ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「秋山木工」の検索結果

「秋山木工」に関連する情報 53件中 1〜10件目

三つ編み亀甲

秋山木工生産組合を訪ねた。秋山郷でとれたきのこや山菜たっぷりの「早そば」を頂いた。早そばは長野県選択無形文化財に指定されている。店の奥さんに食事を尋ねると、行者ニンニクのお好み焼きや作り置きのコロッケなどを出してくれた。


三つ編み変り編

秋山木工生産組合を訪ねた。秋山郷でとれたきのこや山菜たっぷりの「早そば」を頂いた。早そばは長野県選択無形文化財に指定されている。店の奥さんに食事を尋ねると、行者ニンニクのお好み焼きや作り置きのコロッケなどを出してくれた。


「秋山木工」に関連するグルメ情報

行者にんにく

秋山木工生産組合を訪ねた。秋山郷でとれたきのこや山菜たっぷりの「早そば」を頂いた。早そばは長野県選択無形文化財に指定されている。店の奥さんに食事を尋ねると、行者ニンニクのお好み焼きや作り置きのコロッケなどを出してくれた。


苗場荘

秋山木工生産組合を訪ねた。秋山郷でとれたきのこや山菜たっぷりの「早そば」を頂いた。早そばは長野県選択無形文化財に指定されている。店の奥さんに食事を尋ねると、行者ニンニクのお好み焼きや作り置きのコロッケなどを出してくれた。


「秋山木工」に関連するグルメ情報

早そば

秋山木工生産組合を訪ねた。秋山郷でとれたきのこや山菜たっぷりの「早そば」を頂いた。早そばは長野県選択無形文化財に指定されている。店の奥さんに食事を尋ねると、行者ニンニクのお好み焼きや作り置きのコロッケなどを出してくれた。


秋山木工生産組合

秋山木工生産組合を訪ねた。秋山郷でとれたきのこや山菜たっぷりの「早そば」を頂いた。早そばは長野県選択無形文化財に指定されている。店の奥さんに食事を尋ねると、行者ニンニクのお好み焼きや作り置きのコロッケなどを出してくれた。


秋山木工

日本一過酷といわれる秋山木工の入社試験に密着。10日間の研修を終え、男女3人が合格したため丸刈りとなった。一方試験に落ちた男性1人も、1か月様子を見るという補欠合格となりこちらも丸刈りとなった。「技術よりも人間性」として、家具職人としても修行が始まる。


「秋山木工」に関連する映画・DVD

一流を育てる

新入社員は男も女も丸刈りにされるなど、日本一過酷といわれる横浜市の家具メーカー・秋山木工の入社試験に密着。秋山利輝社長の教育方針はスパルタで、最初の5年間は住み込みで修行し、携帯電話も恋愛も禁止。今年も家具職人を目指す4人の研修生が社長の元を訪れ自己紹介から電話対応練習、実技の研修などを行った。


秋山木工

新入社員は男も女も丸刈りにされるなど、日本一過酷といわれる横浜市の家具メーカー・秋山木工の入社試験に密着。秋山利輝社長の教育方針はスパルタで、最初の5年間は住み込みで修行し、携帯電話も恋愛も禁止。今年も家具職人を目指す4人の研修生が社長の元を訪れ自己紹介から電話対応練習、実技の研修などを行った。

秋山社長は「どんな困難も厳しい修行時代があれば乗り越えられる」と考えているという。翌日、研修生たちは高級家具の納品を経験、職人としてのやりがいを知ることができた。そして10日間の研修を終えた4人に合否の発表が。合格すれば丸刈り、落ちると田舎に帰ることになる…。


秋山木工

横浜市にある秋山木工の社長・秋山利輝さんは、一流職人を育てることについて、技術は教えなくてもいい、技術で評価するのは40%、60%は人間性と話す。自分勝手なやつが人のために優しく出来ないし、この人を助けたい、感動してもらう、元気になってもらうとか、そういう心がないと腕が上がらないと話す。

秋山木工社長・秋山利輝さんの話題でトーク。赤江珠緒が、女子でも丸刈りはすごい覚悟、辛抱したり我を抑えたりする白紙の心があって職人の心が身につくのだろうと話した。丁稚見習いの1日のスケジュールを表示しながら、1日のうちほとんどが掃除で、最初の1年は自由時間を自主練習に充てると羽鳥慎一が説明した。また見習いを含む丁稚機関5年間は、食べ物の好き嫌い、親との面会、仕送り、携帯電話、恋愛がすべて禁止という。

長嶋一茂が、昔、自分たちより上の世代は形態もなかったし、丁稚に行ったらこういうことは普通だったのだろうが、現代の若い子たちには情報も楽しいこともたくさんある中で、これを今やらせるのはすごいと思うとコメント。さらに、食べ物の好き嫌い禁止は何事も苦手をなくすことにつながり、親との面会禁止は心のゆるみは修行の妨げ、携帯電話禁止は、手紙はOKで、文字を書くのも修業など、規則の各々の理由を羽鳥が説明した。

横浜市の秋山木工での秋山利輝さんの指導の様子を見ながらトーク。飯田泰之が、ここまで拘束したら、逆に全部その責任は取るということと組み合わさっていないと誰もついてこない、5年間の修業をしたらその後の就職や暖簾分けの面倒をしっかり見てきたかどうかで人がついてくるかが決まるのではと述べた。さらに、「心が一流になれば技術も一流になる」という、秋山社長の職人作りのモットーを羽鳥慎一が紹介した。

自ら育てないと一流にならない、それを支える気持ちが大事、見習いの1年間は大変だが、厳しいと言われるが、これほど辛抱と根性の必要な優しさは持てない、何かを捨てないと何かを得るのは難しいと、吉永みち子がコメント。長嶋一茂が、職人技の技術継承が深刻で難しい、ルールの先にあるものをちゃんと説明して技術を継承することが自分たちから上の世代にはなかったが、説明があるから今の子たちがついてくると話した。