ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「腱鞘炎」の検索結果

「腱鞘炎」に関連する情報 302件中 1〜10件目

さかい整形外科

スマホ利用によって拡大している手首の腱鞘炎。酒井院長によると、フリック操作など親指を広げる筋肉を使うので腱鞘炎を起こしやすくなるという。

腱鞘炎を判別できるチェック法を紹介。スマートフォンを使う手を開いて前に出す。前に出した親指を内側に曲げる。曲げた親指を包むように4本の指を曲げる。そのままゆっくりと手首を下に曲げる。このときに親指の付け根に痛みがでた場合は腱鞘炎の疑いがあるという。

対処法は酒井院長によると持ち方を変えることだという。フリック操作をしているなら反対の手で持って人さし指で入力する。マッサージは刺激を与えてしまうのでNGだという。湿布を貼るのは効果があるという。治まらない場合は整形外科へ。


スマホ腱鞘炎

スマホ利用によって拡大している手首の腱鞘炎。酒井院長によると、フリック操作など親指を広げる筋肉を使うので腱鞘炎を起こしやすくなるという。

腱鞘炎を判別できるチェック法を紹介。スマートフォンを使う手を開いて前に出す。前に出した親指を内側に曲げる。曲げた親指を包むように4本の指を曲げる。そのままゆっくりと手首を下に曲げる。このときに親指の付け根に痛みがでた場合は腱鞘炎の疑いがあるという。

対処法は酒井院長によると持ち方を変えることだという。フリック操作をしているなら反対の手で持って人さし指で入力する。マッサージは刺激を与えてしまうのでNGだという。湿布を貼るのは効果があるという。治まらない場合は整形外科へ。


スマホ

スマホ利用によって拡大している手首の腱鞘炎。酒井院長によると、フリック操作など親指を広げる筋肉を使うので腱鞘炎を起こしやすくなるという。

腱鞘炎を判別できるチェック法を紹介。スマートフォンを使う手を開いて前に出す。前に出した親指を内側に曲げる。曲げた親指を包むように4本の指を曲げる。そのままゆっくりと手首を下に曲げる。このときに親指の付け根に痛みがでた場合は腱鞘炎の疑いがあるという。

対処法は酒井院長によると持ち方を変えることだという。フリック操作をしているなら反対の手で持って人さし指で入力する。マッサージは刺激を与えてしまうのでNGだという。湿布を貼るのは効果があるという。治まらない場合は整形外科へ。


腱鞘炎

NEXT 腱鞘炎 親指の”ある動き”が原因に!


メール親指病

診察に来た主婦の笠原由利子さんは手首の痛みに悩んでいて、腱鞘炎だと言われたという。腱鞘炎は指を動かすときに使う腱とその通り道である腱鞘が手や指の使いすぎで何度もこすれ合い炎症を起こした状態ので、電流が走った痛みを感じるのが特徴。スマートフォンの利用が引き起こす腱鞘炎患者が増えているという。アメリカではスマホによる腱鞘炎を”スマートフォンサム”という名前で報道されている。中国ではメール親指病という名前になっている。


スマートフォンサム

診察に来た主婦の笠原由利子さんは手首の痛みに悩んでいて、腱鞘炎だと言われたという。腱鞘炎は指を動かすときに使う腱とその通り道である腱鞘が手や指の使いすぎで何度もこすれ合い炎症を起こした状態ので、電流が走った痛みを感じるのが特徴。スマートフォンの利用が引き起こす腱鞘炎患者が増えているという。アメリカではスマホによる腱鞘炎を”スマートフォンサム”という名前で報道されている。中国ではメール親指病という名前になっている。


さかい整形外科

診察に来た主婦の笠原由利子さんは手首の痛みに悩んでいて、腱鞘炎だと言われたという。腱鞘炎は指を動かすときに使う腱とその通り道である腱鞘が手や指の使いすぎで何度もこすれ合い炎症を起こした状態ので、電流が走った痛みを感じるのが特徴。スマートフォンの利用が引き起こす腱鞘炎患者が増えているという。アメリカではスマホによる腱鞘炎を”スマートフォンサム”という名前で報道されている。中国ではメール親指病という名前になっている。


スマホ腱鞘炎

手首の腱鞘炎に悩む人が増えており、原因はスマホだという。原因と解消法とは。

診察に来た主婦の笠原由利子さんは手首の痛みに悩んでいて、腱鞘炎だと言われたという。腱鞘炎は指を動かすときに使う腱とその通り道である腱鞘が手や指の使いすぎで何度もこすれ合い炎症を起こした状態ので、電流が走った痛みを感じるのが特徴。スマートフォンの利用が引き起こす腱鞘炎患者が増えているという。アメリカではスマホによる腱鞘炎を”スマートフォンサム”という名前で報道されている。中国ではメール親指病という名前になっている。


スマホ

手首の腱鞘炎に悩む人が増えており、原因はスマホだという。原因と解消法とは。

診察に来た主婦の笠原由利子さんは手首の痛みに悩んでいて、腱鞘炎だと言われたという。腱鞘炎は指を動かすときに使う腱とその通り道である腱鞘が手や指の使いすぎで何度もこすれ合い炎症を起こした状態ので、電流が走った痛みを感じるのが特徴。スマートフォンの利用が引き起こす腱鞘炎患者が増えているという。アメリカではスマホによる腱鞘炎を”スマートフォンサム”という名前で報道されている。中国ではメール親指病という名前になっている。


「腱鞘炎」に関連する映画・DVD

赤胴鈴之助

三浦友和、松重豊、大杉漣が、北野武監督の映画に出演したときのエピソードを語った。北野映画の撮影本番は1発撮りで、役者に演出の指示はほとんどなかったという。北野武が、漫才でもやり直しするのは嫌いだから、1発撮りしていると語った。北野武が「その男、凶暴につき」で映画監督デビューしたときに、撮影スタッフに舐められないために、赤胴鈴之助のコスプレをして現場に行ったエピソードを語った。白竜が「その男、凶暴につき」の銃撃シーンで、腱鞘炎になったエピソードを語った。