ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「船酔い」の検索結果

「船酔い」に関連する情報 499件中 1〜10件目

「船酔い」に関連するグルメ情報

ツムブリ

宮川チーム1日目、時刻は13時と釣りには適さない時間帯。ポイントでパラシュート仕掛けを用いた釣りをスタート。宮川は哀川チームに負けたくないと話す。ツムブリ2匹を釣り上げた。その後台風の影響で波が高くなり水田は船酔いでリタイア。船長が浅瀬にマグロがいると見て仕掛けをエビングに変更、宮川とルアーの川西がキハダマグロを釣り上げた。船長は、小マグロはマグロじゃないとコメント。


「船酔い」に関連するグルメ情報

キハダマグロ

哀川チームの1日目がスタート。釣れるというポイントでパラシュート仕掛けで釣り上げる作戦。船長は船後方でマグロがいそうな水深にまき餌する。ポイントと深さが大事だと勝俣が語る。1時間後、エサをキビナゴに変更。水面で巨大マグロが跳ねるのが見えた。哀川に初ヒット、50cm3kgのキハダマグロを釣り上げた。船長はもっと大きいのを狙いたいと話す。

宮川チーム1日目、時刻は13時と釣りには適さない時間帯。ポイントでパラシュート仕掛けを用いた釣りをスタート。宮川は哀川チームに負けたくないと話す。ツムブリ2匹を釣り上げた。その後台風の影響で波が高くなり水田は船酔いでリタイア。船長が浅瀬にマグロがいると見て仕掛けをエビングに変更、宮川とルアーの川西がキハダマグロを釣り上げた。船長は、小マグロはマグロじゃないとコメント。

哀川チームは現在最大3kg。勝俣は自ら仕掛けを作りヒット。引きが強く30分かかるという。30分後に腕が限界のため哀川が交代、巨大マグロを釣り上げた。サイズは160cm43kg。船長はずっとダメだったので胃が痛かったとコメント。


「船酔い」に関連するグルメ情報

サザエ

40年の大ベテラン漁師・中村さんがアワビ・サザエで大漁になる様子を伝えた、スタッフは船酔いしてしまったが、港に付けたタイミングでご飯を見せてもらう交渉をしたが、中村さんは「漁師仲間で一杯しようと思っております」、「それでよければ」、とコメントしたので交渉は成立した模様。


「船酔い」に関連するグルメ情報

アワビ

40年の大ベテラン漁師・中村さんがアワビ・サザエで大漁になる様子を伝えた、スタッフは船酔いしてしまったが、港に付けたタイミングでご飯を見せてもらう交渉をしたが、中村さんは「漁師仲間で一杯しようと思っております」、「それでよければ」、とコメントしたので交渉は成立した模様。


急性心不全

脳梗塞を患ってからもリハビリを続けステージに立ち続けた西城さん。約45年にわたって親交があったあべ静江さんは西城さんのステージにかける情熱を間近で見ていたという。激しい船酔いをしたような状況が1か月続き、ものが食べられず立っているのもやっとなこともあったという。あべさんは「その時が1番見ていて辛かった。それでも休みたいとか言わなかった」と話す。西城さんはスッキリの取材に「今の自然な自分を見せたいと。それがしどろもどろでもいいんじゃないか」と話していた。あべさんは「秀樹さんの中ではありのままの姿を見せていくことを課題としたみたい。同じような病気と闘っている人たちに役立ったらいいかなと聞いた」などと話す。西城さん最後のステージとなったのは先月14日、体調を崩し入院する10日程前だった。同時代に活躍した歌手が集まったステージで、あべさんも共演していた。西城さんは最後のステージも笑顔で終えたという。西城さんにかけたい言葉を聞かれあべさんは「ありがとうとお疲れさま。頑張りきったんだもん」などと答えた。


脳梗塞

脳梗塞を患ってからもリハビリを続けステージに立ち続けた西城さん。約45年にわたって親交があったあべ静江さんは西城さんのステージにかける情熱を間近で見ていたという。激しい船酔いをしたような状況が1か月続き、ものが食べられず立っているのもやっとなこともあったという。あべさんは「その時が1番見ていて辛かった。それでも休みたいとか言わなかった」と話す。西城さんはスッキリの取材に「今の自然な自分を見せたいと。それがしどろもどろでもいいんじゃないか」と話していた。あべさんは「秀樹さんの中ではありのままの姿を見せていくことを課題としたみたい。同じような病気と闘っている人たちに役立ったらいいかなと聞いた」などと話す。西城さん最後のステージとなったのは先月14日、体調を崩し入院する10日程前だった。同時代に活躍した歌手が集まったステージで、あべさんも共演していた。西城さんは最後のステージも笑顔で終えたという。西城さんにかけたい言葉を聞かれあべさんは「ありがとうとお疲れさま。頑張りきったんだもん」などと答えた。


