ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「花粉症」の検索結果

「花粉症」に関連する情報 3858件中 1〜10件目

花粉症

今日の特集は花粉症。花粉症に悩む多くの患者が訪れる。検査結果で中原さんはスギ花粉に対するアレルギーが強いことがわかった。現在花粉症は日本人の4人に1人がなっている。花粉が鼻の粘膜に入ると花粉を異物と認識する物質と結びつき体外へ追い出そうとしてくしゃみ、鼻づまり、目のかゆみ、充血を引き起こす。舌下免疫療法はスギ花粉の成分を体に吸収されアレルギーを抑制する働きが生まれアレルギー反応を起きにくくさせるもの。方法は舌の付け根に薬をたらし2分待つ、これを毎日3〜5年続けることで花粉症の症状がでなくなるという。治療のポイントは始める時期で今が適切。この治療を5年間続けている男性は今では春でも症状がでないという。治療を行っても効果が出にくい患者には、下甲介粘膜焼灼術という治療法もあり、鼻の中に器具をいれレーザーで粘膜を焼き花粉をつきにくくするというもの。出血や痛みを伴うことはなく5分程度で終わる。治療は1回8730円、毎年治療を行う必要がある。


ふたばクリニック

今日の特集は花粉症。花粉症に悩む多くの患者が訪れる。検査結果で中原さんはスギ花粉に対するアレルギーが強いことがわかった。現在花粉症は日本人の4人に1人がなっている。花粉が鼻の粘膜に入ると花粉を異物と認識する物質と結びつき体外へ追い出そうとしてくしゃみ、鼻づまり、目のかゆみ、充血を引き起こす。舌下免疫療法はスギ花粉の成分を体に吸収されアレルギーを抑制する働きが生まれアレルギー反応を起きにくくさせるもの。方法は舌の付け根に薬をたらし2分待つ、これを毎日3〜5年続けることで花粉症の症状がでなくなるという。治療のポイントは始める時期で今が適切。この治療を5年間続けている男性は今では春でも症状がでないという。治療を行っても効果が出にくい患者には、下甲介粘膜焼灼術という治療法もあり、鼻の中に器具をいれレーザーで粘膜を焼き花粉をつきにくくするというもの。出血や痛みを伴うことはなく5分程度で終わる。治療は1回8730円、毎年治療を行う必要がある。


日本医科大学付属病院

今日の特集は花粉症。花粉症に悩む多くの患者が訪れる。検査結果で中原さんはスギ花粉に対するアレルギーが強いことがわかった。現在花粉症は日本人の4人に1人がなっている。花粉が鼻の粘膜に入ると花粉を異物と認識する物質と結びつき体外へ追い出そうとしてくしゃみ、鼻づまり、目のかゆみ、充血を引き起こす。舌下免疫療法はスギ花粉の成分を体に吸収されアレルギーを抑制する働きが生まれアレルギー反応を起きにくくさせるもの。方法は舌の付け根に薬をたらし2分待つ、これを毎日3〜5年続けることで花粉症の症状がでなくなるという。治療のポイントは始める時期で今が適切。この治療を5年間続けている男性は今では春でも症状がでないという。治療を行っても効果が出にくい患者には、下甲介粘膜焼灼術という治療法もあり、鼻の中に器具をいれレーザーで粘膜を焼き花粉をつきにくくするというもの。出血や痛みを伴うことはなく5分程度で終わる。治療は1回8730円、毎年治療を行う必要がある。


松山地検今治市部

愛媛県・今治市で4月、県立高校の教頭(54)が運転する車が対向車線を走っていた軽自動車と正面衝突し軽自動車とに乗っていた2人が重傷、1人が死亡した。事故原因はくしゃみで、起訴状によると教頭は花粉症で目のかゆみやくしゃみが止まらず連続でくしゃみをしたまま車を運転した結果、ハンドル操作を誤り抵抗車線に車をはみ出させて軽自動車と正面衝突したとのこと。ウェザーニューズによると今年の四国のスギ・ヒノキ花粉の飛散量は去年の約3倍〜4倍で、事故当時の天気は晴れで、気温上昇に伴い花粉が大量飛散していたとみられる。検察は運転を中止せず運転を続けた過失があるとして教頭を先月30日付で在宅起訴した。


ウェザーニューズ

愛媛県・今治市で4月、県立高校の教頭(54)が運転する車が対向車線を走っていた軽自動車と正面衝突し軽自動車とに乗っていた2人が重傷、1人が死亡した。事故原因はくしゃみで、起訴状によると教頭は花粉症で目のかゆみやくしゃみが止まらず連続でくしゃみをしたまま車を運転した結果、ハンドル操作を誤り抵抗車線に車をはみ出させて軽自動車と正面衝突したとのこと。ウェザーニューズによると今年の四国のスギ・ヒノキ花粉の飛散量は去年の約3倍〜4倍で、事故当時の天気は晴れで、気温上昇に伴い花粉が大量飛散していたとみられる。検察は運転を中止せず運転を続けた過失があるとして教頭を先月30日付で在宅起訴した。


花粉症

小松さんはフリーランスの研究者で、この日はSNSを使った実験結果を発表し、別の日には横浜の病院で喘息予防の研究方針を議論するなど、プロジェクトごとに研究に参加している。小松さんは元々は研究機関に所属していたが2014年にフリーランスへ転向し、専門は生態学で行動パターンの予測・データ化を得意としている。


「花粉症」に関連するグルメ情報

みかん

毎日みかんを歩かず食べるだけで、糖尿病などの生活習慣病発症リスクを減らす可能性があることが最新研究で明らかに。ということで、今回は元気になりたいンデス!驚きのみかんパワーSP。

みかんの栄養パワーについて解説。実にはビタミンCが豊富で、シミ予防に効果があり、薄皮、スジに含まれる食物繊維は腸内環境改善、皮に含まれるノビレチンは花粉症緩和の効果が期待できると説明。

みかんの皮を食べる方法を紹介。みかんの皮を乾燥させた漢方薬の原料の一つ「陳皮」は七味唐辛子の材料としても使われている

最近みかんに含まれている「β-クリプトキサンチン」という色素が注目を集めていると紹介。研究結果によると、生活習慣病の発祥リスクを減らす可能性があるという。また、みかんに含まれる「β-クリプトキサンチン」の量は100g当たり1.8mgで、他の生の果物に含まれる量より大幅に多いと説明した。

糖尿病の発症リスクが激減!?最新みかん研究が明らかに!


ノビレチン

みかんの栄養パワーについて解説。実にはビタミンCが豊富で、シミ予防に効果があり、薄皮、スジに含まれる食物繊維は腸内環境改善、皮に含まれるノビレチンは花粉症緩和の効果が期待できると説明。


食物繊維

みかんの栄養パワーについて解説。実にはビタミンCが豊富で、シミ予防に効果があり、薄皮、スジに含まれる食物繊維は腸内環境改善、皮に含まれるノビレチンは花粉症緩和の効果が期待できると説明。


ビタミンC

みかんの栄養パワーについて解説。実にはビタミンCが豊富で、シミ予防に効果があり、薄皮、スジに含まれる食物繊維は腸内環境改善、皮に含まれるノビレチンは花粉症緩和の効果が期待できると説明。