ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「窃盗症」の検索結果

「窃盗症」に関連する情報 271件中 1〜10件目

窃盗症

女子マラソン元日本代表(36)が判決後、公の場で涙を流して謝罪した。女は2005年(当時23歳)、名古屋国際女子マラソンで優勝。しかしケガなどに悩まされ2013年現役引退した。去年8月、コンビニで化粧品やおにぎりなど8点総額2673円分を万引きしたとして、懲役1年執行猶予3年を言い渡された。しかしそのわずか3ヶ月後、スーパーで再び万引き。今週月曜、懲役1年保護観察付き執行猶予4年が言い渡された。女は病的窃盗、摂食障害とみられ、実業団時代の過酷な減量生活から摂食障害を患ったとされている。合宿中買い物をしているのが監督にみつかり、財布を取り上げられたことをきっかけに万引きするようになったという。引退後は元チームスタッフから約700万円を騙し取られたり、結婚式を挙げた男性に逃げられたりしたとも発言した。

マラソン元日本代表の万引き事件についてスタジオトーク。細野は「執行猶予が2回続くのは珍しい。大切な執行猶予4年を治療に充てて」などとコメントした。


「窃盗症」に関連するイベント情報

世界陸上

金メダリストの高橋尚子さんと親交があり小出義雄監督と同じチームで汗を流し世界大会でも活躍した女子マラソン元日本代表の被告が今週月曜に異例の会見を行った。トップランナーを転落させた窃盗症とは。


「窃盗症」に関連するイベント情報

名古屋国際女子マラソン

金メダリストの高橋尚子さんと親交があり小出義雄監督と同じチームで汗を流し世界大会でも活躍した女子マラソン元日本代表の被告が今週月曜に異例の会見を行った。トップランナーを転落させた窃盗症とは。


「窃盗症」に関連する映画・DVD

小出義雄さん

金メダリストの高橋尚子さんと親交があり小出義雄監督と同じチームで汗を流し世界大会でも活躍した女子マラソン元日本代表の被告が今週月曜に異例の会見を行った。トップランナーを転落させた窃盗症とは。


「窃盗症」に関連するイベント情報

シドニー五輪

金メダリストの高橋尚子さんと親交があり小出義雄監督と同じチームで汗を流し世界大会でも活躍した女子マラソン元日本代表の被告が今週月曜に異例の会見を行った。トップランナーを転落させた窃盗症とは。


窃盗症

続いてはマラソン元日本代表の被告が転落のきっかけになった「窃盗症」とは。


ゲーム依存

名越さんによると元マラソン代表が口にしていた「窃盗症」とは「経済的に困っていたり物が欲しい訳ではないが窃盗をしてしまう」「窃盗は悪い事と理解し、やめたいと思っているがやめることができない病」。原因は生い立ちやプレッシャーなど過度のストレスとのこと。また、被告は摂食障害が基本にあると言われている。摂食障害と窃盗症は両方とも飢餓感に基づいているともされ、ダイエットを繰り返すと似たような症状が出ることも。名越さんは「アルコール中毒、ギャンブル依存などは豊かな生活だからできる。今回の窃盗も豊かな時代だからできる。豊かな時代だから嗜癖や中毒になるが、これに脳が追いついていない」などと語る。


覚醒剤中毒

名越さんによると元マラソン代表が口にしていた「窃盗症」とは「経済的に困っていたり物が欲しい訳ではないが窃盗をしてしまう」「窃盗は悪い事と理解し、やめたいと思っているがやめることができない病」。原因は生い立ちやプレッシャーなど過度のストレスとのこと。また、被告は摂食障害が基本にあると言われている。摂食障害と窃盗症は両方とも飢餓感に基づいているともされ、ダイエットを繰り返すと似たような症状が出ることも。名越さんは「アルコール中毒、ギャンブル依存などは豊かな生活だからできる。今回の窃盗も豊かな時代だからできる。豊かな時代だから嗜癖や中毒になるが、これに脳が追いついていない」などと語る。


ギャンブル依存

名越さんによると元マラソン代表が口にしていた「窃盗症」とは「経済的に困っていたり物が欲しい訳ではないが窃盗をしてしまう」「窃盗は悪い事と理解し、やめたいと思っているがやめることができない病」。原因は生い立ちやプレッシャーなど過度のストレスとのこと。また、被告は摂食障害が基本にあると言われている。摂食障害と窃盗症は両方とも飢餓感に基づいているともされ、ダイエットを繰り返すと似たような症状が出ることも。名越さんは「アルコール中毒、ギャンブル依存などは豊かな生活だからできる。今回の窃盗も豊かな時代だからできる。豊かな時代だから嗜癖や中毒になるが、これに脳が追いついていない」などと語る。


アルコール中毒

名越さんによると元マラソン代表が口にしていた「窃盗症」とは「経済的に困っていたり物が欲しい訳ではないが窃盗をしてしまう」「窃盗は悪い事と理解し、やめたいと思っているがやめることができない病」。原因は生い立ちやプレッシャーなど過度のストレスとのこと。また、被告は摂食障害が基本にあると言われている。摂食障害と窃盗症は両方とも飢餓感に基づいているともされ、ダイエットを繰り返すと似たような症状が出ることも。名越さんは「アルコール中毒、ギャンブル依存などは豊かな生活だからできる。今回の窃盗も豊かな時代だからできる。豊かな時代だから嗜癖や中毒になるが、これに脳が追いついていない」などと語る。