ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「花粉症」の検索結果

「花粉症」に関連する情報 3793件中 1〜10件目

花粉症

滞在4日目。みやぞんが力まずに投げてみると飛距離が伸びだし55m、68mなど。5日目には85m、6日目は90mまで伸びた。みやぞんは「ヌンチャクのおかげ」と語り空いた時間で特訓したことで鍛えられたと話した。滞在8日目、矢を放ち90mまで飛ぶものの100mに届かず。10日目、ブタクサの花粉症を発症したみやぞん。11日目ブタクサを刈っている人が、12日目で風船まであと2歩。13日目にしてヌンチャクの腕前も仕上げてきたみやぞん、アトラトルでは飛距離115mに。14日目12投目で見事100m先の風船を割り成功。


ブタクサ

滞在4日目。みやぞんが力まずに投げてみると飛距離が伸びだし55m、68mなど。5日目には85m、6日目は90mまで伸びた。みやぞんは「ヌンチャクのおかげ」と語り空いた時間で特訓したことで鍛えられたと話した。滞在8日目、矢を放ち90mまで飛ぶものの100mに届かず。10日目、ブタクサの花粉症を発症したみやぞん。11日目ブタクサを刈っている人が、12日目で風船まであと2歩。13日目にしてヌンチャクの腕前も仕上げてきたみやぞん、アトラトルでは飛距離115mに。14日目12投目で見事100m先の風船を割り成功。


コシノフユザクラ

次の日、天皇皇后両陛下は、魚津市の魚津桃山運動公園で行われた第68回 全国植樹祭に出席。全国植樹祭は、国土の緑化を目指し、戦後始められた行事で、毎年両陛下が出席されている。富山県での開催は、昭和44年以来、48年ぶり。植樹祭では、天皇陛下は立山杉などの苗を植えられた。立山杉は、花粉症対策のため富山県が開発した花粉が飛ばない品種。皇后さまは、コシノフユザクラなどの苗を植えられ、続いて、木の種を撒かれた。式典では、皇居にある榎の種から育てられた苗木が次の開催地の福島県の知事に渡された。お帰りの際、故郷への思いがテーマの歌をお聞きになった両陛下は、笑顔で子どもたちに拍手を送られた。


立山杉

次の日、天皇皇后両陛下は、魚津市の魚津桃山運動公園で行われた第68回 全国植樹祭に出席。全国植樹祭は、国土の緑化を目指し、戦後始められた行事で、毎年両陛下が出席されている。富山県での開催は、昭和44年以来、48年ぶり。植樹祭では、天皇陛下は立山杉などの苗を植えられた。立山杉は、花粉症対策のため富山県が開発した花粉が飛ばない品種。皇后さまは、コシノフユザクラなどの苗を植えられ、続いて、木の種を撒かれた。式典では、皇居にある榎の種から育てられた苗木が次の開催地の福島県の知事に渡された。お帰りの際、故郷への思いがテーマの歌をお聞きになった両陛下は、笑顔で子どもたちに拍手を送られた。


魚津桃山運動公園

次の日、天皇皇后両陛下は、魚津市の魚津桃山運動公園で行われた第68回 全国植樹祭に出席。全国植樹祭は、国土の緑化を目指し、戦後始められた行事で、毎年両陛下が出席されている。富山県での開催は、昭和44年以来、48年ぶり。植樹祭では、天皇陛下は立山杉などの苗を植えられた。立山杉は、花粉症対策のため富山県が開発した花粉が飛ばない品種。皇后さまは、コシノフユザクラなどの苗を植えられ、続いて、木の種を撒かれた。式典では、皇居にある榎の種から育てられた苗木が次の開催地の福島県の知事に渡された。お帰りの際、故郷への思いがテーマの歌をお聞きになった両陛下は、笑顔で子どもたちに拍手を送られた。


「花粉症」に関連するグルメ情報

魚津市(富山)

次の日、天皇皇后両陛下は、魚津市の魚津桃山運動公園で行われた第68回 全国植樹祭に出席。全国植樹祭は、国土の緑化を目指し、戦後始められた行事で、毎年両陛下が出席されている。富山県での開催は、昭和44年以来、48年ぶり。植樹祭では、天皇陛下は立山杉などの苗を植えられた。立山杉は、花粉症対策のため富山県が開発した花粉が飛ばない品種。皇后さまは、コシノフユザクラなどの苗を植えられ、続いて、木の種を撒かれた。式典では、皇居にある榎の種から育てられた苗木が次の開催地の福島県の知事に渡された。お帰りの際、故郷への思いがテーマの歌をお聞きになった両陛下は、笑顔で子どもたちに拍手を送られた。


「花粉症」に関連するイベント情報

第68回 全国植樹祭とやま2017

次の日、天皇皇后両陛下は、魚津市の魚津桃山運動公園で行われた第68回 全国植樹祭に出席。全国植樹祭は、国土の緑化を目指し、戦後始められた行事で、毎年両陛下が出席されている。富山県での開催は、昭和44年以来、48年ぶり。植樹祭では、天皇陛下は立山杉などの苗を植えられた。立山杉は、花粉症対策のため富山県が開発した花粉が飛ばない品種。皇后さまは、コシノフユザクラなどの苗を植えられ、続いて、木の種を撒かれた。式典では、皇居にある榎の種から育てられた苗木が次の開催地の福島県の知事に渡された。お帰りの際、故郷への思いがテーマの歌をお聞きになった両陛下は、笑顔で子どもたちに拍手を送られた。


ツイッター

堤下敦さんは1998年に相方の板倉俊之さんとお笑いコンビ「インパルス」を結成。キレの良い突っ込みで人気はあったが、最近においては「同情するなら仕事をくれ」等の発言が目立った。堤下さんの日課としてインスタグラムより銭湯通いが知られ、ツイッターでも「サウナ行きたい」等の発言がされていた。銭湯の関係者は「様子は普段と何にも変わらずいつもと一緒」等とコメントされた。だが、堤下さんは銭湯で病院で処方された睡眠薬とアレルギーを抑える抗ヒスタミン薬を飲んでいた。先月末より、全身の痒み及び睡眠不足を訴えていた堤下敦さんは睡眠薬を昨日初めて服用していた。吉本興業の記者会見で堤下敦さんは「効率よく家帰って寝られるな」等と発言し、車を運転する前に睡眠薬を飲んだことを打ち明けた。

インパルスの相方である板倉が昨日ツイッターでご迷惑をおかけしました等とコメントを残した。今後は堤下の車のドライブレコーダーを解析し、道路交通法違反に問われる可能性もあるとのこと。スタジオでは、小倉が花粉症の薬を飲んだら運転しないようにしていると話し、今回は怪我人がないことがよかった等と話した。


FRIDAY

FRIDAYは仲間由紀恵の留守を狙い「田中哲司3年目の浮気」と報道した。不倫疑惑を報じられた田中のお相手は田中のヘアメイクを担当するヘアスタイリスト。変装してヘアスタイリストのマンションへ向かったとされている。田中をよく知る関係者は「彼は花粉症なので帽子とマスクはいつもの格好」と話した。FRIDAYは「仲間が妊活に励んでいると言われている現在、3年目の浮気が発覚となれば、それこそ間違いなくクライシスだが」と締めくくっている。


花粉症

2014年に結婚した仲間由紀恵さんと夫・田中哲司さん。記事によると変装した田中さんはGWの夜、あるマンションへ入っていったという。浮気しているとされる女性はカリスマ美容師でお客さんとして5年以上の付き合い。今回の件に関して双方の所属事務所はノーコメント。関係者は変装について花粉症がひどいからと聞いているとコメントした。