ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「胆のうがん」の検索結果

「胆のうがん」に関連する情報 478件中 1〜10件目

多臓器不全

一昨年から胆のうがんで闘病中だった渡瀬恒彦さんが今月14日に多臓器不全のため死去した。兄の渡哲也さんは「この喪失感はなんとも言葉になりません」と直筆のファックスでコメント。2011年に2人はTBSのドラマで40年ぶりに共演していた。当時の渡さんは弟の渡瀬さんについて、いまいちパッとしない部分があって兄としては心配していたが味のある良い俳優になったなとコメントしていた。渡瀬さんは兄貴程度の芝居しか出来なかったらとっくに消えていただろうなと思っていますと話していて、兄弟の仲の良さが印象的だった。


胆のうがん

一昨年から胆のうがんで闘病中だった渡瀬恒彦さんが今月14日に多臓器不全のため死去した。兄の渡哲也さんは「この喪失感はなんとも言葉になりません」と直筆のファックスでコメント。2011年に2人はTBSのドラマで40年ぶりに共演していた。当時の渡さんは弟の渡瀬さんについて、いまいちパッとしない部分があって兄としては心配していたが味のある良い俳優になったなとコメントしていた。渡瀬さんは兄貴程度の芝居しか出来なかったらとっくに消えていただろうなと思っていますと話していて、兄弟の仲の良さが印象的だった。


「胆のうがん」に関連する映画・DVD

仁義なき戦い

2015年胆のうがんを公表していた俳優の渡瀬恒彦さんが死去した。スタジオでは、仁義なき戦いは迫力がすごかったと松本はトーク。その迫力のすごさから、怖いというイメージがあったため、トイレで会っただけなのに血でも洗っているのかと思ったとエピソードを展開した。


肺気胸

2015年胆のうがんを公表していた俳優の渡瀬恒彦さんが死去した。スタジオでは、仁義なき戦いは迫力がすごかったと松本はトーク。その迫力のすごさから、怖いというイメージがあったため、トイレで会っただけなのに血でも洗っているのかと思ったとエピソードを展開した。


多臓器不全

2015年胆のうがんを公表していた俳優の渡瀬恒彦さんが死去した。スタジオでは、仁義なき戦いは迫力がすごかったと松本はトーク。その迫力のすごさから、怖いというイメージがあったため、トイレで会っただけなのに血でも洗っているのかと思ったとエピソードを展開した。


胆のうがん

2015年胆のうがんを公表していた俳優の渡瀬恒彦さんが死去した。スタジオでは、仁義なき戦いは迫力がすごかったと松本はトーク。その迫力のすごさから、怖いというイメージがあったため、トイレで会っただけなのに血でも洗っているのかと思ったとエピソードを展開した。


多臓器不全

第9位名優この世を去る、渡瀬恒彦さん(72)。今週火曜日、日本を代表する名優が多臓器不全のため都内の病院で亡くなった。きのう自宅から葬儀場に向かった渡瀬恒彦さんの棺、葬儀は親族のみの重数人で営まれた。おととし体調不良を訴え、検査で胆のうがんが見つかった。しかしその後もがんと闘いながらドラマ・映画に出演し続けた。一昨日亡くなった渡瀬恒彦さんの兄・渡哲也さんが「当初よりステージ4。余命1年の告知を受けておりましたので今日の日が来る覚悟はしておりましたものの弟を失いましたこの喪失感は何とも言葉になりません」とコメントを発表。


胆のうがん

第9位名優この世を去る、渡瀬恒彦さん(72)。今週火曜日、日本を代表する名優が多臓器不全のため都内の病院で亡くなった。きのう自宅から葬儀場に向かった渡瀬恒彦さんの棺、葬儀は親族のみの重数人で営まれた。おととし体調不良を訴え、検査で胆のうがんが見つかった。しかしその後もがんと闘いながらドラマ・映画に出演し続けた。一昨日亡くなった渡瀬恒彦さんの兄・渡哲也さんが「当初よりステージ4。余命1年の告知を受けておりましたので今日の日が来る覚悟はしておりましたものの弟を失いましたこの喪失感は何とも言葉になりません」とコメントを発表。


胆のうがん

午前11時すぎ、都内にある渡瀬さんの自宅前では遺体を収めた棺が葬儀所へと送り出され、棺には家族からの手紙などが収められた。祭壇には渡瀬さんが好きだったオンシジュームが飾られ、遺影は去年の妻の誕生日に撮影したものが選ばれた。数々の映画やドラマに出演し、人情味のある演技で活躍してきた渡瀬さんはおととしの秋に胆嚢癌が見つかり、治療をしながら仕事を続けていたが、先月に左肺に気胸を発症し、入院。今月に入り、敗血症を併発し、今週火曜日に多臓器不全のため死去した。共演したことがある井ノ原快彦さんが心境を語っており、葬儀は近親者のみで営まれたとのこと。


胆のうがん

14日に多臓器不全で亡くなった渡瀬恒彦さんに、多くの人がコメントを寄せた。兄・渡哲也さんは直筆で辛い胸の内を明かした。テレビドラマ「十津川警部」シリーズで1992年から共演していた伊東四朗さんは「来月ドラマでご一緒するはずでした。お帰りなさいというつもりだったのに、さようならになるとは。」とコメントした。