まれた。換金に関わった男性は、処分保留で釈放に。これまでに関係した男10人が逮捕されている。きのう主犯格の5人は起訴された。窃盗は組織的に行われ他にも共犯者がいると見て捜査。


福岡空港警察署

博多金塊強盗について釈放男性が語る。去年7月にJR博多駅前で7億6000万円相当の金塊が盗まれた。換金に関わった男性は、処分保留で釈放に。


福岡空港

国土交通省によると、今日、釜山発の大韓航空機783便、ボーイング737型機の操縦室から煙が出るトラブルがあった。怪我人はなかった。国土交通省は煙が出た原因を調べている。


福岡空港

国土交通省によると、今日午前10時20分頃、福岡空港に着陸直前の飛行機から「操縦室内で煙のようなものが発生した」と管制官に連絡があった。飛行機は韓国・釜山発の大韓航空783便、ボーイング737型機で、着陸後操縦室の煙はなくなった。乗客によると、落ち着いて座ってくださいとは言われたが特に指示はなかったという。怪我人はいないということで国土交通省は煙が出た原因を調べている。


福岡空港署

警察官による情報漏えい疑惑が浮上したのは去年7月、金塊窃盗事件。博多駅前で貴金属取引会社の男性らの金塊160キロを奪い、逃走した疑い。事件を巡ってはすでに10人が逮捕され窃盗の容疑者7人はいずれも愛知県在住。この捜査にあたったのは福岡県警と愛知県警。福岡県警が容疑者らの携帯電話を傍受していたところ、思わぬ内容が飛び込んできたという。容疑者が複数の警察官と連絡を取っていた。捜査関係者らによれば容疑者は愛知県警の警察官から家宅捜索などの情報を入手していた疑いがあるという。情報漏えいに関わっているのは複数の警察官、直接捜査にかかわっていない警察官としている。こうした疑いは捜査中から出ていたという。容疑者は逮捕前に被害者に示談を持ちかけていた。これは警察官からの情報をもとに証拠隠滅などを図ったと見られる。また一部の容疑者は逮捕前に警察とカーチェイスになり、一般人を巻き込んだ。


福岡空港署

衝撃。金塊窃盗 警察官 容疑者に捜査情報を…。去年、JR博多駅近くで7億5000万円相当の金塊を運搬中の男性が警察官を装った男らに金塊を盗まれた。この事件では福岡・愛知の両県警の共同捜査で容疑者10人が窃盗などの疑いで逮捕。福岡県警は容疑者らの携帯を傍受していて、愛知県警の警察官らと連絡を取っていたことが分かった。容疑者らはこの警察官から家宅捜索などの情報を事前に入手していたと思われる。容疑者らは被害者に示談を持ちかけていて、情報をもとに証拠隠滅を図ろうとしたとみられる。愛知県警幹部は「まだ 、コメントできる段階ではない」としている。スタジオ解説。犯罪ジャーナリスト・小川泰平氏によると愛知県警は以前にも暴力団関係者への情報漏えいが発覚し、暴力団関係者に接触する警察官が決まっていた。今回は「半グレ集団」ということでその窓口がはっきりせず、直接勝手に連絡をとってしまったのではないかとのこと。示談交渉まで行っていたとみられることから情報と引き換えに何らかの取り引きがあった思われる。 


Google

約3億8000万円を盗んだ3人組の男たちは、白いワゴン車で駐車場のバーをへし折って逃走した。覆面パトカーは信号無視したワゴン車を目撃したもののすぐに追跡せず、見失ってしまった。元刑事の飛松氏はこれについて「初動捜査ミス」だと指摘した。その後は福岡空港の先に逃走した可能性が高いとされているが、足取りは途絶えている。この取材の直後、福岡県内で乗り捨てられていたワゴン車が発見された。


