ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「秋山木工」の検索結果

「秋山木工」に関連する情報 47件中 1〜10件目

秋山木工

日本一過酷といわれる秋山木工の入社試験に密着。10日間の研修を終え、男女3人が合格したため丸刈りとなった。一方試験に落ちた男性1人も、1か月様子を見るという補欠合格となりこちらも丸刈りとなった。「技術よりも人間性」として、家具職人としても修行が始まる。


「秋山木工」に関連する映画・DVD

一流を育てる

新入社員は男も女も丸刈りにされるなど、日本一過酷といわれる横浜市の家具メーカー・秋山木工の入社試験に密着。秋山利輝社長の教育方針はスパルタで、最初の5年間は住み込みで修行し、携帯電話も恋愛も禁止。今年も家具職人を目指す4人の研修生が社長の元を訪れ自己紹介から電話対応練習、実技の研修などを行った。


秋山木工

新入社員は男も女も丸刈りにされるなど、日本一過酷といわれる横浜市の家具メーカー・秋山木工の入社試験に密着。秋山利輝社長の教育方針はスパルタで、最初の5年間は住み込みで修行し、携帯電話も恋愛も禁止。今年も家具職人を目指す4人の研修生が社長の元を訪れ自己紹介から電話対応練習、実技の研修などを行った。

秋山社長は「どんな困難も厳しい修行時代があれば乗り越えられる」と考えているという。翌日、研修生たちは高級家具の納品を経験、職人としてのやりがいを知ることができた。そして10日間の研修を終えた4人に合否の発表が。合格すれば丸刈り、落ちると田舎に帰ることになる…。


秋山木工

横浜市にある秋山木工の社長・秋山利輝さんは、一流職人を育てることについて、技術は教えなくてもいい、技術で評価するのは40%、60%は人間性と話す。自分勝手なやつが人のために優しく出来ないし、この人を助けたい、感動してもらう、元気になってもらうとか、そういう心がないと腕が上がらないと話す。

秋山木工社長・秋山利輝さんの話題でトーク。赤江珠緒が、女子でも丸刈りはすごい覚悟、辛抱したり我を抑えたりする白紙の心があって職人の心が身につくのだろうと話した。丁稚見習いの1日のスケジュールを表示しながら、1日のうちほとんどが掃除で、最初の1年は自由時間を自主練習に充てると羽鳥慎一が説明した。また見習いを含む丁稚機関5年間は、食べ物の好き嫌い、親との面会、仕送り、携帯電話、恋愛がすべて禁止という。

長嶋一茂が、昔、自分たちより上の世代は形態もなかったし、丁稚に行ったらこういうことは普通だったのだろうが、現代の若い子たちには情報も楽しいこともたくさんある中で、これを今やらせるのはすごいと思うとコメント。さらに、食べ物の好き嫌い禁止は何事も苦手をなくすことにつながり、親との面会禁止は心のゆるみは修行の妨げ、携帯電話禁止は、手紙はOKで、文字を書くのも修業など、規則の各々の理由を羽鳥が説明した。

横浜市の秋山木工での秋山利輝さんの指導の様子を見ながらトーク。飯田泰之が、ここまで拘束したら、逆に全部その責任は取るということと組み合わさっていないと誰もついてこない、5年間の修業をしたらその後の就職や暖簾分けの面倒をしっかり見てきたかどうかで人がついてくるかが決まるのではと述べた。さらに、「心が一流になれば技術も一流になる」という、秋山社長の職人作りのモットーを羽鳥慎一が紹介した。

自ら育てないと一流にならない、それを支える気持ちが大事、見習いの1年間は大変だが、厳しいと言われるが、これほど辛抱と根性の必要な優しさは持てない、何かを捨てないと何かを得るのは難しいと、吉永みち子がコメント。長嶋一茂が、職人技の技術継承が深刻で難しい、ルールの先にあるものをちゃんと説明して技術を継承することが自分たちから上の世代にはなかったが、説明があるから今の子たちがついてくると話した。


「秋山木工」に関連するイベント情報

技能五輪全国大会

23歳以下の職人の腕前を競う技能五輪全国大会では、秋山木工は毎年、上位入賞。昨年11月に行われた第51回大会では、家具部門で金・銀・銅を独占した。技だけでなく、親方の人間性とかを丸ごといただくのは住み込みで24時間、その人にくっついてやることが一番の早道、10年かかるやつを10年かけていたら今の時代に合わないと、社長の秋山さんは話す。


秋山木工

羽鳥慎一が2つ目の特集を紹介。注文家具を作る職人集団「秋山木工」社長、奈良県出身の秋山利輝さんを取り上げる。4月に新たな職人希望の若者が来ていて、秋山さんは現代の丁稚制度を行っている。

