ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「胆のうがん」の検索結果

「胆のうがん」に関連する情報 627件中 1〜10件目

胆のうがん

樹木希林さんは75歳だった。老け役をコミカルに演じ、TBSドラマでは郷ひろみさんと共にヒット曲を生み出した。1973年に内田裕也さんと結婚、1年半後に別居し、40年以上別々に暮らし続けたが、最後まで独特で個性的な夫婦だった。樹木さんは「迷ったら自分にとって楽な方に道を変えればいい」「楽しむのではなく、面白がることよ」などとメッセージを残した。ドラマのコミカルな演技で人気となった左とん平さんは今年2月、心不全のため80歳で亡くなった。昭和の美男子として人気を博し、大岡越前で約30年に渡り主役を務めた加藤剛さんは、胆のうがんで亡くなった。


心不全

樹木希林さんは75歳だった。老け役をコミカルに演じ、TBSドラマでは郷ひろみさんと共にヒット曲を生み出した。1973年に内田裕也さんと結婚、1年半後に別居し、40年以上別々に暮らし続けたが、最後まで独特で個性的な夫婦だった。樹木さんは「迷ったら自分にとって楽な方に道を変えればいい」「楽しむのではなく、面白がることよ」などとメッセージを残した。ドラマのコミカルな演技で人気となった左とん平さんは今年2月、心不全のため80歳で亡くなった。昭和の美男子として人気を博し、大岡越前で約30年に渡り主役を務めた加藤剛さんは、胆のうがんで亡くなった。

菅井きんさんは今年8月、心不全のため92歳で亡くなった。ドラマ「必殺」シリーズで主人公の口うるさい姑役で人気を博した。俳優・柄本明さんの妻・角替和枝さんは今年10月、64歳で亡くなった。「花子とアン」では主人公の親友の姑役として人情味あふれる姿が人気だった。角替さんと同日に肺気腫でなくなった江波杏子さんは76歳だった。クセの強いお姑役で多くの人の心を掴んだ女優たちだった。


東映

樹木希林さんは75歳だった。老け役をコミカルに演じ、TBSドラマでは郷ひろみさんと共にヒット曲を生み出した。1973年に内田裕也さんと結婚、1年半後に別居し、40年以上別々に暮らし続けたが、最後まで独特で個性的な夫婦だった。樹木さんは「迷ったら自分にとって楽な方に道を変えればいい」「楽しむのではなく、面白がることよ」などとメッセージを残した。ドラマのコミカルな演技で人気となった左とん平さんは今年2月、心不全のため80歳で亡くなった。昭和の美男子として人気を博し、大岡越前で約30年に渡り主役を務めた加藤剛さんは、胆のうがんで亡くなった。


2011年 ゼクシィ

樹木希林さんは75歳だった。老け役をコミカルに演じ、TBSドラマでは郷ひろみさんと共にヒット曲を生み出した。1973年に内田裕也さんと結婚、1年半後に別居し、40年以上別々に暮らし続けたが、最後まで独特で個性的な夫婦だった。樹木さんは「迷ったら自分にとって楽な方に道を変えればいい」「楽しむのではなく、面白がることよ」などとメッセージを残した。ドラマのコミカルな演技で人気となった左とん平さんは今年2月、心不全のため80歳で亡くなった。昭和の美男子として人気を博し、大岡越前で約30年に渡り主役を務めた加藤剛さんは、胆のうがんで亡くなった。


「胆のうがん」に関連する音楽・CD

林檎殺人事件

樹木希林さんは75歳だった。老け役をコミカルに演じ、TBSドラマでは郷ひろみさんと共にヒット曲を生み出した。1973年に内田裕也さんと結婚、1年半後に別居し、40年以上別々に暮らし続けたが、最後まで独特で個性的な夫婦だった。樹木さんは「迷ったら自分にとって楽な方に道を変えればいい」「楽しむのではなく、面白がることよ」などとメッセージを残した。ドラマのコミカルな演技で人気となった左とん平さんは今年2月、心不全のため80歳で亡くなった。昭和の美男子として人気を博し、大岡越前で約30年に渡り主役を務めた加藤剛さんは、胆のうがんで亡くなった。


