ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「羽田空港」の検索結果

「羽田空港」に関連する情報 48607件中 1〜10件目

羽田空港

成田空港では今日、約5万5000人が入国の見通しで、お盆休みを故郷や行楽地で過ごした人たちの帰国ラッシュがピークを迎えている。羽田空港にも、今日ピークに近い約2万7000人が入国の見通し。


成田国際空港

成田空港では今日、約5万5000人が入国の見通しで、お盆休みを故郷や行楽地で過ごした人たちの帰国ラッシュがピークを迎えている。羽田空港にも、今日ピークに近い約2万7000人が入国の見通し。


「羽田空港」に関連するイベント情報

東京オリンピック

はとバスは終戦から3年後の1948年に創業。はとバスの「はと」にはスピードと平和、安全の元の場所に戻るという意味が込められているという。創業から10年後、東京タワーが開業し東京観光の目玉になった。1962年には、新しくなった羽田空港が名所となった。外国人専用のバスツアーもこの年に始まり、朝鮮戦争で訪れる外国人向けに運行したことが始まりだという。その後、東京オリンピックが開催、東京に多くの施設が建設された。オリンピック後に施設をめぐるコースが好評だったという。


歌舞伎座

はとバスは終戦から3年後の1948年に創業。はとバスの「はと」にはスピードと平和、安全の元の場所に戻るという意味が込められているという。創業から10年後、東京タワーが開業し東京観光の目玉になった。1962年には、新しくなった羽田空港が名所となった。外国人専用のバスツアーもこの年に始まり、朝鮮戦争で訪れる外国人向けに運行したことが始まりだという。その後、東京オリンピックが開催、東京に多くの施設が建設された。オリンピック後に施設をめぐるコースが好評だったという。

最近では、工事中の新国立競技場を眺めるツアーや、豊洲市場の見学ツアーなどが組まれた。東京の70年の変化が詰まる社外秘の冊子には、コースで案内する場所までの道のりで細かい伝えるべき情報が書かれており、これをもとに乗客に風景の説明をする。


「羽田空港」に関連するグルメ情報

すき焼き

はとバスは終戦から3年後の1948年に創業。はとバスの「はと」にはスピードと平和、安全の元の場所に戻るという意味が込められているという。創業から10年後、東京タワーが開業し東京観光の目玉になった。1962年には、新しくなった羽田空港が名所となった。外国人専用のバスツアーもこの年に始まり、朝鮮戦争で訪れる外国人向けに運行したことが始まりだという。その後、東京オリンピックが開催、東京に多くの施設が建設された。オリンピック後に施設をめぐるコースが好評だったという。


東京国際空港

はとバスは終戦から3年後の1948年に創業。はとバスの「はと」にはスピードと平和、安全の元の場所に戻るという意味が込められているという。創業から10年後、東京タワーが開業し東京観光の目玉になった。1962年には、新しくなった羽田空港が名所となった。外国人専用のバスツアーもこの年に始まり、朝鮮戦争で訪れる外国人向けに運行したことが始まりだという。その後、東京オリンピックが開催、東京に多くの施設が建設された。オリンピック後に施設をめぐるコースが好評だったという。


東京タワー

はとバスは終戦から3年後の1948年に創業。はとバスの「はと」にはスピードと平和、安全の元の場所に戻るという意味が込められているという。創業から10年後、東京タワーが開業し東京観光の目玉になった。1962年には、新しくなった羽田空港が名所となった。外国人専用のバスツアーもこの年に始まり、朝鮮戦争で訪れる外国人向けに運行したことが始まりだという。その後、東京オリンピックが開催、東京に多くの施設が建設された。オリンピック後に施設をめぐるコースが好評だったという。

はとバスの70年分のパンフレットやチラシを紹介。現存最古の1949年のチラシには、当時の大学卒初任給の10分の1近い金額のコースを紹介。コースは、皇居、神宮外苑、新橋、銀座、高島屋などをまわっていた。人気の東京タワー、皇居、浅草は昔から鉄板だという。当時、歌舞伎座の近くにあったPXは、ポストエクスチェンジと呼ばれるアメリカ占領軍専用の売店で日本人は入れなかったといい、日用品や食料などが売られていたという。現在人気のコースは、東京駅を出発し、国会議事堂、東京タワー、お台場、銀座をめぐるツアーだという。野村は、これからオリンピックが行われるとその施設が人気になる可能性があり楽しみだとコメント。


はとバス

はとバスは終戦から3年後の1948年に創業。はとバスの「はと」にはスピードと平和、安全の元の場所に戻るという意味が込められているという。創業から10年後、東京タワーが開業し東京観光の目玉になった。1962年には、新しくなった羽田空港が名所となった。外国人専用のバスツアーもこの年に始まり、朝鮮戦争で訪れる外国人向けに運行したことが始まりだという。その後、東京オリンピックが開催、東京に多くの施設が建設された。オリンピック後に施設をめぐるコースが好評だったという。

はとバスツアーでは、アングラと呼ばれる当時流行していた前衛芸術や、まだ一般的ではなかったボウリングやゴルフの体験コースなど東京の流行も体験できた。バスガイドもボウリングやゴルフを教えていたという。

はとバスの70年分のパンフレットやチラシを紹介。現存最古の1949年のチラシには、当時の大学卒初任給の10分の1近い金額のコースを紹介。コースは、皇居、神宮外苑、新橋、銀座、高島屋などをまわっていた。人気の東京タワー、皇居、浅草は昔から鉄板だという。当時、歌舞伎座の近くにあったPXは、ポストエクスチェンジと呼ばれるアメリカ占領軍専用の売店で日本人は入れなかったといい、日用品や食料などが売られていたという。現在人気のコースは、東京駅を出発し、国会議事堂、東京タワー、お台場、銀座をめぐるツアーだという。野村は、これからオリンピックが行われるとその施設が人気になる可能性があり楽しみだとコメント。


高坂SA

Uターンラッシュが明日ピークを迎え、交通機関の混雑が予想される。羽田空港で、大分へ行った人は、来週から仕事だといい、気持ちを切り替えて頑張ろう、等と話していた。空の便は、あす、羽田行きの国内線・国際線は終日ほぼ満席だという。高速道路(上り)は明日午後、東名高速の大和トンネルで30キロなどの渋滞予想を紹介した。


大和トンネル

Uターンラッシュが明日ピークを迎え、交通機関の混雑が予想される。羽田空港で、大分へ行った人は、来週から仕事だといい、気持ちを切り替えて頑張ろう、等と話していた。空の便は、あす、羽田行きの国内線・国際線は終日ほぼ満席だという。高速道路(上り)は明日午後、東名高速の大和トンネルで30キロなどの渋滞予想を紹介した。