ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「花粉症」の検索結果

「花粉症」に関連する情報 4654件中 1〜10件目

花粉症

ツボ押しのプロ!鍼灸師100人に聞いた自分で簡単に押せてよく効くツボランキングベスト5。第1位は、肩こり・頭痛・不眠など、様々な症状に効果が期待できる万能のツボ。


花粉症

今年のノーベル生理学・医学賞にがん治療薬の開発に大きく貢献した京都大学の本庶佑特別教授が選ばれた。アメリカ人のジェームズ・アリソンさんと共同受賞となり、日本の受賞は2年ぶり。本庶氏は「PD-1」と呼ばれるたんぱく質が、免疫細胞によるがん細胞への攻撃にブレーキをかけている事を発見。これをコントロールする事で免疫細胞によるがんへの攻撃が活性化され抗がん治療に繋がる事を突き止めた。これにより免疫細胞の働きを活性化する「オプジーボ」というがん治療薬が開発され、患者への投与が始まるなど、新たな免疫治療の発展に貢献した。免疫細胞は働きすぎると健康な細胞を攻撃してしまい自己免疫疾患へと繋がる事があるが、氏の発見した「PD-1」にはそれを抑える働きがある。かねてから氏のノーベル賞受賞への期待は高まっており、京都大学では会見の準備もされている。6時40分をめどに会見が行われる予定。日本の生理学・医学賞受賞は5人目で、一昨年の大隅良典さん以来2年ぶり。日本の受賞者は26人となった。


花粉症

今田耕司らが挨拶。花粉症の今田は、福澤朗の点鼻薬を借りたというエピソードを披露した。


読売新聞

群馬県のヘリ墜落事件で亡くなった方々は経験豊かなスペシャリストばかりだった。9人全員の死亡が次々と確認され関係者に悲しみが広がっていて、山岳救助のスペシャリストが多く居て、1月の草津白根山の噴火ではスキー客らの救助にあたっていた。消防長は「直属の部下がいるのでその心情を察してもらって答えを控える。かなり滑りやすく危険な状況だったが無事に仲間の姿を見ることが出来て良かった。みんな私は仕事を一緒にした、これからの吾妻を背負って立つような人間だった」等と話した。(読売新聞)

医学部を持つ全国81大学に調査した所59校ではこの春の入試で男子の合格率が女子より高かった事が分かった。最も男女差が大きかったのは東京医科大だった。試験結果などから適切に判定しているということで操作を他の大学は否定している。工学部の志願者に対する入学者の割合は女子の割合が高く、理学部は同率。文系でも法学部などで女子が上回った。専門家は医学部の男子の合格率の高さは違和感を感じるなどと話した。浅尾さんは不思議ですよね、医療現場でも男女ともに働きやすい環境を作って欲しい等と話した。(読売新聞)

政府は来年度から県内の会社員が長期滞在しながら働くテレワークの誘致に乗り出す。沖縄の地域振興につなげる狙いがある。テレワークは職場以外で働く仕組み。沖縄の魅力を生かし、観光シーズンはワーケーションという働き方を提案する。花粉症の悩みも少ない春のテレワークも呼びかけるという。(読売新聞)


花粉症

花粉症関連株 猛暑で熱視線。夏に雨が少なく、高温で日照時間が長いと翌年の春の花粉の飛散量が多くなる傾向がある。野村證券は直近のリポートでマスクや目薬などを扱う28社を花粉症関連株と位置付けた。来春の利用増加を見込んだ関連株の動きは秋ごろにも始まりそう。(日本経済新聞)


野村證券

花粉症関連株 猛暑で熱視線。夏に雨が少なく、高温で日照時間が長いと翌年の春の花粉の飛散量が多くなる傾向がある。野村證券は直近のリポートでマスクや目薬などを扱う28社を花粉症関連株と位置付けた。来春の利用増加を見込んだ関連株の動きは秋ごろにも始まりそう。(日本経済新聞)


日本経済新聞

中国共産党は政治局会議を開き、今年下期に積極的な財政政策で景気を下支えする方針を決めた。地方のインフラ整備など公共投資を拡大するとみられる。金融政策も緩和方向に修正。米との貿易戦争の激化に備え、景気優先の運営に舵を取る。(日本経済新聞)

中国向けの受注減や機械の稼働の落ち込みが鮮明になってきた。日立建機が公表する6月の中国の油圧ショベルの需要は、前年比32%増だった去年から過熱状態は収まった。また、工作機械の中国向け受注額は4か月連続でマイナス。(日本経済新聞)

花粉症関連株 猛暑で熱視線。夏に雨が少なく、高温で日照時間が長いと翌年の春の花粉の飛散量が多くなる傾向がある。野村證券は直近のリポートでマスクや目薬などを扱う28社を花粉症関連株と位置付けた。来春の利用増加を見込んだ関連株の動きは秋ごろにも始まりそう。(日本経済新聞)


納豆アレルギー

クラゲに刺されると納豆アレルギーになる危険性があるという。湘南サーファーに多発しているという。交差反応で、花粉症の人は果物・野菜アレルギーをどんどん発症しているという。年を取って急に嫌いになった食べ物はアレルギーになっている恐れがあると話した。


クラゲ

クラゲに刺されると納豆アレルギーになる危険性があるという。湘南サーファーに多発しているという。交差反応で、花粉症の人は果物・野菜アレルギーをどんどん発症しているという。年を取って急に嫌いになった食べ物はアレルギーになっている恐れがあると話した。


鼻炎

篠田麻里子が鼻炎改善のため行う交代浴についてジャッジ。○7人、×14人という結果。脳卒中・心臓発作の危険性がある。民間療法としてはあったが、交感神経が興奮するため冷たい水はシャワーは足元にかける程度がオススメ。また、アレルギーへの医学的根拠は不明。花粉症の人は寒暖差でヒスタミンが遊離し症状が悪化することも。呼吸器の村田先生は、乾布摩擦と同程度の効果はあるのではと話す。