ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「福岡空港」の検索結果

「福岡空港」に関連する情報 1766件中 1〜10件目

福岡空港

法務省は13日、海外旅行などから帰国した日本人の入国審査を無人で行う、「顔認証ゲート」を羽田空港で公開した。「顔認証ゲート」は、旅行者の顔を内蔵のカメラで撮影し、パスポートのICチップに登録されている顔の画像と照合する。照合にかかる時間は10秒ほどで、帽子やマスクを着けていると認証されない。東京オリンピック・パラリンピックを前に、日本人の入国手続きを簡素化することで、より多くの入国審査官を外国人の入国手続きに充てる狙いだ。「顔認証ゲート」は18日から羽田空港で運用を始め、来年度中に、成田や関西、福岡などの国際空港にも導入する方針。


福岡空港

東名高速道路で夫婦2人の命を奪う事故を引き起こし逮捕された男が、夫婦が乗っていたワゴン車の前で複数回車線を変更し走行を妨害していたことが分かった。高速道路上での危険な行為は全国で相次いでおり、事故の死亡率は一般道路の2倍以上に上るという。高速道路における車両同士の衝突事故の場合、6割以上が車線上に止まっている車に追突する事故となっていることが分かった。


福岡空港

東名高速でワゴン車を停車させ事故を引き起こし夫婦を死亡させたとして逮捕された男が、同乗者の静止を振り切っていたことが新たにわかった。警察は男が女性の静止を振り切ってまで暴行を加えた理由など、事件の経緯を詳しく調べている。


福岡空港

きのう自宅のある福岡から神奈川県警に身柄を移された25歳の男。6月に東名高速で夫婦が死亡し娘2人が負傷した追突事故で、高速道路上で通行を妨害し事故を引き起こす原因になったとして過失運転致死傷で逮捕された。これを受けて亡くなった男性の母親が思いを語った。


福岡空港

きのう、過失運転致死傷と暴行の疑いで25歳の男が逮捕された。男はことし6月、神奈川県大井町の東名高速の追い越し車線で、車をワゴン車の前に止め進路をふさぎ、ワゴン車に大型トラックが追突する事故を引き起こしたなどの疑いが持たれている。この事故でワゴン車に乗っていた夫婦が死亡し、娘2人が怪我をした。逮捕を受けて取材に応じた男性の母親は、「やっとあの子たちが浮かばれたかな」と話した。容疑者は容疑を認めているが、男性を暴行したことについては向こうもやってきたと供述しているという。


福岡空港

今年6月、東名高速道路で追い越し車線に止まった車にトラックなどが追突し、夫婦が死亡した事故できのう、25歳の男が逮捕された。男は事故直前に男性とトラブルになり車を追いかけ、無理やり追い越し車線に停止させ死亡事故を起こした疑いが持たれている。


福岡空港

ことし6月、東名高速道路の追い越し車線で夫婦が乗る車を無理やり停止させ追突させたとして25歳の男が逮捕された。一家は家族旅行の帰りに中井パーキングエリアで休憩をとった後、妻が運転席に夫が助手席の後ろに座り出発しようとした。一家の乗った車が高速の本線に戻ろうとしたところ、男の車が道路を塞ぐように止まっていたため、横を通る際に夫が注意。パーキングエリアを出た一家のワゴン車を男の車が猛スピードで追いかけてきたという。男の車はワゴン車の前に割り込み走行を妨害。妻が危険を感じ、車線を変える度に進路を塞いだ。そして、追い越し車線で停車したため妻も車を止めざるを得なかったという。車を降りた男は夫の胸ぐらを掴み「高速道路に投げてやろうか」などと詰め寄った。そこに大型トラックが追突。夫婦は亡くなり、男は軽傷を負った。事故直後、ワゴン車の車内にいた長女は携帯電話で父の親しい友人に助けを求めていた。事故が起きた時間と同じ時間帯に現場を走行すると道路照明灯の明かりのみで暗い状態だった。男は調べに対し容疑を認めている。


福岡空港

ことし6月、東名高速道路の追い越し車線で夫婦が乗ったワゴン車を無理やり停止させ、追突事故を起こした疑いで、25歳の男が逮捕された。事件では当時45歳の男性と39歳の婦人が死亡し、2人の娘も負傷した。遡ること6月5日の午後9時過ぎ、一家は中井パーキングエリアで休息を取り、高速の本線へ戻ろうと出発。すると容疑者が乗った車が道路を塞ぐように停車し、男性が車から注意した。その後、容疑者は一家のワゴン車を猛スピードで追いかけ、前に割り込んで走行を妨害した。追い越し車線で容疑者の車が止まったため、一家の車も停車する他無かった。そして容疑者は車を降り、男性に詰め寄っていたところ、後ろからきた大型トラックに追突され夫婦は死亡、容疑者は軽傷だった。事故当時の時間帯、現場は視界良好とはとても言えなかった。取り調べで、容疑者は事故を起こしたことに「間違いありません」と容疑を認めている。


福岡空港

6月に東名高速道路で夫婦が亡くなった事故で、追い越し車線で進路妨害し、無理やり夫婦の車を止めさせたとされる25歳の男が過失運転致死傷と暴行の疑いで逮捕された。事件の発端は中井PAの出口付近で、容疑者は被害者から「邪魔」と言われた後、1kmにわたって追走。夫婦の車は追い越し車線で止まらざるを得なくなり、容疑者が男性の腕をつかむなどしていた時、トラックが突っ込んできた。なお、トラック運転手については今後、過失運転致死傷の疑いで書類送検する方針。亡くなった男性の母親は容疑者逮捕の知らせを受けると目頭を押さえ、「やっとあの子達が浮かばれたかな」と語った。


福岡空港

神奈川県の東名高速で静岡県の夫婦が死亡した事故で、逮捕された男の身柄は神奈川県警に向かっている。事故は今年6月、追い越し車線に止まっていた夫婦が運転するワゴン車に後続車が追突して夫婦が死亡したもの。事故の直前にパーキングエリアで注意されたことに腹を立て、夫婦の車を無理やり追い越し車線に停車させ夫婦を死亡させたなどとして男は逮捕された。逮捕前に容疑者は取材に対し、言われたらカチンと来る、相手から煽られたから止まったと、死者が出たことについては悪いことをしたと話した。容疑者は容疑を認めている。遺族は、いずれは逮捕するだろうと思っていた、夫婦がやっと浮かばれたなどと話した。