ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「笑って許して」の検索結果

「笑って許して」に関連する情報 311件中 1〜10件目

「笑って許して」に関連する音楽・CD

笑って許して

和田アキ子は笑って許してを披露した。


「笑って許して」に関連する音楽・CD

笑って許して

加山雄三と和田アキ子は仲がよく、出会いはテレビ朝日の番組で加山雄三が司会をしていた時のアシスタントが和田アキ子だった。それ以来加山雄三が妹みたいにアッコと言っていいかというと和田アキ子はお兄ちゃんと言っていいですかといった。現在も和田アキ子は加山雄三のことをお兄ちゃんとよんでいる。


「笑って許して」に関連するグルメ情報

羊羹

渡辺さんは1990年に切腹最中を考案するも、商品名が災いしてかほとんど売れず。そんなある日、常連客だった証券会社の支店長が来店。部下が仕事でミスをしたため、客への謝罪の際に渡すお土産を求めていた。渡辺さんが豆大福・羊羹を勧める中、支店長は切腹最中に目をつけ、「私の代わりに最中が腹切って参りましたっていうのはどうですか?」とアイデアを出すも、そのアイデアに渡辺さんは猛反対した。ところが1週間後、支店長が再び来店。客から笑って許してもらえたと報告。これをきっかけに観光土産ではなく謝罪土産として売り出すと、サラリーマンを中心に噂が広がり大ヒット。

お客さんの大半がサラリーマンだが、謝罪相手が奥さんだと語る男性も。謝罪土産として使われている切腹最中だが、過去には1人だけ結婚式の引出物として使った女性客がいた。


「笑って許して」に関連するグルメ情報

豆大福

渡辺さんは1990年に切腹最中を考案するも、商品名が災いしてかほとんど売れず。そんなある日、常連客だった証券会社の支店長が来店。部下が仕事でミスをしたため、客への謝罪の際に渡すお土産を求めていた。渡辺さんが豆大福・羊羹を勧める中、支店長は切腹最中に目をつけ、「私の代わりに最中が腹切って参りましたっていうのはどうですか?」とアイデアを出すも、そのアイデアに渡辺さんは猛反対した。ところが1週間後、支店長が再び来店。客から笑って許してもらえたと報告。これをきっかけに観光土産ではなく謝罪土産として売り出すと、サラリーマンを中心に噂が広がり大ヒット。

お客さんの大半がサラリーマンだが、謝罪相手が奥さんだと語る男性も。謝罪土産として使われている切腹最中だが、過去には1人だけ結婚式の引出物として使った女性客がいた。


「笑って許して」に関連するグルメ情報

切腹最中

渡辺さんは1990年に切腹最中を考案するも、商品名が災いしてかほとんど売れず。そんなある日、常連客だった証券会社の支店長が来店。部下が仕事でミスをしたため、客への謝罪の際に渡すお土産を求めていた。渡辺さんが豆大福・羊羹を勧める中、支店長は切腹最中に目をつけ、「私の代わりに最中が腹切って参りましたっていうのはどうですか?」とアイデアを出すも、そのアイデアに渡辺さんは猛反対した。ところが1週間後、支店長が再び来店。客から笑って許してもらえたと報告。これをきっかけに観光土産ではなく謝罪土産として売り出すと、サラリーマンを中心に噂が広がり大ヒット。

お客さんの大半がサラリーマンだが、謝罪相手が奥さんだと語る男性も。謝罪土産として使われている切腹最中だが、過去には1人だけ結婚式の引出物として使った女性客がいた。

切腹最中を結婚式の引出物にしたいという女性について解説。切腹最中は「私達夫婦は切腹覚悟で一緒になりました」とのメッセージが添えられて配布された。実はこの夫婦は駆け落ち同然で周囲に反対されながらも結婚。一生を共にするという決意表明のために切腹最中を引出物にしたという。菊地さんは切腹最中について「色んな反対があった中、よくこれを軌道に載せましたね」など述べた。


御菓子司 新正堂

渡辺さんは1990年に切腹最中を考案するも、商品名が災いしてかほとんど売れず。そんなある日、常連客だった証券会社の支店長が来店。部下が仕事でミスをしたため、客への謝罪の際に渡すお土産を求めていた。渡辺さんが豆大福・羊羹を勧める中、支店長は切腹最中に目をつけ、「私の代わりに最中が腹切って参りましたっていうのはどうですか?」とアイデアを出すも、そのアイデアに渡辺さんは猛反対した。ところが1週間後、支店長が再び来店。客から笑って許してもらえたと報告。これをきっかけに観光土産ではなく謝罪土産として売り出すと、サラリーマンを中心に噂が広がり大ヒット。

お客さんの大半がサラリーマンだが、謝罪相手が奥さんだと語る男性も。謝罪土産として使われている切腹最中だが、過去には1人だけ結婚式の引出物として使った女性客がいた。

切腹最中を結婚式の引出物にしたいという女性について解説。切腹最中は「私達夫婦は切腹覚悟で一緒になりました」とのメッセージが添えられて配布された。実はこの夫婦は駆け落ち同然で周囲に反対されながらも結婚。一生を共にするという決意表明のために切腹最中を引出物にしたという。菊地さんは切腹最中について「色んな反対があった中、よくこれを軌道に載せましたね」など述べた。


