ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「胆のうがん」の検索結果

「胆のうがん」に関連する情報 494件中 1〜10件目

胆のうがん

瀬戸内寂聴(95)1時間半対談。寂聴さんは、今年3月に緊急入院していた。症状が出たのは2月。寂庵で毎月行っている法話の最中、ろれつが回らなくなったという。また足に激痛が走り、2倍近く腫れていたそう。足・心臓の血管が細くなり、血流が悪くなっていたのだ。その為、カテーテル手術を2回行い、約1ヵ月入院した。しかし、退院から1ヶ月半後の5月には、岩手県二戸市の天台寺で法話を行った。法話を聞きに来た人は約5000人。この人々が、自分の体にエネルギーを注いでくれていると感じ、寂聴さんは50分間立ったまま話続ける事ができたという。2014年には、腰椎圧迫骨折と胆のうがんを患い、今年も病に侵されながらも、今月自伝的小説「いのち」を出版。


腰椎圧迫骨折

瀬戸内寂聴(95)1時間半対談。寂聴さんは、今年3月に緊急入院していた。症状が出たのは2月。寂庵で毎月行っている法話の最中、ろれつが回らなくなったという。また足に激痛が走り、2倍近く腫れていたそう。足・心臓の血管が細くなり、血流が悪くなっていたのだ。その為、カテーテル手術を2回行い、約1ヵ月入院した。しかし、退院から1ヶ月半後の5月には、岩手県二戸市の天台寺で法話を行った。法話を聞きに来た人は約5000人。この人々が、自分の体にエネルギーを注いでくれていると感じ、寂聴さんは50分間立ったまま話続ける事ができたという。2014年には、腰椎圧迫骨折と胆のうがんを患い、今年も病に侵されながらも、今月自伝的小説「いのち」を出版。


「胆のうがん」に関連する本・コミック・雑誌

瀬戸内寂聴さんにインタビュー。これまで僧侶として多くの人の悩みに寄り添ってきた。先週末には、長編小説「いのち」を出版。95歳となった今も、現役の女流作家である。1時間半の対談でみえてきたのは、寂聴さんの意外な素顔だった。

瀬戸内寂聴(95)1時間半対談。寂聴さんは、今年3月に緊急入院していた。症状が出たのは2月。寂庵で毎月行っている法話の最中、ろれつが回らなくなったという。また足に激痛が走り、2倍近く腫れていたそう。足・心臓の血管が細くなり、血流が悪くなっていたのだ。その為、カテーテル手術を2回行い、約1ヵ月入院した。しかし、退院から1ヶ月半後の5月には、岩手県二戸市の天台寺で法話を行った。法話を聞きに来た人は約5000人。この人々が、自分の体にエネルギーを注いでくれていると感じ、寂聴さんは50分間立ったまま話続ける事ができたという。2014年には、腰椎圧迫骨折と胆のうがんを患い、今年も病に侵されながらも、今月自伝的小説「いのち」を出版。

「いのち」

Amazon.co.jp


天台寺

瀬戸内寂聴さんにインタビュー。これまで僧侶として多くの人の悩みに寄り添ってきた。先週末には、長編小説「いのち」を出版。95歳となった今も、現役の女流作家である。1時間半の対談でみえてきたのは、寂聴さんの意外な素顔だった。

瀬戸内寂聴(95)1時間半対談。寂聴さんは、今年3月に緊急入院していた。症状が出たのは2月。寂庵で毎月行っている法話の最中、ろれつが回らなくなったという。また足に激痛が走り、2倍近く腫れていたそう。足・心臓の血管が細くなり、血流が悪くなっていたのだ。その為、カテーテル手術を2回行い、約1ヵ月入院した。しかし、退院から1ヶ月半後の5月には、岩手県二戸市の天台寺で法話を行った。法話を聞きに来た人は約5000人。この人々が、自分の体にエネルギーを注いでくれていると感じ、寂聴さんは50分間立ったまま話続ける事ができたという。2014年には、腰椎圧迫骨折と胆のうがんを患い、今年も病に侵されながらも、今月自伝的小説「いのち」を出版。


寂庵

瀬戸内寂聴さんにインタビュー。これまで僧侶として多くの人の悩みに寄り添ってきた。先週末には、長編小説「いのち」を出版。95歳となった今も、現役の女流作家である。1時間半の対談でみえてきたのは、寂聴さんの意外な素顔だった。

瀬戸内寂聴(95)1時間半対談。京都駅から車で約30分の所にある、京都・嵯峨野の「寂庵」に寂聴さんは暮らしている。寂庵は、寂聴さんが44年前に建てた場所。出迎えたのは、寂聴さんの秘書を7年間務めている女性。

