ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「第一生命保険」の検索結果

「第一生命保険」に関連する情報 868件中 1〜10件目

認知症

第一生命保険は大手では初となる認知症保険の販売を来月18日から開始すると発表。この保険は40〜85歳が加入でき、契約2年が経過した後、認知症と診断された場合、加入期間に応じて200〜1000万円の保険金を支払われる。厚労省によると2025年には約730万人に達し、65歳以上の5人に1人が認知症になると予想されている。また、介護が必要となる主が原因のうち認知症の割合が最も高くなっていることから第一生命は予防アプリの提供も開始。アメリカの企業と共同開発したこのアプリではスマホカメラで目の動きの反応速度を分析することで認知機能の確認ができる。更に脳トレや食事管理の情報を家族と共有することも可能。第一生命は加入者が認知症予防に取り組むことで保険料の支払いを抑えたい考え。


厚労省

第一生命保険は大手では初となる認知症保険の販売を来月18日から開始すると発表。この保険は40〜85歳が加入でき、契約2年が経過した後、認知症と診断された場合、加入期間に応じて200〜1000万円の保険金を支払われる。厚労省によると2025年には約730万人に達し、65歳以上の5人に1人が認知症になると予想されている。また、介護が必要となる主が原因のうち認知症の割合が最も高くなっていることから第一生命は予防アプリの提供も開始。アメリカの企業と共同開発したこのアプリではスマホカメラで目の動きの反応速度を分析することで認知機能の確認ができる。更に脳トレや食事管理の情報を家族と共有することも可能。第一生命は加入者が認知症予防に取り組むことで保険料の支払いを抑えたい考え。


第一生命保険

第一生命保険は大手では初となる認知症保険の販売を来月18日から開始すると発表。この保険は40〜85歳が加入でき、契約2年が経過した後、認知症と診断された場合、加入期間に応じて200〜1000万円の保険金を支払われる。厚労省によると2025年には約730万人に達し、65歳以上の5人に1人が認知症になると予想されている。また、介護が必要となる主が原因のうち認知症の割合が最も高くなっていることから第一生命は予防アプリの提供も開始。アメリカの企業と共同開発したこのアプリではスマホカメラで目の動きの反応速度を分析することで認知機能の確認ができる。更に脳トレや食事管理の情報を家族と共有することも可能。第一生命は加入者が認知症予防に取り組むことで保険料の支払いを抑えたい考え。


厚労省

渋谷区で第一生命保険の寺本秀雄副会長が認知症保険参入を発表。かんたん告知「認知症保険」を来月から販売。南部雅実取締役常務執行役員は介護を補償する保険はあるが補償の幅が広くなるため高くなるので手頃の価格設定を考えたとした。滝田務は認知症進行度を確認するアプリを紹介。厚労省によると、2025年には2012年の1.5倍になると試算。生命保険各社は認知症保険を続々と発売している。


かんたん告知「認知症保険」

渋谷区で第一生命保険の寺本秀雄副会長が認知症保険参入を発表。かんたん告知「認知症保険」を来月から販売。南部雅実取締役常務執行役員は介護を補償する保険はあるが補償の幅が広くなるため高くなるので手頃の価格設定を考えたとした。滝田務は認知症進行度を確認するアプリを紹介。厚労省によると、2025年には2012年の1.5倍になると試算。生命保険各社は認知症保険を続々と発売している。


第一生命保険

渋谷区で第一生命保険の寺本秀雄副会長が認知症保険参入を発表。かんたん告知「認知症保険」を来月から販売。南部雅実取締役常務執行役員は介護を補償する保険はあるが補償の幅が広くなるため高くなるので手頃の価格設定を考えたとした。滝田務は認知症進行度を確認するアプリを紹介。厚労省によると、2025年には2012年の1.5倍になると試算。生命保険各社は認知症保険を続々と発売している。


認知症

渋谷区で第一生命保険の寺本秀雄副会長が認知症保険参入を発表。かんたん告知「認知症保険」を来月から販売。南部雅実取締役常務執行役員は介護を補償する保険はあるが補償の幅が広くなるため高くなるので手頃の価格設定を考えたとした。滝田務は認知症進行度を確認するアプリを紹介。厚労省によると、2025年には2012年の1.5倍になると試算。生命保険各社は認知症保険を続々と発売している。

岩佐まりさんは母親桂子さんと2人暮らし、母は10年前に若年性認知症と診断された。現在はまりさん以外はわからない状態。認知症の症状で5年前に徘徊が始まった。まりさんは当時の状況をブログで公開している。認知症で線路に立ち入り鉄道会社から数百万円の損害賠償を請求されることがある。

千代田区の東京海上日動は「認知症あんしんプラン」を販売。鳥島遥さんは認知症になった人40歳以上の人を対象、行方不明や他人に対する不安と金銭的負担などがあるのでピンポイントで補償するという。

梅澤高明は認知症の社会的費用は14.5兆円と試算され、中でケアなどで働けないことなどで6.1兆円の損失となっている。そのため認知症と共生できる社会を作るために保険はリスクをシェアすることで役割は大きいと話した。山川龍雄は認知症になった顧客の契約問題について、契約のままほったらかしになっている場合があり、受取人が当事者能力を失っている場合もあり、解約もできない場合もあると指摘。保険加入した後に認知症になってそのままにしている場合が多いとした。


第一生命保険「U−29 RISK BATTLE」篇

天才少年ラッパー・石橋陽彩は第一生命のCMで話題になった。スタジオでJ組に起こりうるリスクをラップで披露した。歌詞はスタッフが作ったものとの事。現在14歳、今年公開された「リメンバー・ミー」の主人公・ミゲル役に抜擢、映画の主題歌も歌っている。


「第一生命保険」に関連するイベント情報

サラリーマン川柳

第一生命保険はきのうサラリーマン川柳の番外編として、来春入社する学生が就職活動を振り返って詠んだ優秀作18句を発表した。(毎日新聞)


第一生命保険

第一生命保険はきのうサラリーマン川柳の番外編として、来春入社する学生が就職活動を振り返って詠んだ優秀作18句を発表した。(毎日新聞)