ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「船酔い」の検索結果

「船酔い」に関連する情報 418件中 1〜10件目

「船酔い」に関連するグルメ情報

クロマグロ

明日香が寝てる間に竿に当たりがきた。寝起きと船酔いでフラフラの明日香を見かねた松本さんが手伝いに入る。47キロのクロマグロが釣れた。また、2匹めのマグロの当たりが来て、45キロのマグロを釣った。


「船酔い」に関連するグルメ情報

のどぐろ

今夜のメニューはのどぐろ。高いもので1匹1万円以上する。この時期、長崎・対馬ののどぐろが脂が乗りうまいという。浜ロンが漁をリポート、松村親子に協力してもらう。漁は延縄漁で行う。浜ロンが巻き上げを手伝うが船酔いで戦力外となった。20匹の紅瞳を釣り上げることができた。

真心水産の早田さんが様々調理を紹介。まずは軽く炙った刺し身をいただいた。次に塩焼きを食べた。フライを試食、早田さんが他の魚と捌いて実家に持っていくとフライにされていたところからフライが生まれたという。早田さんはのどぐろの脂は脳に残るとの都市伝説を話した。


「船酔い」に関連するグルメ情報

紅瞳

今夜のメニューはのどぐろ。高いもので1匹1万円以上する。この時期、長崎・対馬ののどぐろが脂が乗りうまいという。浜ロンが漁をリポート、松村親子に協力してもらう。漁は延縄漁で行う。浜ロンが巻き上げを手伝うが船酔いで戦力外となった。20匹の紅瞳を釣り上げることができた。


ツインブリッジのと

フットボールアワーの2人は、昨日出会った漁師さんのご厚意で船で能登島を目指すことになった。牡蠣の養殖の現場を見ながら進むも、この日はイルカを見ることができなかった。船酔いを懸念した遼河はるひは、バスに乗って”ツインブリッジのと”を経由し能登島へと向かった。


イルカ

フットボールアワーの2人は、昨日出会った漁師さんのご厚意で船で能登島を目指すことになった。牡蠣の養殖の現場を見ながら進むも、この日はイルカを見ることができなかった。船酔いを懸念した遼河はるひは、バスに乗って”ツインブリッジのと”を経由し能登島へと向かった。

七尾湾に浮かぶ人口2800人の離島”能登島”は、縄文時代から半農半漁の生活が営まれている。「海とオルゴール」にやってきた一行。店員さんに窓からイルカを呼んでもらうも、見つけることができなかった。ここでは”イルカウォッチング”を行なっている。窓を眺めながら”チーズケーキセット”や”二三味コーヒー”や”イルカのぷるるんセット(黒みつ&きなこ)”や”自家製ハーブティー”を頂いた。


沖縄セルラースタジアム那覇

沖縄セルラースタジアム那覇でジャイアンツ相関図を作成。内海選手は上から久保投手、自分、山口投手、大竹投手、後は一緒だとコメント。坂本選手は上の方においた。悪ガキだと称し、お兄ちゃんが自分だとしたら手のかかる弟だがちょっかいは自分がかけると話す。もう少し敬って欲しいとコメント。今村投手は大竹投手との距離が近く、後輩に対してもボケたり拾ってくれたりして優しいという。船酔いで横たわったときも本マグロと中マグロだと話したという。大竹投手は平良選手が目が合うたびくすくす笑ってきて気になるとコメント。阿部選手もあいつはチラさんだと言っていた。本人は否定。警戒してるのかな、とコメント。絶対打ってやる、という声にチラチラ見ながら抑えたいですと答えた。小山投手は球に移動が決まったという。坂口の結婚式で大阪に行ったら電話がかかってきて、今も頭の中が混乱しているという。小野選手にはクイズを出題。アメリカ大統領はトランプ大統領だが、日本の内閣総理大臣は安倍晋三だと無事回答。さらに「おばちゃんがiPadで酉の漢字を見せてくれたからそれも分かる」などと話した。山口投手は野手陣からクレームが一番多く、優柔不断にもホドがあるといわれた。しかし本人は「俺が決めると嫌がるんだもん、トラウマだから。だったら好きなもの食べてもらったほうがいい。俺は何を食べるかより誰と食べるかだ」と話した。


「船酔い」に関連するグルメ情報

はんぺん

江戸時代のはんぺんはホシザメを使っていた。そこで、東京湾、横浜の本牧沖でホシザメ釣り。イワシのミンチを海中でまくと、アジやイワシが寄ってきて、サメも寄ってくるという。開始から30分でサメをゲットするも、ドチザメ。その後、ホシザメがかかることはなく、酒井は船酔いでダウン。自力でホシザメを釣ることは断念した。

江戸からはんぺんを作っている老舗に向かった。創業1688年、江戸は元禄の頃から続く練り物店。結局、漁師の方からホシザメを分けてもらい、はんぺんを作ることに。ホシザメは白い斑点が星に見えるのが名前の由来。まずはホシザメの皮をとり、身だけをとりだす。次に、石臼を使ってすり身にしていく。塩などの調味料などを加えながら、すり身をメレンゲの様にふんわりとさせていく。そして、江戸時代から続く伝統の技ですり身を叩きながら形を作っていく。枠から外し、ゆでると完成。できたてのはんぺんはふわふわでほんのり甘く、美味しいコメントした。

ホシザメ釣りを断念したため、漁師から東京湾のホシザメを譲ってもらった、と酒井が話した。


「船酔い」に関連するグルメ情報

ホシザメ

江戸時代のはんぺんはホシザメを使っていた。そこで、東京湾、横浜の本牧沖でホシザメ釣り。イワシのミンチを海中でまくと、アジやイワシが寄ってきて、サメも寄ってくるという。開始から30分でサメをゲットするも、ドチザメ。その後、ホシザメがかかることはなく、酒井は船酔いでダウン。自力でホシザメを釣ることは断念した。

江戸からはんぺんを作っている老舗に向かった。創業1688年、江戸は元禄の頃から続く練り物店。結局、漁師の方からホシザメを分けてもらい、はんぺんを作ることに。ホシザメは白い斑点が星に見えるのが名前の由来。まずはホシザメの皮をとり、身だけをとりだす。次に、石臼を使ってすり身にしていく。塩などの調味料などを加えながら、すり身をメレンゲの様にふんわりとさせていく。そして、江戸時代から続く伝統の技ですり身を叩きながら形を作っていく。枠から外し、ゆでると完成。できたてのはんぺんはふわふわでほんのり甘く、美味しいコメントした。

ホシザメ釣りを断念したため、漁師から東京湾のホシザメを譲ってもらった、と酒井が話した。


「船酔い」に関連するグルメ情報

ドチザメ

江戸時代のはんぺんはホシザメを使っていた。そこで、東京湾、横浜の本牧沖でホシザメ釣り。イワシのミンチを海中でまくと、アジやイワシが寄ってきて、サメも寄ってくるという。開始から30分でサメをゲットするも、ドチザメ。その後、ホシザメがかかることはなく、酒井は船酔いでダウン。自力でホシザメを釣ることは断念した。


打木屋

江戸時代のはんぺんはホシザメを使っていた。そこで、東京湾、横浜の本牧沖でホシザメ釣り。イワシのミンチを海中でまくと、アジやイワシが寄ってきて、サメも寄ってくるという。開始から30分でサメをゲットするも、ドチザメ。その後、ホシザメがかかることはなく、酒井は船酔いでダウン。自力でホシザメを釣ることは断念した。