瀬戸内寂聴(95)1時間半対談。寂聴さんは、今年3月に緊急入院していた。症状が出たのは2月。寂庵で毎月行っている法話の最中、ろれつが回らなくなったという。また足に激痛が走り、2倍近く腫れていたそう。足・心臓の血管が細くなり、血流が悪くなっていたのだ。その為、カテーテル手術を2回行い、約1ヵ月入院した。しかし、退院から1ヶ月半後の5月には、岩手県二戸市の天台寺で法話を行った。法話を聞きに来た人は約5000人。この人々が、自分の体にエネルギーを注いでくれていると感じ、寂聴さんは50分間立ったまま話続ける事ができたという。2014年には、腰椎圧迫骨折と胆のうがんを患い、今年も病に侵されながらも、今月自伝的小説「いのち」を出版。


胆のうがん

里見浩太朗と渡瀬恒彦とはよくご飯に行く仲だったが、共演したのは「警視庁捜査一課9係 シーズン10」が初めてだったという。渡瀬が胆のうがんであることが報道された日、里見は渡瀬から「抗がん剤を打つと辛い」と打ち明けられたことや、最後に固い握手を交わしたことを語った。


肺水腫

多臓器不全のことを池袋大谷クリニックの大谷義夫院長に聞いた。基本病名ではなく生命維持には7つの臓器があるといい、これらが複数悪くなることを言うという。そしてドミノ式に進むパターンと同時多発に起きる2つのケースがあるといい、1番発症しやすい要因としては免疫が落ち細菌の影響で炎症などになる感染症の悪化があるといい、抗がん剤治療をしている人は特にこの免疫低下を起こしやすいという。著名人でも前例があり渡瀬恒彦さんも胆のうがんで抗がん剤治療をしていたが敗血症を併発したことから多臓器不全で死去していた。又、北の湖敏満さんも直腸がんからの多臓器不全で急遽していて、森コーチも不整脈があったことがサンケイスポーツで報じられていた。こうしたことから心不全の可能性があるといい、この心不全になると肺水腫を引き起こしやすいという。(サンケイスポーツ)


胆のうがん

多臓器不全のことを池袋大谷クリニックの大谷義夫院長に聞いた。基本病名ではなく生命維持には7つの臓器があるといい、これらが複数悪くなることを言うという。そしてドミノ式に進むパターンと同時多発に起きる2つのケースがあるといい、1番発症しやすい要因としては免疫が落ち細菌の影響で炎症などになる感染症の悪化があるといい、抗がん剤治療をしている人は特にこの免疫低下を起こしやすいという。著名人でも前例があり渡瀬恒彦さんも胆のうがんで抗がん剤治療をしていたが敗血症を併発したことから多臓器不全で死去していた。又、北の湖敏満さんも直腸がんからの多臓器不全で急遽していて、森コーチも不整脈があったことがサンケイスポーツで報じられていた。こうしたことから心不全の可能性があるといい、この心不全になると肺水腫を引き起こしやすいという。(サンケイスポーツ)


心不全

多臓器不全のことを池袋大谷クリニックの大谷義夫院長に聞いた。基本病名ではなく生命維持には7つの臓器があるといい、これらが複数悪くなることを言うという。そしてドミノ式に進むパターンと同時多発に起きる2つのケースがあるといい、1番発症しやすい要因としては免疫が落ち細菌の影響で炎症などになる感染症の悪化があるといい、抗がん剤治療をしている人は特にこの免疫低下を起こしやすいという。著名人でも前例があり渡瀬恒彦さんも胆のうがんで抗がん剤治療をしていたが敗血症を併発したことから多臓器不全で死去していた。又、北の湖敏満さんも直腸がんからの多臓器不全で急遽していて、森コーチも不整脈があったことがサンケイスポーツで報じられていた。こうしたことから心不全の可能性があるといい、この心不全になると肺水腫を引き起こしやすいという。(サンケイスポーツ)


直腸がん

多臓器不全のことを池袋大谷クリニックの大谷義夫院長に聞いた。基本病名ではなく生命維持には7つの臓器があるといい、これらが複数悪くなることを言うという。そしてドミノ式に進むパターンと同時多発に起きる2つのケースがあるといい、1番発症しやすい要因としては免疫が落ち細菌の影響で炎症などになる感染症の悪化があるといい、抗がん剤治療をしている人は特にこの免疫低下を起こしやすいという。著名人でも前例があり渡瀬恒彦さんも胆のうがんで抗がん剤治療をしていたが敗血症を併発したことから多臓器不全で死去していた。又、北の湖敏満さんも直腸がんからの多臓器不全で急遽していて、森コーチも不整脈があったことがサンケイスポーツで報じられていた。こうしたことから心不全の可能性があるといい、この心不全になると肺水腫を引き起こしやすいという。(サンケイスポーツ)