ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「第一旭」の検索結果

「第一旭」に関連する情報 39件中 1〜10件目

「第一旭」に関連するグルメ情報

京都ラーメン

今回のラーメン女子博では、「濃厚ラーメン かなや」のくさみのない「濃厚豚骨」や、京都の人気店「本家 第一旭」も出店し、「京都ラーメン」を販売。老舗のラーメン店が6度目にして出店OKが出た。女性専用席も完備し、ラーメンと一緒に酒が楽しめる「酒LOVEコーナー」も。酒もインスタ映えするため大人気。「IKE麺」スタッフが案内やテーブルの片付けなどをしてくれる。ラーメン女子博に来ている客は、「普段から週1回くらいでラーメンを食べる。女子の間で流行っていると思う。おじさんの印象はない。」などとコメント。ラーメン女子会に何度も参加しているラーメン女子たちは、「週に3回くらいは食べる。」「毎日食べる。」などとコメント。ラーメン女子博は今年、大阪と熊本でも開催される。森本さんは出店20店舗位を決めるのに、100〜200くらいの間オファーして約160軒断られる。常連のお客さんを大切にしたいと言われるようだ。


「第一旭」に関連するレストラン・飲食店

今回のラーメン女子博では、「濃厚ラーメン かなや」のくさみのない「濃厚豚骨」や、京都の人気店「本家 第一旭」も出店し、「京都ラーメン」を販売。老舗のラーメン店が6度目にして出店OKが出た。女性専用席も完備し、ラーメンと一緒に酒が楽しめる「酒LOVEコーナー」も。酒もインスタ映えするため大人気。「IKE麺」スタッフが案内やテーブルの片付けなどをしてくれる。ラーメン女子博に来ている客は、「普段から週1回くらいでラーメンを食べる。女子の間で流行っていると思う。おじさんの印象はない。」などとコメント。ラーメン女子会に何度も参加しているラーメン女子たちは、「週に3回くらいは食べる。」「毎日食べる。」などとコメント。ラーメン女子博は今年、大阪と熊本でも開催される。森本さんは出店20店舗位を決めるのに、100〜200くらいの間オファーして約160軒断られる。常連のお客さんを大切にしたいと言われるようだ。

 (ラーメン、餃子、中華麺(その他))

「第一旭」に関連するグルメ情報

濃厚豚骨

今回のラーメン女子博では、「濃厚ラーメン かなや」のくさみのない「濃厚豚骨」や、京都の人気店「本家 第一旭」も出店し、「京都ラーメン」を販売。老舗のラーメン店が6度目にして出店OKが出た。女性専用席も完備し、ラーメンと一緒に酒が楽しめる「酒LOVEコーナー」も。酒もインスタ映えするため大人気。「IKE麺」スタッフが案内やテーブルの片付けなどをしてくれる。ラーメン女子博に来ている客は、「普段から週1回くらいでラーメンを食べる。女子の間で流行っていると思う。おじさんの印象はない。」などとコメント。ラーメン女子会に何度も参加しているラーメン女子たちは、「週に3回くらいは食べる。」「毎日食べる。」などとコメント。ラーメン女子博は今年、大阪と熊本でも開催される。森本さんは出店20店舗位を決めるのに、100〜200くらいの間オファーして約160軒断られる。常連のお客さんを大切にしたいと言われるようだ。


「第一旭」に関連するレストラン・飲食店

濃厚ラーメン かなや

今回のラーメン女子博では、「濃厚ラーメン かなや」のくさみのない「濃厚豚骨」や、京都の人気店「本家 第一旭」も出店し、「京都ラーメン」を販売。老舗のラーメン店が6度目にして出店OKが出た。女性専用席も完備し、ラーメンと一緒に酒が楽しめる「酒LOVEコーナー」も。酒もインスタ映えするため大人気。「IKE麺」スタッフが案内やテーブルの片付けなどをしてくれる。ラーメン女子博に来ている客は、「普段から週1回くらいでラーメンを食べる。女子の間で流行っていると思う。おじさんの印象はない。」などとコメント。ラーメン女子会に何度も参加しているラーメン女子たちは、「週に3回くらいは食べる。」「毎日食べる。」などとコメント。ラーメン女子博は今年、大阪と熊本でも開催される。森本さんは出店20店舗位を決めるのに、100〜200くらいの間オファーして約160軒断られる。常連のお客さんを大切にしたいと言われるようだ。


