ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「胆のうがん」の検索結果

「胆のうがん」に関連する情報 489件中 1〜10件目

胆のうがん

里見浩太朗と渡瀬恒彦とはよくご飯に行く仲だったが、共演したのは「警視庁捜査一課9係 シーズン10」が初めてだったという。渡瀬が胆のうがんであることが報道された日、里見は渡瀬から「抗がん剤を打つと辛い」と打ち明けられたことや、最後に固い握手を交わしたことを語った。


肺水腫

多臓器不全のことを池袋大谷クリニックの大谷義夫院長に聞いた。基本病名ではなく生命維持には7つの臓器があるといい、これらが複数悪くなることを言うという。そしてドミノ式に進むパターンと同時多発に起きる2つのケースがあるといい、1番発症しやすい要因としては免疫が落ち細菌の影響で炎症などになる感染症の悪化があるといい、抗がん剤治療をしている人は特にこの免疫低下を起こしやすいという。著名人でも前例があり渡瀬恒彦さんも胆のうがんで抗がん剤治療をしていたが敗血症を併発したことから多臓器不全で死去していた。又、北の湖敏満さんも直腸がんからの多臓器不全で急遽していて、森コーチも不整脈があったことがサンケイスポーツで報じられていた。こうしたことから心不全の可能性があるといい、この心不全になると肺水腫を引き起こしやすいという。(サンケイスポーツ)


胆のうがん

多臓器不全のことを池袋大谷クリニックの大谷義夫院長に聞いた。基本病名ではなく生命維持には7つの臓器があるといい、これらが複数悪くなることを言うという。そしてドミノ式に進むパターンと同時多発に起きる2つのケースがあるといい、1番発症しやすい要因としては免疫が落ち細菌の影響で炎症などになる感染症の悪化があるといい、抗がん剤治療をしている人は特にこの免疫低下を起こしやすいという。著名人でも前例があり渡瀬恒彦さんも胆のうがんで抗がん剤治療をしていたが敗血症を併発したことから多臓器不全で死去していた。又、北の湖敏満さんも直腸がんからの多臓器不全で急遽していて、森コーチも不整脈があったことがサンケイスポーツで報じられていた。こうしたことから心不全の可能性があるといい、この心不全になると肺水腫を引き起こしやすいという。(サンケイスポーツ)


心不全

多臓器不全のことを池袋大谷クリニックの大谷義夫院長に聞いた。基本病名ではなく生命維持には7つの臓器があるといい、これらが複数悪くなることを言うという。そしてドミノ式に進むパターンと同時多発に起きる2つのケースがあるといい、1番発症しやすい要因としては免疫が落ち細菌の影響で炎症などになる感染症の悪化があるといい、抗がん剤治療をしている人は特にこの免疫低下を起こしやすいという。著名人でも前例があり渡瀬恒彦さんも胆のうがんで抗がん剤治療をしていたが敗血症を併発したことから多臓器不全で死去していた。又、北の湖敏満さんも直腸がんからの多臓器不全で急遽していて、森コーチも不整脈があったことがサンケイスポーツで報じられていた。こうしたことから心不全の可能性があるといい、この心不全になると肺水腫を引き起こしやすいという。(サンケイスポーツ)


直腸がん

多臓器不全のことを池袋大谷クリニックの大谷義夫院長に聞いた。基本病名ではなく生命維持には7つの臓器があるといい、これらが複数悪くなることを言うという。そしてドミノ式に進むパターンと同時多発に起きる2つのケースがあるといい、1番発症しやすい要因としては免疫が落ち細菌の影響で炎症などになる感染症の悪化があるといい、抗がん剤治療をしている人は特にこの免疫低下を起こしやすいという。著名人でも前例があり渡瀬恒彦さんも胆のうがんで抗がん剤治療をしていたが敗血症を併発したことから多臓器不全で死去していた。又、北の湖敏満さんも直腸がんからの多臓器不全で急遽していて、森コーチも不整脈があったことがサンケイスポーツで報じられていた。こうしたことから心不全の可能性があるといい、この心不全になると肺水腫を引き起こしやすいという。(サンケイスポーツ)


敗血症

多臓器不全のことを池袋大谷クリニックの大谷義夫院長に聞いた。基本病名ではなく生命維持には7つの臓器があるといい、これらが複数悪くなることを言うという。そしてドミノ式に進むパターンと同時多発に起きる2つのケースがあるといい、1番発症しやすい要因としては免疫が落ち細菌の影響で炎症などになる感染症の悪化があるといい、抗がん剤治療をしている人は特にこの免疫低下を起こしやすいという。著名人でも前例があり渡瀬恒彦さんも胆のうがんで抗がん剤治療をしていたが敗血症を併発したことから多臓器不全で死去していた。又、北の湖敏満さんも直腸がんからの多臓器不全で急遽していて、森コーチも不整脈があったことがサンケイスポーツで報じられていた。こうしたことから心不全の可能性があるといい、この心不全になると肺水腫を引き起こしやすいという。(サンケイスポーツ)


