ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「胆のうがん」の検索結果

「胆のうがん」に関連する情報 480件中 1〜10件目

胆のうがん

末期の胆のう癌と戦いながら講談師の神田紅葉さんに密着。がんと知らされた時は肉親もがんで亡くしているので、自分の番が来たと思ったという。余命は半年程度と言われ、真打になってのお披露目時期と被っていたので、抗がん剤治療を受けることに決めた。抗がん剤治療のおかげでお披露目は成功したが、その後抗がん剤治療を中止した。それは副作用で苦しむよりも生きてると実感しながら過ごしたいという思いからだった。現在は緩和ケアやに切り替え、在宅医療を受けている。

スタジオの東国原さんは、がんになったときの心構え、生き方などを考えておく方が良いとコメントした。田中医師は抗がん剤治療は、抗がん剤の種類やがんによって差があるので、セカンドオピニオンなどを活用することが大事だという。


胆のうがん

神田紅葉さんは50歳で伝統話芸である講談の世界に入り、昨年9月には史上最高齢での真打に昇進した。しかし、半年前には末期の胆嚢癌が発覚し、抗がん剤治療を続けながら真打を目指していて、そんな末期がんと闘う現役講談師に密着する。


多臓器不全

一昨年から胆のうがんで闘病中だった渡瀬恒彦さんが今月14日に多臓器不全のため死去した。兄の渡哲也さんは「この喪失感はなんとも言葉になりません」と直筆のファックスでコメント。2011年に2人はTBSのドラマで40年ぶりに共演していた。当時の渡さんは弟の渡瀬さんについて、いまいちパッとしない部分があって兄としては心配していたが味のある良い俳優になったなとコメントしていた。渡瀬さんは兄貴程度の芝居しか出来なかったらとっくに消えていただろうなと思っていますと話していて、兄弟の仲の良さが印象的だった。


胆のうがん

一昨年から胆のうがんで闘病中だった渡瀬恒彦さんが今月14日に多臓器不全のため死去した。兄の渡哲也さんは「この喪失感はなんとも言葉になりません」と直筆のファックスでコメント。2011年に2人はTBSのドラマで40年ぶりに共演していた。当時の渡さんは弟の渡瀬さんについて、いまいちパッとしない部分があって兄としては心配していたが味のある良い俳優になったなとコメントしていた。渡瀬さんは兄貴程度の芝居しか出来なかったらとっくに消えていただろうなと思っていますと話していて、兄弟の仲の良さが印象的だった。


「胆のうがん」に関連する映画・DVD

仁義なき戦い

2015年胆のうがんを公表していた俳優の渡瀬恒彦さんが死去した。スタジオでは、仁義なき戦いは迫力がすごかったと松本はトーク。その迫力のすごさから、怖いというイメージがあったため、トイレで会っただけなのに血でも洗っているのかと思ったとエピソードを展開した。


肺気胸

2015年胆のうがんを公表していた俳優の渡瀬恒彦さんが死去した。スタジオでは、仁義なき戦いは迫力がすごかったと松本はトーク。その迫力のすごさから、怖いというイメージがあったため、トイレで会っただけなのに血でも洗っているのかと思ったとエピソードを展開した。


多臓器不全

2015年胆のうがんを公表していた俳優の渡瀬恒彦さんが死去した。スタジオでは、仁義なき戦いは迫力がすごかったと松本はトーク。その迫力のすごさから、怖いというイメージがあったため、トイレで会っただけなのに血でも洗っているのかと思ったとエピソードを展開した。


胆のうがん

2015年胆のうがんを公表していた俳優の渡瀬恒彦さんが死去した。スタジオでは、仁義なき戦いは迫力がすごかったと松本はトーク。その迫力のすごさから、怖いというイメージがあったため、トイレで会っただけなのに血でも洗っているのかと思ったとエピソードを展開した。


多臓器不全

第9位名優この世を去る、渡瀬恒彦さん(72)。今週火曜日、日本を代表する名優が多臓器不全のため都内の病院で亡くなった。きのう自宅から葬儀場に向かった渡瀬恒彦さんの棺、葬儀は親族のみの重数人で営まれた。おととし体調不良を訴え、検査で胆のうがんが見つかった。しかしその後もがんと闘いながらドラマ・映画に出演し続けた。一昨日亡くなった渡瀬恒彦さんの兄・渡哲也さんが「当初よりステージ4。余命1年の告知を受けておりましたので今日の日が来る覚悟はしておりましたものの弟を失いましたこの喪失感は何とも言葉になりません」とコメントを発表。


胆のうがん

第9位名優この世を去る、渡瀬恒彦さん(72)。今週火曜日、日本を代表する名優が多臓器不全のため都内の病院で亡くなった。きのう自宅から葬儀場に向かった渡瀬恒彦さんの棺、葬儀は親族のみの重数人で営まれた。おととし体調不良を訴え、検査で胆のうがんが見つかった。しかしその後もがんと闘いながらドラマ・映画に出演し続けた。一昨日亡くなった渡瀬恒彦さんの兄・渡哲也さんが「当初よりステージ4。余命1年の告知を受けておりましたので今日の日が来る覚悟はしておりましたものの弟を失いましたこの喪失感は何とも言葉になりません」とコメントを発表。