ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「羽田空港」の検索結果

「羽田空港」に関連する情報 39632件中 1〜10件目

JAL905便

羽田空港でJALの美食CAの山根可愛さんに話を聞く。彼女にインスタグラムには世界31カ国、1000件以上の店がずらりと掲載されている。山根可愛さんはこれから那覇空港に向かうということで、彼女についていくことになった。そこで彼女の仕事の様子が伝えられた。那覇空港に到着すると、山根さんは私服に着替えて食べ歩きに向かった。


那覇空港

羽田空港でJALの美食CAの山根可愛さんに話を聞く。彼女にインスタグラムには世界31カ国、1000件以上の店がずらりと掲載されている。山根可愛さんはこれから那覇空港に向かうということで、彼女についていくことになった。そこで彼女の仕事の様子が伝えられた。那覇空港に到着すると、山根さんは私服に着替えて食べ歩きに向かった。


「羽田空港」に関連するグルメ情報

チョッピーノ

羽田空港でJALの美食CAの山根可愛さんに話を聞く。彼女にインスタグラムには世界31カ国、1000件以上の店がずらりと掲載されている。山根可愛さんはこれから那覇空港に向かうということで、彼女についていくことになった。そこで彼女の仕事の様子が伝えられた。那覇空港に到着すると、山根さんは私服に着替えて食べ歩きに向かった。


「羽田空港」に関連するグルメ情報

巨大シャコのニンニク揚げ

羽田空港でJALの美食CAの山根可愛さんに話を聞く。彼女にインスタグラムには世界31カ国、1000件以上の店がずらりと掲載されている。山根可愛さんはこれから那覇空港に向かうということで、彼女についていくことになった。そこで彼女の仕事の様子が伝えられた。那覇空港に到着すると、山根さんは私服に着替えて食べ歩きに向かった。


「羽田空港」に関連するグルメ情報

アヒ・デ・ガジーナ

羽田空港でJALの美食CAの山根可愛さんに話を聞く。彼女にインスタグラムには世界31カ国、1000件以上の店がずらりと掲載されている。山根可愛さんはこれから那覇空港に向かうということで、彼女についていくことになった。そこで彼女の仕事の様子が伝えられた。那覇空港に到着すると、山根さんは私服に着替えて食べ歩きに向かった。


JAL

羽田空港でJALの美食CAの山根可愛さんに話を聞く。彼女にインスタグラムには世界31カ国、1000件以上の店がずらりと掲載されている。山根可愛さんはこれから那覇空港に向かうということで、彼女についていくことになった。そこで彼女の仕事の様子が伝えられた。那覇空港に到着すると、山根さんは私服に着替えて食べ歩きに向かった。

JALの美食CAの山根可愛さんの食べ歩きに密着。そこで山根さんは海洋食堂を訪れた。お客は地元の人たちで穴場の店だ。そこで山根さんは「豆腐ンブサー」と「ゆし豆腐」を注文して堪能した。食事後に山根さんに後輩から食事の誘いがあり、そのまま他の店に向かった。スタジオでは山根さんが食べていた「豆腐ンブサー」が登場して「美味しい」と話題になった。


羽田空港

夏の航空業界を徹底調査。まずは一般の人があまり入ることのない、航空ラウンジをよく利用する達人芸能人・高橋真麻を直撃。2週間後にラウンジを利用するということで、羽田空港国際ターミナルで高橋と合流。高橋はラフな格好をしつつ、グローブ・トロッターのスーツケースを引いて航空ラウンジへ。ラウンジ内ではまずはブラシなどのアメニティをゲット。高橋は定位置があるとスタッフに話して座席についた。高橋は席を確保すると、慣れた手つきで、無料のビールを注ぎ、そばを注文。チキンカレーを自分でよそった。席に戻ると、注文したそばにカレーを入れてカレーそばを自己流に作って楽しんでいた。またこの席では電光掲示板が見え、食器の返却台もすぐ隣りにあるメリットなどを紹介した。そんな高橋でも入ったことのないという、更に一つ上のスイートラウンジに今回はよく利用するという芸能人にアポを取り取材することになった。

羽田空港でJALの美食CAの山根可愛さんに話を聞く。彼女にインスタグラムには世界31カ国、1000件以上の店がずらりと掲載されている。山根可愛さんはこれから那覇空港に向かうということで、彼女についていくことになった。そこで彼女の仕事の様子が伝えられた。那覇空港に到着すると、山根さんは私服に着替えて食べ歩きに向かった。


羽田

北海道の利尻島は観光客は年間13万人が訪れる。利尻島に向かうフェリー乗り場には平日で200人以上の行列が出来ている。利尻島に到着すると外国人観光客が多く、サイクリング目的で人気だという。フェリー乗り場の前には小高い山があり、ペシ岬という灯台があり、島全体が見渡せる。利尻山は白い恋人のパッケージになっている。


羽田空港

核のごみ処分場の最終候補地となる場所を示した日本地図が今日発表。核のゴミは法律で地下300m以下の地層で十数万年保管することを義務付けているが、日本には最終処分場が無かった。処分場の特性がある地位を記した科学的特性マップでは沿岸部に候補地が集中している。しかし日本の65%に候補地としての適正があり、1500の自治体が該当する。福島県の一部の沿岸部は処分場の候補地になる可能性が高い地域に指定された。政府は今後複数の候補地を絞り込む考え。


羽田空港

世界陸上開幕の8月4日を1週間後に控え、男子短距離陣がきょうロンドンへ出発。初出場の多田修平は、TBS世界陸上ロンドン・テーマソングの織田裕二「All my treasures」を聴いて気持ちを高めているという。ケンブリッジ飛鳥は出発前に財布とパスポートを忘れていたなどと明かした。