「船酔い」に関連するイベント情報

同窓会コンサート

脳梗塞を患ってからもリハビリを続けステージに立ち続けた西城さん。約45年にわたって親交があったあべ静江さんは西城さんのステージにかける情熱を間近で見ていたという。激しい船酔いをしたような状況が1か月続き、ものが食べられず立っているのもやっとなこともあったという。あべさんは「その時が1番見ていて辛かった。それでも休みたいとか言わなかった」と話す。西城さんはスッキリの取材に「今の自然な自分を見せたいと。それがしどろもどろでもいいんじゃないか」と話していた。あべさんは「秀樹さんの中ではありのままの姿を見せていくことを課題としたみたい。同じような病気と闘っている人たちに役立ったらいいかなと聞いた」などと話す。西城さん最後のステージとなったのは先月14日、体調を崩し入院する10日程前だった。同時代に活躍した歌手が集まったステージで、あべさんも共演していた。西城さんは最後のステージも笑顔で終えたという。西城さんにかけたい言葉を聞かれあべさんは「ありがとうとお疲れさま。頑張りきったんだもん」などと答えた。

阿部さんは「晩年舞台の中央に行くのも大変で、介助するのがあべ静江さんの役目だったらしい。秀樹さんは『こんなことさせちゃって、ありがとう』と。それが今も耳に焼きついていると言ってた。たくさんのステージを一緒にやってきて先月には最後のステージも一緒だったということで話を伺った」などと話す。秀樹さんはありのままの姿を見せていくことを課題としていたとあべさんは語る。荻原さんは「命を削ってまでファンの期待に応えたいという想いはすごいなと思った。今の自分を見てほしいというのは勇気がないとできない」と話す。菊池さんは「物凄いエネルギーをお持ちだったんですね。尊敬します」などと話す。


船酔い

イルカ&クジラウォッチングで何も見つけられなかったのは残念だが、実際はスナメリが定住しているので、出会える確率は本来高い。MCは、ADらが船酔いで倒れる中、頑張ったリポートだとコメントした。


スナメリ

雄大な姿のクジラ。愛らしいイルカを、東京に近い千葉県銚子市でウォッチングできる。リポーターはその舞台、銚子海洋研究所へ向かった。船長曰く、イルカ&クジラウォッチングを始めて20年。イルカ・クジラは世界に全90種類いるが、現在銚子の沖合ではこれまで24種類も確認できたとのこと。銚子に集まるのは、エサが豊富で、なおかつ温暖な海域であるから、出産や子育てにも恵まれている地域であるから。ゴールデンウィークの今の海は、釣り人も多く賑やか。しかし、海は風速10mの荒れ模様。10分経っても1時間経っても、イルカもクジラも現れない。やはり波が高かったため、この日のウォッチングは終了した。本来ならば、カマイルカやスナメリも群れをなして姿を現す。本日見られなかったのは残念だが、その後は銚子グルメを調査。海鮮丼の店で取材交渉を取り、生のマグロや初鰹など、11種類のネタの詰まった豪華な海鮮丼をいただく。

イルカ&クジラウォッチングで何も見つけられなかったのは残念だが、実際はスナメリが定住しているので、出会える確率は本来高い。MCは、ADらが船酔いで倒れる中、頑張ったリポートだとコメントした。


イルカ

雄大な姿のクジラ。愛らしいイルカを、東京に近い千葉県銚子市でウォッチングできる。リポーターはその舞台、銚子海洋研究所へ向かった。船長曰く、イルカ&クジラウォッチングを始めて20年。イルカ・クジラは世界に全90種類いるが、現在銚子の沖合ではこれまで24種類も確認できたとのこと。銚子に集まるのは、エサが豊富で、なおかつ温暖な海域であるから、出産や子育てにも恵まれている地域であるから。ゴールデンウィークの今の海は、釣り人も多く賑やか。しかし、海は風速10mの荒れ模様。10分経っても1時間経っても、イルカもクジラも現れない。やはり波が高かったため、この日のウォッチングは終了した。本来ならば、カマイルカやスナメリも群れをなして姿を現す。本日見られなかったのは残念だが、その後は銚子グルメを調査。海鮮丼の店で取材交渉を取り、生のマグロや初鰹など、11種類のネタの詰まった豪華な海鮮丼をいただく。

イルカ&クジラウォッチングで何も見つけられなかったのは残念だが、実際はスナメリが定住しているので、出会える確率は本来高い。MCは、ADらが船酔いで倒れる中、頑張ったリポートだとコメントした。