「第一旭」に関連するグルメ情報

ラーメン

今回のワケあり人は「ワケありズルズル女」、森本聡子さんで、「日本全国のらーめんを食べ歩き、年間600杯以上平らげるラーメン大好き女」。森本さんは、「1日ラーメン8杯食べてみたり。」などとコメント。ラーメンのきっかけは高校時代のラーメン店でのアルバイトがきっかけ。接客の技術を学ぶため他の店舗を調査していると、ラーメンに夢中になった。47都道府県を制覇。カップラーメンも年間100杯以上。男性のイメージが強いラーメンを、女性にも広めたいと思い「ラーメン女子博」を開催。過去6回開催し、2017年は32万人も動員。女子の間ではラーメンブームが。

森本さんは、「職業はラーメン女史。ラーメン女子博の開催や、ラーメン店のプロデュースなどを手掛けている。ラーメン一本でやっている。」などとコメント。なぜ太らないのかという質問には、「ラーメンを食べる前には野菜ジュースを飲むようにした。スープは4口までと決めている。」などとコメント。

ラーメン女子博についてスタジオトーク。森本さんは、「ラーメンは好きだけど1人で行けないという女性の声を聞いていて、フェスをやったら来やすいのではと思った。ラーメンイベントでラーメンしかないのが嫌で、美容やスイーツを入れてみたり。」などとコメント。

今回のラーメン女子博では、「濃厚ラーメン かなや」のくさみのない「濃厚豚骨」や、京都の人気店「本家 第一旭」も出店し、「京都ラーメン」を販売。老舗のラーメン店が6度目にして出店OKが出た。女性専用席も完備し、ラーメンと一緒に酒が楽しめる「酒LOVEコーナー」も。酒もインスタ映えするため大人気。「IKE麺」スタッフが案内やテーブルの片付けなどをしてくれる。ラーメン女子博に来ている客は、「普段から週1回くらいでラーメンを食べる。女子の間で流行っていると思う。おじさんの印象はない。」などとコメント。ラーメン女子会に何度も参加しているラーメン女子たちは、「週に3回くらいは食べる。」「毎日食べる。」などとコメント。ラーメン女子博は今年、大阪と熊本でも開催される。森本さんは出店20店舗位を決めるのに、100〜200くらいの間オファーして約160軒断られる。常連のお客さんを大切にしたいと言われるようだ。

森本さんは年間約100杯くらいのカップラーメンを食べる。女子に嬉しい糖質、カロリーオフのカップ麺が急増中。


「第一旭」に関連するイベント情報

ラーメン女子博

今回のワケあり人は「ワケありズルズル女」、森本聡子さんで、「日本全国のらーめんを食べ歩き、年間600杯以上平らげるラーメン大好き女」。森本さんは、「1日ラーメン8杯食べてみたり。」などとコメント。ラーメンのきっかけは高校時代のラーメン店でのアルバイトがきっかけ。接客の技術を学ぶため他の店舗を調査していると、ラーメンに夢中になった。47都道府県を制覇。カップラーメンも年間100杯以上。男性のイメージが強いラーメンを、女性にも広めたいと思い「ラーメン女子博」を開催。過去6回開催し、2017年は32万人も動員。女子の間ではラーメンブームが。

ラーメン女子博についてスタジオトーク。森本さんは、「ラーメンは好きだけど1人で行けないという女性の声を聞いていて、フェスをやったら来やすいのではと思った。ラーメンイベントでラーメンしかないのが嫌で、美容やスイーツを入れてみたり。」などとコメント。

「中野四季の森公園」で行われているラーメン女子博は、10日間で約11万人動員。ラーメン店の数は計18軒。女子に嬉しいラーメンは、日本酒が50〜60種類揃っている「蟻塚」の「トリュフ香る アサリポタージュまぜそば」。トリュフ香る特性平打ち麺に、アサリと数十種類の野菜のポタージュがかかっていて、さらに紅芯大根が乗った見た目もかわいいラーメン。森本さんが食べて感想を述べた。

