ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「羽田空港」の検索結果

「羽田空港」に関連する情報 39129件中 1〜10件目

羽田空港


羽田空港

安倍総理がG7サミット出席のためイタリアに到着した。トランプ大統領との会談も予定されている。安倍総理は出発前、北朝鮮問題について対応するなどと話した。一色清は、驚くような話は出ない、対話・圧力を再確認するものと思われると話した。安倍総理は今月就任したフランス・マクロン大統領とも初会談の予定。


羽田空港

羽田空港の映像を背景に関東地方の天気予報を伝えた。


羽田空港

加計学園をめぐる文書は確実に存在したとする前川前事務次官の主張について、菅義偉官房長官は改めて完全否定した。また天下り問題を受けて引責辞任した前川氏についても批判、そういう事実があったのならば自身が責任者であった時に堂々と言うべきだったと述べた。義家弘介文科副大臣も「おかしな手続きで決定したことはない」などと、これまでの主張を繰り返した。野党側は前川氏の証人喚問を要求した。安倍総理はG7サミットに出席するためイタリア・シチリア島に到着した。週末に帰国する予定。与党は安倍総理出席のもと集中審議を行う方向で調整に入った。自民党内からも真相を究明すべき、との声が上がっている。


羽田空港

前川氏の会見を受け、菅義偉官房長官は改めて文書の存在を否定し、行政がゆがめられたという指摘は全く当たらない、とした。義家弘介文科副大臣も「おかしな手続きで決定したという事実はない」とこれまでの主張を繰り返した。野党側は前川氏の証人喚問を要求する方針。安倍総理大臣はG7サミット出席のためイタリア・シチリア島に到着。週末に帰国予定。


羽田空港

加計学園学部開設をめぐり前川喜平前事務次官が会見を行った。内部文書について「8枚の文書は存在する」と認めた。メモの内容からは加計学園が獣医学部の新設に文科省が反対していたと見られる文言が多くある。前川前次官は加計学園に対して「4条件に合致していない」と懸念を持っていたことを明かした。菅官房長官は「文書については文科省が行った調査結果では存在は確認できなかった」と述べた。また、天下り問題を受けて引責辞任という形で文科省を去った経緯について説明した。民進党による調査チームでも文科省と内閣府はメモの再調査はしないと繰り返した。安倍総理はG7サミット出席のため羽田空港を出発、週末に帰国する予定。与党は安倍総理出席のもと集中審議を行う方向で調整を始めた。多くの官僚や政治家が口を噤む中、当時のことを話した前川前次官。現役が置かれており状況を「国家戦略特区に関わっている職員の人たちは気の毒だと思っている」と見ている。


加計学園

加計学園学部開設をめぐり前川喜平前事務次官が会見を行った。内部文書について「8枚の文書は存在する」と認めた。メモの内容からは加計学園が獣医学部の新設に文科省が反対していたと見られる文言が多くある。前川前次官は加計学園に対して「4条件に合致していない」と懸念を持っていたことを明かした。菅官房長官は「文書については文科省が行った調査結果では存在は確認できなかった」と述べた。また、天下り問題を受けて引責辞任という形で文科省を去った経緯について説明した。民進党による調査チームでも文科省と内閣府はメモの再調査はしないと繰り返した。安倍総理はG7サミット出席のため羽田空港を出発、週末に帰国する予定。与党は安倍総理出席のもと集中審議を行う方向で調整を始めた。多くの官僚や政治家が口を噤む中、当時のことを話した前川前次官。現役が置かれており状況を「国家戦略特区に関わっている職員の人たちは気の毒だと思っている」と見ている。


羽田空港

安倍首相はG7サミットに出席するためイタリアに出発した。今回行われるのはイタリアのシチリア島タオルミナ。今回初参加となる首脳が多い。去年の伊勢島サミット以降イギリスのメイ首相、イタリアのジェンティローニ首相、アメリカトランプ大統領、フランスマクロン大統領と4人が新顔となる。安倍首相がG7サミットに出席するのは今回で6回目で、メルケル首相の12回に次ぐ。最初のサミット参加は2007年のハイリゲンダムサミット。地球温暖化がテーマとされていたが、当時の認知度はイマイチであった。ここからサミット常連となり、今回はメルケル首相に次ぐ古参の首脳として役割を果たすとコメントしている。今回のサミットでは北朝鮮の問題やテロ対策に対策が主な議題となると見られている。今回個別の日米首脳会談、日仏首脳会談も行われる予定となっている。


羽田空港

安倍総理大臣 がG7サミットに出席するため日本を出発した。ミサイル発射を繰り返す北朝鮮に対しG7が強いメッセージを打ち出せるかどうかが焦点で、テロ対策も重要議題となる。そして経済では自由貿易の推進に向けどこまで明確なメッセージを出せるかは不透明だ。安倍総理のサミット出席は6回目で、ドイツ・メルケル首相に続く古株だ。安倍総理としてはサミット初参加のトランプ大統領と各国との橋渡しをしながら議論をリードしたい考えだ。


羽田空港

安倍首相がイタリア・G7へ出発。現地で日米首脳会談を行い、北朝鮮問題を議論する予定。メルケル首相に次ぐ出席数の安倍首相は、初参加のトランプ大統領と組んでリードを狙っている。具体的には、厳しい首脳宣言の採択だ。サミットではテロ対策・貿易問題なども焦点に。そしてマクロン新大統領とも初めて対話の予定。