「胆のうがん」に関連する映画・DVD

あん

樹木希林さんは75歳だった。老け役をコミカルに演じ、TBSドラマでは郷ひろみさんと共にヒット曲を生み出した。1973年に内田裕也さんと結婚、1年半後に別居し、40年以上別々に暮らし続けたが、最後まで独特で個性的な夫婦だった。樹木さんは「迷ったら自分にとって楽な方に道を変えればいい」「楽しむのではなく、面白がることよ」などとメッセージを残した。ドラマのコミカルな演技で人気となった左とん平さんは今年2月、心不全のため80歳で亡くなった。昭和の美男子として人気を博し、大岡越前で約30年に渡り主役を務めた加藤剛さんは、胆のうがんで亡くなった。


胆のうがん

300の顔を持つ男の異名を残した大杉漣さん。北野武監督に見出され才能が開花。出演作品は500以上に。今年2月連続ドラマ出演中の突然の訃報。個性派女優の樹木希林さんは5年前に全身がんを公表してからも女優を続け、その死生観にも希林さんらしさがにじみ出ていた。夫の内田裕也さんとは40年以上の別居生活を送っていた。大岡越前の主人公を演じた加藤剛さん、味のある演技で見るものを惹きつけた左とん平さん、「婿殿」と叱るセリフが印象的な菅井きんさん、津川雅彦さんと朝丘雪路さんの合同葬お別れ会では満来の拍手が送られた。


胆のうがん

俳優の穂積隆信さんが87歳で亡くなった。穂積さんは今年8月に胆のうがんと診断され入院、その後治療を続けていたが先週金曜日に神奈川県内の病院で亡くなった。穂積産は俳優座養成所を卒業後、役者として活躍。「飛び出せ!青春」で教頭先生を演じ人気を博した。80歳を越えてもなお現役として舞台などに出演していた。また小説家としても活躍し、1982年には娘が不良少女となった実話を元にした小説「積木くずし」を発表、約300万部のベストセラーとなり映像化され話題となった。モデルになった娘は小説が話題になった後芸能活動を始め、女優として活動していた。その後薬物事件を起こし、穂積さんは芸能活動を自粛。娘は2003年に他界、その際の会見では小説の出版を悔やむ気持ちを明かした。穂積さんの葬儀・告別式は予定しておらず、本人の意向により遺体は大学に提供される。


「胆のうがん」に関連するイベント情報

第17回公演「人生のおみやげ」

俳優の穂積隆信さんが87歳で亡くなった。穂積さんは今年8月に胆のうがんと診断され入院、その後治療を続けていたが先週金曜日に神奈川県内の病院で亡くなった。穂積産は俳優座養成所を卒業後、役者として活躍。「飛び出せ!青春」で教頭先生を演じ人気を博した。80歳を越えてもなお現役として舞台などに出演していた。また小説家としても活躍し、1982年には娘が不良少女となった実話を元にした小説「積木くずし」を発表、約300万部のベストセラーとなり映像化され話題となった。モデルになった娘は小説が話題になった後芸能活動を始め、女優として活動していた。その後薬物事件を起こし、穂積さんは芸能活動を自粛。娘は2003年に他界、その際の会見では小説の出版を悔やむ気持ちを明かした。穂積さんの葬儀・告別式は予定しておらず、本人の意向により遺体は大学に提供される。


俳優座養成所

俳優の穂積隆信さんが87歳で亡くなった。穂積さんは今年8月に胆のうがんと診断され入院、その後治療を続けていたが先週金曜日に神奈川県内の病院で亡くなった。穂積産は俳優座養成所を卒業後、役者として活躍。「飛び出せ!青春」で教頭先生を演じ人気を博した。80歳を越えてもなお現役として舞台などに出演していた。また小説家としても活躍し、1982年には娘が不良少女となった実話を元にした小説「積木くずし」を発表、約300万部のベストセラーとなり映像化され話題となった。モデルになった娘は小説が話題になった後芸能活動を始め、女優として活動していた。その後薬物事件を起こし、穂積さんは芸能活動を自粛。娘は2003年に他界、その際の会見では小説の出版を悔やむ気持ちを明かした。穂積さんの葬儀・告別式は予定しておらず、本人の意向により遺体は大学に提供される。