ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「花粉症」の検索結果

「花粉症」に関連する情報 4689件中 1〜10件目

花粉症

香川県にある科学技術研究センターの薬学博士・稲川裕之氏が、食べ物でインフルエンザを防ぐ最高の方法を紹介。食べ物から摂ることができるため“免疫ビタミン”とも呼ばれる、免疫力を高めるリポポリサッカライドという成分があるという。


大阪大学

きょうのテーマは「そもそもアレルギーを根本的に治す方法は無いのだろうか?」。主なアレルギーの例として花粉症、気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎、じんましんなどがある。アレルギーはいまだに根本的な治療法がない。注目は制御性T細胞。発見したのは大阪大学・坂口志文特任教授。

大阪大学でアレルギーを根本的に治す方法がないかと研究が行われている。大阪大学・免疫学フロンティア研究センターの阪口志文特任教授。医学への貢献から2015年には世界で最も権威のある科学賞であるガードナー国際賞を受賞した免疫研究の第一人者。アレルギーは本来なら起きないものに関して、過剰に免疫反応が起きてしまうということ。免疫は体内に最近やウイルスが入ってくるとそれを異物として認識し、排除しようとし、感染症から自身の体を守るために不可欠なもの。しかし体内に害がない物質が侵入した場合も過剰に免疫が働いてしまうことで炎症などが起きることがある。これがアレルギー。

自己免疫病という病気を研究してきた坂口特任教授。それがなぜ起きるかというときに一番の研究課題というのは色々な考え方があるが1つの考え方としてもし免疫の反応を抑えているリンパ球があるのならばそれを除いたら本当に人と同じような自己免疫病がその動物に起きてくるのか、そういう仮説のもとに実験をやったという。その結果、確かに特定のリンパ球を除くとその正常な動物に例えば甲状腺の自己免疫病や関節リウマチなど色々なものが作れるということがわかったとし、そういう一連の動物実験から制御性T細胞というものが見つかったとしている。その人で病気を起こしているリンパ球、抑えようとしている制御性T細胞を取り出して外で増やして元に戻す。その抗原に対する免疫反応だけを抑える制御性T細胞、そういうものを増やしてまたその人に戻すという細胞療法。


じんましん

きょうのテーマは「そもそもアレルギーを根本的に治す方法は無いのだろうか?」。主なアレルギーの例として花粉症、気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎、じんましんなどがある。アレルギーはいまだに根本的な治療法がない。注目は制御性T細胞。発見したのは大阪大学・坂口志文特任教授。


アトピー性皮膚炎

きょうのテーマは「そもそもアレルギーを根本的に治す方法は無いのだろうか?」。主なアレルギーの例として花粉症、気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎、じんましんなどがある。アレルギーはいまだに根本的な治療法がない。注目は制御性T細胞。発見したのは大阪大学・坂口志文特任教授。


気管支ぜんそく

きょうのテーマは「そもそもアレルギーを根本的に治す方法は無いのだろうか?」。主なアレルギーの例として花粉症、気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎、じんましんなどがある。アレルギーはいまだに根本的な治療法がない。注目は制御性T細胞。発見したのは大阪大学・坂口志文特任教授。


花粉症

きょうのテーマは「そもそもアレルギーを根本的に治す方法は無いのだろうか?」。主なアレルギーの例として花粉症、気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎、じんましんなどがある。アレルギーはいまだに根本的な治療法がない。注目は制御性T細胞。発見したのは大阪大学・坂口志文特任教授。


アレルギー

きょうのテーマは「そもそもアレルギーを根本的に治す方法は無いのだろうか?」。主なアレルギーの例として花粉症、気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎、じんましんなどがある。アレルギーはいまだに根本的な治療法がない。注目は制御性T細胞。発見したのは大阪大学・坂口志文特任教授。

大阪大学でアレルギーを根本的に治す方法がないかと研究が行われている。大阪大学・免疫学フロンティア研究センターの阪口志文特任教授。医学への貢献から2015年には世界で最も権威のある科学賞であるガードナー国際賞を受賞した免疫研究の第一人者。アレルギーは本来なら起きないものに関して、過剰に免疫反応が起きてしまうということ。免疫は体内に最近やウイルスが入ってくるとそれを異物として認識し、排除しようとし、感染症から自身の体を守るために不可欠なもの。しかし体内に害がない物質が侵入した場合も過剰に免疫が働いてしまうことで炎症などが起きることがある。これがアレルギー。

自己免疫病という病気を研究してきた坂口特任教授。それがなぜ起きるかというときに一番の研究課題というのは色々な考え方があるが1つの考え方としてもし免疫の反応を抑えているリンパ球があるのならばそれを除いたら本当に人と同じような自己免疫病がその動物に起きてくるのか、そういう仮説のもとに実験をやったという。その結果、確かに特定のリンパ球を除くとその正常な動物に例えば甲状腺の自己免疫病や関節リウマチなど色々なものが作れるということがわかったとし、そういう一連の動物実験から制御性T細胞というものが見つかったとしている。その人で病気を起こしているリンパ球、抑えようとしている制御性T細胞を取り出して外で増やして元に戻す。その抗原に対する免疫反応だけを抑える制御性T細胞、そういうものを増やしてまたその人に戻すという細胞療法。


アトピー性皮膚炎

妊娠中に予防接種を受けることでアレルギーにならなくなるしくみを国立成育医療センターがマウスの実験から見つけたとしている。これによって花粉症や食物アレルギーなどを防げる可能性があり、日本人の2人に1人が疾患を抱える状況となっていたがこの技術によってリスクを下げられる可能性がある。(朝日新聞)


ぜんそく

妊娠中に予防接種を受けることでアレルギーにならなくなるしくみを国立成育医療センターがマウスの実験から見つけたとしている。これによって花粉症や食物アレルギーなどを防げる可能性があり、日本人の2人に1人が疾患を抱える状況となっていたがこの技術によってリスクを下げられる可能性がある。(朝日新聞)


食物アレルギー

妊娠中に予防接種を受けることでアレルギーにならなくなるしくみを国立成育医療センターがマウスの実験から見つけたとしている。これによって花粉症や食物アレルギーなどを防げる可能性があり、日本人の2人に1人が疾患を抱える状況となっていたがこの技術によってリスクを下げられる可能性がある。(朝日新聞)