ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「篠原信一」の検索結果

「篠原信一」に関連する情報 1700件中 1〜10件目

「篠原信一」に関連するイベント情報

シドニー五輪

1998年バンコク大会のレジェンドは柔道の井上康生。当時二十歳の井上にとってこの大会は初の日本代表。同じ重量級の篠原信一に次ぐ若きエースとして期待されていた。初の国際舞台でオール一本勝ちで勝ち進み、決勝でアトランタ五輪銀メダルのアルメン・バグダザロフ相手と対戦。接戦の末、井上が一本勝ちで金メダルに輝いた。それから2年後のシドニー五輪でも圧倒的な強さで金メダルを獲得。表彰台で亡き母親の遺影を掲げる姿は日本中に感動をもたらした。「アジア大会2018」は8月18日開幕!


「篠原信一」に関連するイベント情報

アトランタ五輪

1998年バンコク大会のレジェンドは柔道の井上康生。当時二十歳の井上にとってこの大会は初の日本代表。同じ重量級の篠原信一に次ぐ若きエースとして期待されていた。初の国際舞台でオール一本勝ちで勝ち進み、決勝でアトランタ五輪銀メダルのアルメン・バグダザロフ相手と対戦。接戦の末、井上が一本勝ちで金メダルに輝いた。それから2年後のシドニー五輪でも圧倒的な強さで金メダルを獲得。表彰台で亡き母親の遺影を掲げる姿は日本中に感動をもたらした。「アジア大会2018」は8月18日開幕!


「篠原信一」に関連するイベント情報

アジア大会バンコク大会

1998年バンコク大会のレジェンドは柔道の井上康生。当時二十歳の井上にとってこの大会は初の日本代表。同じ重量級の篠原信一に次ぐ若きエースとして期待されていた。初の国際舞台でオール一本勝ちで勝ち進み、決勝でアトランタ五輪銀メダルのアルメン・バグダザロフ相手と対戦。接戦の末、井上が一本勝ちで金メダルに輝いた。それから2年後のシドニー五輪でも圧倒的な強さで金メダルを獲得。表彰台で亡き母親の遺影を掲げる姿は日本中に感動をもたらした。「アジア大会2018」は8月18日開幕!


「篠原信一」に関連するイベント情報

アジア大会2018

1998年バンコク大会のレジェンドは柔道の井上康生。当時二十歳の井上にとってこの大会は初の日本代表。同じ重量級の篠原信一に次ぐ若きエースとして期待されていた。初の国際舞台でオール一本勝ちで勝ち進み、決勝でアトランタ五輪銀メダルのアルメン・バグダザロフ相手と対戦。接戦の末、井上が一本勝ちで金メダルに輝いた。それから2年後のシドニー五輪でも圧倒的な強さで金メダルを獲得。表彰台で亡き母親の遺影を掲げる姿は日本中に感動をもたらした。「アジア大会2018」は8月18日開幕!


「篠原信一」に関連するイベント情報

シドニー五輪

1998年バンコク大会のレジェンドは柔道の井上康生。当時二十歳の井上にとってこの大会は初の日本代表。同じ重量級の篠原信一に次ぐ若きエースとして期待されていた。初の国際舞台でオール一本勝ちで勝ち進み、決勝でアトランタ五輪銀メダルのアルメン・バグダザロフ相手と対戦。接戦の末、井上が一本勝ちで金メダルに輝いた。それから2年後のシドニー五輪でも圧倒的な強さで金メダルを獲得。表彰台で亡き母親の遺影を掲げる姿は日本中に感動をもたらした。「アジア大会2018」は8月18日開幕!


「篠原信一」に関連するイベント情報

アトランタ五輪

1998年バンコク大会のレジェンドは柔道の井上康生。当時二十歳の井上にとってこの大会は初の日本代表。同じ重量級の篠原信一に次ぐ若きエースとして期待されていた。初の国際舞台でオール一本勝ちで勝ち進み、決勝でアトランタ五輪銀メダルのアルメン・バグダザロフ相手と対戦。接戦の末、井上が一本勝ちで金メダルに輝いた。それから2年後のシドニー五輪でも圧倒的な強さで金メダルを獲得。表彰台で亡き母親の遺影を掲げる姿は日本中に感動をもたらした。「アジア大会2018」は8月18日開幕!


「篠原信一」に関連するイベント情報

アジア大会バンコク大会

1998年バンコク大会のレジェンドは柔道の井上康生。当時二十歳の井上にとってこの大会は初の日本代表。同じ重量級の篠原信一に次ぐ若きエースとして期待されていた。初の国際舞台でオール一本勝ちで勝ち進み、決勝でアトランタ五輪銀メダルのアルメン・バグダザロフ相手と対戦。接戦の末、井上が一本勝ちで金メダルに輝いた。それから2年後のシドニー五輪でも圧倒的な強さで金メダルを獲得。表彰台で亡き母親の遺影を掲げる姿は日本中に感動をもたらした。「アジア大会2018」は8月18日開幕!


「篠原信一」に関連するイベント情報

アジア大会2018

1998年バンコク大会のレジェンドは柔道の井上康生。当時二十歳の井上にとってこの大会は初の日本代表。同じ重量級の篠原信一に次ぐ若きエースとして期待されていた。初の国際舞台でオール一本勝ちで勝ち進み、決勝でアトランタ五輪銀メダルのアルメン・バグダザロフ相手と対戦。接戦の末、井上が一本勝ちで金メダルに輝いた。それから2年後のシドニー五輪でも圧倒的な強さで金メダルを獲得。表彰台で亡き母親の遺影を掲げる姿は日本中に感動をもたらした。「アジア大会2018」は8月18日開幕!


ハーレー

VTRを振り返り、篠原信一はハーレーに乗って京都・美山で取り締まりを受けた、警察官は田舎道に隠れていたと話した。


「篠原信一」に関連するイベント情報

シドニー五輪

協力してくれたのは篠原信一。篠原はオリンピック全試合で半分出たらいい方。残りの半分は試合で出ることはないとした。受け手はハマカーン浜谷、オテンキGO、スーパーニュウニュウ大将が参加。技の受け手は篠原が指名。足技・手技・腰技など部門別に分けて全68本を投げていく。残り2本になったが、それはケガのリスクが高く禁止された技なので、看護師、専門家立ち会いのもと行われた。