仁川国際空港

愛知・中部空港から中継。容疑者らは着るものの内側にポケットを付け、そこに金塊10kgを入れ密輸しようとしていた。一部の国では金の取引に税金がかからないが、日本では消費税分が上乗せされるため儲けとなる。30kgの金塊では1000万円の儲けが出る。金の密輸は消費税が8%になった2014年頃から急増している。容疑者も多様化しており、福岡空港では今年3月、大阪市の職員が仲間とともに約3キロの金塊を密輸したとして逮捕・起訴された。話を持ちかけたのはパチンコ仲間だったという。今回の主婦らの犯行も、容疑者らが金塊の量に合わせて知人の中から共犯者を選んでいたという。主犯格の家は特に豪華な様子ではなく、しかし近所の人からは元々お金持ちな様子だったとの声が聞けた。密輸には計画を仕切る韓国人の依頼者がいた。依頼者はおよそ1000万円の利益が出る割に、犯行グループには1人10万円程度のみ渡していたとみられる。グループメンバーはそれなりに満足し、他人にも勧めていたという。金塊の隠し方に謎があり、服の内側に入れればみえなくはなるが金属探知機の検査をすり抜けられない。容疑者らが利用したのは金属の検査がされない空港内の乗り換えとみられる。香港で金塊を空港内に運び、韓国の仁川国際空港でグループと合流、金塊を渡したとみられる。小分けにする理由は、見つかった金塊が少量であった場合関税だけを取られ金塊は返すことがあるためだと専門家は語る。依頼者は中部国際空港で金塊を回収し現金化する予定だったと見られるが、税関での摘発を受け逃亡している。逮捕された5人は容疑を認めている。


中部空港警察署

愛知・中部空港から中継。容疑者らは着るものの内側にポケットを付け、そこに金塊10kgを入れ密輸しようとしていた。一部の国では金の取引に税金がかからないが、日本では消費税分が上乗せされるため儲けとなる。30kgの金塊では1000万円の儲けが出る。金の密輸は消費税が8%になった2014年頃から急増している。容疑者も多様化しており、福岡空港では今年3月、大阪市の職員が仲間とともに約3キロの金塊を密輸したとして逮捕・起訴された。話を持ちかけたのはパチンコ仲間だったという。今回の主婦らの犯行も、容疑者らが金塊の量に合わせて知人の中から共犯者を選んでいたという。主犯格の家は特に豪華な様子ではなく、しかし近所の人からは元々お金持ちな様子だったとの声が聞けた。密輸には計画を仕切る韓国人の依頼者がいた。依頼者はおよそ1000万円の利益が出る割に、犯行グループには1人10万円程度のみ渡していたとみられる。グループメンバーはそれなりに満足し、他人にも勧めていたという。金塊の隠し方に謎があり、服の内側に入れればみえなくはなるが金属探知機の検査をすり抜けられない。容疑者らが利用したのは金属の検査がされない空港内の乗り換えとみられる。香港で金塊を空港内に運び、韓国の仁川国際空港でグループと合流、金塊を渡したとみられる。小分けにする理由は、見つかった金塊が少量であった場合関税だけを取られ金塊は返すことがあるためだと専門家は語る。依頼者は中部国際空港で金塊を回収し現金化する予定だったと見られるが、税関での摘発を受け逃亡している。逮捕された5人は容疑を認めている。


福岡空港

愛知・中部空港から中継。容疑者らは着るものの内側にポケットを付け、そこに金塊10kgを入れ密輸しようとしていた。一部の国では金の取引に税金がかからないが、日本では消費税分が上乗せされるため儲けとなる。30kgの金塊では1000万円の儲けが出る。金の密輸は消費税が8%になった2014年頃から急増している。容疑者も多様化しており、福岡空港では今年3月、大阪市の職員が仲間とともに約3キロの金塊を密輸したとして逮捕・起訴された。話を持ちかけたのはパチンコ仲間だったという。今回の主婦らの犯行も、容疑者らが金塊の量に合わせて知人の中から共犯者を選んでいたという。主犯格の家は特に豪華な様子ではなく、しかし近所の人からは元々お金持ちな様子だったとの声が聞けた。密輸には計画を仕切る韓国人の依頼者がいた。依頼者はおよそ1000万円の利益が出る割に、犯行グループには1人10万円程度のみ渡していたとみられる。グループメンバーはそれなりに満足し、他人にも勧めていたという。金塊の隠し方に謎があり、服の内側に入れればみえなくはなるが金属探知機の検査をすり抜けられない。容疑者らが利用したのは金属の検査がされない空港内の乗り換えとみられる。香港で金塊を空港内に運び、韓国の仁川国際空港でグループと合流、金塊を渡したとみられる。小分けにする理由は、見つかった金塊が少量であった場合関税だけを取られ金塊は返すことがあるためだと専門家は語る。依頼者は中部国際空港で金塊を回収し現金化する予定だったと見られるが、税関での摘発を受け逃亡している。逮捕された5人は容疑を認めている。