感染症

多臓器不全のことを池袋大谷クリニックの大谷義夫院長に聞いた。基本病名ではなく生命維持には7つの臓器があるといい、これらが複数悪くなることを言うという。そしてドミノ式に進むパターンと同時多発に起きる2つのケースがあるといい、1番発症しやすい要因としては免疫が落ち細菌の影響で炎症などになる感染症の悪化があるといい、抗がん剤治療をしている人は特にこの免疫低下を起こしやすいという。著名人でも前例があり渡瀬恒彦さんも胆のうがんで抗がん剤治療をしていたが敗血症を併発したことから多臓器不全で死去していた。又、北の湖敏満さんも直腸がんからの多臓器不全で急遽していて、森コーチも不整脈があったことがサンケイスポーツで報じられていた。こうしたことから心不全の可能性があるといい、この心不全になると肺水腫を引き起こしやすいという。(サンケイスポーツ)

多臓器不全の予防などを解説。大谷院長によると前兆として高熱は感染症、呼吸の乱れは呼吸器系統、尿や血圧の変化は腎臓、眼球・皮膚に黄疸となったら肝臓などの疑いがあり、これらが複数出た場合は個別の治療と免疫力を高める必要があるという。


サンケイスポーツ

多臓器不全のことを池袋大谷クリニックの大谷義夫院長に聞いた。基本病名ではなく生命維持には7つの臓器があるといい、これらが複数悪くなることを言うという。そしてドミノ式に進むパターンと同時多発に起きる2つのケースがあるといい、1番発症しやすい要因としては免疫が落ち細菌の影響で炎症などになる感染症の悪化があるといい、抗がん剤治療をしている人は特にこの免疫低下を起こしやすいという。著名人でも前例があり渡瀬恒彦さんも胆のうがんで抗がん剤治療をしていたが敗血症を併発したことから多臓器不全で死去していた。又、北の湖敏満さんも直腸がんからの多臓器不全で急遽していて、森コーチも不整脈があったことがサンケイスポーツで報じられていた。こうしたことから心不全の可能性があるといい、この心不全になると肺水腫を引き起こしやすいという。(サンケイスポーツ)


多臓器不全

42歳だった西武・森慎二投手コーチが多臓器不全で急死したことからこの多臓器不全のことなどをスタジオ解説した。森コーチは現役時は2年連続最優秀中継ぎ投手などに選ばれる活躍をしていて、2015年からコーチに就任していた。そして25日に変化があったといい、当日突如脂汗をかくなど体調不良になり入院していておととい死去となった。これは関係者らも驚くくらい突然だったといい、東京中日スポーツによると鈴木葉留彦球団本部長は前日まで元気で兆候などはなかったと報じていた。(東京中日スポーツ)

多臓器不全のことを池袋大谷クリニックの大谷義夫院長に聞いた。基本病名ではなく生命維持には7つの臓器があるといい、これらが複数悪くなることを言うという。そしてドミノ式に進むパターンと同時多発に起きる2つのケースがあるといい、1番発症しやすい要因としては免疫が落ち細菌の影響で炎症などになる感染症の悪化があるといい、抗がん剤治療をしている人は特にこの免疫低下を起こしやすいという。著名人でも前例があり渡瀬恒彦さんも胆のうがんで抗がん剤治療をしていたが敗血症を併発したことから多臓器不全で死去していた。又、北の湖敏満さんも直腸がんからの多臓器不全で急遽していて、森コーチも不整脈があったことがサンケイスポーツで報じられていた。こうしたことから心不全の可能性があるといい、この心不全になると肺水腫を引き起こしやすいという。(サンケイスポーツ)

多臓器不全の予防などを解説。大谷院長によると前兆として高熱は感染症、呼吸の乱れは呼吸器系統、尿や血圧の変化は腎臓、眼球・皮膚に黄疸となったら肝臓などの疑いがあり、これらが複数出た場合は個別の治療と免疫力を高める必要があるという。


胆のうがん

末期の胆のう癌と戦いながら講談師の神田紅葉さんに密着。がんと知らされた時は肉親もがんで亡くしているので、自分の番が来たと思ったという。余命は半年程度と言われ、真打になってのお披露目時期と被っていたので、抗がん剤治療を受けることに決めた。抗がん剤治療のおかげでお披露目は成功したが、その後抗がん剤治療を中止した。それは副作用で苦しむよりも生きてると実感しながら過ごしたいという思いからだった。現在は緩和ケアやに切り替え、在宅医療を受けている。

スタジオの東国原さんは、がんになったときの心構え、生き方などを考えておく方が良いとコメントした。田中医師は抗がん剤治療は、抗がん剤の種類やがんによって差があるので、セカンドオピニオンなどを活用することが大事だという。