きのう、横浜市の秋山木工で取材。オーダーメイド専門の家具製作所で、宮内庁や有名ホテルに納特注品や大手百貨店の特別な陳列棚などを手がけている。一流を目指す若者たちに人気で、毎年、募集人数の10倍以上が応募、今年は4人が入門した。社長の秋山利輝さんは、昔ながらの徒弟関係、丁稚制度を実施、入門者は寮での共同生活を送る。5時起床で朝食を準備。食事前に社長や先輩とともに体操と2kmのランニングが日課となる。

秋山木工では男女問わず丸刈りという規則があり、今年入った丁稚見習い、河原久美子さんも坊主頭。丁稚の1日の作業は掃除に次ぐ掃除、個人の携帯電話の使用禁止、恋愛禁止と厳しい規則がある。社長の秋山さんは、貧乏育ちで頭があまりよくなく、中学を出てすぐに家具店の丁稚に入ったという経験があったからこそ自分があり、自分を超える職人を最低10人作らないと役目を果たせないと話す。

今年入った丁稚見習いの河原久美子さんは、兄弟子の女性2人と1部屋を使用。丁稚の修業を選んだのは、「物を作る人間の姿勢を学ぼうと思って」と話す。ここでは2年目から社員として本格的な職人修業を積むことになる。やはり1年目の見習い、加瀬勇也さんは、「厳しい裏に優しさがある」と述べ、2年目の丁稚、在川規矩さんは、「ここじゃなきゃ身につかないこともあるから帰りたいけど辞められない」と話す。

23歳以下の職人の腕前を競う技能五輪全国大会では、秋山木工は毎年、上位入賞。昨年11月に行われた第51回大会では、家具部門で金・銀・銅を独占した。技だけでなく、親方の人間性とかを丸ごといただくのは住み込みで24時間、その人にくっついてやることが一番の早道、10年かかるやつを10年かけていたら今の時代に合わないと、社長の秋山さんは話す。


秋山木工

モーニングバード!の明日の予告。秋山木工の秋山利輝さんについて特集する。


秋山木工

今夜は20代が選挙にどう向き合っているかについて考える。20代の投票率は極端に低いが、一方でそうした若者の投票率を上げようと映画やダンス、インターネットなどを駆使した新たな試みも行われている。若者に対する該当インタビューでは「だと総選挙で順位があるからいいけど、政治家の場合、順位じゃなくて普通に決まるだけ。それが盛り上がらない理由のひとつでは」などの意見を伺えた。

神奈川・都筑区の秋山木工で働く平堀拓磨さんは選挙について「日本人として誇りがある人。僕はそういう人に投票したい」とコメント。また歌手・宮崎奈穂子は「自分たちの手で自分たちの未来を作っていく」と話す。選挙を題材に候補者の姿を追いかけた映画「選挙2」は満席の回も出るなど注目を集めている。想田和弘監督は「今こそ選挙を語りたい」と話す。映画を見た若者は「行かなきゃいけない意識が出た」などとコメント。全国各地で投票の呼びかけが行われており、広島・中区ではダンスによる呼びかけが行われた。またインターネットを通じて投票の呼びかけも行われている。


「秋山木工」に関連する映画・DVD

選挙2

今夜は20代が選挙にどう向き合っているかについて考える。20代の投票率は極端に低いが、一方でそうした若者の投票率を上げようと映画やダンス、インターネットなどを駆使した新たな試みも行われている。若者に対する該当インタビューでは「だと総選挙で順位があるからいいけど、政治家の場合、順位じゃなくて普通に決まるだけ。それが盛り上がらない理由のひとつでは」などの意見を伺えた。

神奈川・都筑区の秋山木工で働く平堀拓磨さんは選挙について「日本人として誇りがある人。僕はそういう人に投票したい」とコメント。また歌手・宮崎奈穂子は「自分たちの手で自分たちの未来を作っていく」と話す。選挙を題材に候補者の姿を追いかけた映画「選挙2」は満席の回も出るなど注目を集めている。想田和弘監督は「今こそ選挙を語りたい」と話す。映画を見た若者は「行かなきゃいけない意識が出た」などとコメント。全国各地で投票の呼びかけが行われており、広島・中区ではダンスによる呼びかけが行われた。またインターネットを通じて投票の呼びかけも行われている。


秋山木工

政府の目指す「人材のグローバル化」について、神奈川県横浜市「秋山木工」を取材。宮内庁や国会議事堂などの調度品を作っている。「丁稚」制度による厳しいスパルタ教育でも知られる。体罰も多いが、新人に問題点や改善点を考えさせるという独自の取り組みで「自主的に考えさせる」工夫も行っているという。

世界的に行われている「読解力を確かめるテスト」の一例を紹介。日本では点数が特に低く、問題点を指摘できない人が増えているのだという。