ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「胆のうがん」の検索結果

「胆のうがん」に関連する情報 593件中 1〜10件目

胆のうがん

”積木くずし”が300万部のベストセラーとなった穂積隆信さん(87)が胆のうがんのため、死去した。積木くずしはドラマ化され、社会現象になり、最終回の視聴率は45.3%という民法歴代ドラマの歴代最高記録となっている。


胆のうがん

「積木くずし」の作者で俳優の穂積隆信さんが昨日亡くなった。穂積さんは体調を崩し、8月に病院に行ったところ胆のうがんが見つかり、入院していた。1982年に娘の非行と更生までの経緯を綴った「積木くずし」を出版し、約約300万部のベストセラーになり、ドラマ化され社会現象を巻き起こした。所属事務所によると穂積さんの最後の仕事は今年2月の舞台出演だったという。葬儀日程は決まっていない。


胆のうがん

余命3か月の診断をうけ心配する家族だが、加藤剛は何事もなかったかのように日常を過ごしていた。だが、これは家族を心配させまいと加藤があえて行っていた行動。2018年6月18日、朝食を食べずに寝室に戻ると眠るように亡くなった。がんという試練に大岡越前がくだした答えは介護ゼロ、看病ゼロ、誰にも迷惑をかけない死に方だった。


胆のうがん

番組は加藤剛の長男・夏原諒と次男・加藤頼を取材。2人とも俳優として活躍している。2人によると加藤は大岡越前が体を離れず、私生活ではまるで乗り移られた風合いだった。更に2人の友人の下の名前を全て記憶、ファンからの相談事の手紙にもきっちり返信。父の姿に憧れ俳優を目指したが、演技に関してはどんなに悩んでも救いの手を差し伸べることはなかった。2018年3月に「胆のうがん」が判明、余命宣告は3か月だった。


胆のうがん

オプジーボは既に多くの人の命を救っている。約1年前に胆のうがんと告知されたある患者は、すでに末期状態で肝臓とリンパ節にも転移していた。抗がん剤治療を拒否し、痛み止めだけを服用していたが、オプジーボを知り治療を決意。すると、翌月には痛み止めがいらなくなり、今では転移していたがんもほぼ消失したという。本庶氏は、自分の研究が誰かの助けになることが何よりの喜びだと語った。


湘南メディカルクリニック新宿院

オプジーボは既に多くの人の命を救っている。約1年前に胆のうがんと告知されたある患者は、すでに末期状態で肝臓とリンパ節にも転移していた。抗がん剤治療を拒否し、痛み止めだけを服用していたが、オプジーボを知り治療を決意。すると、翌月には痛み止めがいらなくなり、今では転移していたがんもほぼ消失したという。本庶氏は、自分の研究が誰かの助けになることが何よりの喜びだと語った。


オプジーボ

ノーベル医学生理学賞に、京都大学の本庶佑特別教授が選ばれた。この快挙に、街では号外が配られた。テキサス大学のジェームズ・アリソン教授と共同受賞。日本人のノーベル賞受賞者は、大隅良典さんについて26人目。医学生理学賞では5人目となる。本庶さんは1942年生まれの76歳。京大医学部卒業後、アメリカの研究所などを経て1984年に京大医学部教授になった。受賞理由は「がんの免疫療法の実用化」に貢献したこと。本庶さんは免疫細胞にブレーキの役割を果たす分子を発見し、がん細胞がこれを利用して攻撃を回避していることを突き止めた。その働きを研究し、新たなタイプのがん治療薬「オプジーボ」の誕生に繋げた。

オプジーボは既に多くの人の命を救っている。約1年前に胆のうがんと告知されたある患者は、すでに末期状態で肝臓とリンパ節にも転移していた。抗がん剤治療を拒否し、痛み止めだけを服用していたが、オプジーボを知り治療を決意。すると、翌月には痛み止めがいらなくなり、今では転移していたがんもほぼ消失したという。本庶氏は、自分の研究が誰かの助けになることが何よりの喜びだと語った。


胆のうがん

今年6月に胆のうがんのため亡くなった加藤剛さんのお別れの会が昨日行われ、草刈正雄さんら約1000人が参列。俳優座養成所時代に加藤さんと同じ12期生だった長山藍子さんは「充実した素晴らしい俳優座養成所の3年間だった」などと語った。遺族の代表として加藤頼さんが挨拶し、父の最後は拍手で飾って欲しいと集まった人々に呼びかけ、場内からは約30秒間、割れんばかりの拍手が贈られた。


「胆のうがん」に関連する映画・DVD

夏原諒さん

今年6月に胆のうがんのため亡くなった加藤剛さんのお別れの会が昨日行われ、草刈正雄さんら約1000人が参列。俳優座養成所時代に加藤さんと同じ12期生だった長山藍子さんは「充実した素晴らしい俳優座養成所の3年間だった」などと語った。遺族の代表として加藤頼さんが挨拶し、父の最後は拍手で飾って欲しいと集まった人々に呼びかけ、場内からは約30秒間、割れんばかりの拍手が贈られた。


俳優座養成所

今年6月に胆のうがんのため亡くなった加藤剛さんのお別れの会が昨日行われ、草刈正雄さんら約1000人が参列。俳優座養成所時代に加藤さんと同じ12期生だった長山藍子さんは「充実した素晴らしい俳優座養成所の3年間だった」などと語った。遺族の代表として加藤頼さんが挨拶し、父の最後は拍手で飾って欲しいと集まった人々に呼びかけ、場内からは約30秒間、割れんばかりの拍手が贈られた。