ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「窃盗症」の検索結果

「窃盗症」に関連する情報 46件中 1〜10件目

摂食障害

赤城高原ホスピタルでは窃盗症の治療に取り組んでいる。院長は「窃盗症の治療で1番大切なのはグループ療法だと考えている。」等とコメントした。Aさんもこの病院でグループ療法を受けた。Aさんは1年半入院した後、現在は夫と2人で暮らしている。最後の万引きから約5年が経過したが、Aさんは1度も万引きをしていない。しかし、今でもパンが売っている場所には近付けない。パンは母親に買って貰っている。院長は「窃盗症の人の万引きも犯罪だと思うが、ただ単に罰するだけでは解決にならない。」等とコメントした。


赤城高原ホスピタル

赤城高原ホスピタルでは窃盗症の治療に取り組んでいる。院長は「窃盗症の治療で1番大切なのはグループ療法だと考えている。」等とコメントした。Aさんもこの病院でグループ療法を受けた。Aさんは1年半入院した後、現在は夫と2人で暮らしている。最後の万引きから約5年が経過したが、Aさんは1度も万引きをしていない。しかし、今でもパンが売っている場所には近付けない。パンは母親に買って貰っている。院長は「窃盗症の人の万引きも犯罪だと思うが、ただ単に罰するだけでは解決にならない。」等とコメントした。

犬山さんは「窃盗症だけではなくて色々な犯罪の裏に実は疾患があるが、治療が最も効果的である事がある。」等とコメントした。坂口さんは「万引きは被害者だけではなく容疑者も苦しんでいると思う。」等とコメントした。モーリーさんは「皆さん自尊心を低めに設定してしまい、それが限界点にきたときに破綻した行動に出ているというパターンが見られる気がする。」等とコメントした。加藤さんは「万引きは間違いなく犯罪だ。」等とコメントした。


窃盗症

赤城高原ホスピタルでは窃盗症の治療に取り組んでいる。院長は「窃盗症の治療で1番大切なのはグループ療法だと考えている。」等とコメントした。Aさんもこの病院でグループ療法を受けた。Aさんは1年半入院した後、現在は夫と2人で暮らしている。最後の万引きから約5年が経過したが、Aさんは1度も万引きをしていない。しかし、今でもパンが売っている場所には近付けない。パンは母親に買って貰っている。院長は「窃盗症の人の万引きも犯罪だと思うが、ただ単に罰するだけでは解決にならない。」等とコメントした。

犬山さんは「窃盗症だけではなくて色々な犯罪の裏に実は疾患があるが、治療が最も効果的である事がある。」等とコメントした。坂口さんは「万引きは被害者だけではなく容疑者も苦しんでいると思う。」等とコメントした。モーリーさんは「皆さん自尊心を低めに設定してしまい、それが限界点にきたときに破綻した行動に出ているというパターンが見られる気がする。」等とコメントした。加藤さんは「万引きは間違いなく犯罪だ。」等とコメントした。


摂食障害

以来、Aさんは自制の為息子の写真を持ち歩き、手に息子の名前を書いた。執行猶予中の再犯は、刑務所行きが免れない。しかし、Aさんは判決の2か月後、執行猶予中に万引きをしてしまった。この時、Aさんが万引きしたのは計22772円分だったという。判決を待つ間、Aさんは精神疾患が疑われ赤城高原ホスピタルへ。そこで初めて、自分が窃盗症であると診断された。病院には同じ病気で悩む患者約30人が入院していた。裁判では、Aさんの万引きが病気によるものと認められ、懲役刑ではなく25万円の罰金刑がくだされた。窃盗症の患者が受ける治療には苦悩と闘う姿があった。


赤城高原ホスピタル

以来、Aさんは自制の為息子の写真を持ち歩き、手に息子の名前を書いた。執行猶予中の再犯は、刑務所行きが免れない。しかし、Aさんは判決の2か月後、執行猶予中に万引きをしてしまった。この時、Aさんが万引きしたのは計22772円分だったという。判決を待つ間、Aさんは精神疾患が疑われ赤城高原ホスピタルへ。そこで初めて、自分が窃盗症であると診断された。病院には同じ病気で悩む患者約30人が入院していた。裁判では、Aさんの万引きが病気によるものと認められ、懲役刑ではなく25万円の罰金刑がくだされた。窃盗症の患者が受ける治療には苦悩と闘う姿があった。


