ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「羽田空港」の検索結果

「羽田空港」に関連する情報 41325件中 1〜10件目

羽田空港

秋篠宮ご夫妻は、日本との国交樹立120周年を迎えたチリを公式訪問するため羽田空港を出発された。滞在中にはバチェレ大統領を表敬し、記念式典に出席するほか、津波の防災施設や国立公園などを視察される予定。


羽田空港

安倍総理が今日夕方にも解散表明することについてのトーク。伊藤氏は「今回のような冒頭解散は初めてで異例」などとコメント。新党結成が26日か27日に行われる見込み。28日の臨時国会で冒頭解散するとみられている。10月10日に衆院選公示予定。この日は北朝鮮で何かあるのではとされている。22日に衆院選投開票予定。

今日の冒頭解散会見のポイントとして、田崎氏は「衆議院選挙で何を訴えるか」、伊藤氏は「国民からみて説得力のある解散理由を説明できるかどうか」などとした。この時期の衆院解散について、共同通信は賛成23.7%、反対64.3%と発表。日本経済新聞は適切28%、不適切56%と発表。竹内氏は「争点がわからない」などとコメント。


「羽田空港」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

国土交通省は2009年4月〜2016年10月の8年間に、日本の航空機から一定サイズ以上の部品が落下したケースは437件。年にすると平均50件を超えている。防ぐには整備・点検を徹底することだという。現在、羽田空港の国際線の発着回数は約9万件、2020年 東京五輪・パラリンピックまでに12万9000件に増えるとみられる。現在は東京湾を中心に離陸・着陸しているが、オリンピックに向け便を増やすため東京の上空も通過する。小林宏之氏は「当然リスクもあり、心配される方もいる。国交省が様々な対策を検討して2020年に実施する」と説明した。


羽田空港

国土交通省は2009年4月〜2016年10月の8年間に、日本の航空機から一定サイズ以上の部品が落下したケースは437件。年にすると平均50件を超えている。防ぐには整備・点検を徹底することだという。現在、羽田空港の国際線の発着回数は約9万件、2020年 東京五輪・パラリンピックまでに12万9000件に増えるとみられる。現在は東京湾を中心に離陸・着陸しているが、オリンピックに向け便を増やすため東京の上空も通過する。小林宏之氏は「当然リスクもあり、心配される方もいる。国交省が様々な対策を検討して2020年に実施する」と説明した。


「羽田空港」に関連するイベント情報

東京五輪

国土交通省は2009年4月〜2016年10月の8年間に、日本の航空機から一定サイズ以上の部品が落下したケースは437件。年にすると平均50件を超えている。防ぐには整備・点検を徹底することだという。現在、羽田空港の国際線の発着回数は約9万件、2020年 東京五輪・パラリンピックまでに12万9000件に増えるとみられる。現在は東京湾を中心に離陸・着陸しているが、オリンピックに向け便を増やすため東京の上空も通過する。小林宏之氏は「当然リスクもあり、心配される方もいる。国交省が様々な対策を検討して2020年に実施する」と説明した。


羽田空港

秋篠宮ご夫妻は来月4日までの日程でチリを訪問。日本とチリの外交関係の樹立120周年を迎えるにあたり、チリ側から招待があったもので国際親善を深めることが目的。大統領を表敬訪問するほか、記念式典に出席する予定。


羽田空港

秋篠宮ご夫妻は羽田空港から民間機でチリに向けて出発された。外交関係樹立120周年の公式訪問で現地では首都サンティアゴである記念式典で友好関係を願うお言葉を述べる他、昼食会に参加される。また、津波の予測観測を行う防災施設の視察や現地に住む日系人と交流を行う予定。ご夫妻は来月4日に帰国される。


羽田空港

現在は東京湾側の海側のルートを通っており東京都心の上空を飛んでいない旅客機だが、2020年には東京都心を飛ぶかもしれないという。現在は出発するのも入ってくるのも海側を使用している。新ルート案では出発は海側を通るが、入ってくる時は東京都心の上空を通過するとなっている。新ルートによるメリットは、国際便の増便が可能になり、国際競争力を高め経済活性化につながる。新ルートのデメリットは、東京都心に落下物の危険性や東京都心への事故・テロのリスクが高まることや騒音など。秀島さんは「低空飛行に対してどうなのかっていうことについて、もう少し都民としては知っておく必要があるんではないかと、いう風に思いますよね」と話した。川村さんは「これまでも年平均50件くらいこういうような落下が起きているということを初めて知ったんですけど。そうなると2020年の東京オリンピックということも含めて対応が必要になってくるんだろうと思います」などと語った。


羽田空港

一昨日、午前10時40分。KLMオランダ航空の旅客機は関西空港を離陸し、オランダ・アムステルダムに向かった。しかし、右主翼の付け根卑近にあるパネルが大阪の繁華街に落下。落下時の高度は約4000m。翼は道路を走っていた乗用車に衝突し、屋根がへこみ後ろの窓ガラスが割れた。乗っていた2人にけがはなし。翼は縦1m、横60cm、重さ約4.3kg。航空評論家・秀島一生氏は「いずれにしても点検を普段からしていないと、見ただけでは事故は起きてしまいますよね。きちんと目視・指差しなどを行っていれば異変に気づいて修理をできた訳ですから、今回は当たりどころが良かったという風に思いましたけど重さについては非常に危険です」などと話した。都内上空を旅客機は現在、上空していない。羽田空港では東京湾ルートを通っている。しかし、2020年には都心上空を通るルートが開設される予定。


JAL

一昨日、午前10時40分。KLMオランダ航空の旅客機は関西空港を離陸し、オランダ・アムステルダムに向かった。しかし、右主翼の付け根卑近にあるパネルが大阪の繁華街に落下。落下時の高度は約4000m。翼は道路を走っていた乗用車に衝突し、屋根がへこみ後ろの窓ガラスが割れた。乗っていた2人にけがはなし。翼は縦1m、横60cm、重さ約4.3kg。航空評論家・秀島一生氏は「いずれにしても点検を普段からしていないと、見ただけでは事故は起きてしまいますよね。きちんと目視・指差しなどを行っていれば異変に気づいて修理をできた訳ですから、今回は当たりどころが良かったという風に思いましたけど重さについては非常に危険です」などと話した。都内上空を旅客機は現在、上空していない。羽田空港では東京湾ルートを通っている。しかし、2020年には都心上空を通るルートが開設される予定。