新正堂

渡辺さんは1990年に切腹最中を考案するも、商品名が災いしてかほとんど売れず。そんなある日、常連客だった証券会社の支店長が来店。部下が仕事でミスをしたため、客への謝罪の際に渡すお土産を求めていた。渡辺さんが豆大福・羊羹を勧める中、支店長は切腹最中に目をつけ、「私の代わりに最中が腹切って参りましたっていうのはどうですか?」とアイデアを出すも、そのアイデアに渡辺さんは猛反対した。ところが1週間後、支店長が再び来店。客から笑って許してもらえたと報告。これをきっかけに観光土産ではなく謝罪土産として売り出すと、サラリーマンを中心に噂が広がり大ヒット。

お客さんの大半がサラリーマンだが、謝罪相手が奥さんだと語る男性も。謝罪土産として使われている切腹最中だが、過去には1人だけ結婚式の引出物として使った女性客がいた。

切腹最中を結婚式の引出物にしたいという女性について解説。切腹最中は「私達夫婦は切腹覚悟で一緒になりました」とのメッセージが添えられて配布された。実はこの夫婦は駆け落ち同然で周囲に反対されながらも結婚。一生を共にするという決意表明のために切腹最中を引出物にしたという。菊地さんは切腹最中について「色んな反対があった中、よくこれを軌道に載せましたね」など述べた。


「笑って許して」に関連するグルメ情報

切腹最中

きょうの主役は新橋にある謝罪土産の定番「切腹最中」の3代目社長・渡辺仁久さん。発売当時は謝罪土産ではなく忠臣蔵にちなんだ土産だった。大正元年創業の新正堂は1店舗で年商3億円を記録。切腹最中は売り上げの役2億円を占める看板商品。仕事でミスをした時などに切腹最中を買って謝罪先に向かい、「私の代わりに最中が腹を切って参りました」と冗談を言い、笑って許してもらう作戦だ。相手によっては火に油を注ぎかねないが成功例も多い。

切腹最中は味も折り紙つきで、中に求肥というお餅が入っている。餅を入れた事で切腹のイメージがキープできるようになっている。1988年、36歳の時に印刷会社を辞め、婿養子として新正堂へ継いだ渡辺さん。当時の主軸は豆大福だが、売れない上に日持ちもせず、ロスは増える一方。そこで日持ちする新商品の開発に乗り出したが、新商品はどれも惨敗。そんな中で店の近くにあった「浅野内匠頭終焉之地」がヒントになった。新正堂が建てられた場所は忠臣蔵の発端で、浅野内匠頭が切腹させられた場所の近くだった。忠臣蔵ファンをターゲットに切腹の地に由来する切腹最中を考案するも、当初家族は猛反対。販売しても1日1個しか売れなかった。


御菓子司 新正堂

きょうの主役は新橋にある謝罪土産の定番「切腹最中」の3代目社長・渡辺仁久さん。発売当時は謝罪土産ではなく忠臣蔵にちなんだ土産だった。大正元年創業の新正堂は1店舗で年商3億円を記録。切腹最中は売り上げの役2億円を占める看板商品。仕事でミスをした時などに切腹最中を買って謝罪先に向かい、「私の代わりに最中が腹を切って参りました」と冗談を言い、笑って許してもらう作戦だ。相手によっては火に油を注ぎかねないが成功例も多い。

切腹最中は味も折り紙つきで、中に求肥というお餅が入っている。餅を入れた事で切腹のイメージがキープできるようになっている。1988年、36歳の時に印刷会社を辞め、婿養子として新正堂へ継いだ渡辺さん。当時の主軸は豆大福だが、売れない上に日持ちもせず、ロスは増える一方。そこで日持ちする新商品の開発に乗り出したが、新商品はどれも惨敗。そんな中で店の近くにあった「浅野内匠頭終焉之地」がヒントになった。新正堂が建てられた場所は忠臣蔵の発端で、浅野内匠頭が切腹させられた場所の近くだった。忠臣蔵ファンをターゲットに切腹の地に由来する切腹最中を考案するも、当初家族は猛反対。販売しても1日1個しか売れなかった。


新正堂

きょうの主役は新橋にある謝罪土産の定番「切腹最中」の3代目社長・渡辺仁久さん。発売当時は謝罪土産ではなく忠臣蔵にちなんだ土産だった。大正元年創業の新正堂は1店舗で年商3億円を記録。切腹最中は売り上げの役2億円を占める看板商品。仕事でミスをした時などに切腹最中を買って謝罪先に向かい、「私の代わりに最中が腹を切って参りました」と冗談を言い、笑って許してもらう作戦だ。相手によっては火に油を注ぎかねないが成功例も多い。

切腹最中は味も折り紙つきで、中に求肥というお餅が入っている。餅を入れた事で切腹のイメージがキープできるようになっている。1988年、36歳の時に印刷会社を辞め、婿養子として新正堂へ継いだ渡辺さん。当時の主軸は豆大福だが、売れない上に日持ちもせず、ロスは増える一方。そこで日持ちする新商品の開発に乗り出したが、新商品はどれも惨敗。そんな中で店の近くにあった「浅野内匠頭終焉之地」がヒントになった。新正堂が建てられた場所は忠臣蔵の発端で、浅野内匠頭が切腹させられた場所の近くだった。忠臣蔵ファンをターゲットに切腹の地に由来する切腹最中を考案するも、当初家族は猛反対。販売しても1日1個しか売れなかった。