窃盗症

主婦のAさんは窃盗症と闘っている。Aさんはパンを万引きして以来、何度捕まっても万引きを止められなくなっていた。そして、2013年4月に現行犯逮捕され、懲役1年・保護観察付き・執行猶予5年の判決がくだった。Aさんは両親に手紙で助けを求めていた。そして、子供に対しては手紙で謝罪の気持ちを表していた。更に、夫に対しては手紙で立ち直る事を約束していた。

以来、Aさんは自制の為息子の写真を持ち歩き、手に息子の名前を書いた。執行猶予中の再犯は、刑務所行きが免れない。しかし、Aさんは判決の2か月後、執行猶予中に万引きをしてしまった。この時、Aさんが万引きしたのは計22772円分だったという。判決を待つ間、Aさんは精神疾患が疑われ赤城高原ホスピタルへ。そこで初めて、自分が窃盗症であると診断された。病院には同じ病気で悩む患者約30人が入院していた。裁判では、Aさんの万引きが病気によるものと認められ、懲役刑ではなく25万円の罰金刑がくだされた。窃盗症の患者が受ける治療には苦悩と闘う姿があった。


拒食症

窃盗症と診断された主婦のAさんは49歳。彼女は病気と診断されてから買い物の際にルールを作った。母親にいつも監視してもらうこと、目立つ派手な格好でスーパーに向かうなど自ら対策をしている。さらに商品の重さを実感するためにカゴを手で持つようにしている。窃盗症になりやすい人の特徴としては、「頑張っているのに認めてくれない」などと思う人が発祥しやすいという。今から約20年前、Aさんは結婚し育児に追われる日々を過ごしていた。夫は仕事で忙しく2人の子供の世話はAさん1人でやっていた。さらに夫とのコミュニケーションは筆談のみで孤独な日々を過ごしていた。しかし、Aさんは自分が痩せ始めていることに気づき、太っていることがコンプレックスだったAさんにとってはとても嬉しいことだったという。その日以来ダイエットに夢中になり体重はみるみる落ちていき、気づけば身長164センチに対して体重は29キロに。本人も気づかないうちにAさんは拒食症になっていた。窃盗症になる人は他の精神疾患を患っていることが多いという。Aさんは過度なダイエットで好物の菓子パンがとても美味しそうにみえたという、そのためかパンを万引きしてしまったそう、しかしこの興奮が窃盗症へ向かわせることを決定づけた。摂食障害には病的飢餓感があり、物がなくなる怖さで際限なく溜め込んでしまうのだという。さらに万引きの行為の成功に興奮と安堵感を覚え依存してくのだそう。この体験から万引きはどんどんエスカレート。大量に盗んだ商品で冷蔵庫はパンパンになっていた。欲しくもないペルシャ絨毯や金魚までも万引きするようになっていた。最初の万引きから2年、初めて保安員に発見され、初めて家族に万引きされていることが明らかになった。これを機に二度と万引きをしないと誓ったがその1ヶ月後に再犯してしまい、母親もその時娘の異常な状態に気づいたという。ついに2013年4月、現行犯逮捕、懲役1年の保護観察付き、執行猶予は5年となった。


金魚

窃盗症と診断された主婦のAさんは49歳。彼女は病気と診断されてから買い物の際にルールを作った。母親にいつも監視してもらうこと、目立つ派手な格好でスーパーに向かうなど自ら対策をしている。さらに商品の重さを実感するためにカゴを手で持つようにしている。窃盗症になりやすい人の特徴としては、「頑張っているのに認めてくれない」などと思う人が発祥しやすいという。今から約20年前、Aさんは結婚し育児に追われる日々を過ごしていた。夫は仕事で忙しく2人の子供の世話はAさん1人でやっていた。さらに夫とのコミュニケーションは筆談のみで孤独な日々を過ごしていた。しかし、Aさんは自分が痩せ始めていることに気づき、太っていることがコンプレックスだったAさんにとってはとても嬉しいことだったという。その日以来ダイエットに夢中になり体重はみるみる落ちていき、気づけば身長164センチに対して体重は29キロに。本人も気づかないうちにAさんは拒食症になっていた。窃盗症になる人は他の精神疾患を患っていることが多いという。Aさんは過度なダイエットで好物の菓子パンがとても美味しそうにみえたという、そのためかパンを万引きしてしまったそう、しかしこの興奮が窃盗症へ向かわせることを決定づけた。摂食障害には病的飢餓感があり、物がなくなる怖さで際限なく溜め込んでしまうのだという。さらに万引きの行為の成功に興奮と安堵感を覚え依存してくのだそう。この体験から万引きはどんどんエスカレート。大量に盗んだ商品で冷蔵庫はパンパンになっていた。欲しくもないペルシャ絨毯や金魚までも万引きするようになっていた。最初の万引きから2年、初めて保安員に発見され、初めて家族に万引きされていることが明らかになった。これを機に二度と万引きをしないと誓ったがその1ヶ月後に再犯してしまい、母親もその時娘の異常な状態に気づいたという。ついに2013年4月、現行犯逮捕、懲役1年の保護観察付き、執行猶予は5年となった。