次の女子に嬉しいラーメンは、「カネキッチン ヌードル」の「潮の煮干しらぁめん〜ミニローストトマトを添えて〜」。ミニローストトマトでリコピンたっぷりで、平子・背黒・いりこを使用した黄金スープに、豚肩ロース、海苔などをトッピング。見た目も香りも楽しめる。森本さんが食べて感想を述べた。

次の女子に嬉しいラーメンは、仙台で人気の「らー神 心温」の「濃厚ウニクリーミー」。クリーミーな豆乳入りのウニスープに、大量のウニをトッピング。しそ香る鶏チャーシューや、ウニバターラスクを乗せたラーメン。森本さんが食べて感想を述べた。都内では鶏チャーシューが流行っている。

今回のラーメン女子博では、「濃厚ラーメン かなや」のくさみのない「濃厚豚骨」や、京都の人気店「本家 第一旭」も出店し、「京都ラーメン」を販売。老舗のラーメン店が6度目にして出店OKが出た。女性専用席も完備し、ラーメンと一緒に酒が楽しめる「酒LOVEコーナー」も。酒もインスタ映えするため大人気。「IKE麺」スタッフが案内やテーブルの片付けなどをしてくれる。ラーメン女子博に来ている客は、「普段から週1回くらいでラーメンを食べる。女子の間で流行っていると思う。おじさんの印象はない。」などとコメント。ラーメン女子会に何度も参加しているラーメン女子たちは、「週に3回くらいは食べる。」「毎日食べる。」などとコメント。ラーメン女子博は今年、大阪と熊本でも開催される。森本さんは出店20店舗位を決めるのに、100〜200くらいの間オファーして約160軒断られる。常連のお客さんを大切にしたいと言われるようだ。


「第一旭」に関連するグルメ情報

ぎょうざ

京都の逸品は新福菜館の中華そば。京都はラーメンが愛されていて京都ラーメンの2大巨塔が第一旭と新福菜館だという。麺はやや太め。美味しさの秘密は真っ黒なスープ。数種類の濃口醤油をブレンドし、豚骨スープをあわせている。2つ目はぎょうざ歩兵のぎょうざ。口の中でとろける餃子は皮が薄く豚の脂が入っている。さらにタレも自家製でまろやか。判定はBが多く中居1人だけ食べられない結果になった。


「第一旭」に関連するグルメ情報

ヤキメシ

京都の逸品は新福菜館の中華そば。京都はラーメンが愛されていて京都ラーメンの2大巨塔が第一旭と新福菜館だという。麺はやや太め。美味しさの秘密は真っ黒なスープ。数種類の濃口醤油をブレンドし、豚骨スープをあわせている。2つ目はぎょうざ歩兵のぎょうざ。口の中でとろける餃子は皮が薄く豚の脂が入っている。さらにタレも自家製でまろやか。判定はBが多く中居1人だけ食べられない結果になった。


「第一旭」に関連するレストラン・飲食店

第一旭

京都の逸品は新福菜館の中華そば。京都はラーメンが愛されていて京都ラーメンの2大巨塔が第一旭と新福菜館だという。麺はやや太め。美味しさの秘密は真っ黒なスープ。数種類の濃口醤油をブレンドし、豚骨スープをあわせている。2つ目はぎょうざ歩兵のぎょうざ。口の中でとろける餃子は皮が薄く豚の脂が入っている。さらにタレも自家製でまろやか。判定はBが多く中居1人だけ食べられない結果になった。


「第一旭」に関連するグルメ情報

中華そば

京都の逸品は新福菜館の中華そば。京都はラーメンが愛されていて京都ラーメンの2大巨塔が第一旭と新福菜館だという。麺はやや太め。美味しさの秘密は真っ黒なスープ。数種類の濃口醤油をブレンドし、豚骨スープをあわせている。2つ目はぎょうざ歩兵のぎょうざ。口の中でとろける餃子は皮が薄く豚の脂が入っている。さらにタレも自家製でまろやか。判定はBが多く中居1人だけ食べられない結果になった。


検索結果の絞り込み