ペルシャ絨毯

窃盗症と診断された主婦のAさんは49歳。彼女は病気と診断されてから買い物の際にルールを作った。母親にいつも監視してもらうこと、目立つ派手な格好でスーパーに向かうなど自ら対策をしている。さらに商品の重さを実感するためにカゴを手で持つようにしている。窃盗症になりやすい人の特徴としては、「頑張っているのに認めてくれない」などと思う人が発祥しやすいという。今から約20年前、Aさんは結婚し育児に追われる日々を過ごしていた。夫は仕事で忙しく2人の子供の世話はAさん1人でやっていた。さらに夫とのコミュニケーションは筆談のみで孤独な日々を過ごしていた。しかし、Aさんは自分が痩せ始めていることに気づき、太っていることがコンプレックスだったAさんにとってはとても嬉しいことだったという。その日以来ダイエットに夢中になり体重はみるみる落ちていき、気づけば身長164センチに対して体重は29キロに。本人も気づかないうちにAさんは拒食症になっていた。窃盗症になる人は他の精神疾患を患っていることが多いという。Aさんは過度なダイエットで好物の菓子パンがとても美味しそうにみえたという、そのためかパンを万引きしてしまったそう、しかしこの興奮が窃盗症へ向かわせることを決定づけた。摂食障害には病的飢餓感があり、物がなくなる怖さで際限なく溜め込んでしまうのだという。さらに万引きの行為の成功に興奮と安堵感を覚え依存してくのだそう。この体験から万引きはどんどんエスカレート。大量に盗んだ商品で冷蔵庫はパンパンになっていた。欲しくもないペルシャ絨毯や金魚までも万引きするようになっていた。最初の万引きから2年、初めて保安員に発見され、初めて家族に万引きされていることが明らかになった。これを機に二度と万引きをしないと誓ったがその1ヶ月後に再犯してしまい、母親もその時娘の異常な状態に気づいたという。ついに2013年4月、現行犯逮捕、懲役1年の保護観察付き、執行猶予は5年となった。


摂食障害

窃盗症と診断された主婦のAさんは49歳。彼女は病気と診断されてから買い物の際にルールを作った。母親にいつも監視してもらうこと、目立つ派手な格好でスーパーに向かうなど自ら対策をしている。さらに商品の重さを実感するためにカゴを手で持つようにしている。窃盗症になりやすい人の特徴としては、「頑張っているのに認めてくれない」などと思う人が発祥しやすいという。今から約20年前、Aさんは結婚し育児に追われる日々を過ごしていた。夫は仕事で忙しく2人の子供の世話はAさん1人でやっていた。さらに夫とのコミュニケーションは筆談のみで孤独な日々を過ごしていた。しかし、Aさんは自分が痩せ始めていることに気づき、太っていることがコンプレックスだったAさんにとってはとても嬉しいことだったという。その日以来ダイエットに夢中になり体重はみるみる落ちていき、気づけば身長164センチに対して体重は29キロに。本人も気づかないうちにAさんは拒食症になっていた。窃盗症になる人は他の精神疾患を患っていることが多いという。Aさんは過度なダイエットで好物の菓子パンがとても美味しそうにみえたという、そのためかパンを万引きしてしまったそう、しかしこの興奮が窃盗症へ向かわせることを決定づけた。摂食障害には病的飢餓感があり、物がなくなる怖さで際限なく溜め込んでしまうのだという。さらに万引きの行為の成功に興奮と安堵感を覚え依存してくのだそう。この体験から万引きはどんどんエスカレート。大量に盗んだ商品で冷蔵庫はパンパンになっていた。欲しくもないペルシャ絨毯や金魚までも万引きするようになっていた。最初の万引きから2年、初めて保安員に発見され、初めて家族に万引きされていることが明らかになった。これを機に二度と万引きをしないと誓ったがその1ヶ月後に再犯してしまい、母親もその時娘の異常な状態に気づいたという。ついに2013年4月、現行犯逮捕、懲役1年の保護観察付き、執行猶予は5年となった。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (46)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (1)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (45)